放浪記編集後記

黄昏後悔記 Vol.223

カテゴリー: 2018年10月11日
■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■     
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記223回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

私が住んでる横浜市青葉区では犬を飼ってる人が多い。

近くを歩くと必ずと言っていいほど犬を散歩させている人に出会う。

最近は飼い主のマナーも良くなってきたのか、犬のフンが道端に転がっている
ことはまずない。

私自身は別に犬が好きでも嫌いでもないが、犬の散歩の人と出会った時にはな
るべく犬と関わらないように道の反対側に移動。

この間、やはり犬と遭遇したから反対側に移動してすれ違い。

と思ったら、その犬を繋いでいる紐(リードと言うらしい)がドンドン伸びて
犬が私の傍に。

大型犬ではなかったけど、ちょっと驚いた。

あんな巻尺みたいに伸縮するリードでは犬を繋いでいる意味は全くない。

放し飼いと同じ。

犬が公道を歩くときは
「飼い主がリードで犬を繋ぎ制御すること」
と各自治体は条例で定めているらしい。

でも、そのリードが伸縮性のあるものでもいいのか。

この間の場合は幅6mの道路を物ともせずに近づいてきたからリードの長さは
それ以上。

伸縮が50センチくらいならクッション替わりにもなり、犬の首を絞めつけない
効果がありそう。

しかし、伸縮性で長さが10mもあるリードの意味は何だ。

こっちが「繋がれてるから安心」と油断してると、急にリードが伸びて犬に咬
まれるのは勘弁願いたい。

飼い主だってそんなに伸びたら制御不能。

何のためにあんなリードが横行してるのか甚だ疑問。

是非とも条例なり法律なりで禁止して欲しい。

犬好きの人はそうは思わないのかな~・・・


   ♪♪ 伸びて驚く 犬のリード
       伸びて怖い ろくろく首
        伸びて困る パンツのゴム ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

やっと少しは喋れるようになってきました。
でも、ちょっとでも辛い食べ物はまだまだ。

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

放浪記編集後記

発行周期: 隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  92部

ついでに読みたい

放浪記編集後記

発行周期:  隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  92部

他のメルマガを読む