放浪記編集後記

黄昏後悔記 vol.222

カテゴリー: 2018年09月27日
■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■     
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記222回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

私は自宅付近の移動手段として車を使うことはほとんどなく、いつも自転車。

その理由は「CO2排出量の削減」「地球温暖化の阻止」などと言う高尚なもので
はなく単に「ガソリン代の節約」。

昔は自転車は歩道を走るものとなってたと思うが、今では車道を走れとのお達し。

いつから変わってしまったのだろう・・・

でも、そんなお達しにも関わらず私はもっぱら歩道派。

もっとも狭い歩道で人が歩いてる時は一時的に車道に移り、やり過ごしてから
歩道に戻る。

こんなに頻繁に自転車に乗る私が気になるのが最近のマナーの悪さ。

特に電動自転車。

それも圧倒的に多いのが電動ママチャリ。

こちらが汗だくで坂道を上っている時に楽々追い抜かれるのは仕方ない。

問題はその追い抜き方。

後ろから音もなく近づいて、かなりのスピードですぐ脇を追い抜いていく。

人が歩いていてもこの行動をとる電動ママチャリが多い。

あんな走り方をするから「自転車は車道」となってしまうんじゃないかと思う。

この間の裁判でもあったが、自転車でも殺人凶器になることもある。

自転車も立派な文明の利器。

それをを使うからにはそれなりの自覚が必要。

私は追い抜くときは歩いている人の速度+αのユッタリした速度で、なるべく
人から離れて追い抜くことにしている。

歩いてる人を怪我させてしまったりすると大変。

怪我した本人はもちろん、させた方も一生を台無しにする恐れがあることを肝
に命ずべし。

   ♪♪ ママチャリ弱しは 昔の話
       今じゃ 電動味方につけ
        幼稚園児と 神風自転車 ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

口の痛みは多少良くなってきた感じ。
もう痛みがぶり返してから2か月以上。

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

放浪記編集後記

発行周期: 隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  92部

ついでに読みたい

放浪記編集後記

発行周期:  隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  92部

他のメルマガを読む