放浪記編集後記

黄昏後悔記 Vol.204

カテゴリー: 2018年01月18日
■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■     
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記204回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

正月には赤い実のなる千両、万両が良く飾られます。

赤い実がめでたい感じがするためでしょうか。

我家の庭には何年か前から万両がひとりでに生えてきました。

植木鉢に移植し、家の中から見えるようにテラスの窓の近くに設置。

冬の殺風景な眺めに彩りを添えています。

ところがこの赤い実はどうもヒヨドリの大好物。

毎年実がなるとどこからともなくやってきて食べ尽くしてしまいます。

特に朝方にやってくるので見かけると家の中から威嚇。

しかし、いったんは逃げるもののすぐにUターン。

こっちもいくら暇でも四六時中見張っているのは不可能。

1週間もするとあんなにたくさん生っていた実が全部無くなってしまいます。

鳥よけの網がホームセンターで売っているが、結構目が粗い。

去年はこの網で植木鉢を覆ってみたが、網の目からくちばしを入れて完食。

今年はもっと目の細かい網で覆ってみようとホームセンターをハシゴ。

しかし、赤い実が外から見え、しかもくちばしが入らないような網は見つから
ない。

「そうだ、我らが味方100円ショップに行かなくちゃ」
と100円ショップもハシゴ。

しかし園芸コーナーを覗いても思うような網は見つからない。

そんな時、風呂用品のコーナーを歩いていたら「漁師網」なる名称がつけられ
たモノを発見。

何かと思ったらこれに石鹸を付けると泡立ちが良く、体を洗うのにもってこい
との説明。

網の目は5ミリほどで縦60センチ、横30センチほどの長方形。

これは使えるかもと2つ購入。

植木鉢に支柱を4本立て、この漁師網で覆った。
効果は抜群。

ヒヨドリは相変わらず赤い実めがけてやってくるが、食べることが出来ない。

「ざまーみろ」と内心ほくそ笑む。

そんなわけで今年は万両の赤い実を楽しみながら正月を過ごすことが出来た。


   ♪♪ ヒヨドリ好物 赤い実守り
       世の中は 甘くないぞと 
         うそぶく オヤジ ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

私の舌はまだ「かかあ」恐怖症。
硬い、辛い、熱いに苦戦しています。
先日孫を連れて回転すしに行ったらワサビが沁みて目に涙。

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

放浪記編集後記

発行周期: 隔週木曜日 最新号:  2018/12/06 部数:  93部

ついでに読みたい

放浪記編集後記

発行周期:  隔週木曜日 最新号:  2018/12/06 部数:  93部

他のメルマガを読む