上司の心得、部下の心得

■上司の心得、部下の心得■658号【ハラスメントが会社をつぶす!?】(上司編)

人には理屈を越えた、感情があります。

ちょっとした心の持ちようで、人は大きく変れます。
ちょっとした心遣いで、人は大きく変ります。


●今回のテーマは●(今回のテーマは約4分で読めます)

【ハラスメントが会社をつぶす!?】(上司編)

◆○◆─ since 2006.02 ───────────────<2018.12.5>─

上司の心得、部下の心得  ◆ 658号 ◆

────────────────────────────────◆○◆
こんにちは。
組織の当たり前のレベルを上げることで強い組織を構築する!!
活き活き組織構築支援コンサルタント NK総研の瀬川裕之です。

パラハラ、セクハラ、ブラック企業・・・。
国内だけでなく海外でも毎日のようにニュースで取り上げられています。

「やり辛くなった!!」

そんな風に感じている管理職の方も多いでしょう。

しかし、それが甘えだとしたら・・・。


今週も最後まで、お付き合いください。


代表 瀬川裕之 著 
「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
 ~ 組織管理から組織マネジメントへ ~
 ご購入はこちら(amazon)⇒ https://goo.gl/z7mmvj

組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
『活き活き組織構築プロジェクト』
 ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html

────────────────────────────────◆○◆

さて、今週はテーマ【ハラスメントが会社をつぶす!?】
上司編をお送りします。

ハラスメントという言葉が
特に珍しい言葉ではなくなり、
いろいろなハラスメントが生まれています。

その中でも、パワハラとセクハラはその代表格で、
厚生労働省のホームページでも
この2つは詳しく解説しています。

厚生労働省のホームページでは
パワハラを以下のように定義しています。

同じ職場で働く者に対して、
職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、
業務の適正な範囲を超えて、
精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為


まさに組織マネジメントとは真逆の行為です。



組織マネジメントとは、

その組織で働く一人ひとりが自らの能力を十分に発揮し、
かつ成長できる環境を構築し、
組織としてその力を用いて
評価される付加価値を創造し続けることです。


ハラスメントは個人の能力を奪い、
組織力を低下させます。


その背景にあるのが人間関係であり、
日頃のコミュニケーションが重要であることは
重々承知していると思います。


今回私が取り上げたいのは、
ハラスメントに対する過剰な反応による
組織マネジメントの質の低下です。



実際に過剰な反応の結果、

“本来叱るべきことを叱らない!!”

ということが多くの組織で起こっています。



「叱るとパワハラと言われる!!」

だから、あまり叱ることができないと言うのです。




・いつもいい加減が言い訳をして遅刻する。

・業務が中途半端でも黙って帰ってしまう。

・いつも同じようなミスを繰り返す。

・業務中によく私用電話をしている。

・自分が嫌な業務は行わない。

・会議中に私用メールをしている。



このような状態であっても
しっかりと叱れない、指導できない
と言った管理職の方が増えています。


確かに頭ごなしに叱るのは得策ではありません。

しかし、組織として力を発揮するためには
しっかりと業務に取り組んでもらうのは
当然のことです。


叱らないのは組織のためだけでなく
本人のためにもなりません。

また、それに対して周りも
不満を持つようになります。

このような状況は
マネジメントを放棄しているのと同じです。


これまでは、どちらかと言え従業員が我慢していました。

それは、我慢しさえすれば
給料は年々上げるし、ランクも上がる。

我慢するだけのメリットがありました。


それに管理職も甘えていたのです。


状況は変わりました。


年功序列や終身雇用制度は崩壊しつつあり、
転職がタブーではなくなりました。


難しくなったのではありません。

これまでは環境が楽をさせてくれていただけです。

真のマネジメントの出番が来ました。


ここでしっかりとマネジメントを意識しないと、
ハラスメントの脅威に負けてしまい、
組織は腑抜けになってしまいます。



必要なのは人間力です。

役職に頼ったマネジメントは通用しません。


特に大切なのは“情熱”と“誠意”


本気でなければ相手も本気で動きません。


今こそ差が付くチャンスです。

マネジメント力を存分に発揮しましょう!!^^



今週も当たり前のレベルを上げていきましょう!!




◆今回の心得◆

ハラスメントから逃げていてはマネジメントはできない!!



代表 瀬川裕之 著
「当たり前のレベルを上げれば、組織は必ず強くなる」
 ~ 組織管理から組織マネジメントへ ~
 ご購入はこちら(amazon)⇒:https://goo.gl/z7mmvj


組織の持つ“当たり前”のレベルを上げる!!
『活き活き組織構築プロジェクト(活プロ)』
 ⇒ http://www.nksouken.com/iskp.html


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【編集後記】

「近所の子どもを注意したら、親からクレームが来た!!」

「電車の中で騒ぐ子ども注意したら親から睨まれた!!」

そういう時代だと言えばそうなのでしょうけど、
何が正しいのか分からなくなってしまます。

“触らぬ神に祟りなし”とも言いますが、
見て見ぬふりをするのもと考えてしまいます。

しかし、面倒だしな~と思う自分もいます。
いろんな意味でストレス溜まりますね。(^^;)



最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今週も笑顔の一週間でありますように!!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

商用の場合を除き、転送、転載は自由です。
社内やお客様に是非ご紹介下さい。
その際に、NK総研 メールマガジン「上司の心得、部下の心得」
より出典と明記していただければ幸いです。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【上司の心得、部下の心得】

発行者:瀬 川 裕 之

NK総研 代表
 組織の持つ当たり前のレベルを上げることで強い組織を目指す!!
 活き活き組織構築支援コンサルタント

 ホームページ:http://www.nksouken.com/
 ブログ:http://smc.nksouken.com/

 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 KNビル4F
 E-mail: info@nksouken.com


(一社)日本産業カウンセラー協会 北関東支部 
認定講師、産業カウンセラー
 
HP: http://www.counselor.or.jp/

★ご意見、ご感想をお待ちしております
また、社内研修・ご相談もお気軽にご連絡下さい。

登録&解除 http://www.mag2.com/m/0000184055.htm
(お手数ですが、解除はご自身でお願い致します。ご指摘いただけるような
ことがございましたら、是非一言お願い致します。info@nksouken.com)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

上司の心得、部下の心得

発行周期: 週刊(水曜日)12時30分 最新号:  2018/12/05 部数:  1,007部

ついでに読みたい

上司の心得、部下の心得

発行周期:  週刊(水曜日)12時30分 最新号:  2018/12/05 部数:  1,007部

他のメルマガを読む