花押「たまゆら通信」

【花押たまゆらNo.1206】題名

カテゴリー: 2018年11月29日
★────────────────────────★
花押「たまゆら通信1206」2018/11/29(月)
鶴川流花押 http://www.kakusenryu.jp/
11月の鶴川語録【一歩の前進、一歩の後退】
★────────────────────--------★

■HP更新
「3日坊主」
http://www.kakusenryu.jp/

■ブログ更新

全国書道展授賞式の模様11/25 NEW
http://blog.livedoor.jp/masao9753/

★--------------------───────────--------★

【花押展2019】

要項など決めメーリングも新しくして
スタートしました。


私も来年めがけて何を書くか考えないと
年内には仕上げたい!

★────────────────────--------★

・゜。・゜。・花押つづり No.872。゜。・゜


【題名】

多和田葉子さんの著書「言葉と歩く日記」の粋な題名が
素晴らしく読み終えた数日後にアメリカの文学賞を受賞。

「献灯使」「百年の散歩」も題名が心打ちます。

何という題名の付け方なんだろうと思います。

小さく細やかで繊細な心。

最近TVでも老老介護の事件が起き報道されます。

頭のいい人は皆一様に可哀想にと言いますが

介護の辛さは経験者でないと分かりません。

一生涯、重荷を背負うことなく過ごす人がいたり

一生涯、その重荷に悩み一生を過ごす人もいます。

理論を超えた現実、その現実さえ超えた

心の現実、人の心はパンドラの匣のようです。

--------------------------------------*

~編集後記~

【私の机】

計ってみたら60cm四方の子供が使っていた
パソコンラックを利用。

ここで仕事も他の作業も書道もお菓子食べるのも全てやります。

これが書斎という人には恥ずかしくて話せません。

でも都知事賞も得たし、孫が来ると狭いから密着して

書くのを楽しんだり折り紙したり一体に成れます。

以前ある人がコックピットだと。

最大の褒め言葉を頂き嬉しかった!

★──────────────────────────────★

 編集 鶴川流花押  宗主 望月鶴川
 kaou@kakusenryu.jp
 〒124-0012
 東京都葛飾区立石2-23-10
 tel 03-3697-1929 fax 03-3695-4129
【 鶴川流花押ウェブサイト】http://www.kakusenryu.jp/
【Face Book】http://www.facebook.com/kakusen.mochizuki
【宗主BLOGうたかたの舞 】http://blog.livedoor.jp/masao9753/ 
【アート印 栄昌堂印店】 http://www.netlaputa.ne.jp/~eishowdo/
★──────────────────────────────★

ついでに読みたい

花押「たまゆら通信」

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/03/21 部数:  95部

他のメルマガを読む