花押「たまゆら通信」

【花押たまゆらNo.1075】~みたままつり~

カテゴリー: 2017年07月14日
★────────────────────────★
花押「たまゆら通信」2017/07/14(金)
鶴川流花押 http://www.kakusenryu.jp/
7月の鶴川語録【素直に受け入れる】
★─────────────────────────★

【新しい事】

今回は新しい事に挑戦。

何度か勉強した事はありますが、展覧会に出すのは初めて。

又、新しい発見があると思うと楽しみ。。

--------------------------------------------------★
HP更新

■ブログの更新NEW
http://blog.livedoor.jp/masao9753/

7/14みたままつり始まる。ぼんぼり展示

7/9蘭の花とウエルカム愛犬 

6/17チューリップからひまわりへGO
6/15 習字のルール

■新「准師範」ご紹介
http://www.kakusenryu.jp/


■【鶴川流花押展2017】Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=ZjUv78lqzNQ&feature=youtu.be

★─────────────────────────★

・゜。・゜。・花押つづり No.740・゜。・゜

【デザインと花押】

花押を学ぶとき歴史とデザインが必要になります。

このデザインが難しい。

○△□のデザインの基本も入り、疎密の関係
そして、一番大切なコンセプトを考え、

文字という限定された媒体があり、そこには歴史がある。

この部分をどういうふうに入れるかが問題です。
視覚に訴える要素と、書くという要素の組み合わせ。

単純な花押だけに尚更です。

深く学べばより深く
浅く学べばより浅く

どちらをとるかは自由

私は選ぶときは、大変な方を選ぶので
前記になります。


------------------------------------------*


。・゜。・゜。・講座案内 。・゜。・゜。・゜

☆花押講座:読売文化センター金町・恵比寿・日本橋教室
☆書講座【筆紀行】小津文化教室 2017年8月5日(土)
http://www.kakusenryu.jp/kouza/index.htm

●読売文化センター:金町・恵比寿
●小津和紙:花押教室・書道教室
-
●青戸教室【ひまわり会】
●立石教室【天楽書道会】
●自宅教室


--------------------------------------*

~編集後記~


【みたままつり】

みたままつりが始まりました。

今年もぼんぼりが飾られ早速見てきました。
明日も行きます。
http://blog.livedoor.jp/masao9753/


★──────────────────────────────★

 編集 鶴川流花押  宗主 望月鶴川
 kaou@kakusenryu.jp
 〒124-0012
 東京都葛飾区立石2-23-10
 tel 03-3697-1929 fax 03-3695-4129
【 鶴川流花押ウェブサイト】http://www.kakusenryu.jp/
【Face Book】http://www.facebook.com/kakusen.mochizuki
【宗主BLOGうたかたの舞 】http://blog.livedoor.jp/masao9753/ 
【アート印 栄昌堂印店】 http://www.netlaputa.ne.jp/~eishowdo/
★──────────────────────────────★

花押「たまゆら通信」

発行周期: 隔週刊 最新号:  2019/02/21 部数:  96部

ついでに読みたい

花押「たまゆら通信」

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/02/21 部数:  96部

他のメルマガを読む