めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

サミー大塚です!「スキーに役立つ筋力トレーニング」

カテゴリー: 2018年11月18日
----------------------------------------------------------------
めざせ理想の身体! 専門家からのあれこれアドバイス <第655号>
----------------------------------------------------------------

こんにちは!

運動指導研究家の大塚 聡(サミー先生)です。
http://www.sammysensei.com/

メールマガジンご購読ありがとうございます。 

■<サミー大塚からの最新のお知らせ>

私が作った自信作です!初マラソンを完走するためのアドバスが全てあります。
http://www.マラソン初心者.net/

================================================================


「冬休みに久々にスキーに行くんですけど有効なトレーニングを教えてください」

と質問がありました。

これをやってください!


●スキーに役立つ筋力トレーニング


それはズバリ!

下半身の「ネガティブトレーニング」です。

ネガティブと聞くと後ろ向きなイメージがありますがそういうことではありません。

ウェイトトレーニング(筋トレ)の動作には「ポジティブトレーニング」と「ネガティブトレーニング」
という二つの局面があります。

バーベルやダンベル、自分の身体、とにかく重さ(負荷)を上げる時の動作が
「ポジティブトレーニング」

下げる(戻す)時の動作が
「ネガティブトレーニング」です。


スキーに有効なスクワットのトレーニングで解説しますね。

・膝を曲げながらしゃがんでいく動作がネガティブトレーニング

・膝を伸ばしながら上がっていく動作がポジティブトレーニングです。


スクワットの動作を思い浮かべてください。

バーベルをかついで持ち上げるトレーニングのイメージがありますよね。

その持ち上げていく時の動作がポジティブトレーニングの動作です。

ところがスキーにはネガティブトレーニングが大切なんです。

膝を曲げながら重さを感じてゆっくりおりてくる(しゃがんでくる)動作。

このネガティブトレーニングが重要なんです。


スキーは体重移動をさせながら板をしっかり踏み込むことが重要なポイントになります。

コブをすべる時などは衝撃に耐えながらしっかりと踏む。

この動作時の筋力を向上させるにはスクワットにおけるネガティブトレーニングが
有効なんです。


娯楽でスキーを楽しむ場合もこのネガティブトレーニングを重視したスクワットで鍛
えておけばかなり楽にスキーが楽しめます。

スキーには切り替えしの動作やその他テクニックのトレーニングが必要なことは言う
までもありませんが、怪我の予防や疲れない脚を造るのにこのトレーニングをベース
に行うことはとても有効です。

ポジティブトレーニングも効果がありますがネガティブトレーニングを重視することで
より高い効果が望めます。

スキーのトレーニングでなくても一般論としてネガティブトレーニングを意識するこ
とが重要だと言われています。

「ネガティブトレーニング」「ポジティブトレーニング」の詳細に関して今日は触れ
ませんがトレーニングの動作にはこの二つがあることは覚えておいてください。


スクワットにおいてゆっくりしゃがむことを意識して行えばネガティブを意識してい
るトレーニングになります。

具体的には「10秒かけてしゃがんで膝が90度の位置で5秒キープして素早く立ち上がる」
この方法がスキーの基本的な筋力トレーニングにお薦めです。

スキーで脚がガクガクになって疲れないようにネガティブ重視のスクワットで鍛えて
おきましょう。

10~15回×3セットを週3回くらいの頻度でやっておけば1か月後には効果が期待できます。

負荷は個人差があるのでここで詳しくはアドバイスできませんが運動不足であれば自重負荷のスクワットで十分です。
※自重負荷とはバーベル等の負荷は用いないで腕を前で伸ばしたり、頭の後ろで組んだりして行うスクワット。


これで大丈夫!久々のスキーを楽しんでください(^^)!



私が作った自信作!初マラソン完走大作戦です。
http://www.マラソン初心者.net/



※ご意見、ご質問、お気軽にメールください。



■ご注意----------------------------------------------

運動や商品のご購入は自己責任において実施してください。

運動実施前は必ずメディカルチェックを受けましょう。

くれぐれも無理はしないように。

-------------------------------------------------------
発行者:運動指導研究家 サミー先生こと 大塚 聡
http://www.sammysensei.com/

一般社団法人日本生活体力推進協会
http://www.jlfa.or.jp/

サミー大塚パーソナルトレーニングスタジオ
http://www.sammystudio.com

「大塚聡 パーソナルトレーナー・運動指導者養成塾」
http://www.sammyjyuku.com/

「サミー大塚のフルマラソン完走プログラム」改訂版販売開始しました!
http://www.xn--3ck5c7a3b4441a8drvt5c.net/

「からだづくり教室」会員募集中!
http://www.sammysensei.com/make_body.html

-----------------------------------------------------------


めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/10 部数:  441部

ついでに読みたい

めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/10 部数:  441部

他のメルマガを読む