めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

サミー大塚です!「体脂肪計のうまい使い方」

カテゴリー: 2018年05月27日
----------------------------------------------------------------
めざせ理想の身体! 専門家からのあれこれアドバイス <第631号>
----------------------------------------------------------------

こんにちは!

運動指導研究家の大塚 聡(サミー先生)です。
http://www.sammysensei.com/

メールマガジンご購読ありがとうございます。 

■<サミー大塚からの最新のお知らせ>

初フルマラソン完走究極作戦はこれだ!
「サミー大塚の初めてのフルマラソン完走プログラム」
http://www.xn--3ck5c7a3b4441a8drvt5c.net/

================================================================


私のパーソナルトレーニングでは毎回体重・体脂肪といった体組成を測定します。

太った!痩せた!と一喜一憂するのではなく自分の現状を客観的に把握するためです。

体脂肪計の仕組みを知ってうまく活用してくださいね!(^^)!


●体脂肪計のうまい使い方


体脂肪率測定にほとんどの人は市販の体脂肪計で測定されてますよね。

その体脂肪計の数値を鵜呑みにするのは「ちょっと待った!」ってお話しをします。

それはべつに市販の体脂肪計が悪いという訳ではなく、そのしくみを知って有効活用
していただくことが狙いです。


では市販の体脂肪計のしくみについて簡単に解説します。


●市販の体脂肪計のしくみ


市販の体脂肪計はほとんどが「インピーダンス法」という測定法を利用しています。

測定時の動作として、両足を銀色のプレートの上に載せたり、両手で銀色のバーを
握ったりするタイプのあの測定器です。

身体に微弱な電流を流してインピーダンス(電気抵抗)を測定し、それをもとに
体脂肪率を導きだそうという方法です。

人間の身体は電流を通します。

そして、通しやすい身体と、通しにくい身体があるわけです。

「筋肉」は電気抵抗が低く電流が通りやすい、「脂肪」は電気抵抗が高く電流が通り
にくい(ほとんど通さない)という性質があります。

脂肪量の多い身体はインピーダンス(電気抵抗)が高く、筋肉量が多いとインピーダン
スは低くなります。

要するに

●電気抵抗が低いと体脂肪率が低く、電気抵抗が高いと体脂肪率が高く出るということです。


市販の体脂肪計は

●体脂肪を直接測定しているわけではなく身体のインピーダンス(電気抵抗)を測定しているのです。


これが市販の体脂肪計の基本的なしくみです。



次に測定器による誤差についてお話ししておきましょう。


●測定誤差の認識


測定器には足で測るタイプ、手で測るタイプ、手と足と両方で測るタイプがありますよね。

やはり、足で測るタイプは下半身の電気抵抗が反映され、手で測るタイプは上半身の
電気抵抗が反映されるようです。

よって、足で測るのと手で測るのでは同じ人でも体脂肪率が違って出てくるというわけです。

でもこれは仕方のないことなので、「下半身ではこのくらい、上半身ではこのくらい」
というふうに把握すればいいのではないでしょうか。

そういうことから考えると、手と足両方で測るタイプの方が、全身での体脂肪率を反映する
には信憑性が高いかもしれません。


●測定する身体部位によって誤差が生じる

と認識しておいてください。


又、測定時の条件によっても誤差が発生します。

測定時の条件とは

・測定時間(朝、昼、夜等)
・起きてからの経過時間(何時間前に起床したか)
・測定前までの身体活動状況(動いていたか、じっとしていたか等)
・季節(暑さ、寒さ等)
・足の裏の状況(かさついていた等)
・手の平の状況(測定器の握り方等)

その他にも誤差が発生する条件は様々です。

できることなら同じ条件で測定したいものですが、現実のところはせいぜい測定時間を
統一するくらいでしょうか。

例えば3回連続で測定して、3回とも数値が違うということもあります。

足の裏や手の平といった測定器と触れる箇所がずれていたとか等で誤差が生じるようです。


「そんなに誤差があるなら測定しても意味がないじゃないか!」


と思われるかもしれませんが


「そんなことはありません!」


体脂肪率15%の人が30%とは出ません。

おおよその体脂肪率は把握できます。

誤差は私の経験上2%位の範囲です。

昨日15.3%が、今日17.0%と表示されることはあると思います。

これはたった一日で体脂肪率がそんなに変化したわけではなく、測定時の条件によって
表示される数値が変わったのです。

つまり本当のところ、どれが正しい自分の体脂肪率かは判らないということです。

時間を置かずに連続3回測定して全て数値が違うことがあるのですから。

よって毎日測定して、「1%減った!増えた!」と一喜一憂しなくてもいいのです。


大事なことは

●長期間(せめて半年間)の変化を見ることです。


例えば、体脂肪率が適正値の人は誤差も含めていつ測定しても適正値の範囲であれば
いいのではないでしょうか。

女性の人が毎日測定して、日々の数値が

21.0%、23.0%、21.5%、20.0%、22.5%、20.5%・・・・・

こんな感じだったとしましょう。

女性の適正値は20.0~25.0%ということから大変よい状況と言えるのではないでしょうか。
※年齢にもよりますが最近では女性は30%未満なら適性ともいわれています。

本当の値は判らないのだから日々の違いを神経質に比べるのはやめましょう。

ふと気がつくと、いつも25%を超えてきた・・・とならないように自己管理をしてください。


又、体脂肪率30%を超える人が日々ダイエットに励んでいる場合も、日々の増減ではなく

「一年続けたらいつの間にか、常に25~27%の範囲にまで減った!」

というのがよろしいのではないでしょうか。


●市販の体脂肪計の上手な活用法 

誤差のあることを認識し、日々の少々の変化に一喜一憂せず、
長期間(せめて半年以上)の変化で体脂肪の状況を把握することをお薦めします。


体脂肪のことはあまり気にしないでまずは体力をつけることです!
と私は思います。


体力がつくと細胞が喜んでくれて身体がよい方向へ導かれるようですね!(^^)!




究極の初フルマラソン完走練習法!絶対の自信作です!
「サミー大塚の初めてのフルマラソン完走プログラム」
http://www.xn--3ck5c7a3b4441a8drvt5c.net/



※ご意見、ご質問、お気軽にメールください。



■ご注意----------------------------------------------

運動や商品のご購入は自己責任において実施してください。

運動実施前は必ずメディカルチェックを受けましょう。

くれぐれも無理はしないように。

-------------------------------------------------------
発行者:運動指導研究家 サミー先生こと 大塚 聡
http://www.sammysensei.com/

一般社団法人日本生活体力推進協会
http://www.jlfa.or.jp/

サミー大塚パーソナルトレーニングスタジオ
http://www.sammystudio.com

「大塚聡 パーソナルトレーナー・運動指導者養成塾」
http://www.sammyjyuku.com/

「サミー大塚のフルマラソン完走プログラム」改訂版販売開始しました!
http://www.xn--3ck5c7a3b4441a8drvt5c.net/

「からだづくり教室」会員募集中!
http://www.sammysensei.com/make_body.html

-----------------------------------------------------------

めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  445部

ついでに読みたい

めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  445部

他のメルマガを読む