湘南鎌倉-商い知恵袋

民間保険の「からくり」 その1


カテゴリー: 2009年06月29日
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
        
鎌倉市・藤沢市・横浜市及びその周辺地域で活動する税理士&社労士が発行するローカ
ル色豊かなメルマガ!士業者にとって、好奇心旺盛な中小企業経営者と円滑に仕事する
には、お話のネタは必須の「商売道具」です。この「企業秘密」をあなただけに伝授!
        
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  No.19  2009.06.29号 購読料 無料
 
ふじっくす会計労務事務所のホームページはこちら →→→ http://www.fujix.gr.jp/


 当マガジンの情報を実際に運用する場合、必ず顧問税理士や社会保険労務士等の専門
家にご相談ください。

_______________________________________________________________________________

 テニス界の超ベテラン、伊達公子が13年ぶりにウィンブルドンへ帰ってきました!

 結果は、惜しくも7―5、3―6、1―6で逆転負けでしたが、20歳も年下の18
歳の新鋭、第9シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)から第1セット
を奪う大健闘でした。20代も後半になると「ベテラン」とされる心身共に激務な世界
で、38歳という年齢や13年ものブランクを乗り越えてのテニス界への復帰は驚異的とし
か云いようがありません。

 伊達公子曰く「日本中でテニスの競技人口は多いけれど、ポピュラーなスポーツにな
り切れていない。だから今は『テニスという競技の魅力を、もっと多くの人に知っても
らいたい』という気持ちでテニスを続けています」とのこと。

 「自分への挑戦という部分では、38歳という年齢や13年ものブランクを理由にして自
分自身で限界を作ったりせず、これからも可能性を広げていきたいと思っています。」
とのコメントもあり、また、マネジメント会社を通じて「まずは休んで時差ぼけを直
し、頭を整え、心を整え、全米オープンを含めたハードコートシーズンに備える」と
発表しており、8月31日開幕の全米オープンへの再挑戦に強い意欲を示しています。

 同じアラフォー世代としては、今後の彼女の活躍に期待したいものです。皆さんも一
緒に応援しましょう!

_______________________________________________________________________________

 
 さて、今回のご案内は「民間保険」です。私どもは「税金」と「社会保険」を通じ
て、関与先の成長と発展のお手伝いをさせて頂いていますが、代表者のライフプラン
という観点を鑑みると、「民間保険」は外すことのできない重要項目だと考えていま
す。

 そもそも「民間保険」とはどのようなものでしょうか?生命保険や医療保険では様々
なタイプのものが巷に溢れているので、民間保険の本質を見失いがちになりますが、
民間保険は、

・少額の支出で人生を左右する大きな金銭的損失に備えること
・無駄になることにこそ意味がある特殊なサービス

の2つにその本来あるべき姿が集約されるのではないでしょうか。

 つまり「保険で得しようと考えるな」ということです。「民間保険」がビジネスであ
る以上、社会全体で考えた場合(個人ベースでの個別事例ではなく)、「保険加入者が
民間保険で得をする」逆の云い方をすると「保険会社が商品である民間保険の販売によ
り損をする」ということはありえません。なぜなら、民間保険という商品は、統計に基
づいて「保険加入者が民間保険で必ず損をする」「保険会社が商品である民間保険の販
売により必ず得をする」ように設計するからです。

 このポイントが理解できると「無事故 お祝い金」や「毎年 ボーナス支給」といっ
た「お得感」の演出も、保険会社が献身的に利益を削って支払っているわけではなく、
単に保険加入者がその分の保険料を多く払っているだけ、という民間保険の基本構図が
見えてくるはずです。

 それでは、上記の考え方をベースに、次回以降は、生命保険や医療保険をはじめ、
個々の民間保険への対応のポイントについてご案内したいと考えていますので、ご期待
下さい!

_______________________________________________________________________________

  なお、理解のしやすさを優先して説明したため、必ずしも適切とはいえない用語や表
現を用いている点についてご了承下さい。あくまで考え方の概要を説明しているに過ぎ
ません。実際の運用にあたっては必ず税理士や社会保険労務士などの専門家に相談して
下さい。

 ご意見、ご感想は mag2@fujix.gr.jp まで!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ふじっくす会計労務事務所 会社設立と法人成り

〒248-0033 鎌倉市腰越 2-34-23
TEL 0467-32-5017  FAX 0467-32-5584
E-mail info@fujix.gr.jp  URL URL:http://www.fujix.gr.jp/ 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 


このメルマガは現在休刊中です

湘南鎌倉-商い知恵袋

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2013/05/28
部数 40部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

湘南鎌倉-商い知恵袋

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2013/05/28
部数 40部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング