湘南鎌倉-商い知恵袋

本当に損なの?公的年金

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
        
鎌倉市・藤沢市・横浜市及びその周辺地域で活動する税理士&社労士が発行するローカ
ル色豊かなメルマガ!士業者にとって、好奇心旺盛な中小企業経営者と円滑に仕事する
には、お話のネタは必須の「商売道具」です。この「企業秘密」をあなただけに伝授!
        
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  No.8 2006.07.11号(隔週発行) 購読料 無料
 
ふじっくす会計労務事務所のホームページはこちら →→→ http://www.fujix.gr.jp/


当マガジンの情報を実際に運用する場合、必ず顧問税理士等にご相談ください。
_______________________________________________________________________________

 4年に一度の祭典、ワールドカップもようやく終わりました。ジダンのフランスかト
ッティのイタリアか、目が離せない注目の決勝は、期待通りの1点を争う歴史に残る名
勝負となりました。個人的には、この大会を花道に引退を表明しているジダンのフラン
スを応援していたのですが、残念ながらPK戦でイタリアに敗れてしまい、引退に華を
添えることは出来ませんでした。

 さて、ここ最近、神奈川に所縁のある選手が話題を独占しています。

 まずはテニスの杉山愛。湘南白百合出身である彼女は、ウインブルドン大会であの女王
ヒンギスを見事撃破し堂々のベスト16進出!2年ぶりの準々決勝進出をかけての4回戦
では、残念ながら予選勝ち上がりのセベリーヌ・ブレモン(フランス)に、6―7、3
―6で敗れ、ベスト8入りを逃してしまいましたが、久しぶりの活躍に興奮した人も少
なくなかったはずです。ここ最近少し不調だっただけに、これからの活躍が楽しみです。

 そして、なんといっても世間をあっと驚かせたのは、衝撃の引退宣伝をした中田英寿で
す。ベルマーレ平塚(現、湘南)でプレーした時間は、彼のサッカー人生の中ではあま
り多くはなかったのですが、地元の誇る英雄であることは誰もが認めるところです。多
くのファンが彼のサッカー人生の集大成を次のワールドカップで観戦できるものと信じ
ていましたが、あまりにも若すぎる29歳での引退宣言に、衝撃が走りました。

 税理士の資格取得を目指して簿記の勉強もしていたとか。現役の税理士としては何やら
誇らしいものを感じてしまいます。彼がどのような人生をこれから歩み始めるのか、知
る由はありませんが、新たなステージでの活躍に惜しみないエールを送りましょう。

_______________________________________________________________________________
 
 6月は、急な決算の依頼があったため、メルマガを執筆する時間が取れませんでし
た。発行が遅延したことを心からお詫び申し上げます。さて、何かとお騒がせで話題の
尽きない公的年金ですが、巷で言われているように、公的年金には加入しない方が得策
なのでしょうか?「本当に損なの?公的年金」と題し、皆さんと一緒にこのことについ
て考えてみましょう。

1.公的年金は本当に信頼できないか?

 公的年金が不人気になっている一番の理由は、「払ったほどには、貰えないのでは?」
という不信感に尽きるでしょう。出生率がどんどん減少していく状況では、現行制度の
ままだと、年金受給額を減らすか、現役世代の負担額を増やすしかありません。「自分
が受給する頃には、ほとんど貰えなくなっているのでは?」という損得勘定が、公的年
金離れを加速しているようです。

 これに追い打ちをかけているのが「役人の腐敗」です。年金資産を任されている官僚
は、自分たちの天下り先を確保するため、色々と屁理屈を並べては無数の関連組織を作
り、そこから常識はずれの給料や退職金をかすめとって、大切な年金資産を食い荒らし
ています。そして、その関連組織は巨額の赤字を抱えて次々に破綻しているのが現状で
す。宿泊施設のグリーンピアの例は記憶に新しいところでしょう。

 この様な背景から、「公的年金は信用できないから、その保険料も支払わない。しか
し、年金のない老後は不安だから、自分で民間生保の個人年金を積み立てておく」とい
う考えの人が出て来ているようです。しかし、この考えは、果たして正解なのでしょう
か?

 金融機関の倒産が当たり前となった今日、あなたが契約した生命保険会社は、年金を貰
う数十年先に果たして確実に存在しているのでしょうか?うまみが減ったとはいえ、そ
こは「国営」の年金制度です。民間会社のように国が倒産することはまずありません。
そもそも国が倒産するような状況になれば、民間金融機関が生き残れる可能性は殆どな
い、と考えるのが妥当でしょう。

 また、国債の負担を減らすため、国がインフレへと政策を誘導していくのは十分に考え
られることです。民間会社の個人年金だと、契約上の名目金額は支給されても、急激な
インフレとなれば、その実際の価値は激減してしまいます。その点、公的年金にはイン
フレ調整機能があるため、安心と云えるでしょう。

 どうでしょうか?これでも、公的年金に加入せず、民間会社の個人年金に加入する道を
あなたは選択しますか?

2.公的年金の金融商品としての魅力

 公的年金に生命保険や生活保障といった機能が備わっていることは、あまり世間には知
られていないようです。公的年金を単に老後の年金と考えるのではなく、年金、生命保
険、生活保障が一体となった「金融商品」と考えるのが妥当です。これだけの保障をカ
バーしている金融商品は、民間の保険会社では、まず提供できません。

 しかも、これらの生命保険や生活保障としての手当は、保険料の未納や滞納さえなけれ
ば、加入したばかりの人にも支給されるのです。

 では、公的年金の金融商品としての魅力をご紹介しましょう。

その1 自分が死亡したときの遺族(妻や子供)への手当

 公的年金は、万が一自分が死亡したときの生命保険としての機能も備えています。

イ 18歳未満の子供がいる場合、子供が18歳になるまで、毎年、年金と同額の約80万円
  +子供一人につき23万円(3人目以降は減額あり)が遺族に支給されます。

ロ さらに厚生年金だと、イに加算される手当があります。具体的には、平均月収が30
  万円だったと仮定すると、年間約48万円がイに加算されます。

ハ 子供がいなければ遺族としての手当は支給されないのが原則です。しかし、厚生年
  金の場合は、夫死亡時の妻の年齢が40歳以上だと、妻には自分が年金を支給される
  年齢になるまで、ロの加算手当と中高齢寡婦加算という特別手当が支給されます。
  具体的には、中高齢寡婦加算は年間約60万円(平均月収が30万円だった場合)で、
  遺族としての手当の年間合計額は、48+60=108万円になります。

ニ 国民年金だと、子供が18歳を過ぎれば遺族としての手当の支給は打ち切られます。
  しかし、厚生年金にはハの制度があるため、子供が18歳になった後も、妻には自分
  に年金が支給される年齢になるまで、ハの手当分(毎年108万円)が支給されます。

ホ その他の国民年金にはない厚生年金のみの制度としては、夫が65歳以上で亡くなっ
  ても、その妻が自分の年金に加えて、ロの加算手当分を一生にわたって受給するこ
  とが出来る、というものがあります。

その2 障害者になったときの手当

 公的年金は、病気や事故で身体に障害を負った場合、そのための保障機能も備えています。

イ 2級障害者に認定された場合、前述の遺族手当のイと同じ金額が貰えます。1級障
  害者に認定されれば、2級障害者の場合の25%が加算(子供に対する手当は加算な
  し)されます。

ロ さらに厚生年金だと、障害手当においても、国民年金にはない特別の取扱がありま
  す。まず、遺族手当と同様に、イに加算される手当があります。具体的には、平均
  月収が30万円だったとすると、年間約48万円がイに加算されます。1級障害者に認
  定されると、この加算手当も25%増額されます。

ハ また、厚生年金であれば、年金がまだ支給されない65歳未満の妻がいると、ロに年
  間約39万円の家族手当が加算されます。

ニ その他に、国民年金にはない厚生年金のみの制度として、国民年金では支給対象に
  はならない3級障害者であっても、厚生年金であれば2級障害者と同様の保障がう
  けられる、というものがあります。ただし、ハで紹介した家族手当の加算はありま
  せん。
_______________________________________________________________________________

 如何でしょうか?公的年金の理解を深めて頂けましたか?私共は「社会保険庁の回し
者」ではありませんが、前述のような理由から客観的に判断して、公的年金には是非加
入されることをお勧めいたします。そして、出来ることなら内容の充実している厚生年
金に加入された方が良いでしょう。

 次回は、費用対効果を考慮した「損しない公的年金加入のノウハウ」をご紹介したいと
考えています。

 なお、理解のしやすさを優先して説明したため、必ずしも適切とはいえない用語や表
現を用いている点についてご了承下さい。あくまで考え方の概要を説明しているに過ぎ
ません。実際の運用にあたっては必ず社労士などの専門家に相談してくさい。

 ご意見、ご感想は mag2@fujix.gr.jp までご連絡下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――■―PR―■

ふじっくす会計労務事務所 −お金と人の御意見番−

〒248-0033 鎌倉市腰越 2-34-23
TEL 0467-32-5017  FAX 0467-32-5584
E-mail info@fujix.gr.jp  URL URL:http://www.fujix.gr.jp/ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――■―PR―■ 
 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む