わくわく作文ランド

~涙がぽろり~

カテゴリー: 2016年05月11日
こんにちは。

作文講師歴16年、言葉の森現役講師がお届けする作文小論文講座です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

       ようこそ! わくわく作文ランドへ!!

    苦手な作文を得意に! 楽しく気軽に読める作文講座。

       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今日は、生徒の作文から。

======

 小学校4年生のやんちゃな男の子。今日の課題は「なみだがぽろり」です。

 小学校3年生以上の生徒は、自分の話だけではなく、おうちの人に取材をした話も
書くことになっています。

 お母さんに聞いた話は、仕事が決まらず、落ち込んでいたときに、父親(その子に
とってはおじいちゃん)から「おまえなら、大丈夫。」と励ましてもらい、思わず涙
が出てしまったという内容でした。

 この男の子は、その話を聞いた感想として、「ぼくは、昔も今も同じだなと思いま
した。なぜなら、人は、だれかからやさしくしてもらって育つということがわかった
からです。」と書いています。

 「人は、だれかからやさしくしてもらって育つ」、確かにそうですね。人は誰でも、
たくさんの愛を受けて成長します。

  改めてそんなことを思い出させてくれた作文でした。(^^)

======


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行者:山田 純子
◆Online 作文小論文教室 言葉の森 : http://www.mori7.com/?za=2
◆日曜個別作文教室 : http://kobetsu-sakubun.jimdo.com/
◆ブログ(作文小論文講座):http://blog.goo.ne.jp/pure7_2005/
◆E-mail:juliarose814★ybb.ne.jp (★を@に変えてください。)
◆購読・解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000180013.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む