宅建の過去問

宅建の過去問 No.2502~平成30年宅建本試験解説27


カテゴリー: 2018年11月17日
-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=

  宅建の過去問 No.2502~平成30年宅建本試験解説27    2018.11.17
                          通常 平日毎日発行

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=


■ 宅建通信学院~平成31年度宅建通信講座 いよいよ開講! 

 11月末まで早期割引中! 早期割引価格 8,700円(通常9,700円)

 http://www.law-ed07.com/takken/top.html


 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


平成30年度宅建本試験の解答及び解説を毎日(土・日・祝を含む)行ってい
ます。

宅建本試験解説ページ http://www.law-ed07.com/shiryou/top.html


それでは早速本日の内容に入りましょう。


■■ 問 題 ■■

平成30年

【問 27】 宅地建物取引業者Aは、Bが所有し、居住している甲住宅の売
却の媒介を、また、宅地建物取引業者Cは、Dから既存住宅の購入の媒介を
依頼され、それぞれ媒介契約を締結した。その後、B及びDは、それぞれA
及びCの媒介により、甲住宅の売買契約(以下この問において「本件契約」
という。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業
法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはど
れか。なお、この問において「建物状況調査」とは、法第34条の2第1項第
4号に規定する調査をいうものとする。

1 Aは、甲住宅の売却の依頼を受けた媒介業者として、本件契約が成立す
るまでの間に、Dに対し、建物状況調査を実施する者のあっせんの有無につ
いて確認しなければならない。

2 A及びCは、本件契約が成立するまでの間に、Dに対し、甲住宅につい
て、設計図書、点検記録その他の建物の建築及び維持保全の状況に関する書
類で国土交通省令で定めるものの保存の状況及びそれぞれの書類に記載され
ている内容について説明しなければならない。

3 CがDとの間で媒介契約を締結する2年前に、甲住宅は既に建物状況調
査を受けていた。この場合において、A及びCは、本件契約が成立するまで
の間に、Dに対し、建物状況調査を実施している旨及びその結果の概要につ
いて説明しなければならない。

4 A及びCは、Dが宅地建物取引業者である場合であっても、法第37条に
基づき交付すべき書面において、甲住宅の構造耐力上主要な部分等の状況に
ついて当事者の双方が確認した事項があるときにその記載を省略することは
できない。



※ 解答は下にあります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宅建通信学院からのお知らせ!
--------------------------------------------------------------------


■ 宅建通信学院~平成31年度向け宅建通信講座!

 一番安くて、一番内容が充実している宅建通信講座!

 11月末まで早期割引中!

 本メルマガ執筆者による全教材作成及び質問対応の「宅建通信講座」です。

 早期割引価格 8,700円(通常価格9,700円)ですべての教材が揃います。

 教材内容
 ・目からウロコのテキスト~「覚え方」「考え方」も分かる
 ・分かりやすい音声講義
 ・覚える内容をオール図解したレジュメ~「細切れの時間」の有効活用
 ・最強の過去問集~平成の過去問をすべて内容別に一問一答形式に編集
 ・学習の心強い味方の学習アドバイス・メール
 ・学習スケジュール表(エクセル)でラクラク学習管理
 ・本試験に近い答練・模試

 ※Webコースですので、ご自身で問題集などのPDF教材をプリントアウ
  トしていただく必要がある場合があります。

 詳しくは下記ホームページで!

 http://www.law-ed07.com/takken/top.html


・宅建本試験解説ページ http://www.law-ed07.com/shiryou/top.html
・宅建通信学院ツイッター https://twitter.com/law_ed07
・宅建通信学院フェイスブック http://www.facebook.com/lawed07
・YouTube 宅建 辻説法 http://www.law-ed07.com/takken/YouTube.html


宅建通信学院ホームページ

 http://www.law-ed07.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





■■ 解 答 ■■


【問 27】 正解 4

1 誤り。

宅地建物取引業者は、「媒介契約」を締結したときは、遅滞なく、「当該建
物が既存の建物であるときは、依頼者に対する建物状況調査を実施する者の
あっせんに関する事項」を記載した書面を作成して依頼者に交付しなければ
ならない。したがって、建物状況調査を実施する者のあっせんの有無につい
て確認は、媒介契約までにしなければならないのであって、甲住宅の売買契
約が成立するまでではない。
*宅建業法34条の2第1項4号
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/tatemonojokyochosa.html

2 誤り。

宅地建物取引業者は、契約が成立するまでの間に「設計図書、点検記録その
他の建物の建築及び維持保全の状況に関する書類で国土交通省令で定めるも
のの保存の状況」を重要事項として説明しなければならないが、それぞれの
書類に記載されている内容についてまで説明する必要はない。
*宅建業法35条1項6号の2ロ
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/tatemonojokyochosa.html

3 誤り。

当該建物が既存の建物であるときは、建物状況調査(実施後「1年」を経過
していないものに限る。)を実施しているかどうか、及びこれを実施してい
る場合におけるその結果の概要を重要事項として説明しなければならない。
したがって、「2年」前の建物状況調査についてはその結果の概要を説明す
る必要はない。
*宅建業法35条1項6号の2、同法施行規則16条の2の2
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/tatemonojokyochosa.html

4 正しい。

37条書面の記載事項として「当該建物が既存の建物であるときは、建物の構
造耐力上主要な部分等の状況について当事者の双方が確認した事項」がある
が、これは宅地建物取引業者相互間の取引であるからといって免除されてい
るわけではなく、記載しなければならない。
*宅建業法37条1項2号の2
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/tatemonojokyochosa.html




■■ 解法のポイント ■■


やっぱり出ました!という感じの建物状況調査の問題です。

肢3なんかは細かい内容ですし、肢1と肢2もそれなりに紛らわしい問い方
をしています。

さすがに宅建試験だけあって、宅建業法の改正については、最初の出題だか
ら簡単というようなことはなく、情け容赦はありません。





====================================================================

 【宅建の過去問】
 ■発行者 宅建通信学院
    ホームページ http://www.law-ed07.com/
 ■このメルマガは、一応「発行時点」における法改正に対応しております
  が、本試験までの法改正への対応を保証するものではありません。
 ■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
         『メルマ』   http://melma.com/
  登録及び配信中止はこちら
      まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000179544.html
      メルマ   http://www.melma.com/backnumber_148763/
 ■ご意見・ご感想は、このメルマガに直接「返信」の形でお送り下さい。

 Copyright(C)2018 宅建通信学院 All rights reserved.

====================================================================




宅建の過去問

RSSを登録する
発行周期 平日刊
最新号 2018/11/17
部数 1,216部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

宅建の過去問

RSSを登録する
発行周期 平日刊
最新号 2018/11/17
部数 1,216部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング