科学カフェ京都 会報

★★★ 科学カフェ京都 会報 ★★★

カテゴリー: 2011年04月09日
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                『科学カフェ京都 会報』 (2011/4/9 発行)

        自然科学を身近に! 科学カフェ京都の活動案内です

          NPO法人 科学カフェ京都  http://ameblo.jp/kagaku/
     
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



本日の定例会
http://ameblo.jp/kagaku/

====================================================================☆彡

第73回 定例会(開催場所注意)

日時:4月9日 午後2時~4時30分 

話題: 季語の科学

講師: 尾池 和夫 先生 (地震学)
財団法人国際高等研究所所長(前京大総長)
http://www.iias.or.jp/profile/message.html 
http://homepage2.nifty.com/cat-fish/index.html 


□会場:京都大学 吉田南総合館北棟 25号室
(京大時計台前正門の南向い側の門より入り、
南へ向かって真正面の建物の右手2階)
地図:
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E135.46.59.50N35.01.16.7&ZM=11 


季語の科学    尾池和夫

 日本の代表的な季語は、「雪月花」と言われることがありますが、それに時鳥
を加えて春夏秋冬を代表させる人もいます。もちろん雪は冬の季語です。花とい
えば今では桜の花のことで春の季語です。月は秋の季語になっています。
 季語は、連歌、俳諧、俳句などに、その句の季節を規定する言葉として用いら
れてきました。世界でもっとも短い詩である俳句にとって、季語はたいへん大き
な役割を果たします。季語は、句の象徴する情景を読む人の連想力に与えます。
句の表現する時空を、詠む人と読む人とが共有するための言葉が季語なのです。
季語を集めた本に「季寄せ」や「歳時記」があります。日本の歳時記は長い期間
に磨き抜かれた詩語の集大成です。しかも、常に進化しています。
 季語には、四季折々の変化の仕組みが背景にあり、その仕組みを生み出した地
球の活動が背景にあるのです。現在の歳時記にまとめられている季語が、一つひ
とつ磨きあげられてきた過程に必然性があるはずです。
 季語の背景を知って、仕組みを理解するために、科学的な知の蓄積が役立ちま
す。科学者が一つひとつ解き明かしながら積み重ねてきた厖大な知識の中から、
役立つ情報を引き出してみることも大切です。
 日本列島の大地は、たいへんこまかい構造を持っています。少し歩くだけで異
なる地質を見たり、さまざまな地形を眺めたり、異なる植生に出会うことができ
るのです。歩きながら自然の多様性をたっぷりと鑑賞することができる列島です。
例えば台湾の島を一時間歩いても、同じように続く玄武岩台地で、すっかり歩き
疲れてしまったことがあります。日本に生まれ育った人びとには、まったく当た
り前と思われている、例えばこのこまかい構造が、実は世界的には、たいへん珍
しいのです。そのような日本列島の珍しさを、ジオ多様性という概念のもとに、
今、さまざまな視点から見直してみようと試みています。
 季語は日本人の宝物です。その季語を生み出したのは、日本列島を囲む海と、
日本人の祖先が住みついた列島の大地です。日本列島と大陸の間にある日本海は、
世界でいちばん若い海です。また東北日本の東にある太平洋の海底は世界でいち
ばん古い海底です。日本列島をとり囲む海には世界でもっとも豊かな生態系が確
認されています。そのような特徴的な海も日本人の宝物です。
 季語は、そのような日本列島の空や海や大地の自然を、またそこから得られる
さまざまの産物を、さらにそれをもとにした日本人の生活を、季節感をもとに表
す言葉です。季語は、日本列島の四季の情報をしっかりと蓄えています。そして
その季語を集めた歳時記もまた日本人の宝物なのです。そのような宝物を生み出
した日本列島の生い立ちと仕組みを、地球科学の目で見つめてみたいと思います。
そして、歳時記をたずさえて、実際にその仕組みを見ることのできる現場を、み
なさんにも歩いてみていただきたいと思いつつ、今はジオパークの普及につとめ
ています。
                              2011年2月4日

参加無料/予約無要


========================================================================



次回以降の予定、イベント関係
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10088545362.html

====================================================================☆彡

第74回 定例会

日時:5月14日 午後2時~4時30分 

話題: 「直下地震・巨大地震の恐怖―関西そして京都では?-」


講師: 家村 浩和 先生 
(近畿職業能力開発大学校校長)
http://www.ehdo.go.jp/osaka/college/school/greeting.html 
http://spysee.jp/%E5%AE%B6%E6%9D%91%E6%B5%A9%E5%92%8C/1225706/ 

会場: 楽友会館

概要:
それぞれ、千年に一度とも言われる、神戸大震災、東日本大震災が、この16年
の間に発生した。いずれも過去の想定を大きく上回る地震動や津波を引き起こし、
甚大な被害をもたらした。地震や津波の発生メカニズム、さらに被害の特徴につ
いて、概説するとともに、紀伊半島沖で想定される巨大地震や京都での直下地震
について、考察する。


========================================================================



東北関東大震災に関する会員のご意見
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10834021390.html

====================================================================☆彡


「福島原発事故は人災」 
長谷川晃 大阪大学名誉教授 (科学カフェ京都理事長) 
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10833977606.html 
http://kagakucafe.org/hasegawa110325.pdf 



「原子炉圧力容器の対策 銀の弾丸作戦」 
稲垣耕作 京都大学准教授 (科学カフェ京都理事) 
http://inagaki.ist.i.kyoto-u.ac.jp/SilverBullets.html 



参考資料:

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/jishin0311/ 

天皇陛下のお言葉
http://www.youtube.com/watch?v=Tpk_lM4jXaM 

震災マップ
http://shinsai.mapping.jp/ 

計画停電
http://setsuden.yahoo.co.jp/ 


KEKによる放射線モニタリング
http://rcwww.kek.jp/norm/ 
http://www.kek.jp/quake/radmonitor/index.html 
http://atmc.jp/ 
https://sites.google.com/site/radmonitor311/home 


BWRの事故解析(原子力安全基盤機構)
http://kagakucafe.org/jnes000017303.pdf 

田中俊一(原子力委員会前委員長代理)
http://www.kagakucafe.org/110321_tanaka.pdf 

CNIC-Japan
http://www.ustream.tv/recorded/13572861 

発電所の航空写真
http://cryptome.org/eyeball/daiichi-npp/daiichi-photos.htm 


武田邦彦(中部大学教授)
http://takedanet.com/ 

井上信(京都大学名誉教授)
http://kagakucafe.org/inoue110327.pdf 
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10811499174.html 

石橋克彦(神戸大学名誉教授)
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/2011touhoku.html 

放射線の影響(あいんしゅたいん)
http://jein.jp/blog-einstein/666-blog-77.html?showall=1 


塩谷喜雄(科学ジャーナリスト)
http://www.fsight.jp/article/10319?ar=1&page=0,0&ar=1 
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html 

田原総一朗(ジャーナリスト)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110330/265304/?ST=business&P=1
 
大前健一(元日立製作所)
http://www.youtube.com/user/BBT757program 


大槻路子(東京電力)
http://news.ameba.jp/20110316-297/ 

松本康男(東北電力)
http://kagakucafe.org/matsumoto_tsunami.pdf 

山内正敏
http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html 

沖合いの津波
http://www.youtube.com/watch?v=8ZNJBOhY5Uw&feature=player_embedded#at=173
 


海外報道状況:

http://jp.wsj.com/ 
http://jp.reuters.com/ 
http://www.cnn.co.jp/special/eq2011/ 
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011032
4001&expand 


http://j.people.com.cn/ 
http://j.people.com.cn/94475/102040/index.html 
http://j.people.com.cn/94476/96985/7338940.html 
http://www.abc.net.au/news/events/japan-quake-2011/beforeafter.htm 
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/20110312_japan.h
tml?ref=asia#1 


http://mitnse.com/ 
http://bravenewclimate.com/ 
http://www.scientificamerican.com/report.cfm?id=japan-earthquake-tsunami&
WT.mc_id=SA_20110324 


http://www.iaea.org/Publications/Booklets/Chernobyl/chernobyl.pdf 
http://en.wikipedia.org/wiki/Three_Mile_Island_accident 
http://en.wikipedia.org/wiki/Chernobyl_disaster 


========================================================================



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                      『科学カフェ京都 会報』

     バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000177752/index.html
          登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000177752.html
     
          発行元  :NPO法人科学カフェ京都 http://ameblo.jp/kagaku/
          代表者  :長谷川 晃 akirah@solitoncomm.com
          編 集  :下浦 一宏 kshimoura@gmail.com
   
    Copyright(C) 2011 NPO Kagaku-Cafe Kyoto All Rights Reserved.

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


【編集後記】

◆ 地震、津波、原発被災者の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。


------------------------------------------------------------------------
このメルマガは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使いの方は
Osaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます
------------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む