科学カフェ京都 会報

★★★ 科学カフェ京都 会報 ★★★


カテゴリー: 2010年11月12日

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                『科学カフェ京都 会報』 (2010/11/12 発行)

        自然科学を身近に! 科学カフェ京都の活動案内です

          NPO法人 科学カフェ京都  http://ameblo.jp/kagaku/
     
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



次回の定例会
http://ameblo.jp/kagaku/

====================================================================☆彡

第68回 定例会(開催場所注意)

□日時: 11月13日(土)午後2時~4時30分

□話題: 「日本の惑星探査」
ーー迷子になった「はやぶさ」の帰還をめぐってーー

□提供: 藤原 顕 先生
(関大講師、元宇宙科学研究所教授、科学カフェ京都副理事長、
専門:惑星科学)
http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=51083

迷子になった「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)が、2010年6月13日22時51
分、地球の大気圏再突入したニュースは、日本人にとって、この上もない大きな
出来事でした。これは、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時)に宇宙科学研
究所(ISAS:現在は宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の下部組織)が打ち上げたも
ので、実に、60億kmの旅を終え、途中さまざまな事故に遭遇しながら宇宙をさま
よった末の帰還でした。サンプル容器が収められたカプセルは、オーストラリア
のウーメラ立入制限区域内にパラシュートに乗って降ろされ、2010年6月14日、無
事に回収されました。現在、カプセルの内容物の調査が行われているということ
です。
その間、世界中がやきもきしながら、技術の粋をつくした遠隔操作によって危機
を脱してたどりついた「はやぶさ」の行方を見守りました。この武勇伝を支えた
科学者やスタッフのおかげです。
今回は、「はやぶさ」プロジェクトに直接関わってこられた藤原先生をお迎えし、
日本の惑星探査のこれまでの経緯、そして今後についてお話し下さいます。


□会場:京都大学湯川記念館内パナソニック国際交流ホール
http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/guide/map.html 


□関連講演:
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10045649115.html 
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10225558398.html 


*定例会終了後、過去に講演頂いた講師をお招きして懇親会を行います。
17:30~(歴代講師+聴講者)交流会
北部食堂2F 喫茶「北斗」 会費3千円

*今回はNPO法人「あいんしゅたいん」との共催です。
http://jein.jp/


========================================================================



次回以降の予定、イベント関係
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10088545362.html

====================================================================☆彡

第69回 定例会

12月11日(土)午後2時~
「電流のエネルギーは電線の外を流れる」

松田 卓也 先生(神戸大名誉教授、あいんしゅたいん理事)
http://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/contents/seminar/detail.php?SNUM=51089

パナソニック国際交流ホール

電線の中を電流が流れているとする。そのときに、電流のエネルギーはどこを流
れているのだろうか。それは電線の外なのである。多くの物理や電気工学の専門
家はこんな問題を考えたこともない。実際、その質問を多くの物理学者にして、
正解したのは、ほんのわずかであった。その理由は、電流のエネルギーは電磁場
が運ぶのだが、電線の中の電磁場はたとえあるとしても、きわめて弱いのである。
ポインティング・ベクトルという概念があり、それは電場と磁場のベクトル積に
なっている。このポインティングベクトルこそエネルギーを運ぶ実態なのである。
ポインティング・ベクトルはあたかも串に刺したフランクフルト・ソーセージの
ような形をしている。電流のエネルギーは、電線のそばを流れるのである。ス
ピーカー・ケーブルに関する都市伝説がある。導体の銅がよいほど音質も良いと
いうのだ。だからとてつもなく高いケーブルがある。ナンセンスである。実際、
音楽電流は電線の外を流れることを実験で示す。 


========================================================================



御池フェスタ2010
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10688178725.html

====================================================================☆彡

□日時: 2010年10月23日(土)午後3時~4時

□話題: 「株価変動を科学する 経済に科学は使えるか?」

□提供: 下浦 一宏 氏 (科学カフェ京都理事)

□主宰: 
京都科学屋台ネットワーク
http://www.edu.city.kyoto.jp/science/yatainet/index.htm
御池フェスタ2010
http://www.kyo.or.jp/oike/

□会場: Zest御池(地下街)
地図:
http://www.kyo.or.jp/oike/event/index.html


講演資料:
http://www.kagakucafe.org/shimoura101023a.pdf

講演ビデオ:
http://www.kagakucafe.org/shimoura101023.wmv

参考資料:
http://ameblo.jp/kagaku/entry-10099388672.html
http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/album/museum/novel.htm
http://www.edu.city.kyoto.jp/science/
http://www.youtube.com/watch?v=KOVg4g1iKgI 


========================================================================



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                      『科学カフェ京都 会報』

     バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000177752/index.html
          登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000177752.html
     
          発行元  :NPO法人科学カフェ京都 http://ameblo.jp/kagaku/
          代表者  :長谷川 晃 akirah@solitoncomm.com
          編 集  :下浦 一宏 kshimoura@gmail.com
   
    Copyright(C) 2010 NPO Kagaku-Cafe Kyoto All Rights Reserved.

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


【編集後記】

◆ 前回メルマガでご紹介しました、西島安則先生、Benoit Mandelbrot 先生が
亡くなられました。つつしんでお悔やみ申し上げます。


------------------------------------------------------------------------
このメルマガは、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使いの方は
Osaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます
------------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

科学カフェ京都 会報

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2013/02/09
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

科学カフェ京都 会報

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2013/02/09
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング