得する税務・会計情報

~得する税務・会計情報~ 第292号 複式簿記って素晴らしい!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
           ~得する税務・会計情報~        第292号
           
            【税理士法人-優和-】   http://www.yu-wa.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
           複式簿記って素晴らしい!

 8年ほど前の本ブログ~得する税務・会計情報~第139号では、「複式簿
記の発明過程の推測」とのテーマで複式簿記の発明過程を推測してみました。
この会計の世界に入って40年以上経過しますが、いまだに複式簿記の素晴ら
しさを実務の中で実感しています。
 会計に全く縁のない方との会話では、発想の視点の違いから同じ日本語を
喋っていても、話が通じないことが良くあります。一つの取引を原因と結果の
両面から考えて仕訳に落とし込むことに慣れきってしまった「複式簿記的世界
観」がしみ込んだ経理、会計関係の方達とは話が通じても、「要件事実的世界
観」に浸りきっている法律的視点が先行する方達とは、よく話が食い違うこと
があります。そこで、本稿では複式簿記の素晴らしさを再確認してみます。

1.貸借平均の原理-自己検証能力-
 会計の世界にいる方なら当たり前の事ですが、いまだに複雑な経済事象を紐
解く場合にこの複式簿記の自己検証能力の凄さを感じ取る場面にぶつかります。
 具体的には「複式簿記って素晴らしい(その1)」http://ur2.link/JJrH 
をご覧ください。

2.遡及可能性
 複式簿記の持つ遡及可能性ほどありがたいものはありません。決算書と総勘
定元帳さえあれば、30年前の取引でもすぐに再現できます。先代社長や後継
者が全く忘れている事実でも、すぐに記憶を呼び戻すきっかけを提示できる
のです。いまだにこの遡及可能性の恩恵に浸る場面によく出くわします。
 具体的事例はきりがありませんが、「複式簿記って素晴らしい(その2)」
http://ur2.link/JJs3 をご覧ください。

3.複式簿記の説明簡易性
 弁護士の方と仕事を一緒にさせて頂くと、かなり複雑な取引事例を解読しな
ければならない事例に多くぶつかります。そして、当然に長文での説明文書が
作成されており、法律家ですから当然に先に述べた「要件事実的世界観」の中
にいますので、話がかみ合わない場合があります。
そこで、我々職業会計人が「複式簿記的世界観」をも取り込んで、仕訳に落と
し込んで説明すると、今まで見落としていた事実が浮かび上がります。浮かび
上がるというより複式簿記のもつ自己検証能力のお陰です。つまり、複雑な取
引でも複式簿記的に仕訳にすると、いとも簡単に説明できるわけです。具体的
には、上記URLのhttp://ur2.link/JJs3 をご覧ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
購読解除は下記URLから
http://www.yu-wa.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
公認会計士・税理士 渡 辺 俊 之
税理士法人 優   和   東 京 本 部

〒108-0014東京都港区芝4-4-5 三田KMビル
TEL:03-3455-6666  FAX:03-3455-7777
E-mail : watanabe-cpa@yu-wa.jp
URL : http://www.watanabe-cpa.com/
渡辺公認会計士事務所 TEL:03-3455-6295
分室 東京都港区芝4-16-1カテリーナ三田W-2505
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

得する税務・会計情報

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  354部

ついでに読みたい

得する税務・会計情報

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  354部

他のメルマガを読む