得する税務・会計情報

サンプル誌

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
            〜得する税務・会計情報〜         第1号
             
             【税理士法人-優和-】   http://www.yu-wa.jp  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

知ってますか?減損会計が導入されます。


 投資家に的確な情報を提供し、
  会計基準の国際的調和を図るために、
   減損会計が導入されます。


<固定資産の減損会計とは?>
 資産または資産グループの収益性の低下により投資額の回収が見込めなく
なった場合に、一定の条件の下で回収可能性を反映させるよう帳簿価額を減
額する会計処理のことをいいます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 平成18年3月期より原則としてすべての会社に適用されることになりま
すが、強制適用されるのは、証券取引法や商法の規定により公認会計士の外
部監査が必要となる会社となり、また、連結財務諸表作成会社の子会社、関
連会社についても事実上、摘要せざるを得なくなると考えられます。

 保有する固定資産に減損の兆候があるか等一定のステップを経て減損処理
を行う場合は、帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失と
して当期の損失とすることとなります。

 では、この減損損失は税務上どのような取扱になるのでしょうか。法人税
法では、原則として資産の評価額を損金の額に算入することは認められてい
ません。

(注)減損損失は、税務上、資産の評価損等に該当するため、原則は有税処理
することとなります。
 しかし、下記のような特別な事情が生じた場合には、帳簿価額を下回った法
人税上の時価までの金額は損金に算入できることになります。

 イ)当該資産が災害により著しく損傷したこと
 
 ロ)当該資産が1年以上にわたり遊休状態にあること
 
 ハ)当該資産がその本来の用途に使用することができないため
   他の用途に使用されたこと
 
 ニ)当該資産の所在する場所の状況が著しく変化したこと
 
 ホ)内国法人について会社更生法、商法の規定等により当該資産
   につき評価換えをする必要が生じたこと
 
 ヘ)イからホまでに準ずる特別の事実
   1.法人の有する固定資産がやむを得ない事情によりその取得の時から
    1年以上事業の用に供されないため、当該固定資産の価額が低下した
    と認められること
   2.民事再生法の規定による再製手続開始の決定があったことにより、
    固定資産につき評価換えをする必要が生じたこと

 (注)有税処理となる減損損失は、税務申告上、減価償却費の超過額として
取扱われます。
翌期以降は減損損失計上前の帳簿価額による税務上の減価償却費と減損損失計
上後の帳簿価額による減価償却費との差額が税務申告上認容されることとなり
ます。


********************************************************************
購読解除は下記URLから
http://www.yu-wa.jp/mail.htm
********************************************************************


********************************************************************
発行者 優和 大西 聰一
優和HP:http://www.yu-wa.jp
E-MAIL:oichi@s-onishi.co.jp
TEL:089(945)3380(代)/ FAX:089(945)3385

〒790-0011
愛媛県松山市千舟町6丁目5番地10 大西会計ビル4・5階
********************************************************************

得する税務・会計情報

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  354部

ついでに読みたい

得する税務・会計情報

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  354部

他のメルマガを読む