1万人を虜にする魅惑のトーク術

どうして自分は、いつも愛情問題で悩んでばかりなのかの理由

カテゴリー: 2018年11月04日
今回のテーマ
 
★どうして自分は、いつも愛情問題で悩んでばかりなのかの理由
 
 
*************************
    「1万人を虜にする魅惑のトーク術」
         第548号
*************************
 
※購読の解除は、一番下からできます。
 
 
 
こんにちは。上村です。
 
今回もメルマガをよろしくお願いします。
 
 
 
 
誰でも「愛情問題」に悩んだら、一刻も早く解決したいと思うものですね。
 
 
例えば、恋愛に悩んでいる人がいるとしましょう。
 
 
何とかこの悩みから「早く抜け出したい」と思う。
 
 
好きになった相手に対して、今すぐ付き合いたいと思うかもしれません。
 
 
 
 
ところで突然ですが、こんな話を考えてみました。
 
 
「ドラえもん」と「のび太」の会話です。
 
 
 
のび太   「ドラえもん、道具を出しておくれ」
 
ドラえもん 「またかい、今度はどんな道具を出してほしいの?」
 
のび太   「僕は一刻も早く、しずかちゃんと交際がしたいんだ」
 
ドラえもん 「まだ小学生だろ」
 
のび太   「愛に、小学生も大人も関係ないよ」
 
ドラえもん 「それで僕にどうしろと」
 
のび太   「今すぐ、しずかちゃんと付き合える道具を出してほしい」
 
ドラえもん 「じゃあ、この道具はどうだい」
 
 

ドラえもんは、人のいい猫型ロボットなので、のび太くんのわがままも聞いてあげました。
 
ドラえもんが出した道具は、大きな「押しボタン」のついたもの。
 
 
「これは好きな人が惚れてくれる道具だよ
このボタンをしずかちゃんに押してもらう。
すると彼女はキミにメロメロ」
 
 
安直な道具を出したものですが、しかしのび太は喜ぶ。
 
 
その後、しずかちゃんに会いに行きました。
 
 
うまく言って、しずかそのボタンを押してもらったのです。
 
 
無事に、二人は付き合うことに・・・。
 
 
 
「こんなバカげた方法で、しずかちゃんと付き合うなんてけしからん」
 
と思われたあなた。
 
 
 
大丈夫です。予想通りうまくいきませんから。(笑)
 
 
 
 
数日後、のび太は浮かない顔をしてドラえもんにまた相談しました。
 
 
のび太   「えらいことになったよ」
 
ドラえもん 「どうしたんだい、無事にしずかちゃんと恋人同士になれたのに」
 
のび太   「しずかちゃんに言われて、結婚の約束をしてしまったんだ」
 
ドラえもん 「好きだからいいじゃないか」
 
のび太   「だって僕はまだ小学生だよ。この年齢で結婚相手が決まるなんで江戸時代じゃあるまいし」
 
ドラえもん 「わがままな奴だな・・・」
 
 
 
というわけで、いつものように道具の使い方を間違えるのび太のお話でした。
 
(この話は僕の創作)
 
 
 
毎度のことながら、のび太はいったい何をしているんだと、笑ってしまうかもしれません。
 
 
 
しかし、これはなかなか笑えない話ですよ。
 
 
 
誰でもこういうことになる可能性があるからです。
 
 
 
愛情問題を早く解決しようとすると、得てして裏腹になってしまうことがあるものです。
 
 
 
「それでもしずかちゃんと付き合えたのだから、いいじゃないか」
 
と思うのは、あくまで他人から見たことです。
 
 
 
のび太自身は、こんなことになるなら、付き合わない方がよかったと思ったかもしれない。
 
 
 
「しかし、のび太はアニメだからいいけど、
私はもう結構いい年齢で、
早く結婚しないと遅れてしまうんじゃないかと焦っているんだけど」
 
みたいな方もいるかもしれません。
 
 
 
でも、こう言っては何ですが、結婚がそんなに特別な問題でしょうか。


その人の人生は、その人自身が決めるべきものです。


他人が結婚していようが、素敵な恋人がいようが別にいいではありませんか。



自分がしたいと思っているのならそうすればいいだけですし、したくないならしなければいいだけですね。


他人がどうかは関係がありません。


 
愛情問題というのを恋愛問題として考えるから、そんな悩みになるのだと思うのです。
 
 
 
当然ですが、愛情問題は恋愛だけではなく、様々なものがあります。
 
  
 
愛情には色々なものがあります。
 
 
人間同士の素朴な思いやりこそが、愛情。
 
 
 
そこに恋愛は関係ありません。
 
 
 
恋愛に悩んでいる人がいたら、もっと真の愛情に気づくきっかけにしてみてはいかがでしょうか。
 
 
恋愛というのは、相手のことをひたすら思う気持ちと、自分の都合だけを考えてしまう気持ちが交錯することがあるものです。
 
 
 
極端な二つの形が出やすいのです。
 
 
 
自己都合を抑えるのは苦しいものです。



しかし、愛情の本質が相手のためを思う気持ちであれば、相手のことを自分のことのように考えることはまさに愛情です。
 
 
 
そこに気づくことは、恋愛の悩みを飛び越えて、人生にとって本当に大切な愛情を知るきっかけです。

 
 
このことの方が、はるかに重要です。



愛情の本質に気づけば、求めることは最小限になり、与えることに喜びを感じていくことになるでしょう。



結局それが、自分の愛情問題を根底から解決していくことになります。
 
 
 
 
今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛情がシンプルなものであることに気づけは、
多くの愛情問題は解決していきます。

自分がややこしくなっていると、ややこしい問題が起こるもの。

恋愛に悩んでいる人も、
全ての愛情に共通する根本的なものを大切にしていけば、それでいいです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
あなたが恋愛や人間関係で「愛の弱者」だと思うなら、
 
あなたは誰よりも「愛の強者」になることができます。
 
 
ここで書いてあることを、そのまま実行すればいいだけです。
 
目からウロコが落ちることでしょう。
 
http://hideburo.hatenablog.com/entry/aibook
 
 
 
 
あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、
たった「二つの真理」を知るだけで、それは解決します。    
 
1.追いかけるのをやめる
2.「途方もない愛される力」を実践する
 
今すぐ、「真理」を知ってください。
 
http://aisareryoku.web.fc2.com/
 
 
 
 
 
----------------------------------------------------------------------
         ★「1万人を虜にする魅惑のトーク術」★
 
発行人氏名      上村 英明 
発行人メールアドレス spkaiwa@kcc.zaq.ne.jp
 
ブログ     https://uehide.blogspot.com/
ツイッター http://twitter.com/torikonisuru
フェイスブック https://www.facebook.com/profile.php?id=100005723179073
 
メルマガ解除  http://archive.mag2.com/0000175698/index.html
 
メール送信者情報 http://www.kcc.zaq.ne.jp/talksp/
----------------------------------------------------------------------

1万人を虜にする魅惑のトーク術

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  16,942部

ついでに読みたい

1万人を虜にする魅惑のトーク術

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  16,942部

他のメルマガを読む