氣美人研究所☆スピリチュアル・ビューティ健康法

氣美人研究所★スピリチュアル・ビューティ健康法(Vol.4)

カテゴリー: 2006年03月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 氣美人研究所★スピリチュアル・ビューティ健康法 Vol.4 
                                                               
                                                                2006.3.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜このメルマガには、読むだけでオーラが輝く!楽しい”氣”が入ってます〜

【もくじ】
 ◆氣美人への道 「荒川とイチローを貫くもの」
 ◆波動測定セラピーの現場から 「オーラフィールドの強化」
 ◆ビックリ体験&楽しい実験報告 「優しい波動の防虫シート」
 ◆NEWS&インフォ 「真実の告白 水の記憶事件」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆氣美人への道 「荒川とイチローを貫くもの」
──────────────────────────────────
東京で桜が開花した春分の日、WBCで日本チームが記念すべき初代
チャンピオンとなりました。諸々の要素(あの誤審審判も含め)が絡み
合ってはじめて達成された結果とは言え、天地を貫くかのようなイチロー
の”気合い”が、大きな流れを生み出していたのは、誰の目にも明らか
だったのではないでしょうか。

メキシコの奇跡的勝利や、3度目の正直でようやく韓国に勝った事など、
ドラマチックな展開も盛り上がりに華を添えはしましたが、見ていて自然
と涙が出てきてしまうような感動を我々にもたらしてくれたのは、一体何
だったのだろうか、と自問していて浮かんで来たのは、次のような事でした。
つまり、今の世相を象徴するかのような「ズルさ、汚さ、強引さ、セコさ」が
支配している場を、「誠実かつ品性ある美しいやり方」で貫き通して、
正々堂々と栄冠を手にした、という点です。

これは、トリノ五輪で金メダルを手にした荒川選手の活躍にも当てはまる
事かもしれません。ルール改正(欧米諸国が負け込んでくると使う強引
かつ最低な手段)で、直接的には評価の対象にならなくなってしまった
イナバウアーを、自分らしさを表現できる最高の武器としてあえて採用し、
短絡的点数勝負をしなかったこと。直前にコーチや演目を変えるという
危険な賭けをしてでも、直感と信念に従って行動したこと。こうした思い
切りの良さが、力強いオーラとなって演技にも表現され、それが観客を
魅了し、またグレーゾーンに漂っていた審判達の心をも動かしたのでは
ないでしょうか。

イチローなどは、あえて他国を刺激し、自分をより厳しく追い込むような
発言やパフォーマンスをしていたようにも見えましたが、そこまでやる事
でWBC全体の場に流れをつくり、奇跡をも引き寄せた感じがしますし、
荒川も似たような形で、自分の表現を超えた所で起きる現象(他選手
のミスなど)を導いていたように思えます。

また、彼らの信念が、ただのエゴ(自己主張や頑固さ)と違って見えた
のは、戦っていた相手が、他選手や他国を越えたところにある「不当な
システム」だったり、「自分が愛する競技の環境悪化(人気低下)」と
いった、より大きな存在であり、その戦い方に品位があったからだと思う
のです。例えば、その信念が「勝つ事だけ」に執着するものなら、それ
こそ、審判を買収したりすれば良い訳ですが(可能かどうかは別として)、
彼らは全く逆の方向にその信念を向け、定められたルールの中で出来
うる全ての事をやって、事を成し遂げたのです。

また、五輪を含め、国別対抗戦というのは、妙なナショナリズムに走る
可能性を孕んでいますが、五輪もWBCも、多くの日本人が「愛国心」を
かきたてられながらも、そういう感じにならなかったのは、上記のような
背景(本当の相手が他国ではない事を無意識に感じさせられる点)の
他に、彼らの調和的な姿勢も関係していたように思います。つまり、自分
のハートを大切にし、身近な人々(チームやコーチ等)を大切にし、日本
の代表である事や競技そのものも大切に思っている、というバランスです。

私達の日常に置き換えてみれば、自分自身でありながら、社会人や
企業人、あるいは夫や母親といった役柄についても忘れずに、調和的
なバランスを取るという事かと思います。最終的には周囲が何と言おうと
「私は私である」という部分が最も重要かもしれませんが、その部分だけ
が突出していると単なるエゴイストになりますし、「私は日本人だ」という
役柄だけが強調され過ぎると、今度は、その人ならではの持ち味が抑え
込まれてしまって、変な形で祭り上げられてしまう可能性だってあります。
(ひょっとしたら、イチローが国民栄誉賞を2度も拒否しているのは、この
あたりのバランス感覚が働いているのかもしれません。)

結局、「自分自身である」事を常に優先しながらも、他の役割も十分に
意識し、色々な制約がある中で出来る事を”挑戦的に”やり尽くす。
こういう姿勢が、荒川とイチローに共通するものであり、また、多くの人の
心に響いて感動を呼び起こす一番のポイントだったのではないかと思い
ます。そして、そういう姿勢を貫く信念こそが、彼らに品格あるオーラを
まとわせる源になっているような気がするのです。

彼らのような「見ていて気持ちが晴れやかになる人」、そして「品格ある
オーラを放っている人」が、「氣美人」である事は言うまでもありません。
また、彼らの何かに撃たれた、あるいは感動したという人も、それを感じ
る感性が備わっている訳ですから、それだけで、十分「氣美人」の要素
を持ち合わせていると言えるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆波動測定セラピーの現場から 「オーラフィールドの強化」
──────────────────────────────────
「人混みの中に行くとひどく疲れる」とか、「ある部屋に入った途端、急に
気分が悪くなる」というような体験をした事がある方は、結構多いのでは
ないでしょうか。空気が淀んでいるとか、温度が高すぎるというような外的
要因や、体調不良、睡眠不足といった内的要因も忘れてはなりませんが、
普段から頻繁にそういう体験をしている方の測定をさせて頂くと、ある共通
した項目に反応する(エネルギーの不調和が見られる)事が多いのです。

それは、電磁波や放射線に関する項目です。実際にレントゲンを撮った
ばかりとか、放射線治療を受けているというケースもあるのですが、それ
以外で、これらの項目に反応する場合は、経験上、何らかのネガティブ
エネルギーの影響を受けている、という可能性を考えます。実に漠然と
した言い方ですが、クライアントの方々にヒアリングをしてみると、「昔から
霊感が鋭い」とか、ご自身にそういう感覚が無くても「見える人(※1)に
何か憑いていると言われた」という方が実に多いのです。

ただ、実際に霊の影響かどうかまでは判断できない立場としては(私は
多少感覚はあっても具体的に見えたり聞こえたりはしません)、「その人に
マイナスな状態をもたらす何か」という意味で、ネガティブエネルギーという
言い方になってしまう訳です。実際、私達にできる事は、その影響が霊的
なものによるものであれ、物理的な電磁場や放射線の影響であれ、反応
のあった部分をエネルギー的に整えるために、情報を転写したお水をおつ
くりする、というシンプルな事だけで、それ以上でも以下でもないのです。

従って、以下は、「こういう見方もできますよ」という一つの解釈例と思って
頂ければ良いのですが、電磁波や放射線の項目は、オーラの様々な層
に対応していると見なす事もできます。という事は、場の影響を受け易い
人は、オーラのある層が弱っているとも考えられるのです。一般に、そう
いう敏感な人でも、調子の良い時、元気な時なら、人混みも大丈夫だっ
たりするようですし、反応項目を整える転写水を飲み続けていると、段々
と影響を受けにくくなるという事をよく耳にしていますので、それ程的外れ
な見方ではないでしょう。

もう一つ、場の影響を受けやすい方は、感情のエネルギーバランスが
大きく崩れているケースが多い、という特徴もあります。おそらく、それだけ
ネガティブエネルギーと共鳴してしまうチャンネルが沢山あるという事だと
思うのですが、その部分が崩れていても、電磁波・放射線関係の項目が
整っている場合は、あまり影響を受けていないケースが殆どなので、両方
の条件が整うと影響を受け易くなる、というのが今の所の仮説です。逆に
言えば、その両方を整えていくと、実際に場の影響は受けにくくなります
から、オーラフィールドの強化に繋がっていると考える事もできるのです。

オーラというのは、ある種の「放射」でもあるので、自分らしさを保ち、
主体的に行動している人は、それだけで十分オーラフィールドは活性化
されている訳ですが、長らくそういう状態とかけ離れた生活をしていたり、
何かのきっかけで不調和が起きたりすると、ある特定の層が弱ったりする
事は十分あり得ます。そういう時にも、自分の波形(その人らしさ)を取り
戻し、内からの発する輝きを高めるのを助けるのに、情報転写水は、
大いに役立つ事と思います。自分らしさを保てていないかもしれない、
と感じる時には、オーラの強化を補助するこんな方法もあるのだ、という
事を是非思い出してみて下さい。


※霊能者とかチャネラーといったプロだけでなく、ごく普通に他の仕事を
されている方の中にも、見えたり聞こえたりする人は結構沢山いらっしゃい
ます。ただ、それらの人々は、そういった事を口にすると、一般的には変な
目で見られたり、色々と面倒になって過ごしにくくなるので、自ら進んでは
話をしたりしないだけなのです(本当に見える人ほどそういう傾向があり
ます)。もちろん、プロ、アマ問わず、インチキ臭い人も大勢いますが(笑)

※波動測定の概要については下記をご参照下さい。
 → http://addic.net/serapi.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ビックリ体験&楽しい実験報告「優しい波動の防虫シート」
──────────────────────────────────
この季節、新しい場所で新たな生活を始める人も多い事と思います。
そこで、今回は、クローゼットや衣類ケースに入れる防虫(&防カビ防臭)
シートについてのお話をしてみたいと思います。

防虫剤と言えば、ひと昔前までは、あの独特な臭いがする「ナフタレン」
が主流でしたが、最近では、無臭のものや植物成分由来のものなどが
出てきて、随分と様相が変わってきました。しかし、もともと虫を避ける
為のものだけに、基本的には毒性のある成分が含まれています。

ところが、「安心シート」という製品は、防虫、カビの他、抗菌や防臭まで
してくれるにも関わらず、毒性は一切なく、主成分の「ミラクリーン(※)」は
清涼飲料水の基準すらクリアしている程です。これは、従来の防虫シート
とはまるで異なる、驚くべき性質です。感覚が鋭い人の中には、通常の
防虫剤や抗菌剤が出す、尖がったような波動が感じられる方もいらっしゃ
るのではないかと思いますが、この「安心シート」は、名前の通り、エネル
ギー的にも安心で優しい印象を受けます。

我が家では、昨秋、服の入れ替え時に、それまで使用していた全ての
防虫剤類をやめて「安心シート」に切り替えました。ミラクリーンが十分
染み込ませてある紙を、要所要所に敷いたことで、部屋全体の氣まで
クリーンになったのが感じられ、さらに消臭もし続けてくれるので、一石
二鳥にも三鳥にもなって、とても助かっています。

これだけ何重にも良い影響をもたらす働き者ですから(しかも効果は
開封後1年間持続)、単純に他の防虫剤と価格を比較したりするのは、
殆ど意味の無い事ですし、人間はもちろん、環境に対する安全性までを
考慮すると、世界中を探し回っても見つからないスグレモノかと思います。

最後におまけの情報を一つ。このシートの使用用途はあくまで、防虫、
坊カビ、抗菌、防臭のために、ダンスや押入れ、食器棚、下駄箱などに
敷くものですので、あくまで例外的・実験的な使い方だという事をご了承
頂きたいのですが、私がインド旅行中に、熱射病で激しい頭痛と動悸に
襲われた時、このシートを頭に巻きつけて30分程したら、あっという間に
楽になり、非常に助けられました。

という訳で、色々な場面で工夫して使うと、思ってもみなかった面白い
効果が他にも沢山体験できるかもしれません。もし、何か発見がありまし
たら、是非氣美人研までご報告下さいますよう、お願い申し上げます。

※ミラクリーンについては、下記をご参照下さい。
  →http://addic.net/kibijin.htm   「密林の中の聖域」  
  
  →http://addic.net/shouhin_mira.htm

※安心シートについては下記をご参照下さい
  → http://addic.net/shouhin_ansin.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆NEWS&インフォ
──────────────────────────────────
○お勧め書籍
  『真実の告白 水の記憶事件』ジャック・ベンベニスト著 
  ホメオパシー出版
    
    最も権威ある科学論文誌のひとつ『ネイチャー』に、高希釈水の研究
  (水の情報伝達の可能性を示唆するもの)に関する論文が掲載された
  ことで、フランス科学界を大論争に巻き込んだジャック・ベンベニスト
  博士の遺稿。水が電磁気信号を記憶したり運んだりする可能性を、
  厳密な科学的方法論に基づいて探求し続け、あらゆる圧力に屈せず
  前進し続けた真の科学者の勇気ある記録です。今後、医療現場で
  重大な問題として明るみに出る事になるかもしれない数々の発見も
  詳細に記されていて、見逃せません。

○オススメ姉妹メルマガ「Happy シンクロ Days♪」
 本メルマガと合わせて読むと、オーラと共に運勢まで輝きます!  
  http://www.mag2.com/m/0000184705.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者    :アディック・氣美人研究所(小原大典)
Web     : http://addic.net/
メール    : info@addic.net
登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000175462.html

★本メルマガは転送歓迎&奨励!です。但し転載をご希望の際はご一報下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2006有限会社アディック

ついでに読みたい

氣美人研究所☆スピリチュアル・ビューティ健康法

発行周期:  不定期 最新号:  2018/10/10 部数:  277部

他のメルマガを読む