情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

「!藤岡!任天堂を許すな・・・」

こんにちは。HIROです。

任天堂がついにやらかしました・・・


(続きは本文にて)


─────────────────────────
  ~情報一つで生活が変わる~
【インターネットビジネス情報最前線】
─────────────────────────


【目次】
─────────────────────────
スタッフキュレーション:
任天堂を許すな・・・
─────────────────────────
藤岡執筆の編集後記:
【読者質問】:リアルの商売でメルマガを書けと言われたら?
─────────────────────────
文末#1:メルマガ配信ポリシー
─────────────────────────
文末#2:このメルマガについて(初めての方へ)
─────────────────────────

─────────────────────────
任天堂を許すな・・・
─────────────────────────


こんにちは。HIROです。

最近、アフィリエイター仲間の方で

・アフィリエイトしつつ不動産投資をしている

という方から、
不動産投資のお話を聞きました。


ずっとアフィリエイトをやってきたので、
不動産のような堅い投資というのは
非常に興味があります。


ただ、今まで触れたことのないジャンルなので
なにぶん怖いイメージのほうが強いです・・苦笑


この機会に一度不動産投資の勉強してみようかな。



そんなところで
まずは、今日のアニソンから。


⇒ https://www.youtube.com/watch?v=EFwRVIuuy88

BLAZING
(アニメ:ガンダム Gのレコンギスタ)

ガンダムシリーズ見たことないんですが、
CMでこの曲を聞いて一瞬で惚れました。

カッコいい・・・

本当それだけです。

そんな気持ちになれる曲、
奈々さんくらいしかなかったので、
この人たちですごいです。

ちなみにGARNiDELiAってアーティストです。

良かったら聞いてみてくださいね。


それでは、本題に移りましょうか。



■任天堂を許すな・・・


先日、Twitterを見ていたら、

とあるタグが炎上してました。

(※タグってキーワードみたいなものです。)


で、そのタグが



"任天堂を許すな"



えっ!(゚Д゚;)

天下の任天堂、なんかやらかしのかい!


と一人で突っ込みを入れながら


何をしたのかリサーチしてたわけです。


そしたら、問題の情報を見つけました。


⇒ https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/nintendo-11things?utm_term=.tyR2nMPzK#.xmmKqJO54



まさかの、良い意味での
「任天堂を許すな」だったんです。笑


・修理費を払わせろ
・すれ違い通信で励まされた
・開発者になれた


などなど、わざと皮肉っぽい表現をして
本心では感謝をしている意味での
言葉だったんです。笑


とりあえず、任天堂に
否があったわけではなく安心しました。



で、これを見て思ったんですが、



「〇〇〇を許すな」



この表現アフィリにも
使えそうじゃないですか?


サイトアフィリをやってる人は
記事タイトルなんかに

「"商品名"を許すな。」

みたいな表現を使ったり、


メルマガアフィリをやってるひとは、
メルマガのタイトルに、

「"著名人"を許すな。」

みたいない表現を使たり。


タイトルがすごいインパクトあるので、
これ思わずクリックしちゃうと思います。



実際、ここまで読んだあなたも、
タイトルに惹かれて
思わずクリックしちゃいましたよね?笑


前から、タイトルの重要性については
言ってきましたが、


ひさしぶりに、
インパクトのあるタイトルを見つけたので
思わずシェアしてしまいました。


ただ、今回みたいなタイトルって


「任天堂を許すな」


っていってるのに、
実際は悪いことはしてないので、

一定数のユーザは

"タイトル詐欺かよ・・・"

って言って離脱する人もいます。


サイト内で、
こういうタイトルばっかり使うと


別のサイトに飛ばれる可能性があるので
ほどほどに使ってみてくださいね。




─────────────────────────
■編集後記■【読者質問】:リアルの商売でメルマガを書けと言われたら?
─────────────────────────


今日はメルマガ読者からの質問に回答。


====================

メルマガのネタですが、
オンラインじゃなくてオフラインで
企業相手に商品を販売しています。

そのお客さん達にメルマガを送る。

このメルマガの目的は
お客さんとのコミュニケーションと
お客さんが買った商品がいいものだと
認識してもらうためです。

で、藤岡さんは
社内の業務の人間だとします。

商品知識は営業よりもありません。

この状態でメルマガを書けといわれたら
どんな準備をされますか?

ちなみにメルマガの許可は
お客さんにとらないといけない状態
からのスタートです。

よろしくお願いします。

====================


に私ならどうするか?

という見解を伝えてみます。

まあ、ちょっとした思考トレーニングの
つもりで軽く書くのであなたも軽い気持ちで
お読みください。

まず

> オンラインじゃなくてオフラインで
> 企業相手に商品を販売しています。

と書かれていますが、メルマガを出すと
言っても

・PCメルマガ
・携帯メルマガ

とあり、

●どういう商品を誰をターゲットに売ってるか

でどのタイプのメルマガを出すかが
変わってきます。


また、質問内容に

・商品知識が営業よりもない

とありますが、こんな状態でメルマガを
書くなんてはっきり言って論外。


最低でも営業レベル、出来ればそれ以上の
商品知識。またはライバル商品の知識も
身に付けなきゃお話になりません。


たから、メルマガを出すなら

・営業を捕まえて商品に関する知識をたたき込んでもらう

・関連書籍を買いあさって勉強する

という前提がなければ
うまくいかない確率100%ですよね。


なので、準備段階としては


・死ぬ気で商品知識、関連知識を勉強

・ターゲットとなるお客さんがPCメルマガ
 携帯メルマガのどちらでフォローメールが送る
 ほうがいいのか判断し決断


最初のスタートでは・・・と。


> ちなみにメルマガの許可は
> お客さんにとらないといけない状態
> からのスタートです。


ってありますが、すでに
メールアドレスは保有してるって
前提でよいのかな?


だとすれば、


●何かしらのキャンペーンを作って、
 プレゼントを用意。それをWEB上から
 申し込んで頂くよう1通だけメールでお知らせ


で、申し込んだ人に対して
フォローメールを送る。

というのが、一番キレイですね。


まあ、他にも

●初回にメールを送る際に

 「次回からフォローメールを送るので、不必要な人は
  以下のリンクをクリックして下さい。
  
  クリックされたら
  フォローメールをお送りすることはありませんので」

 みたいなメールを出すって方法も
 ありますが、まあこちらのほうがクレームが
 来る確率は高いでしょうね。


資金に余裕があるなら


●お客さんの家にDMを送って、
 キャンペーンを貼りメルマガ登録を促す


って手もあるでしょうが、
効果は薄いだろうなぁ。。。


パッと思いつくのは
こんな感じ。

熟考すればいろいろ出てきそうですが、
それをし出すと本格的なコンサルになるので(笑)


─────────────────────────
■メルマガ配信ポリシー
─────────────────────────

このメルマガは、私の無料レポート、無料メルマガ、

■派遣社員時代の年収が月収で稼げるように
 なるまでのリアルストーリー
 ⇒ http://detamine2.com/ra/s/mag

■キーワード無双
 ⇒ http://nobattle.net/musou-campaign/

を購読された方やその他キャンペーン。
協賛登録で代理登録を承諾頂いている方へ向けて
特別にお送りしております。

代理登録時期の遅れなどにより、お忘れの方も
いらっしゃるかもしれませんが、このメルマガでは
違法な代理登録は一切行っておりません。

もし、購読を希望されないようでしたら
下部記載の解除URLより購読解除をお願いします。

─────────────────────────
■ご感想 :https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ddb2ad6523973
■解除 :http://www.mag2.com/m/0000174295.html
■発行 :有限会社デターミネーション 藤岡 久仁章
■URL  :http://mitre90.com/melma.html
■発行ASP: まぐまぐ http://www.mag2.com

●各種コンテンツを転載する場合は事前連絡下さい。
●本メルマガは受信者個人の責任でご利用ください。
当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
─────────────────────────


■藤岡の個人ブログ
 http://kuni-fujioka.com/


■いろいろ整理してみました

【お気に入りの言葉】

・一に人脈、二に思考、三にお金。この順番を守れば何度でも稼ぎ直せる
・出来ることしか出来ないから出来ることをやる
・ビジネスはグロス単位で利益を考える
・避けた問題はまた起きる
・戦わないやつに会心の一撃は出せない
・ボトルネックは常にボトルの一番上にある
・誰でも出来ることを誰よりもやる
・真実は地味である
・自分の時給はいくらだ?
・あなたの本気はそんなものですか?
・ビジネスは常に”下りのエスカレーター”
・計画をしないのは失敗を計画するようなものだ
・同じ後悔をするなら”しなかった後悔”より”やって後悔”をしよう
・100回のメールより1回の電話。100回の電話より一回会うこと
・常に最悪を心構えして、最高を望み続ける
・ここに、自分より賢い人々を周囲に集める術を知っていた一人の
 人間が横たわる(カーネギーの墓標に書かれた言葉)
・仕事は公私混同でやるべき
・自己投資は成長の為に。その他の投資は自分や家族・仲間を守るために行うもの
・信頼 = 時間 ? 距離
・ビジネスは人脈で100%決まる


【自分の信じる成功法則】

・2割3掛けの法則
・補強の法則
・言霊の法則



─────────────────────────
■このメルマガについて(初めての方へ)
─────────────────────────

※※ メルマガの読み方指南書 ※※

このメルマガはまた毎回、
相当量の文字数があります。

もちろん全部読んでいただけると、
運営者としては嬉しい訳ですが・・・

日々のビジネスで多忙かと思いますので
下記の概要をご覧になって、

○必ず読む部分
○興味がある場合のみ読む部分

を決めていただければと考えています。


当メルマガのコンテンツは、
以下2つの要素で構成されています。

────────────────────────
(1)お知らせ:ノウハウのキュレート配信
────────────────────────

このコンテンツは藤岡本人ではなく、
メルマガ運営事務局スタッフが執筆しています。

大量のノウハウで溢れている昨今ですが

○真実は地味であり
○誰でもできることを誰よりもやった人間

のみが成功を手にすると私は考えています。

とは言っても・・・

初心者がやみくもに実践を続けても、
稼げる確率は(アナタがよほどの天才でない限り)
かなり低いと言わざるを得ません。

ですから、このメルマガではアナタにとって
有益であろう・学びになるであろう旬の情報を
いち早くお届けしています。

もし、いまのアナタが真剣に取り組んでいる
ノウハウやビジネスがあるのであれば、
ぜひそちらへ集中してください。

ただ、業種の異なるビジネスからも学びを
得られることは多々ありますので・・・

このコンテンツは興味がある場合に、
ご覧になっていただければと思います。


────────────────────────
(2)編集後記:藤岡自身の日記
────────────────────────

藤岡本人が執筆していた過去コンテンツを
再編集したものになります。

○とりとめのない日記
○お気に入りの名言や書籍紹介
○コンサル中に話した内容
○ビジネスでの気づき、

などなど・・・

藤岡の発想の根源となっている部分を
ご紹介しています。

起業やネットビジネスに興味がある方、
稼ぎの本質に興味がある方は、ぜひご覧ください。



───────────────────────
藤岡メルマガを確実に受信するために
───────────────────────

このメールマガジンでは、時に、
重要な連絡をする場合があります。

藤岡からのメールが確実に届くよう、
下記設定をよろしくお願いいたします。

http://46mail.net/


───────────────────────
Copyright(C)2017 Determination,Inc. All rights reserved.

情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

発行周期: 不定期 最新号:  2019/01/21 部数:  42,814部

ついでに読みたい

情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/21 部数:  42,814部

他のメルマガを読む