情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

「!藤岡!サイトのココ。見てます?」

こんにちは。HIROです。

最近サイトを作ることに
意識が行き過ぎて、

肝心なところ見忘れていました。

あなたはココちゃんと見てますか?



(続きは本文にて)


【目次】
─────────────────────────
スタッフキュレーション:
サイトのココ。見てます?
─────────────────────────
藤岡執筆の編集後記:
【名言】漫才で運良く売れる奴はいるけど・・・
─────────────────────────


─────────────────────────
サイトのココ。見てます?
─────────────────────────


こんにちは。HIROです。

最近サイトを作ることに
意識が行き過ぎて、

肝心なところ見忘れていました。


売り上げに直結する箇所でもあるので
見ておくことをオススメします。


では、本題に入る前に
今日のアニソンからご紹介。

→ https://www.youtube.com/watch?v=aIRAOr8WbXY

いつかの、いくつかのきみとのせかい
(アニメ:僕らはみんな河合荘)


この曲を歌ってる
fhanaがすごく好きなんですよね。

声が澄んでいるいて、
聞いていると本当に心地良いです。

そんな、fhanaの中でも
最近好きになったこの曲をチョイス。

ちなみにアニメは見てません。笑

これをキッカケにアニメも見てみようかな。


そんなところで、
今日の本題に移りましょう。



■サイトのココ。見てます?


はじめにお伝えしておきますと、
この内容はまだ売上がでてない人は
見なくて大丈夫です。

売上でていない人が見ると
混乱してしまうかもしれないので。

そういう人は、
編集後記まですっ飛ばしてください!


では、もったいぶるのも嫌なので
説明しちゃいます。




"直帰率"



これ確認してます?


もし直帰率が分からない人は
このサイトで詳しく書いてるあるので
さらっと読んでおきましょう。

⇒ https://wacul-ai.com/blog/access-analysis/access-analysis-basic/bounce-rate/


僕がやってるやり方で、

狙ったキーワードで
複数サイトを作ったとき、

どのサイトが上がってくるか分からないので
まずはサイトをある程度ばらまきます。


ばらまいたサイトの中で
狙ったキーワードで上位に来ているものに
テコ入れをおこなっていくのですが、


テコ入れの一環として
アクセスのある記事に対し
"直帰率"を少なくしていきます。


その時にアクセス解析を見て

・直帰率はどのくらい高いのか
・何分くらいその記事が読まれているのか。


を確認します。


そのページの直帰率を下げるよう
役に立ちそうなページの内部リンクを貼ったり、

さらに滞在時間を延ばすために、
足りないコンテンツや動画などを追加します。


直帰率が減ると

狙ったキーワードでの順位があがり
アクセスをさらに拾えるので、

さらに売り上げUPにつながりますので。


実際これで僕のとあるサイトの売り上げが
倍近く増えました。笑


新しくサイトを作って売り上げが上がったら
さらに新しいサイトを作るよりも、
この施策を絶対やったほうがいいです。


そのほうが稼ぎが増えやすいので。


今まで意識したことがない人は
ぜひ実践してみてくださいね。


ちなみに、
最近作ったサイトの
直帰率を調べたら、


"95%"


でした。


どんだけつまんない記事なんだよ。笑


まずは80%以下を目指します〜





P.S.


ついこの間、

"アニクラ"

というものに行ってきました。

たぶん読者さんの中で
アニクラについて知ってる人は
少ないと思いますが、


こんなのです。


⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Qw3At0I1wFU

(※オタクが無理って人は
 絶対に見ないでください。笑)


まあ、この動画の通り

"アニソンが流れるクラブ"

のことをアニクラって呼んでます。


アニソンとダンスが好きっていう
僕にとっては最高の場所なんですが、


なんというか・・・・




"ヲタ芸ばっかじゃねーかよ!!笑"


もっとさ、こう・・・

HIPHOPダンスとかさ、
ブレイクダンスとかさ、


そういうのやってる人はいないんか???


って期待してたんですが、


全然そんなのやる気配ないんですね。


もう、我慢できなくなって


"うっしゃ!先陣切って
 ブレイクダンスしてやるぜ!"


みたいなノリで、


みんなの前で
ブレイクダンスをかましたんですよ。


もうね、

ここ最近一番カッコよく
踊れたんじゃないかってくらい

がっつりとかましてやったんですよ。


"おら!見たか!これがダンスだぜ・・・"


って感じでめっちゃドヤ顔で
みんなのほうを見たら、


"なにこいつ・・・意味わかんね・・・"


みたいな痛い目で見られました。泣




たぶん、今回のアニクラだけ
みんな冷たかったんだよね。


きっとそうだよね。


うん、きっとそうだ。。。。





もう泣きたいです。。。泣泣




─────────────────────────
■編集後記■【名言】漫才で運良く売れる奴はいるけど・・・
─────────────────────────


私が昔見た映画”漫才ギャング”
の中で出てきたセリフ

==============

漫才で運良く売れる奴はいるけど、運が悪くて売れない奴はいない。
売れないには必ず原因がある

==============

そんなに印象的なシーンでのセリフでは
ないんですが、心に響いたセリフですね〜。


似たようなセリフに、野村、元楽天監督の

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負け無し」

ってセリフもありましたよね。


これを自分たち、ネットビジネス業界に当てはめると


「ネットビジネスで運良く稼げる奴はいるけど、

 運が悪くて稼げない奴はいない。

 稼げない奴には必ず原因がある」


って言い換えられますよね。


私もこの業界で長いこと飯を食い続けてるので
感じますが、この期間の間でも


「運良く稼いだ人達は例外なく消えていった」


のは感じてます。

・たまたま、何かのキーワードが当たって、一気に
 アフィリ報酬が増えただけの人

・情報商材バブルのときに、商材を販売しただけの人

・検索エンジンが惰弱な頃に、グレーな手法ばかりで
 稼いでいた人

例えば、上記のようなことだけで
稼いでた人は、ほぼ例外なく

・あの人はいま・・・

といった状況になってます。


「あの時稼いでた、Aさんって最近何してるの?」

「ああ、サラリーマンに戻ったらしいよ」


な〜んて話も時々聞きますしね。

正直、私だってダメになって稼げなくなる
可能性はゼロではありません。
(結構低いとは自己分析してますが)


自分が稼げてるのは、偶然なのか?
必然なのか?

これを、定期的に問いかけ続けることで
慢心しないように、盲信しないように・・・


うまくいかないときは、必ず原因があるので
原因追及を怠らないように・・・


そういうことを考えさせてくれる
意味でも、冒頭に紹介したセリフは心に
残りましたのでご紹介を。


─────────────────────────
■メルマガ配信ポリシー
─────────────────────────

このメルマガは、私の無料レポート、無料メルマガ、

■派遣社員時代の年収が月収で稼げるように
 なるまでのリアルストーリー
 ⇒ http://detamine2.com/ra/s/mag

■キーワード無双
 ⇒ http://nobattle.net/musou-campaign/

を購読された方やその他キャンペーン。
協賛登録で代理登録を承諾頂いている方へ向けて
特別にお送りしております。

代理登録時期の遅れなどにより、お忘れの方も
いらっしゃるかもしれませんが、このメルマガでは
違法な代理登録は一切行っておりません。

もし、購読を希望されないようでしたら
下部記載の解除URLより購読解除をお願いします。

─────────────────────────
■ご感想 :https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ddb2ad6523973
■解除 :http://www.mag2.com/m/0000174295.html
■発行 :有限会社デターミネーション 藤岡 久仁章
■URL  :http://mitre90.com/melma.html
■発行ASP: まぐまぐ http://www.mag2.com

●各種コンテンツを転載する場合は事前連絡下さい。
●本メルマガは受信者個人の責任でご利用ください。
当メールにより生じる損害等について責任は負いません。
─────────────────────────


■藤岡の個人ブログ
 http://kuni-fujioka.com/


■いろいろ整理してみました

【お気に入りの言葉】

・一に人脈、二に思考、三にお金。この順番を守れば何度でも稼ぎ直せる
・出来ることしか出来ないから出来ることをやる
・ビジネスはグロス単位で利益を考える
・避けた問題はまた起きる
・戦わないやつに会心の一撃は出せない
・ボトルネックは常にボトルの一番上にある
・誰でも出来ることを誰よりもやる
・真実は地味である
・自分の時給はいくらだ?
・あなたの本気はそんなものですか?
・ビジネスは常に”下りのエスカレーター”
・計画をしないのは失敗を計画するようなものだ
・同じ後悔をするなら”しなかった後悔”より”やって後悔”をしよう
・100回のメールより1回の電話。100回の電話より一回会うこと
・常に最悪を心構えして、最高を望み続ける
・ここに、自分より賢い人々を周囲に集める術を知っていた一人の
 人間が横たわる(カーネギーの墓標に書かれた言葉)
・仕事は公私混同でやるべき
・自己投資は成長の為に。その他の投資は自分や家族・仲間を守るために行うもの
・信頼 = 時間 ? 距離
・ビジネスは人脈で100%決まる


【自分の信じる成功法則】

・2割3掛けの法則
・補強の法則
・言霊の法則



─────────────────────────
■このメルマガについて(初めての方へ)
─────────────────────────

※※ メルマガの読み方指南書 ※※

このメルマガはまた毎回、
相当量の文字数があります。

もちろん全部読んでいただけると、
運営者としては嬉しい訳ですが・・・

日々のビジネスで多忙かと思いますので
下記の概要をご覧になって、

○必ず読む部分
○興味がある場合のみ読む部分

を決めていただければと考えています。


当メルマガのコンテンツは、
以下2つの要素で構成されています。

────────────────────────
(1)お知らせ:ノウハウのキュレート配信
────────────────────────

このコンテンツは藤岡本人ではなく、
メルマガ運営事務局スタッフが執筆しています。

大量のノウハウで溢れている昨今ですが

○真実は地味であり
○誰でもできることを誰よりもやった人間

のみが成功を手にすると私は考えています。

とは言っても・・・

初心者がやみくもに実践を続けても、
稼げる確率は(アナタがよほどの天才でない限り)
かなり低いと言わざるを得ません。

ですから、このメルマガではアナタにとって
有益であろう・学びになるであろう旬の情報を
いち早くお届けしています。

もし、いまのアナタが真剣に取り組んでいる
ノウハウやビジネスがあるのであれば、
ぜひそちらへ集中してください。

ただ、業種の異なるビジネスからも学びを
得られることは多々ありますので・・・

このコンテンツは興味がある場合に、
ご覧になっていただければと思います。


────────────────────────
(2)編集後記:藤岡自身の日記
────────────────────────

藤岡本人が執筆していた過去コンテンツを
再編集したものになります。

○とりとめのない日記
○お気に入りの名言や書籍紹介
○コンサル中に話した内容
○ビジネスでの気づき、

などなど・・・

藤岡の発想の根源となっている部分を
ご紹介しています。

起業やネットビジネスに興味がある方、
稼ぎの本質に興味がある方は、ぜひご覧ください。


───────────────────────
藤岡メルマガを確実に受信するために
───────────────────────

このメールマガジンでは、時に、
重要な連絡をする場合があります。

藤岡からのメールが確実に届くよう、
下記設定をよろしくお願いいたします。

http://46mail.net/


───────────────────────
Copyright(C)2017 Determination,Inc. All rights reserved.

情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

発行周期: 不定期 最新号:  2019/01/21 部数:  42,805部

ついでに読みたい

情報一つで生活が変わる!インターネットビジネス情報最前線

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/21 部数:  42,805部

他のメルマガを読む