世界の新聞「101紙」の視点

12日分【101紙】国語世論調査の結果について

=====================================================================


桐鳳です。

ビートルズのアルバムをデジタル技術で高音質処理したリマスター盤が発売
されたということは、ニュース等で既にご存知のことと思います。
http://tinyurl.com/mevdof

私は、その世代ではありませんが、ビートルズの曲が大好きです。

上記リンク先だと、他で買うより比較的安く、それぞれのアルバムに関する
ミニ・ドキュメンタリーを収録したDVD付きだとのこと。

しかし、初回入荷分は完売。
現在は、第2次予約を受付中とのことです。
やっぱり、人気があるんですね。

う~ん…、ほしい!


=====================================================================
☆☆まぐまぐ殿堂入りメルマガ☆☆


          【世界の新聞「101紙」の視点】

        ~2009年9月12日(土)の紙面より~


========================================================第1272号=====
発行部数:6,363部(2009年9月3日現在)
まぐまぐ:5,225、メルマ:1,138
----------------------------------------------------------------------
☆弊誌ホームページ ⇒ http://rew-toho.parallel.jp/
----------------------------------------------------------------------

*はじめてご覧になる方へ ⇒ http://rew-toho.parallel.jp/first.html
*弊誌運営者の自己紹介 ⇒ http://rew-toho.parallel.jp/prof.html
*弊誌の読者様は、こんな方々 ⇒ http://rew-toho.parallel.jp/mag.html

======================================================================

視覚障害の方のための、「ニュースtoスピーチ サポートページ」
⇒ http://www.geocities.jp/katsuragi_nori/news2speech/

======================================================================

発行者の「桐鳳柳雨(とうほうりゅうう)」です。
漢字だと面倒ですので、「リュウ」と呼んで下さい。
本日もご開封、ありがとうございます。

======================================================================

☆本日のラインアップ☆
・国内主要6紙の社説
・「あなたが最も共感した社説は?」アンケート
・国内主要6紙サイトのトップ記事
・中東メディアの論調
・世界主要紙の論調
・今日のニュースレター
・国内政党機関紙の主張
・メールのご紹介
(各種お知らせ事項)
・去年の今日は、こんな社説でした
・「101紙」の論壇
・独断と偏見はご容赦! 最近の社説の、ここに注目
・編集後記


===PR=================================================================


桐鳳です。
私の昼食はこれ1つです。
↓↓↓
【カロリーメイト ゼリー】
http://tinyurl.com/n8lspu

同種の他商品よりも栄養価が高いのですが、その分、値段も高いです。
しかし、まとめ買いをすることにより、1個あたりの値段を安くすることが
できます。
(上記リンク先が、おそらく最安値圏だと思います)

昼食を手早く済ませ、空いた時間は新聞・本などを読んだり、仮眠をとったり
しています。

時間の有効活用のため、食費節減のため、そしてカロリーの過剰摂取を抑える
ため、昼食を見直してみてはいかがでしょうか。


☆====================================================================
【国内主要6紙、9月12日(土)の社説】
======================================================================

(以下、掲載順は日々変更)

【産経新聞】 『H2Bロケット 国産宇宙船へ信頼高めよ』
       『「郵政」見直し 公社に逆戻りさせるのか』
(詳しくは)⇒ http://sankei.jp.msn.com/column/1521/clm1521-t.htm


【東京新聞】 『H2B成功 役割と期待が増した』
       『千葉不正経理 徹底調査でウミを出せ』
(詳しくはこちらへ)⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/


【日経新聞】 『景気にも注意して予算刷新の一歩を』
       『大型ロケットで民需開拓を』
(詳しくは「NIKKEI NET」へ)⇒ http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/


【毎日新聞】 『HTV打ち上げ 国際舞台の活躍に期待』
       『人事院総裁辞任 改革全体を仕切り直せ』
(詳しくはこちらへ)⇒ http://mainichi.jp/select/opinion/index.html


【読売新聞】 『社会保障番号 超党派で協議し導入を急げ』
       『「H2B」1号機 打ち上げ成功で夢が膨らむ』
(詳しくはこちらへ)⇒ http://www.yomiuri.co.jp/editorial/


【朝日新聞】 『核軍縮 新しい日米協力の柱に』
       『法科大学院 法曹が連帯し質向上を』
(詳しくはこちらへ)⇒ http://www.asahi.com/paper/editorial.html


☆====================================================================
【9月12日(土)、あなたが最も共感した社説は?】
======================================================================

◆産経:H2Bロケット
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A12161
◆産経:「郵政」見直し
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A2ac36
◆東京:H2B成功
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A3f916
◆東京:千葉不正経理
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A42a2b
◆日経:予算刷新
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A599d9
◆日経:大型ロケット
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A6b307
◆毎日:HTV打ち上げ
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A70dc1
◆毎日:人事院総裁辞任
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A8af38
◆読売:社会保障番号
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374A9e9e0
◆読売:「H2B」1号機
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374Aa3218
◆朝日:核軍縮
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374Abdf25
◆朝日:法科大学院
┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001445Q0030374Ac1356
○結果を見る
┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0030374C40e0
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0030374P00C7e0e

締切:2009年09月13日22時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


☆前回(9月11日)の集計結果
 ⇒ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0030363Cccb1

☆前回(9月11日)のコメントボード
 ⇒ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0030363P00C7e7f


★【本日、あなたが最も共感『しなかった』社説は?】のアンケートを、
 ホームページで実施しています。
 こちらもぜひ、ご参加下さい!
 → http://rew-toho.parallel.jp/cat13/post-276.html


----------------------------------------------------------------------

☆アンケート集積結果

*前回一週間(8月31日~9月6日)
【1位獲得回数】産経2回、朝日1回、東京1回、毎日1回、読売1回
【ポイント合計】産経138、東京100、朝日77、読売67、日経66、毎日55
(2日と3日は、弊誌休刊)
(1日は、産経・毎日が同ポイント1位)


*先月一ヶ月(2009年8月)
【1位獲得回数】産経21回、東京3回、毎日3回、朝日2回、日経1回
【ポイント合計】産経1133、朝日428、東京408、日経355、読売287、毎日284
(17日は、新聞休刊日)
(23日は、弊誌休刊)
(26日は、朝日・産経が同ポイント1位)


*昨年一年(2008年)
【1位獲得回数】産経232回、朝日27回、東京26回、毎日21回、日経18回、
        読売17回
【ポイント合計】産経11916、朝日4791、東京4210、毎日3829、日経3628、
        読売3258


・以上、「支持1%」を「1ポイント」として集計
 (一紙で複数の社説がある場合は、その合計)
・あくまで当メルマガのアンケートによる結果であり、
 一般的な評価ではありませんので、その点ご承知おき下さい。


☆====================================================================
【国内主要6紙サイトのトップ記事】
======================================================================

*9月12日(土) 午後7時45分現在
 (以下、掲載順は日々変更)

【産経新聞】 http://sankei.jp.msn.com/
『北朝鮮、後継者論議を中断か? 韓国紙報道』

【東京新聞】 http://www.tokyo-np.co.jp/
『米が「核なき世界」へ決議案提示 国連安保理で採択目指す』

【日経新聞】 http://www.nikkei.co.jp/
『株主優待券、大型連休控え明暗 航空9%高、鉄道1割安』

【毎日新聞】 http://mainichi.jp/
『秋の大型連休:ハワイ、アジア旅行が好調 温泉地も人気』

【読売新聞】 http://www.yomiuri.co.jp/index.htm
『高速4車線化、投票2日前に駆け込み許可』

【朝日新聞】 http://www.asahi.com/
『巨人CS進出、きのう決めていた きょう判明』


======================================================================
【中東メディアの論調】
======================================================================

「日本語で読む中東メディア」というサイトからリンクさせていただいており
ます。
最新と言ってもよい中東各紙の論調や記事を、「日本語訳で」読むことができます。

私たちが見聞きしている情報というものは、ともすると欧米からの視点に偏重
してしまいがちかもしれません。

中東各国では世の中をどう見ているのかということも、大事な視点の一つだと
考えます。

下記URLからリンクしていただき、サイト左側「条件検索」の「ジャンル」
内、「コラム」をチェックし検索しますと、社説の和訳文を読むことができます。
また、コラム以外の記事も、ぜひご覧になってみて下さい。
⇒ http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/news_j.html

【最近の主な社説表題】
『国連事務総長によるイスラエル入植批判』(al-Quds al-Arabi紙)
『イスラエルに対するアラブ諸国の無策を批判』(al-Quds al-Arabi紙)
『イラクとレバノンの苦難に見る共通性』(al-Hayat紙)
『行き詰った諸問題、凝り固まった答』(Radikal紙)
『エジプト文化相、ユネスコ事務局長に立候補』(al-Quds al-Arabi紙)
『政府の「クルド問題解決策」の方針に変化』(Milliyet紙)
『日本の政権交代について』(al-Hayat紙)


☆====================================================================
【世界主要紙の論調】
======================================================================

以下、世界日報さんのサイト「世界の新聞は何を言っているか?」からリンク
させていただいております。
若干過去の記事ではありますが、米・英・仏・独・露・豪・中・韓・印・他
アジア諸国・中近東等の主要新聞論調の表題が、日本語でご覧いただけます。
(本文購読は有料のようですが、弊誌との利害関係は一切ありません)
⇒ http://www.worldtimes.co.jp/wtop/paper/main.html


【最近の主な表題】

ニューヨーク・タイムズ(米) 『アフガン不正選挙の証拠』
ワシントン・ポスト(米) 『イランとの協調強めるチャベス氏』
ガーディアン(英) 『独が夢遊状態で総選挙へ』
ルモンド(仏) 『米政策に難関、イスラエル』
フランクフルター・アルゲマイネ(独) 『ポーランドを欧州の主流に』
南ドイツ新聞(独) 『戦争と選挙戦』
タイムズ・オブ・インディア(インド) 『自動車輸出で中国抜いたインド』
環球時報(中国) 『朝鮮半島は既にポスト核時代』
フィナンシャル・タイムズ(英) 『日本から緑の贈り物』


☆====================================================================
【今日のニュースレター】
======================================================================

「オピニオンソース」というサイトをご紹介します。
米・英・中・中東・印など主要紙の、最新といってもよい社説の要約文です。
全て英文にて構成されておりますが、お解りになる方には便利かと思います。
そうでない方は、翻訳サイトをご利用いただいてもよろしいかと思います。
翻訳文については「?」という感じですが、大意はつかめるかもしれません。

『OpinionSource「Today’s Newsletters」』
⇒ http://www.opinionsource.com/newsletter.jsp

無料自動翻訳サイト「エキサイト」
⇒ http://www.excite.co.jp/world/


☆====================================================================
【国内政党機関紙の主張】
======================================================================

例えば、自民党なら「自由民主」、民主党なら「プレス民主」、など、各政党
からも機関紙を発行しております。

本来であれば、各政党の選挙用ではない日頃の主義主張を並列掲載し、支持政
党を決める際の参考の一つにしていただけたらと考えているのですが、今のと
ころ社説のような記事を掲載し、かつタダでリンク可能な機関紙は限られてい
るようです。

もし下記記載以外にも、国政選挙レベルの他政党主張のリンク先(日刊でなく
とも)をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせ下さい。


日刊【公明新聞】(「公明党」機関紙) 9月12日の主張
『世界経済に持ち直しの動き 雇用などに懸念、本格回復は道半ば』
(詳しくはこちら)
⇒ http://www.komei.or.jp/news/


日刊【赤旗】(「日本共産党」機関紙) 9月12日の主張
『沖縄新基地/違法なアセスを押し付けるな』
(詳しくはこちら)
⇒ http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/syucho_2006.html


☆====================================================================
【メールのご紹介】
(私の主義心情とは無関係ですので、あらかじめご了承下さい)
======================================================================
  
☆昨日の弊誌について、「タンザニアCindy」さんからメールをいただきました。


栄養価の話題、いいですね。
健康的な食事がしたいです。
タンザニア人、みんな油、塩、砂糖が大好き。
紅茶飲む時なんて大さじ3-5杯コップに入れて飲むし。
どっちを見ても太りすぎの人ばかり。
だれだ、アフリカの人はみんな餓えてるみたいな考えを先進国に植え付けた
のは。。。


さて、本題。


> 実際のところ、住民の目にはどう映っているのかはわからないが、現地住民の
> 心情というのも、重要な視点だろう。
> 
> このあたり、他紙社説には欠けているように思う。


難しいと思います。
情報が伝わることは難しいでしょうし、立場によっても違うだろうし。
いろんな角度からの情報を得ているのか
どの時代の教育を受けたかによっても同じ情報をどうとらえるのかは違って
くるでしょう。

2007年ごろ、アフガニスタンの人たちを日本に受け入れて
その人たちに日本のでの生活の第一歩を教える(電車の乗り方とか、レスト
ランでの注文の仕方とか)ボランティアをしたことがあります。

20-30代の男性、女性共にとてもきれいな英語をしゃべるのでびっくりしたの
を思い出します。タリバン時代も男女とも英語の勉強を隠れてしていたそうです。
5人ぐらいで話していた時、彼らが言っていたのが
「アメリカが助けに来てくれた。アメリカの軍隊が来てくれなかったら自分
たちは大変なことになっていた」でした。


ちょっと話題がずれますが
カンボジアのポルポト時代の話。
カンボジア人で現在パリに住むA氏はベトナムが大嫌い。
ベトナムの話をするだけでものすごく不機嫌になります。
「やつらは自分の国を侵攻した」

一方 カナダに住むカンボジア人のB氏は
「ベトナムが助けに来てくれなかったら自分は死んでいた。現地にいた時は
生きてるだけで精一杯。何が何だかわからなかった」といいます。


住民の目にどう映っているのか?

外部からの情報を得られない人に情報を伝え、
情報発信できない場所に住んでいる人からも聞きだす、
それがジャーナリストの役目でしょうか?

国境なきジャーナリストはアフガンから情報を発信しているのでしょうか?


では睡眠とって栄養つけてこれからも情報発信してください。


----------------------------------------------------------------------

タンザニア在住のCindyさん。
いつも、貴重な視点を提供していただいております。
ありがとうございます。
(桐鳳)


======================================================================

皆様の価値観、視点、考え方などをアンケート投票やご意見をお寄せいただく
ことなどによって反映し、弊誌が世の中の価値観を現すような、そんな媒体に
なれればと思っております。

メールをお寄せいただく場合につきましては、こちらからお願い致します。
⇒ rew-toho☆goo.jp (☆を@に変えて下さい)

件名につきましては、「○月○日付101紙」、または、弊誌への返信という形
でお願いできればと思います。

日々、百通単位のメールを受信しております関係上、違う件名ですと気付かな
い可能性がございます。


以下、メールに関するお願いです。
よろしくご理解下さい。

*独断と偏見により、興味あるご意見につきましては、弊誌に掲載させて
 いただきます。(ただし、私自身の価値観とは一切無関係です)

*1行あたり、全角35字で作成していただけると助かります。

*送信いただく際、掲載の可否、掲載される場合のハンドルネームなど、
 お書き添えいただけると幸いです。

*特にお断りのない場合は掲載可であるものと判断し、ハンドルネームなどの
 記載・指定がない場合はイニシャルで表記させていただきます。

*ご希望のリンク先サイトなどありましたら、URLなど併せてお知らせ
 いただけましたら、掲載させていただこうかとも考えております。
 (お約束はできませんが)

*掲載をご希望されても、こちらの判断により見送らせていただく場合も
 ありますので、ご了承下さい。

*掲載しなかった場合、その理由についての説明責任は負わないものとさせて
 いただきます。

*弊誌掲載分のメールにつきましては、申し訳ありませんが、原則として
 お返事はしておりません。

*それ以外につきましては極力お返事する所存でおりますが、お返事の遅延に
 つきましてはご容赦下さい。

======================================================================
★「この新聞、購読したいな」と思ったら★
こちらまでどうぞ ↓↓↓
朝日 http://aspara.asahi.com/club/user/guest/choiceSubscription.do
産経 http://reader.sankei.co.jp/reader/
東京(中日) http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
日経 http://www.nikkei.co.jp/rcafe/net/index.html
毎日 https://form.mainichi.co.jp/annuncio/koudoku/form.html
読売 http://434381.jp/20/
世界日報 http://www.worldtimes.co.jp/office/koudoku.html
公明新聞 http://www.komei.or.jp/apply/publish/index.html
赤旗 http://www.jcp.or.jp/service/ko-doku.html
社会新報 http://www5.sdp.or.jp/publicity/publicity.htm
======================================================================
発行システム
『まぐまぐ!』  http://www.mag2.com/
『メルマ!』   http://melma.com/
----------------------------------------------------------------------
登録・解除・バックナンバー
『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/m/0000174275.html
『メルマ!』  http://www.melma.com/backnumber_148000/
======================================================================
編集・発行: 桐鳳柳雨(とうほうりゅうう) 
*「国内主要6紙の本日の社説」「中東メディアの論調」「世界主要紙の論調」
 「国内政党機関紙の主張」各コーナーについては、事前に各新聞社に了承を
 得ております。
*転送・回覧可ですが、その場合は内容を変えずにそのままお願い致します。
 また、できましたら弊誌を使用した旨、ご連絡いただけると幸いです。

☆====================================================================
【去年の今日は、こんな社説でした】
======================================================================

昨年の今日、配信した弊誌です。
社説本文にはリンクできませんが、表題はご覧いただけます。
⇒ http://archive.mag2.com/0000174275/20080912113945000.html

*昨年の誌面に掲載されているアドレスは、リンク先が正しく表示されない
 場合もあるかと思いますので、ご了承下さい。


☆====================================================================
【「101紙」の論壇】
======================================================================

掲示板を設けてあります。
論戦・反論大歓迎という方、または、そうしたやり取りを見てみたいという方。
常識・マナーをわきまえた上で、ぜひご利用下さい。
スレッドは自由に立てていただいて結構です。

掲示板の管理・運営に割く余裕があまりありませんので、基本的には放置状態
になってしまうことと思います。
ですので、先々の状況次第では閉鎖する可能性もありますことを、あらかじめ
ご了承下さい。

⇒ http://jbbs.livedoor.jp/news/4269/


===PR=================================================================


桐鳳です。

短時間睡眠、そして仕事中毒を自認している私。
「何でそんなに体が持つの?」と、よく聞かれます。

あえて言うなら、これがその理由でしょうか。
↓↓↓
【マカプラス・トンカットアリ】
http://tinyurl.com/nv3mvp

同種の様々な商品を試してみましたが、個人的にはこれが一番いいように思い
ます。
マカ自体の品質についても、こちらのメーカーさんが様々なところで高い評価
を受けているようです。

「マカ」に「亜鉛」と「トンカットアリ」、更には「ブドウ種子ポリフェノール」
もプラスされています。
男性諸氏の力強い味方となることでしょう。


☆====================================================================
独断と偏見はご容赦!
【最近の社説の、ここに注目】
======================================================================

6日付「毎日新聞」『国語世論調査 空気読んで、は通じない』
11日付「東京新聞」『国語世論調査 ネットの功罪見極めて』
の社説。


毎日。
『「言葉より気持ちで察し合う方が大切」。文化庁の08年度国語世論調査で
こうした傾向が見えた。言葉は生き物で時代とともに変化するのは自然だが、
「言葉より気持ち」では言語力の衰退になりかねない。』

『グローバル化がいわれ、また海外からの労働力受け入れなどで多様な文化と
共存する社会が想定される将来、豊かで的確な言葉は、意思表示と相互理解に
不可欠だ。』

『調査では「互いの考えていることをできるだけ言葉に表して伝え合うこと」
を重視する人は9年前より12・4ポイント減り、38・3%。』

『「考えていることを全部は言わなくても、互いに察し合って心を通わせる
こと」が10・3ポイント増え33・6%になった。』

『3人に1人は「察し合い」派である。』

『文化庁は「空気が読めない(KY)と言われないよう気を使っている」と
みる。また相手の気持ちを傷つけたり、逆に傷つけられたりするのを避けた
がる性向も指摘されてきた。』

『日本人はもともと「和」を重視して我をなかなか出さないともいわれてきた
が、いたずらな対立回避はもう通用せず、混乱や誤解を招くだけだ。』

『新学習指導要領は全教科にわたって言語力の育成に力を入れる。(中略)
日本は読解力や記述問題が苦手という結果が出たことを反映した。』

『基本は「異なる意見や考えを尊重し、互いに正確に伝達、理解をし、発展
させる」ことに違いない。』

『可能にさせるのは、豊かな言葉を使いこなせる力だ。外国語習得は、必要に
応じてその力の上に発展させてこそ意味があろう。』

『また今回の調査では、さまざまな慣用句の解釈・用法のずれが指摘された。』

『例えば「敷居が高い」は本来「不義理などして行きにくい」だが、「高級過ぎ
たりして入りにくい」と理解する人が4割以上いた。』

『これをただ「誤用」と切り捨てるのではなく、時代と言葉の変化を考える
学習教材にしてみてはどうか。』

『家を訪ね合うような人付き合い習慣が次第に薄れ、玄関の構造も変わった今、
高級店への気後れを表すように解釈が変化するというのも興味深いではないか。』

『使わぬ言葉は滅ぶ。古代から営々と培われてきた豊かな言語文化を担い引き
継ぐのは、何も専門学者ではない。日常、一語一語を大切に、生き生きと使う
人々すべてである。』


東京。
『日本語を大切にする人が増える一方、言葉によらない意思疎通を重視する
傾向が強まっていることが、文化庁の国語世論調査で明らかになった。矛盾
する動きの背景にネット社会の影響はないか。』

『今回の調査で「日本語を大切にしている」と答えた人は八割近くに上る。
(中略)特に、若者の増加が顕著で、十代(中略)、二十代で(中略)、いずれ
も七割以上だ。』

『ここ数年の日本語ブームが一番の要因だろうが、インターネットの影響も
考えられる。』

『メール以外のネット利用法を聞いた設問に対し、十代、二十代では「一般
個人のホームページやブログを見る」がトップ。十代では、ブログなどを公開
している人も四割を超えている。』

『活字離れが指摘されるが、メールも含めれば、一般個人の間で膨大な量の
文章が日常的に読み書きされていることが分かる。そこから日本語に興味を
持ち、大切にしようという意識が生まれてきたとみることもできるだろう。』

『一方で、読書離れは相変わらずだ。月に一冊も本(漫画、雑誌除く)を
読まない割合は十代では約半数。(中略)言葉を大事に思うことが、読書の面白
さに気付くきっかけになってもらいたい。』

『人との意思疎通の在り方にも変化が見られた。十年前は言葉を重視する人が
半数超だったが、38・3%に減少。逆に、言葉によらず、互いの意思を察し
合うことを重視する人が10・3ポイント増えて33・6%に。』

『十代の男性では四割以上が察し合い派だ。』

『察し合いは和を尊ぶ日本文化に沿うが、持論を主張する人を「KY(空気が
読めない)」として排除しかねない面もある。』

『言語学者の秋月高太郎氏は、ネット上の匿名でのやりとりの中で多用される
「うざい」という表現が若者に影響し、「うざい」と思われないよう空気を読む
ようになったと指摘している。』

『ネットがコミュニケーションに影響を与えつつあるようだ。その功罪を見極
め、悪影響を減らす努力が必要になってこよう。意思を伝え合う言葉という
宝物を、世代を超えて大切にしたい。』

『調査の問題点も指摘しておく。回答者の約四割が六十代で、十代は4%にも
満たず、バランスを欠く。ネットの影響に関する別の調査が必要なのではないか。』


----------------------------------------------------------------------

『「言葉より気持ちで察し合う方が大切」。文化庁の08年度国語世論調査で
こうした傾向が見えた』(毎日紙)

『日本語を大切にする人が増える一方、言葉によらない意思疎通を重視する
傾向が強まっていることが、文化庁の国語世論調査で明らかになった』(東京紙)

このように、社説冒頭からして印象が異なっている。
同じ調査結果だが、両紙の捉え方が違うということなのだろう。


両社説とも、「KY(空気が読めない)」ということについて書かれている。

『日本人はもともと「和」を重視して我をなかなか出さないともいわれてきた』
(毎日紙)
『察し合いは和を尊ぶ日本文化に沿う』(東京紙)

しかし、
『いたずらな対立回避はもう通用せず、混乱や誤解を招くだけだ』(毎日紙)
『持論を主張する人を(中略)排除しかねない面もある』(東京紙)
と、共にこうした傾向を危惧している。

個人的には、「空気を読む」能力はとても大事だと考える。

これは、単に『持論を主張する人』ということではなく、タイミングや言い方
について、気を配ることができるかどうかということではないだろうか。

『可能にさせるのは、豊かな言葉を使いこなせる力』(毎日紙)とあるが、豊か
な言葉を使いこなせれば万事うまくゆくということでもないだろう。

このあたり、個人的には、国語の能力と分けて考えたいところだ。
(桐鳳)


☆====================================================================
【編集後記】
======================================================================

40歳を過ぎて、白髪が気になりだしました。
以前からチラホラあるにはあったのですが、ここにきて急に目立ってきました。

まだパッと見、さほどではないのですが、それでも数ヶ月に一度、理容店で
染めてもらっています。 

20歳くらいの頃から育毛剤を常用していて、まだまだ大丈夫だろうとの自負
はあったのですが、寄る年波には勝てないということでしょうか。
 
子供が大きくなったら、「白髪1本抜いて10円。間違って黒いの抜いたらマイ
ナス20円」というアルバイトをさせようと思っていたのですが、どうやら
間に合いそうもないようです。

「ケアしていたのに何で?」という想いがある反面、「だからこそ抜けずにこの
程度で済んでいるんだ」との想いもあります。

我が家は、いわゆる「M字ハゲ」になりやすい家系。
やはり、育毛剤の効力によるところが大きいのかもしれません。

育毛剤というもの、毎日使うと費用はなかなかバカになりません。
だからこそ、なるべく効果のあるものを使いたいものです。

以前、「本当に効果があるのだろうか」という疑問から、「頭の半分だけ使用
して、その差を比較してみよう」などと考えたことがあったのですが、万一
「片側だけハゲ」などという事態に陥ってしまったら笑うに笑えないだろうと
の判断から思いとどまったことがあります。


私が使ってきた育毛剤は、ずっと「不老林」シリーズでした。
初代・不老林から、アクティブ、メイグイファときて、今は
「ライブXGブラック」
になっています。

この不老林シリーズ。
効用などについては、いろいろと物議を醸しているようです。

しかし、実際に20年以上にわたって使ってきた感触では、前述したとおり、
まあまあ満足した結果が得られていると思います。
肌のトラブル等もありません。
(現在の私の頭髪の具合→ http://rew-toho.parallel.jp/prof.html )

「ライブXGブラック」は、店頭では手に入らないかもしれません。
下記リンク先が、最安値圏だと思います。
(ただし、12日19時時点で、在庫が8本とのことです)
http://tinyurl.com/llsyoo

個人的にはオススメしても問題ないと考えますが、合う合わないがあるかも
しれません。
もしも使用されるとしましたら、その際には充分にご注意下さい。
(桐鳳)


===PR=================================================================
  

●ナチュラルアート鈴木誠の「農業維新の戦略」CD

このままでは「日本の食」は破綻する!食の未来を担う若き旗手
ナチュラルアート鈴木誠が農業に事業再生の手法を導入し、直営
農場10カ所、全国の農家1000軒を束ね、製造から小売りまで一貫
して行う農業版SPAを確立!「食」ビジネスの今と、ビジネス
としての無限の可能性を披露

http://www.jmca.jp/sale/1051/?id=23


======================================================================
最後までご覧いただき、ありがとうございます。
あなたに素敵なことがいっぱいありますよう…。
======================================================================

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む