森の風

森の風vol.42 「アップデートを続ける」

カテゴリー: 2014年04月17日
街角や電車の中でシニア世代のサラリーマンが目立つようになった。
何時頃からだろう。
既に、60歳以上の労働人口は労働者の20%を超えているようだ。

スーツ・鞄・靴、身嗜みもかなり良い人が多い。
豊かな経験・技術も持っている。
少なくとも65歳までは現役としてバリバリと働いて欲しい。

しかし、やはり40歳代・50歳代とは働き方は違うのであろう。
どこかで、組織の中での役割は変わるのだろう。

ひとつの望ましい姿は“一人ビジネス”の実現である。
高い専門性を活かして、退職の日まで組織貢献を続けることだ。
もうひとつは、後進の指導育成のための伝承だろう。
長年培ってきた知識・スキル・ノウハウを伝えることだ。
意図的・重点的・計画的に伝えることだ。

いずれも、それなりの実力が必要だ。

経験だけを積めばできることではない。
経験の中で、“これは絶対自信がある”と言えるモノを培うことが必要だ。
そして、絶えず知識・スキル・ノウハウのアップデートを続けることが必要だ。
そんな姿勢も後進の見本となり、伝承されていく。

職業人生は長い。
退職の日まで楽しく働くために、今から準備をすることが必要だ。

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む