左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第530号「右用と左用の違い(28)パッケージ編2」

カテゴリー: 2018年11月17日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第530号(No.530) 2018/11/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(28) パッケージ編(2) シスコーン」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(28) パッケージ編(2) シスコーン」
------------------------------------------------------------ 
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 28回目です。

 前回は、
 苦しい時の神頼み、ならぬ“紙”頼みと、

 渡瀬謙氏の著作『左利きの人々 悲しくも笑える』

 (渡瀬けん/名義 中経の文庫 2009.1)
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

 から「チョコボール」を参考に、

 以前ブログでも取り上げたことのある、

  お菓子や食品等のパッケージによくある「開け口」表示

 について考えてみました。

 今回も引き続き、パッケージ編です。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓

 【左手・左利き用品を考える】

  右用と左用の違い(28)

   パッケージ編 (2) シスコーンBIGフロストの袋

┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


 ●日清シスコ シスコーンBIGフロスト

さて今回は、パッケージの第二弾。

最近は、朝食にコーンフレークなどのシリアルを食べる人が
多くなっているそうです。

従来のただのコーンフレークではなく、
色々な果物やナッツ、大豆などを混ぜた
フルーツ・グラノーラなるものが人気になっているとか。

私もそういう物をいくつか試したことがあります。


普段、私は朝食は食パンをトーストしたものを食べています。

ただ夏の間は、焼くのは熱いので、
待ってる間も食べるときも暑い。

そこで、たまーにコーンフレークを食べるときがあります。

そんなときに見つけたのが、

 日清「シスコーンBIG フロスト」

の袋の「ひだりききの人」と「みぎききの人」表示でした。

「シスコーンBIG」のシリーズは、「フロスト」のほかに、
「マイルドチョコ」「プレーンタイプ」「サクサクリングチョコ」
11月5日発売の「シスコーンBIG いちご」などがありますが、
みんなについています。

サイトにも書かれていました。
↓

日清シスコ「シスコーンBIG フロスト」
https://www.nissin.com/jp/products/items/8539

《パッケージにはお子さまでも器に盛り付けしやすいよう、
 「持ち手マーク」を記載しました。》


ツイッターに、画像も挙げました。
↓
https://twitter.com/lefty_yasuo/status/1063317550262439936


ちなみに、
アマゾンの画像表示は、以前のもののままです。
↓

日清シスコ シスコーンBIG フロスト 220g×6袋
http://www.amazon.co.jp/dp/B06XKN5SMT/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22



 ●子どもにこぼさずにシスコーンを盛りつけてほしい

日経電子版 グルメクラブ
2018.4.3
シリアル日本発売55年 甘さで覚えた味、健康志向に
(渡辺智哉)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28489020T20C18A3000000?page=3

によりますと、

この「シスコーンBIG」シリーズは、
「シスコーン」55周年を期に
3月5日にリニューアル発売されたものだそうで、

 《注目は、パッケージの「持ち手マーク」。
  シスコ、日本ケロッグ両社とも
  従来の箱入りから自立する袋入りパッケージへと転換した。
  新パッケージはジッパー付きで開けやすく閉めやすい。
  小さな子どもでも扱いやすい。
  新しい「シスコーンBIG」では、パッケージの四隅に
  右利き用、左利き用それぞれ両手を当てるポイントを
  イラストで明示している。
  子どもにこぼさずにシスコーンを盛りつけてほしい
  というアイデアだ。

  まさに「自分でつくるはじめての朝ごはん」
  に対応した工夫と言える。》



 ●「持ち手マーク」

「持ち手マーク」を説明しておきます。

マークは、商品名のある側のそれぞれの角に印刷されています。


┏━━━━━━━━━┓
┃------------------┃ 「持ち手マーク」
┃○シスコーン BIG●┃ (青●)《ひだりききの人》
(左手)     (右手) 《上と下の“あおまる”をもつと
=         =  入れやすいよ》
(左手)     (右手)
┃●         ○┃ (赤○)《みぎききの人》
┗━━━━━━━━━┛ 《上と下の“あかまる”をもつと
             入れやすいよ》


右利きの人は、
「みぎききの人」と書かれたところ二か所――
向かって左側の
上の赤○(「左手」と書かれている)マーク部分を左手で、
向かって右側の
下の赤○(「右手」と書かれている)マーク部分を右手で、
それぞれ持って、傾けて出す。

左利きの人は、
反対側の「ひだりききの人」と書かれた二か所――
向かって右側の上の
青●(「右手」と書かれている)のマーク部分を右手で、
向かって左側の下の
青●(「左手」と書かれている)のマーク部分を左手で、
それぞれ持って、傾けて出す。


利き手側を持ち上げて中身を器に出す、
というイメージですね。

    /\
   / ○ \
  /    \ ⇒⇒
 /   (上)  \ ⇒
/●       ●\
\        /
 \ (下)    / 
↑ \    /  
↑  \ ○ /
↑   \/

(左利きの人は、左下の青●を持ち上げる)



 ●右用と左用があれば済む問題!?

前回、

2013.1.8 
左利きにも優しい<花王バブ>の個包装切り口
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/01/post-ad46.html

というブログ記事を紹介しました。

そこでは、

 《このバブの場合は、
  商品名の入った「正面」の左右両側に「切り口」と印刷され、
  切れ目まで付いています。
  ですから、左利きの私でも、
  なんの躊躇もなく、袋を開けることができるのです!》

と書きました。

左右平等の開け口(切り口)表示になっているのです。

そして、今回のシスコーン。


こういうふうに、パッケージも少しずつではありますが、
左右平等に向って進みつつある、といってよいのでしょうか。


人間の腕は右と左の二本だけです。

右用と左用さえあればいいのですから、
左右平等というのは、決してむずかしいことではない
と思うのですけれど……。



 ●「知らない」では済まない時代

人間は、見えないもの、知らないものに関しては、
全く注意を払わないものだ、といいます。

身内に左利きがいない右利きの人にとって、
左利きの存在はまったく見えない・知らない存在なので、
注意を払うことはないわけです。

そこで、左利きは無視されてしまう、というのが
長年の歴史でした。


もしくは、
右利きの人にとっては、左利きは「ほかの人間」で、
当然、「間違っているのは左利きの方だ」、
「右使いの便利さを知らないだけなのだ」
と思い込んでしまうのです。


しかし、これからの時代は「自分は知らない/知らなかった」
というだけでは許されない時代だ、と思うのです。

多様性の時代と言われるように、
広く目を開き、すべてに注意を向けていかなければいけない
そういう時代になったのです。


左利きに対しても、もっと関心を持ってもらう、
注意を払ってもらう。
そして、正しい理解を求めて行く。



 ●「子供のため」という大義名分があれば……

今回の「シスコーンBIG」シリーズの表記については、
たぶんに「子供」を意識した結果であります。


 《お子さまでも器に盛り付けしやすいよう》

という配慮であり、

それは、

 《子どもにこぼさずにシスコーンを盛りつけてほしい
  というアイデア》

であり、

まさに

 《「自分でつくるはじめての朝ごはん」に対応した工夫》

だということです。


「子供のための」という大義名分があれば、
「左右平等」は実現され得る、という事実の証です。


たとえば、子供用ハサミでは、
右手用も左手用も同一価格で販売されています。

これは企業の努力と工夫と配慮の結果です。

「左利きの子を泣かせない」
「左利きの子を持つ親を嘆かせない」
そういう配慮、思いやりの気持ちのあらわれでしょう。


これらの成果を見ていますと、

 左右平等もやればできる

と言えるのではないでしょうか。


まあ、問題は、そのあとなのですが……。


でも、第一歩として

 「まずは子供用から」

という考え方もありでしょう。


 ・・・・・・・・・・・・・・・

 ――次回は、

 左右平等の実現のパッケージのもう一つの例を紹介しましょう。


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2018.11.14 
左利き者の証言(特別編)ALH50年史概略(後2)-左利きで生きるには
 週刊ヒッキイhikkii第529号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/11/alh502--hikkii5.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/6b79c40694215b6ca9226d256810dc96

2018.11.15 
私の読書論112-書物の多さ~『墨子』から~
 ―第235号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/11/112--dbd6.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/c7c8573691236099942fa9f0050958ff

〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

 ~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/
 ~『レフティやすおの作文工房』~ 

 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2018 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
https://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2018(平成30)年11月15日号(No.235)
「私の読書論112-書物の多さ~『墨子』から~」
--


(^O^)/

以前からお知らせしていますように、
5月25日に発売された

『ミステリ・マガジン』2018年7月号(729)(早川書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/B07BZB64JR/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

の読者のお便り欄「響きと怒り」<読書の書評>に、
私の投稿が掲載されました。

 ・・・

クリスティーの全著作および関連書を収録する
<ハヤカワ文庫―クリスティー文庫> から、
この4月18日発売された
クリスティー全作品約100点を読んで採点した霜月蒼氏の書評

『アガサ・クリスティー完全攻略〔完全版〕』霜月蒼
http://www.amazon.co.jp/dp/4151301062/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

について、
半世紀にわたるクリスティー“半熟”ファンである私が、
1ファンの立場から見た評価を書いてみました。

投稿に注もつけたブログ記事は、こちら↓

『レフティやすおのお茶でっせ』2018.5.26
『ミステリ・マガジン』7月号読者欄「読者の書評」に掲載される
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/05/7-a24a.html

(^.^)/~~~


--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

発行周期: 月二回(第一・第三土曜日) 最新号:  2018/12/01 部数:  225部

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

発行周期:  月二回(第一・第三土曜日) 最新号:  2018/12/01 部数:  225部

他のメルマガを読む