左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第520号「右用と左用の違い(23)楽器編5」


カテゴリー: 2018年06月16日
--
(^O^)/

先月からお知らせしていますように、

現在発売中(5月25日発売)の

『ミステリ・マガジン』2018年7月号(729)(早川書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/B07BZB64JR/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

の読者のお便り欄「響きと怒り」<読書の書評>に、
私の投稿が掲載されました。

 ・・・

クリスティーの全著作および関連書を収録する
<ハヤカワ文庫―クリスティー文庫> から、
この4月18日発売された
クリスティー全作品約100点を読んで採点した霜月蒼氏の書評

『アガサ・クリスティー完全攻略〔完全版〕』霜月蒼
http://www.amazon.co.jp/dp/4151301062/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

について、
半世紀にわたるクリスティー“半熟”ファンである私が、
1ファンの立場から見た評価を書いてみました。


投稿に注もつけたブログ記事は、こちら↓

『レフティやすおのお茶でっせ』2018.5.26
『ミステリ・マガジン』7月号読者欄「読者の書評」に掲載される
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/05/7-a24a.html

(【左利きミステリ】についてもふれています!)


(^.^)/~~~



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第520号(No.520) 2018/6/16「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(23) 楽器編(5)鍵盤ハーモニカ・後編」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(23) 楽器編(5) 鍵盤ハーモニカ・後編
------------------------------------------------------------ 
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 ついに23回目、楽器編の5回目です。
 
 今回は、鍵盤ハーモニカ・後編です。


 1回はバイオリン、2回はカスタネット、
 3回はリコーダーとここまでしっかり、
 右利き偏重の発想があることがわかりました。


【楽器編・第1回】

第512号(No.512) 2018/2/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(19) 楽器編(1)バイオリン」
http://archives.mag2.com/0000171874/20180217094000000.html

*参考:『レフティやすおのお茶でっせ』2018.5.13 
左利きのAKB48Team8佐藤栞がエア・バイオリン演奏で左弾き
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/05/akb48team8-7166.html
↑
で、エア・バイオリンと利き手について書いています。


【楽器編・第2回】

第514号(No.514) 2018/3/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット」
http://archives.mag2.com/0000171874/20180317094000000.html

【楽器編・第3回】

第516号(No.516) 2018/4/21「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(21) 楽器編(3)リコーダー」
ttp://archives.mag2.com/0000171874/20180421094000000.html

【楽器編・第4回】

第518号(No.518) 2018/5/19「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(22) 楽器編(4)鍵盤ハーモニカ・前編」
http://archives.mag2.com/0000171874/20180519094000000.html

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓

 【左手・左利き用品を考える】

  右用と左用の違い(23)

  楽器編(5) 学校で出会う楽器―鍵盤ハーモニカ・後編

┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


前回の内容――

 ●なぜ鍵盤ハーモニカを習うのか
 ●ピアノ演奏と左利きの苦悩
 ●縦書き右開き本と横書き左開き本の違い
 ●ピアノも左利き仕様と共存へ
 ●左用ピアノと心の表現としての音楽
 ●ピアノと鍵盤ハーモニカとの左用の可能性

前回は、ピアノの話が長くなり、
鍵盤ハーモニカの話ができませんでした。
今回はいよいよ肝心の鍵盤ハーモニカと左利きについてです。



 ●鍵盤ハーモニカと左利き

鍵盤ハーモニカに話を戻して――。

前々回(楽器編第3回 リコーダー編)、
鍵盤ハーモニカについて以下のように書きました。


--
この楽器は、ご存知のように、
左手で持ち、口にくわえて、右手で鍵盤を弾いて演奏する
という形になっています。

もちろん台の上に置いて、
ピアノの鍵盤のように演奏することもできます。
その場合は、吹き口に延長ホースをつないで使用します。

それにしても、左利きだからといって、
一人だけこういう方法を取るのは、いかにも不自然です。

見かけはどうでもいいのですが、
設備として台を用意する必要が生まれます。

その点がちょっと問題になります。
--


この点を取り上げましょう。

鍵盤ハーモニカの左手での演奏について調べてみました。

 ・・・

事業機関「鍵盤ハーモニカ研究所」の運営する
鍵盤ハーモニカ情報サイト

「鍵盤ハーモニカ奏者ピアノニマス公式ブログ」

の記事を見てみましょう。


「左利き用の鍵盤ハーモニカについて」
http://www.pianonymous.com/entry/2014/08/19/%E5%B7%A6%E5%88%A9%E3%81%8D%E7%94%A8%E3%81%AE%E9%8D%B5%E7%9B%A4%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

■対策1:ホースを延長して、反対側まで伸ばす。

■対策2:右手を鍛えるための試練とおもって頑張る

■対策3:もういっそのこと私と同じスタイルで弾こうよ!

オデコで弾く
「めおと楽団ジキジキ」
https://www.youtube.com/watch?v=PWWPS1p_S3A
5’20”-


 《…以上、あまり解決に導けなくて申し訳ない。》

とあります。


 《※追記 2014/09/04

  左利き用の鍵盤ハーモニカについて
  スズキ楽器製作所へ直接問い合わせを行った。
  結論からいうと、
  現状どのメーカーも製造は一切していないようだ。
  というのも左利き用のパーツを製造するには
  倍以上のコストがかかり、
  作りたくてもどこも作れない状況とのこと。
  うちのサイトにきてくれた左利きの皆様、
  有力な情報が提供できずすみません。》

とあります。



 ●相談サイトでは……

相談サイトの類を見ましても、

回答はほとんど、

「鍵盤ハーモニカは右手で演奏するものなのです」

といったご意見ばかりです。

「ピアニカを右手で練習することは
 鉛筆や箸を矯正するのとは異なる」行為だ、と。

難しい動作ではない、という意味でしょうか。


とにかく、“そういうものなのだ”
――当然のこと、といった反応です。


ここでも、
右利き偏重の考え方にどっぷりつかった意見ばかりです。

音楽は、心の表現であり、
演奏は、利き手による心の発現であるという、
演奏する人の心の問題が置き去りにされています。


左用のギターがあって、バイオリンもなくもない、
にもかかわらず、ピアノはない。

ピアノへの入門の意味も持っている、
“誰でも使えそうな楽器”である鍵盤ハーモニカにも
左用はない。

これはやはり変だ、と思いませんか。

私はおかしいと思います。



 ●「ちょっと」だからこそ簡単!?

洋服に「S・M・L」といったサイズがあります。

もし、これがワン・サイズのみだったら、
どうでしょうか。

どれかに合わせてください、というのでしょうか。

身体に服を合わせるのが、普通の考え方です。


服に身体を合わせるなんて、あり得ない! のでは?


手や腕は、右と左の二つしかありません。

単純に考えれば、
右用があれば、左用があっていいのではないでしょうか。

作っても二つだけです。


利用者全体の総数が違う、というかもしれませんが、
だからといって、多数決で決める必要はありません。

洋服のサイズを多数決で決められても困るでしょう。


逆に言えば、
「ちょっとだけでよいのですから、作るのも簡単」
ともいえそうな気もします。

「百も二百もいらない、ホンの十数個でいいんだから」と。

ちょっとした手間を惜しむか否か、の問題でしょう。


結局は、心がけの問題ではないでしょうか。

発想の問題。

一人でも多くの人に音楽を楽しんでもらいたい、
と考えるかどうか。


心の優しさ、思いやりの問題とも言えそうです。



 ●左右平等の思想で……

前回も書きましたように、

 「左用」のピアノがあれば、
 「左用」の鍵盤ハーモニカも必要になる

あるいは、

 「左用」の鍵盤ハーモニカができれば、
 「左用」のピアノも生まれる

そういう理屈もありそうです。


「鍵盤ハーモニカは右手で演奏するもの」
「ピアノは右手主導で弾くもの」

そういった既成概念だけで物事を判断して欲しくない
と思います。


 右用があれば、左用もある
 右手主導の人もいれば、左手主導の人もいる

そういう偏見のない、フラットな発想で、
物事を決めてほしいと思います。

楽器も演奏も、なにごとでも同じなのです。


右利きが多数派だから「右へならえ」せよ、
ではなくて、
左右平等で考えてほしいものです。


人は、みんなやっぱり人なのです。

心もあれば、それぞれに痛みも感じるのです。

「自分だけがしあわせであれば良い」
なんて、誰も思いませんよね。

「みんながしあわせになれる」
そういう社会にかえてゆきましょう

まずは楽器から、始めてみませんか?


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2018.6.13 
左利き者の証言(2)『左利きの世界』から高田美和
-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第519号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/06/2--hikkii519-3e.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/706537ad79155a698052c9a3ca1d12cd
●2018.6.12 
“退化”した新製品ペンカットプレミアムは右手右利き専用
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/06/post-2cc1.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/08882cf74a51860257d3cce354d8f518

~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/

 ~『レフティやすおの作文工房』~
2018.6.15 in メルマガ「楽しい読書」, 古典(名著名作), 書籍・雑誌, 趣味
私の読書論107-私をつくった本・かえた本(6)高校時代後半・ミステリマガジン編
 ―第225号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12382958337.html

*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2018 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2018(平成30)年6月15日号(No.225)
「私の読書論107-私をつくった本・かえた本(6)
 高校時代後半・ミステリマガジン編」
--



左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/11/03
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/11/03
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング