左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第514号「右用と左用の違い(20)楽器編2」

カテゴリー: 2018年03月17日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第514号(No.514) 2018/3/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 【左手・左利き用品を考える】 ..第三土曜日発行分掲載
 右用と左用の違い(20) 楽器編(2)カスタネット
------------------------------------------------------------ 
 
 左手・左利き用品における右用との違いについて― 
 ついに20回目です。
 
 今回は、楽器編の2回目です。

 前回はバイオリンについて書きました。


第512号(No.512) 2018/2/17「【左手・左利き用品を考える】
右用と左用の違い(19) 楽器編(1)バイオリン」
http://archives.mag2.com/0000171874/20180217094000000.html


 今回は、最初に出会う楽器について考えてみましょう。

 ・・・

 左(手/利き)用と右(手/利き)用との違いについて
 勘違いをしていたり、よく理解されていなかったり、
 というケースが少なくなく、
 私のサイトへの訪問者の検索キーワードを見ていますと、
 その類のものが結構あります。

 「○○の右用と左用はどう違うの?」といったものです。

 それぞれの右用と左用の違いを、
 私にわかる範囲で説明していこうと思います。


┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓

 【左手・左利き用品を考える】

  右用と左用の違い(20)

  楽器編(2)最初に出会う楽器―カスタネット

┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


 ●最初に出会う楽器

人生最初に出会う楽器としては、何が思い浮かぶでしょうか。

まずは、音の出るおもちゃの類でしょうね。


ベビーベッドの上でグルグル回り、音が出るものがあります。
その手のものでしょうか。

あるいは、ガラガラのような手に持って鳴らすものがあります。

その辺から始まって、
太鼓のようなものを自分で叩いて音を出すようになり、
笛だとかラッパとか吹くおもちゃの楽器になるのでしょうか。


そして、保育園・幼稚園などで、
カスタネットのようなもので
いよいよ本格的な楽器デビューでしょうか。


教育用のカスタネットは、
基本的には、左手の手のひらに持ったものを右手で叩く
というやり方でしょう。

これは明らかに右利きのやり方ですね。


こちらに示されているのは、一つの典型でしょう。
↓

カスタネット | 鈴木楽器製作所
https://www.suzuki-music.co.jp/products/34582/

カスタネットM Tatta SC-320

↑
の画像参照。

叩く側の上面に右手の絵が描かれています。

右手で叩こう、という表明でしょう。


こちら
↓

ヤマハ 製品情報 小物打楽器
カスタネット
https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/small_percussion/castanets/index.html

の画像の向きも、右手で叩くときの向きですよね。


左利きなら当然、

 カスタネットを右手のてのひらに置いて左手で叩く

わけです。


こちらの叩き方のYouTubeも右の例です。
↓

カスタネットのたたき方 #1 (流し) 【ビエボ】 | 楽器
https://www.youtube.com/watch?v=BnQnDB7eXsk


とはいえ、この楽器は右手も左手でも使えるので、
左右両用といっていいでしょう。

 ・・・

教育用に使われているものとは別に、
『フラメンコ・カスタネット』というものがあり、
これは、両手に持って演奏します。

右用と左用の別があって、
それぞれ高音と低音を持ち、
高音を「女性」、低音を「男性」と呼ぶそうです。

声からの連想でしょうか。


*参照:
打楽器奏者の為のカスタネット入門
http://www5c.biglobe.ne.jp/~castanet/newpage2.htm



 ●「正しい」? 楽器の叩き方

ネットを探っているとこういうブログがありました。
↓

Naturally Music*子どもと音楽+英語のある暮らし

「正しい」楽器の叩き方 2012年 12月 13日
https://naturallym.exblog.jp/16974879/


鈴の演奏の仕方が紹介され、
そのあとにカスタネットの話が出てきます。


--
 中でも鈴。

 音教らしいというか、
 一般的な音楽教室はどこも
 そうなのかもしれないが。

 「はい、左手に鈴を持って、
 軽く握った右手で手首のところを叩きます。
 鈴を持つのは右手じゃなくて、左手ですよ」

 と先生。


 ちなみに、
 Music Togetherでは、
 絶対にこういう教え方はしません(笑)。

 どっちの手で持とうが、
 どういう叩き方をしようが
 それは子どもたちの自由。

 鈴という楽器を、
 さまざまな角度から眺め、
 遊んでほしいから。
--


前回も、利き手を無視した楽器指導について書きました。

「●利き手を無視して教えてきた楽器」

バイオリンだけでなく、
すべての楽器の演奏について言えることでしょう。


誰もが、

 《“右利きの水”にどっぷりつかっているので、
  他の見方ができなくなっている》

のが現状です。



 ●既定の枠にこだわらないクリエイティブなやり方

このあと、
カスタネットを使った際の話になります。


--
 ふだんは、
 Music Togetherの
 楽器に対する考え方をよく
 わかっているはずのお母さんたちでさえ。

 カスタネットが出てきた途端、
 子どもの左手の中指にまず、
 ゴムをはめたがる、はめたがる(笑)。


 それはそれでもちろん、
 間違ってはいないし、
 むしろ正しい「カスタネットの叩き方」
 なのだろうけれど。


 でも、
 子どもたちに
 自由にカスタネットを持たせたら。


 真横に開いて眺めてみたり、
 お化粧の真似して頬を叩いたり、
 電話の受話器にしてみたり、
 帽子にしたり、
 食べ物にしたり……。


 大人だったら到底、
 考えつかないようなユニークな
 アイディアが次々と。
--


この方もこれまでは、

 《カスタネットというとどうしても
  「教育」的なイメージが強くて。》

使う気になれなかったそうです。


しかし今では、

 《カスタネットもいわゆる教育的な使い方ではなく》

 《規定の枠を取っ払って、
  もっとクリエイティブに使える自信が私の中に生まれたかな》

と、書かれています。


化粧のマネをするというのは、
傑作ですね!

わかりやすいです。


利き手の問題云々だけでなく、
こういう教え方もあっていいのではないか、と思いました。


基本を教えるにしても、
最初からこうと決めてしまうのではなく、
子供たちに色々やらせてみた、そのあとで、

「実はこうこうですよ」という持って行き方もありでしょう。


そして、

 「人間には利き手という性質があり、
  人それぞれやりやすい方法がある」

という事実も、その中で教えてゆく……。


クリエイティブで、かつ多様性の教育にもなります。



 ●いつも変らぬ結論

前回

 ●利き手で勝負
 ●利き手で行うべき心の作用
 ●自分の持って生まれた特質を活かす
 ●<楽器は心につながる利き手で演奏する>

 《楽器は、
  心につながる「利き手」が主役で演奏するべきなのです。》

と書きました。

これからもずっと書き続けることになるかもしれませんが、
これが本当の気持ちです。


私の持論――
「利き手は心につながっている」
のですから、

楽器の演奏も心の表現であるかぎり、
利き手主役で行うべきことです。

おんがく(音楽)は、「音学」ではなく、
「音を楽しむ」と書きます。

楽器の演奏も、辛いだけの“訓練”や“勉強”ではなく、
“楽しめるもの”であるべきでしょう。


そのためにも、楽器メーカーさんは
利き手に対応した楽器を用意して欲しいものです。



------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2018.3.13 
左利き者の証言から~髙橋幸絵枝『こころの匙加減』
-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第513号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/03/--hikkii513-0b2.html
https://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/f580af4737e6e2953a1595b42370c65e

 ~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/

 ~『レフティやすおの作文工房』~
2018.3.15 
私の読書論104-大学生5割超読書時間0分のニュースについて
 ―第219号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12359522800.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/0 .html

*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2018 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2018(平成30)年3月15日号(No.219)
「私の読書論104-大学生の読書時間0分のニュースについて」
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

発行周期: 月二回(第一・第三土曜日) 最新号:  2018/12/15 部数:  225部

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

発行周期:  月二回(第一・第三土曜日) 最新号:  2018/12/15 部数:  225部

他のメルマガを読む