左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第509号「新年特別号―2018年の抱負」


カテゴリー: 2018年01月06日
(少し遅くなりましたが、)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 明けましておめでとうございます。

 今年も一年よろしくお願い致します。

 m(__)m


 レフティやすお

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第509号(No.509) 2018/1/6
「新年特別号―2018年の抱負」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 新年特別号―2018年の抱負 ~不言実行!?~
------------------------------------------------------------ 
 
 本年一回目の配信です。

 例年通り新年の抱負から始めましょう。


 でもね、ここんところ
 実現できないまま終わっていますので、
 正直、何も言わないほうがいいのかな、と
 弱気になっています。


 例年通りの「本を出すぞ~!」も、
 完全にオオカミ少年になっていますからね。


 さて今年はどうしましょうか?



┏ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓

 新年特別号―2018年の抱負

  不言実行もありか?

┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


 ●何度でもチャレンジしてみよう!

昨年の抱負は、


 ┏ ◆今年の抱負◆ ━ ━ ━ ━ ┓

 ┃ 左利き本の確かな原稿を仕上げる ┃

 ┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┛


でした。


理由は、一昨年のチャレンジで、

(1)思うように原稿が書けなかったこと
(2)企画書の試みの結果が今一つ手応えがなかったこと

という二点の反省から、

商業出版に限らず、出版の機会を得るために、

 先ずは原稿を仕上げること

を第一義に、重きを置いた結果でした。


今年も、そういう意味では同じことになりそうです。



 ●左利き本・三つの企画

以前も書いたかと思いますが、
左利きの本の企画が三つほどあります。

(A)「青少年向けの左利きライフ入門」的な著作
(B)左利きミステリ入門―「名作のなかの左利き」推理小説編
(C)左利きライフ研究家のできるまで


(A)「青少年向けの左利きライフ入門」的な著作

これは、一昨年も昨年も書きましたように、
「左利きライフの教科書」的な本です。

左利きライフを「生命」「生活」「人生」の三つの側面から
解説したものです。


(B)左利きミステリ入門―「名作のなかの左利き」推理小説編

これは、以前、月一連載した企画――
「名作のなかの左利き」推理小説編 をもとに、
新たに発見した作品を含めて、
作品におけるトリックも含めた左利きに関する記述、
およびそこに登場する左利き像を紹介するもの。


(C)左利きライフ研究家のできるまで

こちらは、これも以前の本誌で連載した、
私の左利き活動を振り返り、
いかにして、どのような理由から
左利きの問題と取り組むようになったのかを紹介するもの。



 ●先ずは書き始めること

いつの日か、できればこの順に
きちんとした著作として完成させたいものです。


三島由紀夫は、『小説読本』といった文章で、

 毎日机の前に坐り書くこと

これが大事だ、と言った意味合いのことを書いていました。


何事もそういうものでしょう。

私も無駄口を叩く暇があったら、
先ずは書き始めること。



 ●他にやりたいこと

他にやりたいと思うことを書いておきましょう。

不言実行の割に変ですけれど……。


それは、新しいブログです。

一昨年、ホームページが消失しましたので、
それに替わるものをなんとか軌道に乗せたいものです。

一つ始めたのですが、
ちょっと事情があって、続けられそうもありません。

使いやすそうな無料ブログを探しています。


(今年に入って、ライブドア・ブログで始めました。
 ↓を参照のこと。
 URLが「lefty-yasuo.blog」なので覚えやすいはずです。)

 ・・・

ということで、
今年は、はっきりしたことは書かず、

 「不言実行」で行こう!

と思います。

さて、どうなりますことか。


P.S.
思いついたのでメモしておきます。

やりたいことがいっぱいあるのに、
時間的な問題もあって実現できないのなら、

 小学校時代のように、
 「時間割」を拵えればいいじゃないか

ということです。

試してみてもいいかも……。



------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
2018.1.3
2018(平成30)年、明けましておめでとうございます!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/01/201830-8d5c.html

●2018.1.4 
右用と左用の違い(17)カメラ2-左利きで生きるには
 週刊ヒッキイhikkii第508号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/01/172--hikkii508-.html

 ~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/
(2018(平成30)年1月3日より、新たなブログで、
 2016年消失しました『レフティやすおの左組通信』に代わる
 ものを始めました。
 左利きライフについてはもちろん、本や読書、家庭園芸、
 その他あれこれ、私の趣味全般に渡って書いていく予定です。)

●2018.1.4
左利きの現状を見よう/左利き私論―はじめに(1)
http://lefty-yasuo.blog.jp/archives/6166356.html

 ~『レフティやすおの作文工房』~
2017.12.31 
私の読書論100-出版業界自ら改善すべき点がある-
 ―第214号「古典から始める
 レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12339646979.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/12/100---e1f3.html

*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2018 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2017(平成29)年12月31日号(No.214)-171231-
「私の読書論100-自ら改善すべき点がある-
 図書館と出版社・書店業界について(後編)」
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/08/04
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/08/04
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング