左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第364号「名作~推理小説編16~鮎川哲也」


カテゴリー: 2013年05月18日
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第364号(No.364) 2013/5/18「名作の中の左利き
 ~推理小説編16~全員が左利きの謎「停電にご注意」鮎川哲也」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ~推理小説編16~ 全員が左利きの記念写真の謎
 「停電にご注意」鮎川哲也
------------------------------------------------------------

 ここのところ、昔の読書メモを紐解きながら、
 かつて読んだ推理小説から左利きにまつわるネタを拾いながら、
 書き進めています。

 今までも、古い作品をいくつか紹介してきましたが、
 一方で比較的新しいもの、新刊と呼べるものもありました。

 当分の間、昔のメモからの作品が続きそうです。

 とはいえ、きちんとしたメモが残っている場合もあれば、
 不完全なものしか見つからない場合もあります。

 手元に本があれば、再読できるのですが、
 そうもいかないときもあります。

 今回は、その残念なケースです。
 不十分な紹介ですが、ご容赦ください。

 ・・・

 前回の「~推理小説編15~左利きの会の謎『朝霧高原殺人事件』
 和久峻三」は、架空(でっち上げ)の「左利きの会」
 を取り上げた作品でした。

 今回は、小説の中で実際に存在するという設定の
 「日本左利き協会」が登場する短編小説を紹介しましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  -全員が左利きの記念写真の謎-

 鮎川哲也「停電にご注意」<三番館 シリーズ>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○初出:『小説推理』昭和57年10月。

『クライン氏の肖像―三番館の全事件III』
<鮎川哲也名探偵全集>出版芸術社(平成15年4月刊)収録。 
http://www.amazon.co.jp/dp/4882932326/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

鮎川哲也が最後に描いた名探偵、
氏名年齢不詳のバーテンの名推理。
三番館シリーズ最終巻。
本巻には、全員が左利きの記念写真の謎「停電にご注意」、
東京にいたはずの人間が軽井沢で殺人「秋色軽井沢」、
鮎川哲也みずからが登場する「クイーンの色紙」、
暗闇に消えた絵画「クライン氏の肖像」等、全十四篇を収録。
--


 「停電にご注意」

鮎川哲也晩年の代表作、
東京銀座数寄屋橋の会員制バー「三番館」のバーテンダーが、
元刑事の私立探偵の持ち込む事件の謎を解く、
安楽椅子探偵もののシリーズの一編。

アリバイ証明の写真は、裏焼きトリックか? 
しかし、それでは写真に写っている喫茶店の人が
みな左利きということになってしまうが…。

NHKこと日本左利き協会という団体に
左利きについて質問した、という箇所が出て来ます。 


 ●「全員が左ギッチョだなんて」


  《「... たまたま来合わせた客の全員が左ギッチョだなんて、
      そんな偶然があると、主張するのかい? それともきみは、
      全員が左ききで、この店が彼らの全国大会の会場ででもあ
      ったという気かね?」》

--
容疑者のアリバイを立証する一枚の写真には、
時刻を示す時計の上半分と
右手で給仕する店員、和服やシャツ姿のお客など、
喫茶店内の様子が写っている。
しかし、写真の裏焼きトリックなら、
全員が左利きということになる? 
しかし、そんな偶然がありうるだろうか?
--
(『お茶でっせ』2005.10.26
「そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也」より)


 ●胸ポケットが右側についたシャツ

探偵役の人物が「NHK(日本左利き協会)」に、
胸ポケットが右側についたシャツが発売されているかどうか
をたずねる、というシーンがあります。

もちろん発売されていないという返事が返ってくるのですが、


  《左利きの人にとってポケットが左胸についていようが右胸
   についていようが、格別不便には感じないというのがその
   理由であった。/まあ、そんなものかもしれない。》


この話題は以前、本誌でも取り上げています。

そこでも書いたのですが、
私は、左胸のポケットが、常日頃から使いにくい
と感じています。

中学生の時、胸のポケットにボールペンを指していました。

右手ですと、自然に肘から下の腕を回転させると、
ほぼちょうどの指先の位置にペンが刺さっています。

でも左手では、取り出すのが不便でした。

左手で取ろうとすると、
どうしても窮屈に手首を曲げなければならないのです。

胸ポケットが左でも右でも関係ない、というのは、
大いなる誤解です。

著者が右利きで、そこまで想像力が及ばなかったのでしょうか。


 ●「NHK(日本左利き協会)」

  《... ふと思いついてNHKに電話をかけてみた。... 日本
   左利き協会とかいう団体だった。現在デパートなんかで見
   かける左ギッチョ専用のハサミ、ドビン、電話機などはこ
   の協会の提案によって製作された。そんな噂を耳にしたか
   らだった。... 》


「ドビン」とありましたが、たぶん急須のことでしょう。

金属製の薬缶(やかん)にも左右性がある、という話ですので、
土瓶(どびん)にもあるのかもしれません。

ただ、急須に左右性があるのは、誰の目にも明らかでしょう。
そして、
ほとんどの急須が右利きの使い方に向いていることも。


「左ギッチョ」という言葉が出てきますが、
これは差別的な表現というわけではありません。

この小説が発表された、昭和57(1982)年当時の
著者(63歳)と同年配ぐらいの人の間では、
比較的普通に一般名詞として使われていたであろう言葉でした。

もちろん、差別的に使う人もいたことは事実ですが…。


さて、この「NHK(日本左利き協会)」ですが、
残念ながら実際には存在しないようです。

私がネットでざっと調べただけですので、
正確な情報とは言えませんが…。

偶然見つけられなかった、
もしくは、
ネット情報に出てこないところで存在している、
あるいは、過去に存在していた、かもしれません。


ストレートで分かりやすいネーミングだと思います。

できれば、本当にこういう組織があって、
左利きの生活向上、及び啓蒙活動等を行ってもらえれば、
いいんじゃないかという気がします。


*参照:
『お茶でっせ』2005.10.26
そして誰もが左利きだった?「停電にご用心」鮎川哲也 
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2005/10/post_7644.html

*本誌バックナンバー:
第63号(No.63) 2007/1/6「<左利きQ&A>(4)」
 左利きの人はズボンの左側のポケットが傷みやすいの?
http://archive.mag2.com/0000171874/20070106074500000.html


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
2013.5.16 左利きの悩みと“卒業”2・私的感情~左利きで生きる
には 週刊ヒッキイhikkii363号 (先週号のお知らせ)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/05/2-hikkii363-944.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/74b2ddaac6ccbf44ec59808230b299da
2013.5.15 届きました!左右共用カメラ・キヤノンPawerShot N
(左手でも右手でもシャッターが切れる新型コンデジカメラ)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/05/pawershot-n-4dd.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/a609f64dcff29f3263505ff05f34850c
 ~『レフティやすおの作文工房』~
2013.5.15 齋藤孝『古典力』(3)~私のおススメ50選候補 ―第104
号「古典から始める レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-11529765883.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2013/05/350-3ae0.html
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2013 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
2013(平成25)年5月15日号(No.104)-130515-  
 私の読書論-45- 齋藤孝『古典力』を読む(3)
http://archive.mag2.com/0000257388/index.html
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/11/03
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/11/03
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング