左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第233号「名作の中の左利き(10)左ぎっちょクラブ」


カテゴリー: 2010年10月16日
★6年目に突入!<日本一>の左利きメルマガ「週刊ヒッキイ」
◆2009年4月 東京書籍発行『左利きの子』「参考資料」欄に掲載!
http://www.amazon.co.jp/dp/4487803799/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2008年12月発売の『左利きの人々』渡瀬けん/著(中経の文庫)
「参考サイトその他」欄に「週刊ヒッキイ」が掲載されました!
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2007年12月、雑誌『R25』メルマガ『親力』で紹介されました!
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20071206-90002959-r25
http://archive.mag2.com/0000119482/20071227011750000.html
┏【おまけコーナー】------------------------【左利きの客】┓
{10/8} 「左利きはね…何時も気を使って生きてるのよ」
2ちゃんねるで見かけたコピペを淡々と張り続けるブログ「コピペ
の湯」から。実話か創作かは不明ですが、左利きの私から言わせて
もらうと、小気味いいお話です。あって欲しくない情景ですが…。
早口言葉作ってみました。≪左利きの客はよく気遣う客だ≫!?
・なんと奇遇な 
http://copii.blog2.fc2.com/blog-entry-1965.html
┏【おまけコーナー】--------------【左利きのバレーボール】┓
{10/11} 6人全員左利きバレーボール
―《セッターを含めてサウスポーばかりのチームを編成してい》る
という。コメントにも《他のチームには有利な戦術が組めそうで面
白い》とありますが、果たして…。できればスポーツだけでなく、
もっと色々な面で左利きの存在を活かせる社会になってほしい…。
・TVN 6人全員左利きバレーボール
http://blogs.yahoo.co.jp/contact20052000/60351138.html
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

      左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
 【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

  第233号(No.233) 2010/10/16「名作の中の左利き(10)
         「左ぎっちょクラブ」ギュンター・グラス」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─目次― 
欄外 おまけコーナー
【左利きの客】「左利きはね…何時も気を使って生きてるのよ」
【左利きのバレーボール】 6人全員左利きバレーボール
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その10― 「左ぎっちょクラブ」ギュンター・グラス
 ▼レフティやすおのサイト案内▼・・更新情報・・
 ▼次号案内▼
 ▼バックナンバーの閲覧▼
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼
欄外≪初歩的古典入門メルマガ「楽しい読書」第44号のお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その10― 「左ぎっちょクラブ」ギュンター・グラス
------------------------------------------------------------
  今回は、ギュンター・グラスの短編小説「左ぎっちょクラブ」
  (『僕の緑の芝生』飯吉光夫訳 小沢書店 1993.10.20)
  を取り上げます。


今年もノーベル賞の季節になりました。
なんとまたまた日本人が二人、
鈴木章・根岸英一両氏が化学賞を受賞しました。
おめでとうございます!

ノーベル賞と言えば、
日本人では、村上春樹氏が毎年文学賞の候補に挙がるのですが…。


前振りが長くなりましたが、
そのノーベル文学賞を1999年に受賞したのが、
この人ギュンター・グラスです。

最近は、若い頃にナチス親衛隊に所属していたとかで
話題になったあの人です。
代表作は『ブリキの太鼓』。

左利きの青年のお話「左ぎっちょクラブ」は、
そんなギュンター・グラスの初期の短編集に収録されています。

(この作品の存在は、フェリシモ出版の本
『左ききでいこう!』で知りました。ありがとう!)

「訳者あとがき」によると、グラス自身も左利きだそうです。
ちなみに、同じ短編集に収録されている
「手巻き煙草」という作品の冒頭にも、
《僕は煙草を手で巻く。僕はぎっちょである。》とあります。


「左ぎっちょクラブ」ですが、
このクラブは、左利きの人たちが自発的に
右利きの人と同じように右手が使えるように訓練をする
というグループです。

はじめは右利きの人が来て指導に当たっていたのですが、
幹部が指導法を批判して、
左利きの人が自分で考案して「矯正」に当たるようになります。

正式なこのクラブの名は「一方性」クラブといい、
「左利き」とも「ぎっちょ」とも名乗っていないのです。

それは、
彼らが一般の人から《片輪》の人間のように扱われることほど
心外で屈辱的なことはない、と思っているからでした。

かくしてクラブの運営を巡る主導権争いから
幹部二人は銃を手に決闘をすることに…、というお話。

この作品には
左利きの「肉声」と思われる記述が随所に出てきます。


 〈僕らの綱領には、右手が左手と同じになるまで、決して怠け
  ぬこと、と書いてある。/この箇条がどれほど力強く決意に
  みちていようとも、こんな申し合わせはまったくのナンセン
  スである。こんなことできようはずがない。僕たちのクラブ
  の最右翼はもうしばらくここから、こんな条件は削りとって、
  代わりに、われわれはわれわれの左手を誇りに思う、われわ
  れは生まれつきの左ぎっちょを恥と思わない、とでも書き直
  すべきであると主張してきた。〉p.45-46

 〈左手使いとしての僕たちの屈辱感がどれほど深い根を持つも
  のかを十分に知っていた。家庭や学校やそして後になって軍
  隊での時期、僕らはいつも、この小さいかたよりを―かたよ
  りというのは、他の広く分布したまともさに対してであるが
  ―じっと我慢してこらえて来なければならなかった。それは
  子ども時代の握手に始まる。〉p.46

 〈《ダメよ、そっちのお手々でなくて、こっちのお手々よ。ち
  ゃんとした方のをね! よい子のお手々の方をね、おりこう
  さんの、なんでも器用にやる、まちがわない、正しい方のお
  手々をね!》〉p.46

 〈僕たちのクラブの左利きの娘たちはあるとき、夜なべの仕事
  をしながら、僕たちの緑色のクラブの旗にこう刺繍したのだ
  った―心臓は左側で搏つ。〉p.52


もっともっと引用してもいい部分があるのですが、
すべてを明らかにする権利が私にあるとは思えません。

本書を読む楽しみを奪うことにもなりますし…。

とにかく、
左利きについてこれだけ書いてある小説というのも
稀有なものです。


訳書の刊行年が1993年で、現在の視点で見ますと
かなり過激ともいえる訳語が使われていてちょっと…、
とも思いますが、
1958年という作品発表当時の社会における
左利きに対する差別意識というものがかなりのものであったことを
そのように表現しているのでしょうか?

(単に、翻訳そのものが古い時代のものなのか、
あるいは訳者自身の言語感覚の古さなのか、
そこまではわかりませんが。)

ただ、ドイツにおいてもその昔、
左利きがこのような状況に置かれていたことだけは、
確かなことのように推測されます。


1958年に発表された小説ということですが、
当時すでに、左利きについてこれだけのことを書ける、
というのも考えてみれば、
素晴らしいといえるのではないでしょうか。

ドイツにおいても、世間一般には、
左利きは「なおす(直す・治す)」もの
という意識があったにしても。

昭和でいえば、33年です。

私が4歳。
私の小学校入学時、私の親から相談を受けた担任の先生は、
左利きは左利きで良い、
と左手を使うことを公認してくださいました。

その後、色んな人に聞いてみますと、
当時の日本の社会では、
必ずしもそういう先生ばかりではなかったようです。


ドイツでも基本的には同じようなものであったとしても、
左利きについて、このように発言できるのは、
それなりに評価すべきではないでしょうか。

欧米でも比較的最近まで、左利きが不当に扱われてきたことは、
欧米で出版された左利きに関する本にも書かれていることです。

そういう意味では、さすがはノーベル賞作家! です。


※ 参照:
『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
「〈HPG2〉左利きの本だなぁ 小説で読む左利き」 
 2004.6 「左ぎっちょクラブ」ギュンター・グラス
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.hph2.html
ギュンター・グラス『僕の緑の芝生』飯吉光夫訳 小沢書店(1993) 
http://www.amazon.co.jp/dp/4755102936/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『左ききでいこう!―愛すべき二一世紀の個性のために―』
 フェリシモ左利き友の会、大路直哉/著 フェリシモ出版(2000)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894321890/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

------------------------------------------------------------
 ●レフティやすおのサイト案内●・・更新情報・・
  ―今週更新された主な記事―
------------------------------------------------------------
・左利きを考える レフティやすおの左組通信
  ソフトの関係で、現在更新できません。今しばらくご猶予を。
 http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
・レフティやすおのお茶でっせ 
10.14 《矯正/直す》表現に思う(6)親御さんへ
 :週刊ヒッキイhikkii232 (先週号のお知らせ)
 http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/ 
・レフティやすおの本屋
 (セブンネットショッピング「みんなのクチコミ」)
 ―左利き関連本、古典入門書ほか紹介
 http://www.7netshopping.jp/guide/leftyyasuonohonya/
・TimeLineレフティやすおの左利き自分史 (グラフ年表) 
 http://timeline.nifty.com/portal/show/15238
・レフティやすおの新しい生活を始めよう! 
 「お茶でっせ」より左利き記事 1本転載
 http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/ 
・レフティやすおの作文工房
10.15 私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法
 ―第44号「楽しい読書」別冊編集後記
 http://ameblo.jp/lefty-yasuo/ 

------------------------------------------------------------
 ▼次号案内▼
------------------------------------------------------------
 第234号(No.234) 2010/10/23
 「<左利きプチ・アンケート>第67回」(予定)

 ●<左利きプチ・アンケート>● ..第四土曜日掲載
   第67回(未定)

内容:
   (未定)久しぶりにまた新しいアンケートを考えてみます。

------------------------------------------------------------
 ▼バックナンバーの閲覧▼
------------------------------------------------------------
(バックナンバーは以下のページからご覧ください。)
・『まぐまぐ』のバックナンバー・ページ
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html 
・『左組通信』「週刊ヒッキイ」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
(最新のバックナンバー一覧号)
第194号(No.194)2009/8/29夏季臨時増刊「既刊号一覧2009年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20090829074000000.html
第213号(No.213)2010/5/29初夏臨増「-09年後期~10年5月」
http://archive.mag2.com/0000171874/20100529074000000.html
(テーマ別バックナンバー一覧号)
第135号「テーマ別BN3/左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080531074500000.html
------------------------------------------------------------
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼  
------------------------------------------------------------
 猛暑・酷暑が過ぎて一月以上になります。でもなんとなく身体が
シンドイ今日この頃です。その割に眠れないのです。ぐっすり眠れ
ないので、シンドイのかもしれませんね。でも、自然はスゴイ!
猛暑でもうダメかなと思っていたミニトマトが復活してきました。
あまり大きくならないのですが、いくつもいくつも花が咲き、実が
できています。大豆大?と小さいものですが、赤くなっているもの
も出ています。アサガオも、春に植えたものはもうダメですが、そ
れでも500円玉程度の花を咲かせています。で、もっとすごいのは、
8月末に芽を出したアサガオです。どうなるのかと思って観察して
いますと、あれよあれよと大きくなり、今でもほぼ毎日のように、
一つ二つと大きな花を咲かせています。生命は偉大です!
 ホント「私も頑張らないと、ね。」って気持ちになりますね。

では、来週まで、さいならサイナラさいなら /~~~

 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(下記URLにアクセスして、
    あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録の解除(配信中止)はこちら
 → http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2010 by L.YASUO
------------------------------------------------------------

 ◆ 初歩的古典入門古典の名作名著を楽しむための入口メルマガ
      「レフティやすおの楽しい読書」第44号のお知らせ ◆

第44号は、「私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法」
を紹介しています。

 2010(平成22)年10月15日号(No.44)-101015-
  私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折克服法
http://archive.mag2.com/0000257388/20101015120000000.html

*『レフティやすおの作文工房』「別冊編集後記」
10.15 私の読書論-16-大著の薦め―長編挫折乗り切り法
 ―第44号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10661922995.html

※ 登録及び解除(配信中止)は、こちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
---

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/08/04
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/08/04
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング