週刊「四国アイランドリーグ」MAGAZINE

「四国アイランドリーグplus」MAGAZINE

カテゴリー: 2017年06月24日
《column》

  関東での交流戦はほぼ「若手vs若手」の対戦となったのだけれど、フューチャーズの監督、コーチ陣の顔ぶれを見直してみると相手側の本気度も垣間見えるのではないだろうか。
  例えば監督には「犠打の名人」としても知られる川相 昌弘(読売ジャイアンツ)氏。球界の盟主たる読売巨人軍から監督が派遣されていたのである。
  またコーチ陣の名前を見てもプロ野球ファンには馴染みのある方ばかり。栗原健太氏(東北楽天ゴールデンイーグルス)、星孝典氏(埼玉西武ライオンズ)、小池正晃氏(横浜DeNAベイスターズ)、島崎毅氏(北海道日本ハムファイターズ)という面々。

  フューチャーズというとそれぞれのチームでも二軍戦にさえ出られないメンバーと言われるかも知れないが、監督やコーチの布陣からは彼らの気合というか、生半可ではない思いが伝わってくる。
  結果としてもアイランドリーグ選抜チームは2戦2敗ということで、目の前の「壁の高さ」を改めて感じさせられた形になったのだけれど…。

  アイランドリーグも後期戦になると福岡ソフトバンクホークス三軍との定期交流戦もあり、三軍といえどホークスはフューチャーズ以上に手強い相手ともいえる。フューチャーズへの「借り」はホークス相手に返してもらってもいいんじゃないか?

*
***
 *
  ニュースリリース詳細等は公式サイトからご確認ください。

携帯→http://mobile.iblj.co.jp

P.C.⇒http://www.iblj.co.jp/

週刊「四国アイランドリーグ」MAGAZINE

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  146部

ついでに読みたい

週刊「四国アイランドリーグ」MAGAZINE

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/17 部数:  146部

他のメルマガを読む