違いのわかる住まい塾

違いのわかる住まい塾

カテゴリー: 2015年06月27日
 

  ☆------------------------------------------------------------☆

   
   ▲▽▲ あふれる情報の海でおぼれない為に! ▲▽▲  2015.06.27

     〓 違いのわかる住まい塾 〓  VOL.120  1~2回/月 発行


    ■  今日のテーマ    空き家問題を考える・・その5

  

 ☆-------------------------------------------------------------☆

                                                              
    ■  様々な情報の中で迷子にならない為に、住まいの

    キーワードをわかりやすくお話していきます。

    新築やリフォームを考える際に、是非お役立て下さい。  
    
  ■  初めてお読みいただく皆様に

    発行者は (株)大塚建築設計事務所です。

                (SINCE 1980  千葉市中央区) http://etuka.com/

                       

  ■ バックナンバーのタイトルは http://tinyurl.com/aaq6v から

    確認できます。(全て閲覧可能です。) 

    
            
  ----------------------------------------------------------------- 


  今日は6月27日です。

    いつの間にか、1年の半分が過ぎようとしています。

  千葉県はいつもの梅雨の季節ですが、九州地方の大雨は異常ですね。

  『恵みの雨』という言葉どおり、生物にとって大切な雨も、

  最近は『禍いの雨』となってあちこちで被害の報告があります。

  早く落ち着いたいつもの季節になって欲しいですね。


  今回で空き家問題は最終回になります。

  いつも通り、少しの間お付き合いください。
 
      
  *-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*
 
               

   ■  空き家問題を考える・・その5    


    前回は、2008年(平成20年)には1世帯当たりの住宅数は1.15戸まで

    増加したとお話しました。

    それでも、若い世代が多い社会であれば、結婚で世帯数が増加し、

    子供も生まれ人口増加や住宅需要も期待できます。

    しかし現実には、65才以上の人口が25.1%を占める高齢化社会です。


    2005年(平成17年)に人口減少が始まり、現在のところそのまま

    減少傾向は続いています。

    仕事がら、住宅着工件数は多いほうがうれしいのですが、

    現実は需要と供給が微妙にずれているようです。

    かなり前から、新築志向からストック活用への変換が叫ばれ、

    住宅産業が生き残るためにも、リフォーム工事の重要さが

    指摘されてきましたが、その為の道筋はまだ十分に敷かれている

    わけではありません。

    ただ、空き家増加は建設業界だけで解決できる問題ではありません。


    空き家問題を突き詰めていくと、人口問題やライフスタイルにいきつきます。

    年々人口が減少して行く社会からは、いろいろな歪みが出てきます。

    成熟社会に入った今、人口増加は無理としても、人口維持の方策は

    無いかと考えてしまいます。

    又、若い世代が恋愛や結婚に対して淡白になっていく社会は、

    異常としか 言いようがありませんね。

    『将来に展望が持てない。』『自分の価値観を最優先させたい。』と

    いう人が増えるのは、まさに政治や教育の責任です。


    今まで住宅は個人資産でしたが、これからは共有する社会資本の一つと

    する考え方もありそうな気もします。


    いずれにしても空き家問題の取り組みは、今後の日本社会の進展と

    オーバーラップします。

    折に触れ皆で考え、知恵を出し合っていきたいですね。


    今回で空き家問題は終わります。


 -------------------------------------------------------------------
 
 
  ■ 最後まで読んで頂きありがとうございます。


    明日早朝に、なでしこジャパン・オーストラリア戦がありますね。

    予選から全て1点差ゲームで突き進んでいるので、明日も

    1点差勝利を予想しています。

    サッカーファンを自覚している訳ではありませんが、なぜか

    日の丸を背負う試合は熱くなりますね。

    このまま7月6日の決勝まで駒を進めて、あわよくば

    連覇達成と願っていますが・・・

    取敢えず、悔いのない戦いをして、とは言ってもやはり

    勝負が問題ですね。

   
    梅雨空が明けると、一気に夏本番です。

    夏を乗り切る元気をしっかり充電しておきましょう。

    
   
  ■ 発行者へのメール →→ tsuka.yy@nifty.com

       お知合い・お友達にご紹介頂ければ幸せです。


  ■ メルマガの購読解除は、下記URLよりお願い致します。

    http://homepage2.nifty.com/tsuka-yy/magmag.htm

    

 ★=========================================================★ 
  
  
  
 【発行者】 (株)大塚建築設計事務所 大塚 泰二
       
      〒260-0007 千葉市中央区祐光2-7-1千葉サニータウン314

       TEL 043-227-0021    http://etuka.com/
   
               
  ★==========================================================★


ついでに読みたい

違いのわかる住まい塾

発行周期:  1~2回/月 最新号:  2017/06/01 部数:  318部

他のメルマガを読む