違いのわかる住まい塾

違いのわかる住い塾


カテゴリー: 2007年11月24日
 

   ---------------------------------------------------------------------☆

   
   ▲▽▲ あふれる情報の海でおぼれない為に! ▲▽▲       2007.11.24


     〓 違いのわかる住い塾 〓   VOL.38   1〜2回/月 発行


    ■  今日のテーマ    ライフサイクルコスト‥その3


  ---------------------------------------------------------------------☆

                                                              
    ■  皆様が様々な情報の中で、迷子にならないように、新築・リフォームの

    知恵をわかりやすくお話していきます。

  ★ 『知識』を活かす『知恵』がキーワードです。
  
    
  ■  初めてお読みいただく皆様に

    発行者は (株)大塚建築設計事務所です。(SINCE 1980  千葉市中央区)

                        http://etuka.com/


  ★ バックナンバーは http://tinyurl.com/aaq6v からお読み頂けます。

    
            
  ---------------------------------------------------------------------☆


  来週末は12月に入ります。

  いつものことですが、年末が近づくと月日が過ぎる早さに驚かされます。

  ここ1週間ぐらいの間で、季節は晩秋から徐々に初冬に向かっていくのが

  感じられます。
  
  積雪のニュースを見ると、北海道や東北は完全に冬ですね。


  今年も残すところ一月あまり、仕事もプライベートも元気にいきましょう。

  
  今回はライフサイクルコストの最終回です。
  
 
  
  *-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*- 
                


   ■  ライフサイクルコスト‥その3

 
  ライフサイクルコストを意識した住宅計画とは、言い換えれば

  『長寿命住宅』を目指すことですね。

  ただし、あくまでも快適に住み続けられることが条件です。

  使い勝手が悪いのに我慢しながら、或いは構造的な不安を抱えながら

  住み続けても長寿命住宅とは言いません。

  
  住宅寿命が長ければ長いほど、年間の住居費用は抑えられるので、

  地球環境にも家計にも優しい住宅と言えます。

    
  『長寿命住宅』のポイントを考えてみますね。

  木造住宅を例にとると、基礎、柱や梁などの構造体、屋根や外壁などの

  主要部位が充分長持ちすること。(少なくとも60年以上)

  但し、設備機器はそこまで長持ちしないし、省エネや快適性の点でも

  年々進歩してるので、交換など簡単に改修できること。
  
  給水・給湯・排水管も耐久性の高い素材を使用するが、容易に交換できる

  工法で施工すること。


  60年以上使い続ける場合、当然世代交代で家族構成は変わり、使い勝手の

  変化も考えられるので、間取り変更のし易さなど、生活の変化に

  順応できなければいけませんね。



  次にメンテナンスが簡単であること、言い換えればメンテナンス費用が

  掛からないこと。

  ライフサイクルコストに占めるメンテナンス費用は大きいので、

  できるだけメンテナンスの必要が少ない素材や、工法を採用します。

  例えば、屋根や外壁に使う材料は耐久性が長く、葺き替え・張替え・

  塗替えサイクルが長い材料、内装材もあきの来ない、掃除し易く健康的な

  長寿命の素材を使います。

  葺き替え・張替え・塗替え・交換の必要が生じても対応し易いこと。

  
  外観的には、周囲の環境や街並みに合ったデザインでなければ長続きしませんね。

  最初の建築費は多少高くても、ライフサイクルコストの面から考えると、

  決して高くないことがわかります。

 
 
  次は光熱費などのランニングコストの節約です。

  立地条件によっては、暖冷房設備が欠かせない場合もありますが、

  自然エネルギーを取り入れて効率良く使うことが大切です。

  
  大きな吹抜けのある空間は魅力的ですが、効率のよい暖冷房のシステムが

  不可欠ですね。トップライトや高窓など、専門業者に頼らなくとも

  クリーニングができるような方法を考えておくことも必要です。

  照明器具の種類や配置、点滅系統も充分考えなければいけませんね。

  便利な設備をあれこれ付けても、電気代が高くて使えないでは、

    本末転倒ですよね。


  できるだけ機械便りにせず、自然の力を大いに活用したいですね。

  設備機器を選ぶ場合も、各メーカー共省エネ機器の開発に力を入れているので、

  自分達の使い勝手に合わせた比較検討が大切ですね。



  他にも検討要素は沢山ありますが、目先の工事費に目を奪われるより、

  住宅を長い期間、快適に使い続ける為に大切なことは何か、を考えて下さいね。


  家族構成や技術の進歩など予測が難しい部分もありますが、

  いくつかのキーワードが思い浮かぶと思います。

  『長持ち』、『メンテナンスフリー』、『変化に対応し易い』、『省エネルギー』

  『自然と共生』、『環境に優しい』、『次世代に引き継ぐ』、『あきが来ない』

    ‥‥     そうです、普段皆さんが普段何気なく考えていることが、

  ライフサイクルコストを意識した住宅計画です。
 

 
  私達建築に係わる者も、少子高齢化が進む中、新築戸数の増加を願うより

  快適に使い続ける方法を考えなければいけない時代になったようです。




    
 ----------------------------------------------------------------------☆
 


 ★  有益なレポートを紹介致します。 ★

 
  外壁塗装で後悔しない為の業者選び
  http://tinyurl.com/2tjnah


  絶対失敗したくない住まい選び
  http://tinyurl.com/2udg7x

  
  『絶対知っておきたい【シックハウス26の疑問】』
  http://tinyurl.com/ytgx7f

  
  誰も教えなかった秘策を公開!「目からウロコ」の
  ハウスメーカー比較検討法
  http://1muryoureport.com/?1854

  
  『理想の住まいを実現するために最適な設計士を見つけるための
  6つのステップ』
  http://tinyurl.com/jtstz
 
 
  一級建築士が教える! お金と運を呼び込む風水術
  http://1muryoureport.com/?1855


  『一生後悔しない住宅の建て方』
   http://tinyurl.com/zddgv

 
 ----------------------------------------------------------------------☆


  ☆ 無料レポートサイト ☆


  お立ち寄り下さい。→ → → http://tinyurl.com/8gnnn


    『住い』に関するレポートを多数集めました。


 ----------------------------------------------------------------------☆

 
 
  ■ 最後まで読んで頂きありがとうございます。


    6月に建築基準法の改正がありました。

    改正の柱が、建築確認の審査を厳格化することですが、そのせいで

    建築物、特に住宅の新規着工物件の数が大きく落ち込んでいます。

    下半期の経済成長率にも影響を与えています。

    
    姉歯事件を受けての改正ですが、ことの本質を整理・検証しないまま

    官僚の論理での改正は納得できない部分があります。

    法改正により、何が変わるのか、注意深く見守っていくつもりです。
          

   
 ■  発行者へのメール →→ tsuka.yy@nifty.com

       お知合い・お友達にご紹介頂ければ幸せです。


 ■  メルマガの購読解除は、下記URLよりお願い致します。

        http://homepage2.nifty.com/tsuka-yy/magmag.htm



 ★==================================================================== 
  
  
  
  【発行者】 (株)大塚建築設計事務所 大塚 泰二
       
       〒260-0007 千葉市中央区祐光2-7-1千葉サニータウン314

        TEL 043-227-0021    http://etuka.com/
   
               
  ★=====================================================================


違いのわかる住まい塾

RSSを登録する
発行周期 1~2回/月
最新号 2017/06/01
部数 322部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

違いのわかる住まい塾

RSSを登録する
発行周期 1~2回/月
最新号 2017/06/01
部数 322部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング