西行辞典

西行辞典 第376号(180727)


カテゴリー: 2018年07月27日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・376(不定期発行)
                   2018年07月27日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 むつごと 02
         2 むつび・むつまし
         3 むつれ・むつる 01

陸奥の国→第359・360・361号「みちのくに・陸奥国」参照
むなかた結ぶ→第249号「ぬさ・幣」参照
むま玉→第327号「ほととぎす(02)」参照
むめ→第286号「人々よみける(5)」参照
むやひつつ→第363号「みなと川」参照
むらぎえ→第309号「二見・ふたみ」参照
むらぎみ→第101号「かづく」参照
村濃→第211号「たぐふ・たぐへ」参照
紫野→第349号「まつり・祭り」参照
村雨→第346号「正木・まさき」参照
むら薄→第370号「御山・み山 02」参照
むらすずめ→第193号「雀・すずめ貝・雀弓」参照

************************************************************

       ◆ むつごと 02 ◆

【むつごと】

「睦言=むつごと」は親しい人たちが仲良く語り合う事。
または、愛し合う男女の愛情を基にした会話のことです。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     中院右大臣、出家おもひ立つよしかたり給ひけるに、
     月のいとあかく、よもすがらあはれにて明けにければ
     帰りけり。その後、その夜の名残おほかりしよし
     いひ送り給ふとて

02 よもすがら月を詠めて契り置きし其むつごとに闇は晴れにし
 (中院右大臣源雅定歌)(岩波文庫山家集175P雑歌・新潮732番・
 西行上人集・山家心中集・新後撰集・玉葉集・月詣集・西行物語)

 下は西行の返し歌です。

02ー1 すむとみし心の月しあらはれば此世も闇は晴れざらめやは
      (西行歌)(岩波文庫山家集176P雑歌・新潮733番・
        西行上人集・山家心中集・新後撰集・西行物語)

○中院右大臣

俗名は源雅定。1094年~1162年。村上源氏。源雅実の子で右大臣。
1154年出家。法名は蓮如。
源雅定が右大臣になったのは1150年のことであり、雅定出家の
1154年までの間に西行と二人で親しく語り合ったことが分かります。
1154年は西行37歳です。雅定の名前はこの一度しか出てきません。

○いと赤く
 
(1)ほんとうに。まったく。(2)たいして。それほど。

(1)と(2)では意味合いに違いがありますが、その解釈の幅は
受け手に委ねられている言葉のようにも感じます。
ここでは「本当に赤い色だ」という解釈で良いと思います。

○契り置きし

二人で話し合う中で、出家の約束をしたということ。

○其むつごと

(睦言)のことで、西行が中院右大臣に対して親しく熱心に出家を
勧めた、その姿勢や表情が浮かび上がってくる表現です。
源雅定が西行の言葉を好意的に受け止めていることがわかります。

○心の月し

仏教の信仰上のことで、比喩的に心の中にあるとする架空の月を
言います。仏教でいう悟りの境地を指すための比喩表現です。
「心の月」は西行歌に7首あります。
「し」は副助詞。前の言葉である「心の月」を強める働きをします。

○此世も闇は晴れ

この世で出家をして仏道に邁進すれば悟りの境地にもなり、日常の
中の迷いや苦しみも消え去り、心は晴れるということ。

 (02番歌の解釈)

「一晩中明月を眺め、真如の月(悟りの心境)について語りながら、
出家のことを約束したあなたとの話に、心の闇はすっかり晴れて
しまいました。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

 (02ー1番歌の解釈)

「心の闇が晴れ、あの真如の月のように澄みきった悟りの境地に
なられたならば、無明長夜の闇も晴れないことがありましょうか、
きっと晴れましょう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

       ◆ むつび・むつまし ◆

【むつび・むつまし】

「むつび」は「睦び」と表記し、親しむこと、仲良くすること、
親しい交友関係であることを意味します。

「むつまし」は項目化するほどのことでもないのですが「むつび」に
関連する言葉として、ここで触れておきます。

「むつまし」は、形容詞シク活用で、親しい、仲が良いというほどの
意味です。当時は濁点を用いなかったので、「睦び」は「むつひ」、
03番歌の「むつまじ」は「むつまし」が当時の用法でした。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     伊勢にて、菩提山上人、対月述懷し侍りしに

01 めぐりあはで雲のよそにはなりぬとも月になり行くむつび忘るな
 (岩波文庫山家集77P秋歌・新潮欠番・西行上人集・西行物語)

○伊勢にて

西行は1180年、63歳の時に居住地を高野山から伊勢に移しました。
1186年の再度の陸奥旅行を機に伊勢を離れました。

○菩提山上人

菩提山神宮寺の良仁上人のことと言われています。神宮寺は伊勢市
中村町にありました。
良仁上人は西行より4.5歳年長で、1209年97歳で没したようです。
歌は再度の陸奥旅行の前に詠まれたものと推定できます。

○雲のよそ

「よそ」は近くではなく、こことは別の方ということ。
はるか遠く離れている事。(雲)は遠くはるかなことや、現実を
離れたものの例えとしての言葉です。

○月になり行く

和歌文学大系21では「月に馴行(なれゆく)」とあり、窪田章一郎氏の
「西行の研究」でも「月になれゆく」となっています。
岩波文庫の「月になり行く」の「り」は「れ」の間違いの可能性が
あります。

ここでは、仏道修行の果てに自身の中に真如の月を具現化させようと
いう意味の「月になりゆく」ではなくて、月を眺めるという事に二人で
馴れあったという「馴れゆく」が、ふさわしい気もします。

(01番歌の解釈)

「再び巡り合うこともなく、遠く雲のかなたに別れ別れになって
しまっても、月を眺めて親しみを深めたことを忘れないで下さい。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 雲かかる山とは我も思ひ出でよ花ゆゑ馴れしむつび忘れず
           (岩波文庫山家集26P春歌・新潮990番)

新潮版では以下のようになっています。

 雲かかる 山見ばわれも 思ひ出でに 花ゆゑなれし むつび忘れず
             (新潮日本古典集成山家集990番)

○雲かかる

花のように見える雲、もしくは雲のように見える花を見ての、自身の
生涯を決定づける連想。
(思ひ出でよ)の言葉によって、老境に入ってからの、花を好きで
あった自身を肯定的に自認しているようにも解釈できます。

○花ゆゑ馴れし

桜の花が桜の花であることによって、山桜のある山にも馴れてきたと
いうこと。

○我も思ひ出でよ

難解な歌のようにも思います。その時、その場での情景を詠った歌
ではなく、後年になってからの懐旧談のような気もします。

○むつび忘れず

(むつび)は「睦む」こと。桜の花にことのほか親愛の情を持ち続けた
自身の歴史を肯定的に表現しています。

(02番歌の解釈)

「雲が花っぽくかかる山を見ると、私もきっとこの山に抱いた
愛着を思い出すだろう。この世でどんなに花を愛し、その花に
似た雲を愛し、その雲のかかった山まで愛したか。そしてその
愛着のために往生し損じて、輪廻から抜けられないことも。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

「桜花と見まがう雲のかかる山を見ると、自分も思い出として、
桜の花のために山と馴れ親しんだことを忘れないよ。」 
            (新潮日本古典集成山家集より抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       明石に人を待ちて日数へにけるに
 
03 何となく都のかたと聞く空はむつまじくてぞながめられぬる
         (岩波文庫山家集108P羇旅歌・新潮1135番)

新潮版は詞書に異同が見られます。

      津の国に、やまもとと申す所にて、人を待ちて
      日数経ければ

 なにとなく 都の方を 聞く空は むつまじくてぞ ながめられける
             (新潮日本古典集成山家集1135番)

○明石

兵庫県にある港湾都市。東経135度の日本標準時子午線が通って
います。
播磨の国の著名な歌枕です。明石に続き潟・浦・沖・瀬戸・浜
などの言葉を付けた形で詠まれます。
明石は万葉集から詠まれている古い地名ですが、月の名所として、
「明石」を「明かし」とかけて詠まれている歌も多くあります。

○人を待ちて

詞書からは誰を待っていたのか個人名は不明です。しかし山家集に
7回出てくる「同行に侍りける上人」とは、西住上人を指していますし、
西住上人以外の人物の可能性はほぼ無いでしょう。

○何となく

はっきりとはしていないけど、どことなく・・・。不確かだけど
そうではなかろうか・・・?という場合に使う言葉です。

西行の愛用したフレーズと言ってもよく、「何となく」の西行歌は
10首あります。そのうち初句が9首です。残りの一首は下の04番歌です。

○聞く空

「聞く空」とは文法的には意味の分かりにくい言葉です。他者から
「向こうの方角が都です」と空を指し示して教えられたことを言って
いるようにも解釈できます。もともとは空(くう)である空(そら)に
なんとなく仏教的な意味を付託させた言葉であるのかもしれません。

 (03番歌の解釈)

「待っている人がやって来る都の方向だと聞く空は、何ということ
なしに親しみの心をこめてながめられることだよ。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 春になる櫻の枝は何となく花なけれどもむつましきかな
      (岩波文庫山家集25P春歌・新潮986番・西行上人集・
                    山家心中集・風雅集)

○むつましきかな

花が咲いていようがいまいが、桜に対しての格別の親近感を感じ
させる表現です。爛漫と咲き乱れる季節だけでなく、桜の営みの
どの段階であれ、愛おしく思う心情が表されています。

同時に間もなく開花する桜に対しての期待感みたいな感情を、抑制の
効いた表現で詠んでいます。

 (04番歌の解釈)

「春になると、花が咲く前から桜の枝に親近感を覚えて
しまうのはなぜだろう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ むつれ・むつる 01 ◆

【むつれ・むつる】

親しみ、なつくこと。対象に、まつわりつくような行為を言います。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      百首の歌の中、述懷十首一首不足

01 いざさらば盛おもふも程もあらじはこやが嶺の春にむつれて
          (岩波文庫山家集190P雑歌・新潮1503番)

○一首不足

岩波文庫山家集の底本の「山家集類題」でも一首欠落しています。
不足の1首は以下です。新潮版にのみあります。

  深き山は苔むす岩をたたみ上げてふりにし方を納めたるかな
         (岩波文庫山家集欠番・雑歌・新潮1511番)

○盛おもふ

西行の俗世における華やかな時代を言います。出家を決意していた
ことが分かりますが、在俗時代に詠んだ歌であるのか、あるいは
出家してから在俗時代を偲んで詠った歌であるのかはわかりません。

○程もあらじ

程が無いこと。間が無いこと。残り時間に余裕がないこと。

○はこやが嶺

中国で仙人が住むという想像上の霊山のこと。
ここでは鳥羽上皇の住む仙洞御所を指しています。

(01番歌の解釈)

「さあ別れの時が来た。仙洞御所の花に馴れ親しんだあの花盛りの
頃を、そして自分の盛りを思うのも、あと僅かである。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 ませにさく花にむつれて飛ぶ蝶の羨しきもはかなかりけり
          (岩波文庫山家集24P春歌・新潮1026番)

○ませ

(ませ)は(ませ垣)や(籬=まがき)と同義で垣根のこと。
(籬=まがき)については334号・335号を参照願います。

○ませにさく

花とは桜の代名詞ですが、あるいはここにある花は桜と解釈する
必用もなく、他の花であっても良いのかもしれません。
それとは別に、写実的な実景としての歌ではなくて、蝶を自身と
同一化させた上で諦観に満ちた観想の世界を詠った少し自虐的な
歌であるという解釈も成り立ちます。

○花にむつれて

普通は「花」とは桜を指します。
ともあれ、花と戯れるように蝶が飛び回っている光景を言います。

垣根用に桜の木を使っているというのも頷けない気がしますが、
垣根にある低い桜の木に花が開いたということでしょう。
(ませ)を敷地の境界として解釈すれば、境界近くにある桜の木は
高木であっても不自然さはないようにも思います。

(02番歌の解釈)

「籬に桜の花が咲き、花に戯れるように蝶が飛ぶ。羨ましいと
思ったりしたが、同時にむなしく感じてしまう。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

「結句は花への愛着が六道輪廻を繰り返さざるをえない
(自分を含めた)生き方に対していう。」
            (和歌文学大系21の補注から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     もの心ぼそう哀なる折しも、庵の枕ちかう
     虫の音きこえければ

03 その折の蓬がもとの枕にもかくこそ虫の音にはむつれめ
    (岩波文庫山家集66P秋歌・新潮775番・西行上人集・
                 山家心中集・西行物語)

新潮版では詞書の「虫」を蟋蟀と特定しています。

     もの心細くあはれなりける折しも、きりぎりすの声の
     枕に近く聞えければ

  その折の蓬がもとの枕にもかくこそ虫の音にはむつれめ
               (新潮日本古典集成775番)

○その折

詞書と歌だけでは「その折」とは何のことか不明ですが「蓬がもと」
の言葉によって自身の臨終や葬送の時と解釈できます。
新潮版では前歌の774番と後歌の776番も葬送に関する歌ですから、
この775番歌も葬送の時の歌であると解釈するのが自然です。
尚、歌の配列は新潮版と岩波版では異なっていて、新潮版774番は
岩波版191ページ、776番は211ページにあります。

○蓬がもと

 とへかしな別の袖に露しげき蓬がもとの心ぼそさを
   (寂然法師歌)(岩波文庫山家集210P哀傷歌・新潮833番・
            西行上人集・山家心中集・続後撰集)

 分けいりて蓬が露をこぼさじと思ふも人をとふにあらずや
         (岩波文庫山家集210P哀傷歌・新潮838番)

「蓬」とは「八重葎」や「浅茅」などとともに荒廃した住処を言う
場合によく用いられる名詞です。同時に、上の寂然との贈答歌からも
分かるように臨終・葬送に関しての名詞として、当時の歌人たちの
共通認識としてあったようです。

○かくこそ

(かく)は、このように・そんな風に…の意味。
(こそ)は係助詞。

○音にはむつれめ

「むつれめ」の「め」は推量の助動詞「む」の已然形。「こそ」と
いう係助詞に対して使われる結びの言葉です。

「虫の鳴く音に親しみながら、臥していたいものであるよ」の意味。

○虫・きりぎりす

バツタ目キリギリス科に属する昆虫の総称です。
体長は4センチメートル程度。色は緑色から褐色。夏から秋の頃に
鳴きます。コオロギのことと言われますが異説もあり、その断定は
非常に困難です。
キリギリスの西行歌は11首あります。

 (03番歌の解釈)

「廃屋同然になった私の山家の枕の下に蟋蟀が鳴く。臨終の時を
迎えても、こんな風に音に戯れていられるだろうか。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

「自分が死んだ折の、蓬に覆われた墓所の枕許でも、このように
虫の音に馴れ親しんで臥したいものであるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集より抜粋) 

************************************************************

  (後記)

暑中お見舞い申し上げます。

死亡者数200人以上の酷い惨劇をもたらせた豪雨が終わって一転、
猛暑、炎熱の日々が続いています。節季は大暑でもあり、これからも
続く暑さが思いやられます。

普通は長いスパンでみて数百年経ってから「温暖化」していたと
分かるものでしょうが、こんなに記録的な猛暑が続けば数年から
10年程度のちでも温暖化の最中だと誰もが自覚できそうです。ある
いは、ひょっとしたら日本でも最高気温が45度ほどになるのも案外と
近いのではなかろうか、と思わせる程です。本当に危険な暑さで、
暑さによる死者も多く出ているのが現状です。

さらに言うなら温暖化云々よりも地球規模での気候変動の恒常化を
懸念するしかないのでしょう。日本は地震も頻発しますから、様々な
自然災害に気を付けたいものです。とはいえ、どうすれば良いのか?

過日、高野山の麓の九度山町に行き、そして高野山の参詣道である
町石道を少し歩きました。始発点の慈尊院から高野山大門まで20数
キロあります。老骨にはきつい登り道。しかも40度近い高温では
わずか4キロ程でギブアップでした。西行も何度となく歩いたはずの
道でもあり、涼しくなってから、またチャレンジをと考えています。
西行の妻と娘が隠棲していたという天野の里、丹生都比売神社には
是非とも参詣するつもりでいます。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第376号 2018年07月27日発行 

   「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/20
部数 129部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/20
部数 129部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング