西行辞典

西行辞典 第375号(180714)


カテゴリー: 2018年07月14日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・375(不定期発行)
                   2018年07月14日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 武者 02 
         2 むすぼれ・むすぼほれ 
         3 むつごと 01

むつのわをきく→第132号「氷・こほり・こほる (2)」参照
無動寺→第204号「大乗院」参照

************************************************************ 

       ◆ 武者 02 ◆

【武者】

武者(むしゃ・むさ)と読みます。武者所(むしゃどころ)などと
用います。武芸を習得して軍事に携わった人たちのことです。
制度的な始原については諸説あり、はっきりとは言えませんが、
明治時代初め頃まで続く武士と称した人々を言います。
ちなみに廃刀令は1876年(明治9年)3月に出されています。

 もののふのならすすさびはおびただしあけとのしさりかもの入くび
(岩波文庫山家集173P雑歌・新潮1010番・西行上人集・山家心中集)

上の歌にある「もののふ」も「武士・武者」とほぼ同義です。しかし
武者とは少し意味合いが異なると思いますから「もののふ」の項を
立てて記述することにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      木曾と申す武者、死に侍りにけりな

03 木曽人は海のいかりをしづめかねて死出の山にも入りにけるかな
             (岩波文庫山家集256P聞書集227番)

○木曽と申す武者

源義仲のことです。源義賢の次子で源頼朝とは従兄弟になります。
兄の仲家は幼い時から源頼政に養育され頼政の養子となっています。
仲家も頼政とおなじく1180年5月の宇治川合戦で死亡しました。
木曽義仲は源義経などの頼朝軍に追われて1184年1月に近江粟津で
敗死しました。
滋賀県大津市に義仲寺があり、そこに義仲の墓があります。大阪で
死亡した芭蕉は遺言して義仲の隣で永眠しています。
       
○海のいかり

海の怒りということと、船で用いる碇とを掛けあわせています。
歌には強烈な批評精神に根ざした皮肉が込められています。

「海のいかり」は、1183年10月の備中水島での平家との海戦を指して
いると解釈できます。平家物語に詳しいですが、この戦いは義仲軍の
完敗と言うほどのものではありませんでした。

西行の佐藤家の預所である紀州田仲荘は平家滅亡前の1183年8月、
後白河院によって没収され、その後に源義仲によって佐藤氏同族の
尾藤氏に与えられていると解釈できます。(東鑑参考)
こういうことがあって、西行の義仲嫌いは多分に私憤という側面が
あるのかもしれません。

○死出の山

人が死後に辿ると言われている山。

(03番歌の解釈)

「山育ちの木曽人は海の怒りを鎮めることができなくて、
怒りを沈めて留まることもできず、死出の山にまでも入って
しまったなあ。」
                 (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     申すべくもなきことなれども、いくさのをりのつづき
     なればとて、かく申すほどに、兵衛の局、武者のをり
     ふしうせられにけり。契りたまひしことありしものをと
     あはれにおぼえて

04 さきだたばしるべせよとぞ契りしにおくれて思ふあとのあはれさ
              (岩波文庫山家集257P聞書集229番)

     佛舎利おはします。「我さきだたば迎へ奉れ」とちぎら
     れけり

05 亡き跡のおもきかたみにわかちおきし名残のすゑを又つたへけり
              (岩波文庫山家集257P聞書集230番)

○武者のをりふしうせられにけり

「武者のをりふし」は源平の争乱時を指し、そのころに兵衛の局は
没したということです。

○契りたまひしこと

臨終に際して「しるべ」となることを、生前に兵衛の局と約束して
いたことを言います。それ以外にも兵衛の局が保管していた舎利の
問題もあったものでしょう。

○さきだたば

先に死亡するということ。

○しるべ

たどるべき道を指し示すもの。手引き、道案内のこと。

実際の道案内だけではなくて、人の穏やかな成仏を願い、死後に
たどると信じられていた山路を迷うことなく歩くための、臨終の
際の導師の役割も「しるべ」と言います。

○佛舎利

釈迦の遺骨のことです。日本にも多数あるものと思われます。
五重塔は仏舎利を納める目的で造られました。
西行にとって兵衛は最も親しい女性歌人でしたし、その死後の
仏事を託されてもいました。貴重な遺産である仏舎利をも兵衛は
西行に委ねていたことがわかります。
この仏舎利は一説には待賢門院から兵衛に渡り、兵衛から西行にと
伝えられたものだそうです。
しかしその後、この仏舎利がどうなったのか聞きません。西行死後
にでも、どこかの舎利殿にでも納められているといいのですが、どの
資料にも触れられていないようですので、行方不明なのでしょう。

○おもきかたみ

「重き形見」のことで、釈迦の遺骨を言います。それが永く伝え
られて来た歴史を指しています。

○わかちおきし

兵衛局生前からの約束通り、仏舎利が西行に預けられたことを
言います。

(04番歌の解釈)

「先だって死んだならば、後生の導きをせよと約束なさったけれど、
私が死におくれて思う、残された後のあわれさよ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

(05番歌の解釈)

「仏が亡くなった後の貴重な形見に分けておいた遺骨の行く末を、
また改めて私に伝えたよ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

【兵衛の局】

生没年不詳、待賢門院兵衛、上西門院兵衛のこと。
源顕仲の娘で堀川の局の妹。待賢門院の没後、娘の上西門院の女房と
なりました。
上西門院は1189年の死亡ですが、兵衛はそれより数年早く亡くなった
ようで1184年頃に没したと見られています。没したときには80歳を
越えていたものと思われます。
西行とはもっとも親しい女性歌人といえます。
自選家集があったとのことですが、現存していません。

 かぎりあらむ道こそあらめ此の世にて別るべしとは思はざりしを
            (上西門院兵衛 千載和歌集484番)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     上西門院にて、わかき殿上の人々、兵衛の局にあひ申し
     て、武者のことにまぎれて歌おもひいづる人なしとて、
     月のころ、歌よみ、連歌つづけなんどせられけるに、武
     者のこといで来たりけるつづきの連歌に

06-1  いくさを照らすゆみはりの月
      (前句、兵衛局)(岩波文庫山家集256P聞書集228番)

     伊勢に人のまうで来て、「かかる連歌こそ、兵衛殿の局
     せられたりしか。いひすさみて、つくる人なかりき」
     と語りけるを聞きて

06-2  こころきるてなる氷のかげのみか
       (付句、西行)(岩波文庫山家集256P聞書集228番)


○武者のことにまぎれて

1180年頃からの源平の争乱を指しています。

○ゆみはりの月

弓形をしている月のこと。上弦と下弦の月のこと。
弓は武者の象徴でもあり、戦の縁語です。

○伊勢に人のまうで来て

当時、西行は高野山から伊勢に居を移していました、兵衛の局などは
都に住んでいたので、その消息が人づてに西行に伝わったという事。

○いひすさみて

口に言うだけである…ということ。
言いはしても返しの歌を作らないという意味。
           
○こころきる

分かりにくい表現ですが、身体だけでなく心まで切り刻むという
意味だと思います。そこには武者の世や、命をやり取りする戦闘に
対しての批判が込められています。

○てなる氷

「手にした剣」の比喩表現。鋭利な刃の意味を込めています。

(06-1兵衛局の前句の解釈)

 「戦場を照らす弓張の月よ」
               (和歌文学大系21から抜粋)

(06-2西行の付け句の解釈)

 「心を切る、手の中にある氷のような剣の刃ばかりか」
               (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ むすぼれ・むすぼほれ ◆

【むすぼれ・むすぼほれ】

「結ぼほる」と(結ぼる)は共に自動詞ラ行下二段活用で、同義。
同じ意味です。(れ/れ/る/るる/るれ/れよ)と活用します。

辞書を見ると「むすぼれ」・「むすぼほれ」は多様な解釈の成立
する用語であることがわかります。 

1 むすばれて解けにくくなる。
2 露などがおく、凝る、かたまる。
3 気がふさいではればれしくない。ふさぐ。
4 関係をつける。縁をつなぐ。
            (岩波書店 広辞苑第二版から抜粋)

1 からまりあって解けにくくなる。
2 露・霜・氷などができる。凝結、凝固する。
3 心にわだかまりがあって憂鬱になる。気がふさぐ。
4 縁故で結ばれる。関係を持つ
             (大修館慣書店 古語林から抜粋)

西行歌で「むすぼほれ」と「むすぼれ」が使い分けられているのは、
おそらくは語調を整えるためだろうと思います。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 いはしろの松風きけば物を思ふ人も心はむすぼほれけり
          (岩波文庫山家集152P恋歌・新潮612番・
            西行上人集・山家心中集・新拾遺集)

○いはしろ

紀伊の国の歌枕。地名です。現在の和歌山県日高郡南部町岩代です。
万葉集巻二にある有馬皇子の歌で有名になった地名です。

 磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらば亦かへり見む
               (有馬皇子 万葉集巻二0141番)

真幸は(まさき)、亦は(また)と読みます。
この歌を本歌として、「結ぶ」「松」などの言葉を用いて多くの
歌が詠まれました。西行歌にも「いはしろ」という固有名詞がある
だけで、有間皇子の歌とその悲劇や時代背景を思い起こさせる装置
として働き、敬虔な思いを想起させます。
恋歌を超えた恋歌とも言えるでしょう。

○むすぼほれけり

ここでは気持ちが乱れ、ふさぎして、晴れないこと。

(01番歌の解釈)

「幸いを祈る結び松で有名な、また有馬皇子の結び松のことが
思われる磐代の松―ーその松風の音を聞くと、恋しい人を待ち
こがれてもの思う人も、松の枝を結んで幸いを祈ろうとしつつも、
心は一層乱れ、晴れぬ思いのつのることだよ。」
            「新潮日本古典集成山家集から抜粋」

「岩代の松風を聞くと、そのあまりの寂しさに、恋の物思いに
沈んでいた人も一層心が思い乱れて晴れることがない。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

【有馬皇子】

640年~658年。第36代孝徳天皇皇子。謀叛の罪で19歳にて刑死。
645年に中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足は蘇我氏を滅ぼ
して、大化の改新がなされました。そして同年に孝徳天皇が即位
しました。
中大兄皇子は舒明天皇の皇子であり、有馬皇子とは従兄弟の関係
に当たります。
653年、中大兄皇子は孝徳天皇とは不仲になりました。難波宮に
天皇を置き、皇極上皇 姉で孝徳帝の皇后である間人皇女などと
共に飛鳥に戻りました。孝徳天皇崩御はその翌年、654年10月。
中大兄皇子にとっては、皇位継承の有力皇子である有馬皇子が
目障りのはずでしたから、廷臣の蘇我赤兄と図って、有馬皇子に
謀叛の罪があるようにでっち上げて殺した・・・というのが真相
でしょう。現在の海南市藤白で絞首されたとのことです。
 
 (有馬皇子の歌の解釈)

「自分はかかる身の上で磐代まで来たが、いま浜の松の枝を結ん
で幸を祈って行く。幸に無事であることが出来たら、二たびこの
結び松をかえりみよう。」
               (斉藤茂吉 万葉秀歌から抜粋)

 万葉集巻一に下の歌があります。

 君が代も我が代も知れや磐代の岡の萱根をいざ結びてな
          (中皇命(間人皇女) 万葉集巻一0010番)

この歌は有馬皇子に対しての挽歌ともいえます。
作者は中皇命とありますが、これには間人皇女と斉明天皇の両説
があります。有馬皇子にとっては斉明天皇(皇極天皇が重祚して
斉明天皇となります)は伯母、間人皇女は従兄弟にあたり、かつ、
父の孝徳帝の皇后です。そういう立場の二人が挽歌めいた歌を
詠むものだろうか・・・という疑問も私にはありますが、どちら
かが儀礼的に詠んだとしても不思議ではないと思います。
舒明天皇と斉明天皇の子が古人大兄皇子、中大兄皇子、間人皇女、
大海人皇子です。中大兄皇子は38代天智天皇、大海人皇子は40代
天武天皇となっています。
 
―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 さらに又むすぼほれ行く心かなとけなばとこそ思ひしかども
 (岩波文庫山家集155P恋歌・新潮欠番・西行上人集・山家心中集)

○とけなば

「むすぼほれ」の対語です。固く鬱屈した心情が、晴れやかに解けて
行くことを願う気持ち。気持ちがほどけて穏やかになること。

○思ひしかども

「思ひ=ハ行4段活用連用形」「しか=過去の助動詞(き)の未然形」
「ども=接続助詞」の3つの言葉に分類できます。
3つの言葉が合わさり、「これまでは思っていたが…」という意味に
なります。

(02番歌の解釈)

「更にまた鬱屈してゆくわが心だなあ。恋人がうちとけたならば、
わが心もほどけるに違いないと思っていたが…。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 折らぬより袖ぞぬれける女郎花露むすぼれて立てるけしきに
           (岩波文庫山家集59P秋歌・新潮281番)

○折らぬより

女郎花を折る前の状態。折っていないのに…ということ。

○袖ぞぬれける

普通は涙の暗示です。ここでは女郎花が花を付けて立っている状況に
感動して涙が出ることをいいます。

○露むすぼれて

女郎花に露の玉がついていること。

(03番歌の解釈)

「女郎花が露の重みに堪えかねて、憂え顔に立ってる風情に、まだ
手折ったわけでもないのに、もう袖が濡れることだよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 萩が枝の露にこころのむすぼれて袖にうらある秋の夕ぐれ
           (岩波文庫山家集276P補遺・玄玉集)

○萩

秋を代表する植物の一つで、万葉集では萩が最も多く詠まれていて、
141首を数えます。
草本と見られますが、実際には落葉低木。いくつかの種類があり、
マメ科萩属の総称です。
秋の七草の一つでもあり、秋に蝶々に似たピンク色や白色の小さな
花をつけます。西行の萩の歌は20首あります。

萩は「露」や「鹿」の言葉と共に詠み込まれ、また「上葉」「下葉」
という形で詠まれた歌も多くあります。
西行歌では萩歌20首中に「露」は13首、「鹿」は3首、「上葉」
「下葉」はなく、「下枝」が1首あります。

○露にこころのむすぼれて

真剣であればあるほど露(涙)を思わせますが、しかしそのことに
よって気持ちがふさぐというのであれば、ちょっとちぐはぐな感じも
受けます。

○袖にうらある

確かに袖には裏がありますが、全体的に難解な表現だと思います。
おそらくは真剣な恋愛でありながらも、とこかで醒めて遊戯的な
部分があるという解釈は、うがった解釈の仕方なのでしょう。

(04番歌の解釈)

「萩の枝に露が結んでいるように私の心も悲しく憂鬱にむすばれて、
(心がふさいで)涙のかかる袖に裏のあるように、心ある(さっぱり
しない、無心になれない)秋の夕暮れよ。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************

       ◆ むつごと 01 ◆

【むつごと】

「睦言=むつごと」は親しい人たちが仲良く語り合う事。
または、愛し合う男女の愛情を基にした会話のことです。

―――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     霧行客をへだつ
 
01 名残多みむつごとつきで帰り行く人をば霧も立ちへだてけり
           (岩波文庫山家集69P秋歌・新潮426番)

○むつごとつきで

(睦言尽きで)のこと。十分に親しく話し合うことが、まだまだ足り
無かったことをいいます。もっともっと話し合いたかったという
思いが(名残り多み)という言葉でわかります。

○霧も立ちへだて

映像の一シーンを見ているような、光景が写実的に表現されています。
西行とは特に親しい関係の人物だったと思わせます。

 (01番歌の解釈)

「名残り多く、睦言も心ゆくまで交さずに帰って行く人の姿を、
霧までもが立ち隔てて隠してしまうよ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

なんという事でしょう。ひどい惨劇です。自然災害は、今の季節に
限らず通年に渡って人々の生活や命そのものを容赦なく奪って行き
ますが、今回の豪雨禍はただただひどいとしか言えません。怖ろしい
ことです。人生の途上で突然に人生を断ち切られて、亡くなられた
多くの方々のご冥福をお祈りいたします。
実害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

それにしても、自然の脅威をまざまざと見せつけられた数日でした。
現在科学はある程度の未来まで予知できるという時代であり、天候
なども各メディアで一週間先程までは報道しています。差し迫った
脅威に対しても自治体からは避難勧告などが出されてもいます。
そういう時代でありながら、今回のような未曽有の惨状を知ると、
人間の営みや努力をあざ笑われているようにも感じられ、無力感を
覚えます。どこに住んでいても、かつ誰であっても、いつ被災者に
なるかもしれません。心したいものですね。

もうすぐ祇園祭。正しくは祇園祭は7月になってからの1ヶ月間に
渡るお祭です。だから、もうすぐではなくて、すでに祇園祭り期間中
なのですが、16日の宵山と17日の巡行は少しだけでも見に行こうかと
いう気にもなっています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第375号 2018年07月14日発行 

    「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング