西行辞典

西行辞典 第374号(180630)


カテゴリー: 2018年06月30日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・374(不定期発行)
                   2018年06月30日号

************************************************************

          今号のことば    

        1 葎・むぐら 02
        2 武蔵 むさし野
        3 武者 01

むご→第334号「まうで・まで 04」参照
むこの山人→第313号「ふり・ふる (3)」参照 
無言なりけるころ→第328号「ほととぎす 03」参照
蟲あわせ→第280号「人にかはりて・かはりて(2)」参照
むしたれいた→第356号「みくまの・三熊野」参照
むしろ・さむしろ→第152号「さむしろ・むしろ」参照

************************************************************ 

       ◆ むぐら・葎 02 ◆

【むぐら・葎】

雑草のアカネ科のヤエムグラ属・フタバムグラ属などの総称です。
ヤエムグラ・キクムグラ・ヤマムグラ・クルマムグラなどの10種ほどが
あります。この他に、クワ科(現在はアサ科に移動)にカラハナソウ
属のカナムグラなどもあります。
歌に詠まれている季節が秋の終わり頃、霜の降りる頃の歌もあります
から、葎の種類までは判明しません。03番歌以下の、秋になって
からの季節の葎は、アサ科のカナムグラの可能性もあります。

アカネ科ヤエムグラ属=花期は3月から5月。1年草または2年草。
アサ科カナムグラ=花期は8月から10月。1年草。

西行時代にあって、現在のように細かく区別されているはずもなく、
いくつかの葎を大まかに葎とひとくくりにして呼んでいたはずです。
歌では、葎は荒れ果てて寂しい光景の例えとして使われます。
西行の葎歌は8首あります。他に寂然歌が1首あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 ふるさとを誰か尋ねてわけも来む八重のみしげるむぐらならねば
            (岩波文庫山家集239P聞書集95番)

○ふるさと

本来の意味は、自分が生まれ育った家のある土地・集落を言います。

そこから転じて、和歌では多様性を持った言葉として使われています。
生まれた土地、家、出身地ということだけにとどまらず、自分が
過去に関わりを持って、なじんでいた場所、更には平城京や平安京
などの旧の都を「ふるさと」と詠まれてもいます。

 人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香にほひける
                (紀貫之 古今集42番)

紀貫之の上の歌にある「ふるさと」は、自分の生地や生家などでは
なくて、馴染んでいた場所を「ふるさと」と詠んでいます。

○わけも来む

「分けも来む」で、繁るばかりの草を分けて訪問して来る人が
すっかり絶えてしまっていること。

○むぐらならねば

雑草の葎です。詞書に「秋の歌に」とある4首の内の1首なので、
アサ科のカナムグラのことと思わせもします。その場合(八重)は
ヤエムグラの(ヤエ)を指している訳ではないでしょう。
「ならねば」は、違うという意味。

(03番歌の解釈)

「住み古した住処を誰が尋ねて草を分けても来ようか。人は八重に
繁るばかりの葎ではないので。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 都うとくなりにけりとも見ゆるかなむぐらしげれる道のけしきに
             (岩波文庫山家集239P聞書集96番)

○都うとく

今は都に住んでいるわけではないので、都の事については知る機会も
乏しく、都に関しての意識も薄れている実状を言います。

○むぐらしげれる道

人が通行することもないので、道には雑草の葎が茂りに茂っている
状況のこと。葎は荒れ果てて寂しい光景の例えとして使われます。

(04番歌の解釈)

「都に疎遠になってしまったとも見えるなあ、葎が茂って
いる道の様子によって。」
               (和歌文学体系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     浅からず契りありける人の、みまかりにける跡の、
     をとこ心のいろかはりて、昔にも遠ざかるやうに
     聞えけり。
     古郷にまかりたりけるに、庭の霜を見て

05 をりにあへば人も心ぞかはりけるかるるは庭のむぐらのみかは
             (岩波文庫山家集240P聞書集107番)

○浅からず契りありける人の

詞書から西行自身のことではなくて、西行の知人である「をとこ」に
ついての聞き知った話を歌にしていることがわかります。
(契りありける人)が亡くなった後の男の心情についての歌です。
ですから(契りありける人)は(をとこ)の妻とも考えられます。とも
あれ、(をとこ)と相応の関係のあった女性だと解釈できます。

○みまかりける

「身」に「まかり」の接続した言葉で、死亡したという意味。

○をとこ心のいろかはりて

深い関係にあった女性が死亡してから、亡くなった女性やその家に
対しての男の気持ちが薄れてきたということ。気持が冷めてきたこと。
(心の色)は心のありよう、心情のこと。

○古郷にまかりたり

(古郷)は女性が長年住んでいた家のこと。(まかりたり)は西行が
実際にそこに行ってみたということ。
偶然に行ったのか、意図して行ったのか不明ですが、亡くなった
女性と西行は面識はあったものと思わせます。

○をりにあへば

できごとのあったその時に…ということ。「あへば」は出合うこと。

○のみかは

(かは)は「……だろうか?いや、そうではない」という反語です。
問いかけの形で(むぐらのみ)と言い、その反語として「むぐらのみ
ではない」と逆のことを示す用法です。

(05番歌の解釈)

「その時になれば人も心が変わるのだなあ、枯れるのは庭の葎だけ
ではなく、人の心も離れてしまうのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      十月初つかた山里にまかりたりけるに、
      蛬の聲のわづかにしければよみける

06 霜うずむ葎が下のきりぎりすあるかなきかに聲きこゆなり
    (岩波文庫山家集66P秋歌・新潮493番・西行上人集・
             山家心中集・宮河歌合・御裳濯集)

○初つかた=はじめつかた

山家集には「初めて・はじめ」に類する言葉はたくさんあります。
そのなかで、「初つかた」という表現はこの詞書一度のみです。

(つ)は格助詞で現在の「の」に当たります。「初めのかた」で、
「初めの頃」という意味です。10月初めころは現在の新暦では11月
初旬から下旬にかけてになります。    

○蛬・きりぎりす

バツタ目キリギリス科に属する昆虫の総称です。
体長は4センチメートル程度。色は緑色から褐色。夏から秋の頃に
鳴きます。コオロギのことと言われますが異説もあり、その断定は
非常に困難です。
キリギリスの西行歌は11首あります。

○葎

霜の降りる季節に「八重葎」はふさわしくはなく、アサ科のカラハナ
ソウ属のカナムグラと解釈して良いと思います。

(06番歌の解釈)

「神無月になり、霜がいっぱいおりている葎の下にいるこおろぎの、
あるかなきかに弱りはてたかそけき声が聞えて来るよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

07 むぐらしくいほりの庭の夕露をたまにもてなす秋の夜の月
             岩波文庫山家集238P聞書集90番)

○たまにもてなす

「玉にもてなす」こと。
露とはもともと丸いものですが、月光が露の玉の一つずつに当り、
それぞれが月の光を宿して輝いて見えるような現象を、「月が
もてなす」と詠んでいます。

(07番歌の解釈)

「葎が敷きつめたように生える庵の庭の夕露を、玉のようにもて
あつかう秋の夜の月よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

08 むぐら枯れて竹の戸あくる山里にまた径とづる雪つもるめり
            (岩波文庫山家集247P聞書集162番)

○竹の戸あくる

少し誇張表現かとも思いますが、びっしりと繁茂する葎が竹製の
戸に絡みついて、開けることができなかったということ。
葎が枯れて、呪縛が解けたように戸を開けることができたという
ことです。

○径とづる

積雪が多すぎて道が不分明となり、通行不能になっている状態。

(08番歌の解釈)

「冬になり葎が枯れて、葎に閉じられていた竹の戸を開ける
山里に、また道を閉じる雪が積もるようだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

09 むぐらはふ門は木の葉に埋もれて人もさしこぬ大原の里
   (寂然法師歌)(岩波文庫山家集139P羈旅歌・新潮1216番・
                     玄玉集・夫木抄)

○人もさしこぬ

人が訪ねて来ないことを言います。実際的には大原には人が多く
住んでいたので訪ねて来る人がいなかったのか多少の疑問は残り
ます。歌にあるように「門は木の葉に埋もれて」の状況であった
としたら、大原の地域内で住んでいたとしても、寺院などからは
離れた場所で庵を結んでいたのかもしれません。

○大原

京都市左京区にある地名です。京都市の北東部に位置し、市街地
とは離れています。
 
「平安時代初期に慈覚大師円仁が天台声明の根本道場として、
魚山大原寺を開いて以来、比叡山を取り囲む天台仏教の中心地の
ひとつとなった。男女を問わずこの地に出家隠棲する人々は多く、
また比叡山の修行僧が遁世する地ともなった。」
          (三千院発行「三千院の名宝」から抜粋)

寂光院、三千院、来迎院、勝林院などの古刹があります。

(09番歌の解釈)

「葎が這いまつわり荒れ果てた門のあたりは、すっかり
木の葉に埋もれて、人もやってこない大原の里です。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

【寂然=じゃくぜん・じゃくねん】

俗名は「藤原頼業」。藤原為忠の子です。生没年は未詳。
左近将監、壱岐の守などを経て1155年頃までには出家。
西行とほぼ同年代だと思われます。1182年頃に没したとみられます。
1172年「広田社歌合」、1175年「右大臣家(兼実)歌合」、1178年
「別雷社歌合」に出席していますので、歌人としての活動は終生
続けていたのかもしれません。

西行とは最も親しい歌人と言えます。贈答の歌がたくさんあります。
兄の寂念(為業)・寂超(為経)とともに「大原三寂」や「常盤三寂」
と呼ばれます。出家順は寂超、寂然、寂念の順です。
1156年7月、保元の乱が起こり崇徳院は讃岐に配流になりました。
讃岐の崇徳院は1164年8月崩御。崇徳院がまだ在世中に寂然は讃岐の
崇徳院を訪れています。
家集に「寂然法師集」「唯心房集」「法文百首」があります。

************************************************************ 

       ◆ むさし・武蔵 ◆

【むさし・武蔵】

平安時代の国名の一つ。

東京都の西の多摩川と東の荒川に挟まれた広大な地域を総称して
武蔵野といいます。
狭義には埼玉県川越市以南、東京都府中市辺りまでを指しています。
「武蔵野」は万葉集以後、たくさんの歌に詠まれています。
広大なものの例えとして「武蔵野」ともいうようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      人々秋の歌十首よみけるに

01 玉にぬく露はこぼれてむさし野の草の葉むすぶ秋の初風
          (岩波文庫山家集61P秋歌・新潮296番・
                 山家心中集・新勅撰集) 

○人々秋の歌十首

この歌は、どこかの歌会に参加した時に題詠として詠まれたもので
あり、実際に武蔵野で詠んだものではないはずです。

○玉にぬく

難解な表現だと思います。「玉にぬく」は、草の葉に露の白玉が
幾つも連続して並んでいる様子を指しているようです。

○秋の初風

季節感がたっぷりと出ています。現在人はこの歌のようには季節を
感じることはできないだろうと思います。それはそのまま私たちが
自然そのものと向かい合う姿勢が希薄になったものとも言えそうです。

(01番歌の解釈)

「武蔵野に秋の初風が吹き初めて、玉を貫いたごとく連なって
いた露はこぼれ、草の葉は吹きよられて結んだようになって
いるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      下野武藏のさかひ川に、舟わたりをしけるに、
      霧深かりければ

02 霧ふかき古河のわたりのわたし守岸の船つき思ひさだめよ
   (岩波文庫山家集70P秋歌・新潮欠番・西行上人集・万代集) 

○下野

旧国名の一つであり、現在の栃木県。

○武蔵

武蔵の国とは現在の東京都と埼玉県及び神奈川県の一部を合わせた
広大な地域でした。武蔵の国の国府は東京都府中市にありました。

○さかひ川

場所と場所を隔てる境界となる川のことです。
この歌では利根川のことであり、詳しくは利根川の支流の
渡良瀬川の事だとみられます。

利根川は西行時代は荒川などと合流して江戸湾に流入していま
した。江戸期の大改修によって下総の銚子から太平洋に流れ込む
ように流路が変わりました。改修以降は下流では武蔵と下総の境、
上流では武蔵と下野及び下総の境となります。

○古河のわたり

「古河(こが)」は歌では(けふ)と読みます。
場所は現在の茨城県古河市のことと見られています。
古河市は下野の国ではなくて下総の国です。
だから「古河の渡り」は正確には下野と武蔵の境ではなくて、
下総と武蔵の国の境ということになります。
一字違いですし、書写した人のミスの可能性もあります。
とはいえ、「古河の渡り」のある利根川の上流は下野と武蔵の
境になりますから、詞書を必ず「下総武蔵のさかひ川」としな
ければならないほどのミスでもなかろうと思います。

(09番歌の解釈)

「霧が深く立ちこめる今日のこの渡りの渡し守よ。対岸の船着き
場に舟をうまく着けるよう決意しておくれ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 武者 01 ◆

【武者】

武者(むしゃ・むさ)と読みます。武者所(むしゃどころ)などと
用います。武芸を習得して軍事に携わった人たちのことです。
制度的な始原については諸説あり、はっきりとは分かりません。
明治時代初め頃まで続く武士と称した人々を言います。
ちなみに廃刀令は1876年(明治9年)3月に出されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     世のなかに武者おこりて、西東北南いくさならぬところ
     なし。うちつづき人の死ぬる数、きくおびただし。まこと
     とも覚えぬ程なり。こは何事のあらそひぞや。あはれなる
     ことのさまかなと覚えて

01 死出の山越ゆるたえまはあらじかしなくなる人のかずつづきつつ
              (岩波文庫山家集255P聞書集225番)

○世のなかに武者おこりて

戦闘を専門とする人たちと解釈して良いでしょう。白河院の創設した
「北面の武士」なども武者とも言えそうですが、職掌をより軍事専門
にした人たちのことです。
この歌では源氏及び平氏に代表される武家集団を指します。

○いくさならぬところなし

1180年の以仁王と源頼政の挙兵から続き、壇ノ浦での平氏滅亡までの
源平争乱を指しています。1185年に平氏滅亡、1190年西行死亡。その
後も戦乱続きでした。

○死出の山

死亡した人が死後に辿ると言われている山路のこと。

○あらじかし

(あら)は(在り)の未然形。(じ)は助動詞で、打消しの推量と
して作用します。また、否定の意志を表します。
「在る・知る」などと結びついて、「在らじ」「知らじ」と変化して、
元の語を否定する形で用いられます。
(かし)は終助詞です。意味を強める作用があります。
「あらじかし」で「ないだろう……」という意味になります。

(01番歌の解釈)

「死出の山を越える死者の絶え間はあるまいよ。これほど
亡くなる人の数が続いては。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     武者のかぎり群れて死出の山こゆらむ。山だちと申す
     おそれはあらじかしと、この世ならば頼もしくもや。
     宇治のいくさかとよ、馬いかだとかやにてわたりたり
     けりと聞こえしこと思ひいでられて
 
02 しづむなる死出の山がはみなぎりて馬筏もやかなはざるらむ
             (岩波文庫山家集255P聞書集226番)

○山だち

山賊(さんぞく)のこと。似たような言葉に「山賎「がつ)」が
ありますが、山賎は山辺に住んできこりなどを生業とする人たちの
ことを言います。
山賊は旅人などを襲って、無理矢理に物品や命を奪う人たちを
言います。

○宇治のいくさ

1180年5月の以仁王や源頼政軍と平家軍との戦闘のことです。宇治
川の橋合戦と言われます。
頼政や養子の源義仲の兄の仲家は平等院で自刃、以仁王は奈良に
落ち延びる途中で敗死しました。

○馬いかだ

馬を並べて組んで、それを筏のようにして、川を渡るという方法。

(02番歌の解釈)

「罪人が沈むという死出の山川は、沈む人が多いので水流が満ち
あふれて、馬筏でも渡ることができないだろうよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

本日は6月尽。今日で一年のほぼ半分が過ぎてしまいました。早いと
言えば早いものです。6月晦日ですから夏越の大祓があります。
松尾大社にでも行って茅の輪をくぐって半年分の汚れを落とそうか
とも思いもしましたが、結局はどこにも行かずじまいでした。
夏越の祓も古代から続く神道関係の行事の一つという程度の認識しか
持ち合わせていません。
それにしても関西では梅雨も明けていないというのに、すでに夏を
越える儀式です。旧暦では6月晦日に夏が終わって7月になれば秋です。
そのことを新暦でも当てはめたために、これから本格的な夏到来
なのに秋の前日の儀式。感覚的には、はなはだしく合いませんね。

西行にも夏越の祓の歌があります。

     六月祓
 
 みそぎしてぬさとりながす河の瀬にやがて秋めく風ぞ凉しき
           (岩波文庫山家集55P夏歌・新潮253番)

 我がためにつらき心をみな月のてづからやがてはらへすてなむ
          (岩波文庫山家集164P恋歌・新潮1162番)
 
高齢になってその分だけ余計な汚れのようなものを澱のように堆積
させて淀んでいるのか、それとも高齢になったからこそ欲望などを
どんどんと脱ぎ捨てて私自身の存在が稀薄になっているのか・・・。

ともあれ季節はどんどんと過ぎ行くばかりです。どの季節でも楽しみ
つつ、充実したものにと願っています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第374号 2018年06月30日発行 

   「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング