西行辞典

西行辞典 第372号(180603)


カテゴリー: 2018年06月03日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・372(不定期発行)
                   2018年06月03日号

************************************************************

          今号のことば    
         
         1 御山・み山 04
         2 み山べ・み山辺 
         3 御幸・みゆき

************************************************************

         ◆ 御山・み山 04 ◆

【御山・み山 04】

「御=み・お」は美称の接頭語です。言葉の調子を整える意味でも
「み・御」の文字が用いられます。

皇族や特定の人物の陵墓がある場合はその神聖さのためにも敬って
「御」の文字を前置します。また仏教関係の聖地ともいえる山も
同様に「御」をつける場合が多くあります。

山家集には「み山」と(み)がひらがな表記の場合の多くは深山の
意も表しています。もちろん例外もあります。
先号17番歌と今号の詞書に「深山」とある歌が4首あります。その内、
山家集類題本には20番歌の「深山紅葉」歌以外の3首があります。
その3首すべてが類題本にも「深山」と表記されています。いずれも
奥深い山のことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     深山不知春といふことを

18 雪分けて外山が谷のうぐひすは麓の里に春や告ぐらむ
         (岩波文庫山家集22P春歌・新潮1065番)

○深山不知春

山の深い場所では春の訪れが遅いということ。里では春を感じさせ
ても、深山ではまだまだ冬だという季節感に拠った歌。

○外山

人里に近い山のこと。里山、端山のこと。奥山、深山の対語。
現在は「里山」という言葉がよく用いられます。「外山」の
言葉のある歌は18番歌以外には4首あります。   

01 雪わけて外山をいでしここちして卯の花しげき小野のほそみち
             (岩波文庫山家集236P聞書集70番) 

02 秋しのや外山の里や時雨るらむ生駒のたけに雲のかかれる
           (岩波文庫山家集90P冬歌・新潮欠番・
          宮河歌合・新古今集・玄玉集・西行物語)  

03 時鳥ふかき嶺より出でにけり外山のすそに聲のおちくる
           (岩波文庫山家集47P夏歌・新潮欠番・
       御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・西行物語)  

04 松にはふまさきのかづらちりぬなり外山の秋は風すさぶらむ
           (岩波文庫山家集89P秋歌・新潮欠番・
        御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・玄玉集)  

○うぐひす

鴬のこと。鴬は西行歌に31首あります。
ヒタキ科の小鳥。スズメよりやや小さく、翼長16センチメートル。
雌雄同色。山地の疎林を好み、冬は低地に下りる。昆虫や果実を
食べる。東アジアにのみ分布し日本全土で繁殖。
春鳥、春告鳥、歌詠鳥、匂鳥、人来鳥、百千鳥、花見鳥、黄鳥
など異名が多い。
            (講談社「日本語大辞典」から抜粋)

ホトトギスがウグイスの巣に卵を産みつけてウグイスに育て
させる「託卵」でも知られています。

○春や告ぐらむ

鴬は「春告げ鳥」とも言われています。

(18番歌の解釈)

「外山の谷に住む鶯は、どうせ雪を分けて谷を出るのなら、と
麓の里を選んで春を告げているのだろう。山深い私の方には
来てくれそうにない。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     深山水鷄

19 杣人の暮にやどかる心地していほりをたたく水鷄なりけり
          (岩波文庫山家集50P夏歌・新潮232番)

○杣人

山を生活の場とする人々のこと。樵や木地師などを言います。

○暮にやどかる

(暮に)は当然に年の暮れではなくて、一日の暮れのこと。夕暮れ。

○水鶏

(くいな)と読みます。戸を叩くような鳴き声を出します。
水辺の草むらに住むクイナ科の鳥の総称です。
体色は黄褐色で30センチほど。ミミズや昆虫などを捕食します。
北海道で繁殖し、冬は本州以南に渡ってくる渡り鳥です。

和歌に詠われている水鶏は、クイナ科の一種のヒクイナであり、
20センチ強。このヒクイナは東南アジアやインドなどに分布して
おり、日本には夏に飛来して繁殖します。
  
(19番歌の解釈)

「樵夫が夕暮れに宿を借りに来たのかと思って、一瞬期待して
しまったら、庵の戸を叩くような音で水鶏が鳴いたのだった。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     深山紅葉

20 名におひて紅葉の色の深き山を心にそむる秋にもあるかな
         (岩波文庫山家集276P補遺・西行上人集)

○深山

この歌は西行上人集にのみあります。奈良の大峰修行関連の作品群
の中の1首です。よって大峰にある「深仙」という特定の山を指して
いると解釈できます。山名の「深仙」は「深山」と掛けています。

○名におひて

「深仙」という山名に恥じることはないという意味。紅葉の色の
濃さが「深仙」の名にふさわしいということ。

(20番歌の解釈)

「深山(深仙)という名を持っているだけあって紅葉の色が深い
山をわが心に深くしみこませる秋だなあ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ み山べ・み山辺 ◆

【み山べ・み山辺】

(み山べ)の「み」は山の美称と解釈できます。
(み山ベ)で、深い山の始まる場所、その麓、山腹あたりも含めての
言葉です。「深山=みやま」は外山・端山などの対義語ですが、
(み山べ)の場合は深山や外山と区別して考えることもないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 かねてより梢の色を思ふかな時雨はじむるみ山べの里
     (岩波文庫山家集62P秋歌・新潮301番・西行上人集)

○かねてより

秋になる前から樹々の紅葉した情景を思い続けていたということ。
紅葉に対しての渇望の気持ちを言います。

○時雨はじむる

秋時雨のこと。時雨が紅葉の色を深めると言われています。

(01番歌の解釈)

「時雨はじめたみ山辺の里では、時雨の度ごとに紅葉してゆく
梢の色を、今から思いやるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 立ちこむる霧の下にも埋もれて心はれせぬみ山べの里
           (岩波文庫山家集69P秋歌・新潮427番)

○霧の下にも埋もれて

山を包み込むような秋霧に山辺の里の草庵が埋もれた状況。

(下にも)の「も」は複数のものに埋もれたことを言いますが、
この歌単独では他の何に埋もれているのか特定できません。

○心はれせぬ

鬱うつとして心が晴れないこと。「はれ」は霧の縁語。

(02番歌の解釈)

「世に埋もれて山へ逃れたのに、この山辺の里の山家もまた、
一面にたちこめる霧の下に埋もれて、心は晴れないことである。
霧が晴れないごとく。」

            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 染めてけりもみぢの色のくれなゐをしぐると見えしみ山べの里
 (岩波文庫山家集88P秋歌・新潮474番・西行上人集・山家心中集)

○染めてけり

過去の助動詞「けり」は、個人的な願望などを表す助動詞ではなくて、
「染めてしまった」という多少詠嘆を含んだ言葉です。ですから、
未来のことではありません。たった今の現在から過去に起きたでき
ごとを言います。
この「けり」は「けりがついた」などの用法で、現在でも用いられて
います。

(03番歌の解釈)

「時雨ていると見えたみ山辺の里では、木々の葉はすっかり
紅に染められてしまったことだ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 まだきより身にしむ風のけしきかな秋さきだつるみ山ベの里
           (岩波文庫山家集54P春歌・新潮250番)

○まだき

副詞。早くも、もう…という意味。まだその気持ちや、時期に到達
していないのに…早くということ。

○風のけしき

強弱の吹き具合や寒暖などの風の状況のこと。

○秋さきだつる

まだ秋ではないのに吹いている風の中に、確かに秋を感じている
状況を言います。
五体の感覚が、自然の中で研ぎ澄まされているのでしょう。

(04番歌の解釈)

「風が吹くとまだ夏なのに秋風のように身に染みる。私の山家は
山深いので秋を先取りしているのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

05 神無月木葉の落つるたびごとに心うかるるみ山べの里
           (岩波文庫山家集92P冬歌・新潮欠番)

○神無月

陰暦10月の別称。現在の11月頃には神無月になります。

○心うかるる

落葉が残念で紅葉を見続ける楽しみもなくなることだから、心は
憂くなること。落葉の1枚いちまいに気持ちが沈んでいく様子。
決して「浮かるる」の意味ではありません。
しかし山家の住まいから別の所に浮き出たいという願望によるものと
する解釈も当然に成立するでしょう。

(05番歌の解釈)

「10月になって木の葉が落ちると、そのたびに、ふっと
どこかへ行きたくなってしまう。私の山家は山深くて、
あまりにも寂しいので。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     山里のはじめの秋といふことを

06 さまざまのあはれをこめて梢ふく風に秋しるみ山べのさと
(岩波文庫山家集55P秋歌・新潮254番・西行上人集・山家心中集)

○山里のはじめの秋

山里に庵を結んでの初めての秋という風にも受け取れますが、ここ
では初秋・中秋・晩秋とあるうちの初秋を言います。

○さまざまのあはれ

秋という季節の内包しているもの、それによってさまざまな感情が
引き起こされることを言います。秋は人を物悲しくさせるという
感傷は古今や誰彼を問わず普遍的なことなのでしょう。

(06番歌の解釈)

「私の山家は山深いので、秋の情趣をひとつひとつ暗示するように
梢を吹く風の音だけで、秋が来たことを知る。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     山里に冬深しといふことを

07 とふ人も初雪をこそ分けこしか道とぢてけりみ山邊のさと
(岩波文庫山家集103P冬歌・新潮569番・西行上人集・山家心中集)

○とふ人

訪ねて来る人たちのこと。

○道とぢてけり

雪がたくさん降って、道がどこにあるのかわからない程に積もって
いる状況です。

(07番歌の解釈)

「私の山家は山深いので、初雪の頃には雪を踏み分けて訪ねて
くる人もいたが、やがて道が塞がって誰も来なくなる。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     仁和寺の御室にて、山家閑居見雪といふことを
     よませ給ひけるに

08 降りつもる雪を友にて春までは日を送るべきみ山べの里
          (岩波文庫山家集98P冬歌・新潮568番)

 新潮版では以下のようになっています。

 降りうづむ 雪を友にて 春来ては 日を送るべき み山辺の里
              (新潮日本古典集成山家集568番)

○仁和寺の御室

「御室」は京都市右京区にある仁和寺一帯の地名。
仁和寺一世の宇多法皇が仁和寺の内に御座所(室)を建てた事から
仁和寺は御室御所とも呼ばれ、その後、付近は御室という地名に
なりました。

○よませ給ひける

「よませ給ひける」という文言によって、仁和寺を住持していた
覚性法親王関連の歌だと言えますが、歌からの印象では、あるいは
西行の庵も御室近辺にあったのかもしれません。

○雪を友にて春までは

現在の京都では冬でも降雪のある日は極めて少なく、本当にこんな
状況であったのか、不思議な思いも持ちます。

(08番歌の解釈)

「冬の間はあたり一面埋めつくしてしまう雪を友として閑居を
楽しみ、春がやって来たら花の日々を送るべき、み山辺の里の
御室であるよ。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

09 さかりみる花の梢にほとときすはつこゑならすみやまへのさと
                    (松屋本山家集)

○さかりみる花の梢

「花の梢」とは山桜のこと。ホトトギスは夏の鳥であり季語も夏
です。季節的には随分と離れている気もしますが、ホトトギが日本に
渡来してくる季節は春から夏にかけてですから、早く渡ってきた
ホトトギスが桜の頃に鳴いたとしても不思議ではなさそうです。

○はつこゑならす

ホトトギスの初めての声。もちろんホトトギスは何度も声を出して
いるのですが、人に聞こえるような声は初めてということ。
渡って来てまだ間がないことを表しています。

(09番歌の解釈)

「花盛りを見る花の梢で、早くもほととぎすが初声を鳴く練習を
している山辺の里よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

       ◆ 御幸・みゆき ◆

【御幸・みゆき】

御幸(みゆき・ごこう)=上皇、法皇、女院などの外出を指します。
行幸(みゆき・ぎょうこう)=天皇の外出を指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     承安元年六月一日、院、熊野へ参らせ給ひけるついでに、
     住吉に御幸ありけり。修行しまはりて二日かの社に参り
     たりけるに、住の江あたらしくしたてたりけるを見て、
     後三條院の御幸、神も思ひ出で給ふらむと覚えてよめる

01 絶えたりし君が御幸を待ちつけて神いかばかり嬉しかるらむ
          (岩波文庫山家集118P羈旅歌・新潮1218番・ 
                  西行上人集・山家心中集) 

○承安元年

1171年のことです。この年、嘉応の元号は1171年4月21日まで。同年
同日から承安元年となります。第80代高倉天皇の治世にあたります。
高倉天皇は後白河天皇の皇子です。皇統は後白河→二條→六條→
高倉→安徳→後鳥羽と続きます。
後白河院は5月29日に京都を立ち、6月1日に住吉大社に詣で、熊野に
向かい、京都に帰りついたのは6月21日ということです。すごいと
いうしかない強行軍です。
西行は1171年6月2日に住吉大社に参詣したことになります。
西行54歳の年です。

○院

後白河院のこと。

○住吉に御幸

後白河院が1171年6月1日に住吉大社に詣でたことを指します。

○あたらしくしたてたり

社殿が新しく造りかえられたことをいいます。

○後三條院

第71代天皇。1034年~1073年。40歳で崩御。
後三條院の1073年2月。母の陽明門院と岩清水・住吉・天王寺に
御幸しています。同年5月、後三條院没。

○絶えたりし

1073年の後三條院の御幸以来、天皇や院は住吉大社に参詣して
いなかったようです。ほぼ100年ぶりの参詣ということです。

(01番歌の解釈)

「後三條院の親拝以来絶えていたが、この度の後白河院の御幸を
待ち迎えられ、住吉明神はどんなに嬉しく思っておいでのこと
だろうか。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

  (後記)

今年もすでに6月。樹々の緑はさらに濃さを加えていて、竹は秋を
迎えつつあり、入梅ももうすぐという季節。毎年のことながら、
豪雨・水害禍による被災がないことを今年も願うばかりです。

 雲雀たつあら野におふる姫ゆりのなににつくともなき心かな
         (岩波文庫山家集216P釈教歌・新潮866番・
               西行上人集追而加書・夫木抄)

今号の校合・校正が終わっていないのに丹波町和知の和知山野草園で
ササユリが見頃という報に接したので、昨日に行ってきました。
山陰線は複線化されていず、かつ和知駅はローカル駅なので、駅頭に
降り立つまでに最寄り駅から二時間近くを要しました。山野草園は
自然の地形をそのまま利用した良い園と感じましたが、すでに花の
多くが終わっていたことと、行きつくまでに時間を要することが
ネックだとも思いました。
和知駅からも歩いて25分。もっと短時間で行くことができれば四季
折々に行きたいものです。

山家集に百合の花の歌は「姫百合」しかありません。笹百合の歌は
ないのですが、古来から山野に自生していた種類の百合ですから、
当然に西行法師も笹百合の花を見ている事でしょう。独特の雰囲気を
備えた優雅な花だと思います。

これから植物園では山百合、鬼百合など多様な百合が咲き出します。
時間を見ては植物園に行きたいと思っています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第372号 2018年06月03日発行 

   「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング