西行辞典

西行辞典 第368号(180407)


カテゴリー: 2018年04月07日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・368(不定期発行)
                   2018年04月07日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 都・みやこ 

都うつり→第315号「ふり・ふる (5)」参照

************************************************************

          ◆ 都・みやこ ◆

【都・みやこ】

天皇が住む町。皇居のある町を言います。
山家集にある「都」は主に平安京を指します。今号で言えば27番の
「福原」、30番の「ふるき都」は、福原京と平城京を言います。
山家集には「都」と同じ意味の「京」の名詞のある詞書も11回
使われています。

平安京は第50代桓武天皇が794年に山背の地に遷都したものです。
それより前、784年に奈良平城京から乙訓長岡京に遷都しています。
平安京遷都後に「山背」から「山城」と地名文字も変えています。

「都」のある歌と詞書は以下に記述します。これまでに紹介したもの
については掲載号を記述するだけにとどめます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【既出歌】
 
01 あかずのみ都にて見し影よりも旅こそ月はあはれなりけれ
                (第335号「まかり」参照)
  
02 秋は暮れ君は都へ帰りなばあはれなるべき旅のそらかな
             (第343号「まかり・まかる」参照)

03 いつしかにおとはの瀧のうくひすそまつみやこにははつねなくへき
              (第79号「音羽・音羽山」参照) 

04 思へただ暮れぬとききし鐘の音は都にてだに悲しきものを
                 (第335号「まかり」参照)

05 くさまくら旅なる袖におく露を都の人や夢にみるらむ
                (第223号「露・つゆ」参照)

06 ここも又都のたつみしかぞすむ山こそかはれ名は宇治の里
      (第160号「しか・鹿・かせぎ・すがる(3)」参照)

07 たけのぼる朝日の影のさすままに都の雪は消えみ消えずみ
            (第283号「人々よみける(2)」参照)

08 ちらでまてと都の花をおもはまし春かへるべきわが身なりせば
         (第267号「花(桜)+我・わが (1)」参照)

09 月はみやこ花のにほひは越の山とおもふよ雁のゆきかへりつつ
              (第263号「花(桜)+月」参照)

10 露おきし庭の小萩も枯れにけりいづち都に秋とまるらむ
           (第332号「まうで・まで 02」参照)

11 露しげく浅茅しげれる野になりてありし都は見しここちせぬ
        (第318号「古里・故郷・ふるさと (1)参照)

12 ながらへてつひに住むべき都かは此世はよしやとてもかくても
     (第188号「新院・讃岐の院・崇徳天皇 (3)」参照)

13 なれきにし都もうとくなり果てて悲しさ添ふる秋の暮かな
    (第223号「寂然 (03) 贈答歌(03)・想空歌」参照)

14 何となく都のかたと聞く空はむつまじくてぞながめられぬる
              (第243号「何となく(1)」参照)

15 ひときれは都をすてて出づれどもめぐりてはなほきそのかけ橋
     (第223号「木曽のかけはし・木曽のかけ路」参照)

16 人はみな吉野の山へ入りぬめり都の花にわれはとまらむ
      (第265号「花(桜)+吉野・吉野山 (01)」参照)

17 程ふれば同じ都のうちだにもおぼつかなさはとはまほしきに
            (第333号「まうで・まで 03」参照)

18 見しままにすがたも影もかはらねば月ぞ都のかたみなりける
           (第99号「かたみ・籠・かたみ」参照)

19 都にて月をあはれと思ひしは数より外のすさびなりけり
           (第192号「すさみ・すさび他」参照)

20 都近き小野大原を思ひ出づる柴の煙のあはれなるかな
                       (第172号「下野」参照)

21 山路こそ雪のした水とけざらめ都のそらは春めきぬらむ
              (第274号「春+雪 (1)」参照)

22 世の中を捨てて捨てえぬ心地して都はなれぬ我が身なりけり
               (第223号「心地(02)」参照)

23 夜の鶴の都のうちを出でであれなこのおもひにはまどはざらまし
              (第224号「鶴・みな鶴」参照)

24 わたの原波にも月はかくれけり都の山を何いとひけむ
                 (第38号「いとふ」参照)

――――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【歌・詞書共に「都」のあるもの】

     年の暮に、あがたより都なる人のもとへ
     申しつかはしける

25 おしなべて同じ月日の過ぎ行けば都もかくや年は暮れぬる
              (第238号「なべて(02)」参照)

     四國のかたへ具してまかりたりける同行の、
     都へ帰りけるに

26 かへり行く人の心を思ふにもはなれがたきは都なりけり
          (第341号「まかり・まかる 07」参照)

     福原へ都うつりありときこえし頃、伊勢にて
     月の歌よみ侍りしに

27 雲の上やふるき都になりにけりすむらむ月の影はかはらで
            (第315号「ふり・ふる (5)」参照)

     ある宮ばらにつけて仕へ侍りける女房、世を
     そむきて都はなれて遠くまからむと思ひ立ちて、
     まゐらせけるにかはりて

28 くやしくもよしなく君に馴れそめていとふ都のしのばれぬべき
               (第335号「まからむ」参照)

     ひとり見おきて帰りまかりなんずるこそあはれに、
     いつか都へは帰るべきなど申しければ

29 柴の庵のしばし都へかへらじと思はむだにもあはれなるべし
          (第341号「まかり・まかる 07」参照)

     奈良の僧、とがのことによりて、あまた陸奧國へ遣は
     されしに、中尊寺と申す所にまかりあひて、都の物語
     すれば、涙ながす、いとあはれなり。かかることは、
     かたきことなり、命あらば物がたりにもせむと申して、
     遠國述懐と申すことをよみ侍りしに

30 涙をば衣川にぞ流しつるふるき都をおもひ出でつつ
           (第342号「まかり・まかる 08」参照)

     さきにいりて、しのぶと申すわたり、あらぬ世の
     ことにおぼえてあはれなり。都出でし日数思ひつづく
     れば、霞とともにと侍ることのあとたどるまで来に
     ける、心ひとつに思ひ知られてよみける

31 都出でてあふ坂越えし折までは心かすめし白川の関
                  (第197号「関」参照)

     修行して伊勢にまかりたりけるに、月の頃
     都思ひ出でられてよみける

32 都にも旅なる月の影をこそおなじ雲井の空に見るらめ
          (第345号「まかり・まかる 11」参照)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

【詞書にのみ「都」のあるもの】

     遙かなる所にこもりて、都なりける人のもとへ、
     月のころ遣しける

33 月のみやうはの空なるかたみにて思ひも出でば心通はむ
                 (第99号「かたみ」参照)

     常よりも道たどらるるほどに、雪ふかかりける頃、
     高野へまゐると聞きて、中宮大夫のもとより、
     いつか都へは出づべき、かかる雪にはいかにと
     申したりければ、返りごとに

34 雪分けて深き山路にこもりなば年かへりてや君にあふべき
            (第207号「平時忠(中宮太夫)」参照)

     小倉をすてて高野の麓に天野と申す山に住まれけり。
     おなじ院の帥の局、都の外の栖とひ申さではいかがとて、
     分けおはしたりける、ありがたくなむ。帰るさに粉河へ
     まゐられけるに、御山よりいであひたりけるを、しるべ
     せよとありければ、ぐし申して粉河へまゐりたりける、
     かかるついでは今はあるまじきことなり、吹上みんと
     いふこと、具せられたりける人々申し出でて、吹上へ
     おはしけり。道より大雨風吹きて、興なくなりにけり。
     さりとてはとて、吹上に行きつきたりけれども、見所
     なきやうにて、社にこしかきすゑて、思ふにも似ざり
     けり。能因が苗代水にせきくだせとよみていひ伝へ
     られたるものをと思ひて、社にかきつけける

35 あまくだる名を吹上の神ならば雲晴れのきて光あらはせ
                  (第293号「吹上」参照)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

【他者詠歌】

01 思えただ都にてだに袖さえしひらの高嶺の雪のけしきは
         (寂然法師歌)(第293号「比良 02」参照)

02 したふ秋は露もとまらぬ都へとなどて急ぎし舟出なるらむ
 (大宮の女房加賀歌)(第223号「まうで・まで 02」参照)

************************************************************ 

【未紹介歌】

01 入りぬとや東に人はをしむらむ都に出づる山の端の月
(岩波文庫山家集79P秋歌・新潮337番・西行上人集・山家心中集)

○入りぬとや

月が西の山に入ったこと。

○東に人は

東国に住んでいて、沈んでいく月を見て、惜しむ感情のこと。
東国に住んでいる特定の誰かを想定しての歌ではないようです。

○都に出づる

月の周期などには疎くて、実際に東国では月が西に沈んで、都では
東の山の端に見えるということはあるものでしょうか?
山の高さや特定の地域の地形などが関係して、ありそうな気もします。

(01番歌の解釈)

「西の山の端へ入ってしまったことと、東国では惜しんでいるだろう
なあ。都では東の山の端から上ったばかりの月であるが。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

02 きこえつる都へだつる山さへにはては霞にきえにけるかな
         (岩波文庫山家集109P羇旅歌・新潮1100番)

新潮版では下のようになっています。「きこえつる」→「越え来つる」、
「きえにける」→「消えぬめる」の異同があります。 

 越え来つる都隔つる山さへにはては霞に消えぬめるかな(新潮版)

○きこえつる

一般的な概念として、たとえば逢坂山が都と東国を隔てるという
ことが、誰にも共通認識としてあったということ。
誰にも知れ渡っていることを言います。
この歌の場合は西国の旅の時の歌ですから、なおさら単体の山では
ないだろうと思います。

○都へだつる山

東国と隔てる逢坂山のように単体の山を言うのではなくて、多くの
山を言うものと思います。

○霞にきえにける

「霞とともに春が来る」と言うように、この歌は春の旅立ちの歌と
解釈できます。

(02番歌の解釈)

「越えて来た多くの山に、都は遠く隔てられてしまったが、その山
さえもがついに霞に隔てられ見えなくなってしまったようだなあ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

03 わたの原はるかに波を隔てきて都に出でし月をみるかな
        (岩波文庫山家集109P羇旅歌・新潮1101番・
          西行上人集追而加書・千載集・月詣集)

○わたの原

海原のこと、広々とした大海のことです。「わた」は海を表す古語です。

 わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟
                (古今集・百人一首 小野篁)

○はるかに波を隔て

旅が長く続いていることが「はるかに波を隔て」でわかります。
前歌では都を隔てるのは山でしたが、この歌では「波を隔て」で、
海と山の対称性、及び主体と客体の違いが表わされています。

この歌の歌番号は02番歌の次にあります。従って同じ旅の時の歌と
解釈して差し支えないかと思います。

そして、この歌の次に下の歌があります。

 わたの原波にも月はかくれけり都の山を何いとひけむ
    (岩波文庫山家集109P秋歌・新潮1102番・西行上人集・
              山家心中集・宮河歌合・玉葉集)

(03番歌の解釈)

「海路遥かに都を隔てて船中の人となる。波の向こうに都で見たと
同じ月を見て、郷愁を覚えた。」
               (和歌文学体系21から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

04 月の色に心をふかくそめましや都を出でぬ我が身なりせば
      (岩波文庫山家集84P秋歌・新潮欠番・宮河歌合・
                   新古今集・西行物語)

○月の色

仏教用語に「真如の月」という言葉があるほど、仏教と月は関係の
深いものです。
月の明るい光が闇夜をあまねく明るく照らすように、仏教の持つ永久
不変の真理は人々の迷いを薄め、取り除くと言われます。仏道者の
信仰に根ざした生活が、やがては月の光のように人々を迷いの世界
から導き出せるのでしょうし、それは仏道者自身が「月の色に心が
染まった」ということになるのでしょう。

○出でぬ

「ぬ」は私には非常にまぎらわしい助動詞です。この場合も完了の
助動詞か打消しの助動詞かが判然としません。
ここでは「出づ」の未然形の「出で」に、打消の助動詞が接続した
形だとも思います。意味は「出なかった」ことです。
「出でぬ」は山家集中6首あり、他の5首は出たことを言います。

(04番歌の解釈)

「このように、月の色を心に深くそめようか、そめることはできな
かったであろう。もしも都を離れないわが身であったならば。
都を離れたからこそ、このように深く月の色を心にそめることが
できたのだ。」
         (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

05 花もちり人も都へ帰りなば山さびしくやならむとすらむ
(岩波文庫山家集33P春歌・新潮157番・西行上人集・山家心中集)

○都へ帰り

平安時代も吉野山は桜の名所でしたし、歌にある山は「吉野山」と
解釈できます。「都へ帰り」で、桜見物に吉野山と京都を往復して
いたことになります。
現在でこそ数時間で行くことができますが、当時であれば途中に
一泊したものでしょう。数日間を要する大変な花見をしていたこと
になります。エネルギッシュでもあり、良い言い方ではないのですが、
かなり物好きな人たちが花見に行っていたようにも思います。

○山寂しく

「花歌15首よみけるに」とある歌群中の最後にある歌です。
前歌によって「山」は吉野山と解釈できます。
吉野山は現在においても同様に、桜の季節は大変に賑わいます。

(05番歌の解釈)

「山の桜も散り、花を見に来た人も都へ帰ったならば、山は
再び寂しくなることであろう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

     美濃の国にて

06 郭公都へゆかばことづてむ越えくらしたる山のあはれを
  (岩波文庫山家集47P夏歌・西行上人集追而加書・西行物語)

○郭公

ホトトギスと読みます。夏歌に詠まれる鳥です。

○山のあはれを

一人での旅路の渦中にある寂寥や、不便さみたいなことを込めている
言葉です。
漂泊の歌人らしい西行の旅の歌でもありますが、この歌は西行上人集
追而加書と西行物語にしかなく、西行詠とは信用できないようです。

(06番歌の解釈)

「ほととぎすよ、わたしより先に都へ行くなら伝言を頼みたい。お前
より山を越えるのがおそくなったわたしの旅の悲しみを伝えて-ー」
             (桑原博史「西行物語」から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

07 都うとくなりにけりとも見ゆるかなむぐらしげれる道のけしきに
             (岩波文庫山家集239P聞書集96番)

○都うとく

今は都に住んでいるわけではないので、都の事については知る機会も
乏しく、都に関しての意識も薄れている実状を言います。

○むぐらしげれる

アカネ科のヤエムグラ属の総称です。キクムグラ、ヤマムグラ、
ヨツバムグラ、ヤエムグラなど10種ほどありますが「ムグラ」
のみの名称はありません。総称しての「むぐら」です。
          (山と渓谷社刊「日本の野草」を参考)

歌では荒れ果てて寂しい光景の例えとして使われます。

(07番歌の解釈)

「都に疎遠になってしまったとも見えるなあ、葎が茂って
いる道の様子によって。」
               (和歌文学体系21から抜粋)

――――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーー

08 わが心さこそ都にうとくならめ里のあまりにながゐしてけり
           (岩波文庫山家集282P補遺・宮河歌合)

○さこそ

(然こそ)と表記。本当に、そのように、さぞ、さだめて…などの
意味を持つ言葉。
「さこそ」のある歌は14首、詞書に一回使われています。

○うとくならめ

「ならめ」は助動詞「なり」の未然形に推量の助動詞「む」の已然形
が接続した言葉です。
「うとくならめ」で「うとくなるだろう」という意味です。

(08番歌の解釈)

「私の心は、ほんとにはなはだしく都からははなれてうとく
関係がうすくなることであろう。どうも山里にあまり長居
しすぎたようである。」
         (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************

  (後記)

 あくがるる心はさても山櫻ちりなむ後や身にかへるべき
     (岩波文庫山家集30P春歌・新潮67番・西行上人集・
                  山家心中集・新後撰集)

今年の桜の開花は異変とも思えるほどに早いものでした。3月22日の
開花宣言なんて京都では初めてのことかもしれません。いっせいにと
いう感じであちこちの桜が開花。咲き始めてから10日程度でもう
盛りを過ぎて落下盛ん。本日では近くの山桜も、早くも葉桜です。
私なりに京都市内のあちこちの桜を見たのですが、あっという間の
出来事で、何だか今では夢を見ていたような感覚です。
ともあれ今年の桜は終りました。また来年に楽しみたいものです。

今年の旧暦2月16日は4月1日。満開の桜でしたが、こんな西行忌の
年もあるものだと思いを新たにしました。
4月10日は終焉の地の弘川寺に行く予定です。西行法師の墓前に
桜を供えることは無理のはずですが、それでも今年の桜の思いを
強く抱えたままに、西行法師の墓前に額ずくことができるでしょう。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第368号 2018年04月07日発行 

   「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/20
部数 129部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/20
部数 129部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング