西行辞典

西行辞典 第367号(180323)


カテゴリー: 2018年03月23日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・367(不定期発行)
                   2018年03月23日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 宮川 02
         2 宮川歌合 
         3 宮城野

************************************************************

          ◆ 宮川 02 ◆

【宮川=宮瀧川】

三重県の大台ケ原山に源流を発して東流し、伊勢市で伊勢湾に注いで
いる全長90キロメートルほどの川です。
JR参宮線で言えば、宮川駅と山田上口駅の間を流れています。伊勢
神宮両宮は山田上口駅よりは南西方向になります。
尚、斎宮御所は宮川の東北に位置し、伊勢神宮外宮からでも10キロ
メートルは離れた斎宮駅の近くにあったことが確実です。

この宮川とは別に奈良県の吉野を流れる「宮滝川」のことを、縮めて
宮川と記述している歌もあります。この略称の「宮川」歌は先号に
紹介した01番の一首のみです。
他に「宮瀧川」歌も一首ありますので、「宮瀧川」の項に記述するか
迷いましたが、一緒にここで紹介しておきます。

03番歌からは伊勢市を流れている「宮川」を言います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     りうもんにまゐるとて

02 瀬をはやみ宮瀧川を渡り行けば心の底のすむ心地する
         (岩波文庫山家集118P羇旅歌・新潮1426番)

○りうもん

奈良県の吉野郡吉野町と宇陀郡大宇陀町にかけての地名で「竜門」
のことです。津風呂湖の西側に位置します。
「竜門」には標高904メートルの竜門岳、山腹に竜門の滝があります。
竜門岳南麓には竜門寺もありました。

○瀬をはやみ

瀬とは水の流れのことです。特に、水深が浅くて急な流れのことです。
「瀬をはやみ」は、水の流れの速いことを言います。

○宮瀧川

奈良県を流れる吉野川の吉野宮滝付近の流れを指しています。
宮滝には縄文時代からの「宮滝遺跡」があります。
また西暦300年頃に造られたという「宮滝離宮」が有名です。
第15代応神天皇から第45代聖武天皇の間の400年以上も使われた
離宮のようです。

○渡り行けば

宮瀧川の当時の水深が不明です。浅い部分と深い部分が共にある
はずですが、浅い部分を歩いて渡ったのかもしれません。
当時の宮瀧川のどの部分を渡渉したのか、川幅などもよく分からない
ままです。

(02番歌の解釈)

「流れの速い瀬なので心して宮滝川を渡って行くと、心が奥底の
方から澄み透ってくるような気がする。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 ながれいでて御跡たれますみづ垣は宮川よりのわたらひのしめ
      (岩波文庫山家集279P補遺・宮河歌合・夫木抄)

○御跡たれます

本地垂迹のこと。仏や菩薩などが衆生を救うために、神という仮の
姿をして、この世に出現するということ。

○みづ垣

垣根のこと。「みづ」は美称で「瑞垣」と表記します。
玉垣の内側に設ける垣のことであり、神殿を囲んでいる木製の垣も
「瑞垣」と呼びならわされているようです。

○注連・しめ

一般的には土地や建物の領有を表し、立ち入り禁止区域であること
を示すために縄などで張り巡らした印のこと。他の場所と隔てる
ための標識です。

特に神社などでは聖域・霊域を示し守るために俗界と区切って、
結界とする意味があります。注連縄の略ともいえます。

○わたらひのしめ

「度会の注連」です。
伊勢神宮のある所は度会郡でしたし、また渡会氏が伊勢神宮外宮の
代々の禰宜でした。
現在の伊勢市や伊勢山田市を含めた、旧の度会郡そのものを神域化
した表現です。

(03番歌の解釈)

「大日如来が、この地に本地垂迹として御跡をあらわされたこの
美しい神社の垣根は宮川からわたらい(外京より内京まで)にかけ
わたしたしめなわなのである。」
       (渡部保氏著「西行山家集全注解」より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       宮川歌合と申して、判の詞しるしつくべきよし申し
      侍りけるを書きて遣すとて 
                 
04 山水の深かれとてもかきやらず君がちぎりを結ぶばかりぞ
          (藤原定家歌)(岩波文庫山家集281P補遺・
                  続拾遺集・拾遺愚草) 

05 結び流す末をこころにたたふれば深く見ゆるを山がはの水
  (西行歌) (岩波文庫山家集281P補遺・風雅集・拾遺愚草)

○宮河歌合

この自歌合は伊勢神宮外宮に奉納され、左は玉津島老人、右は
三輪山老翁として、藤原定家に判を依頼しています。当時、
定家は26歳でした。
藤原俊成に判を依頼し、伊勢神宮内宮に奉納された御裳濯河歌合と
同じく36番合計72首を番えています。

○判の詞

「判」とは、歌合などで左右に番えられた歌に対して、その優劣の
判定を下すことを言います。各歌合では判者は複数の時もあれば
一人の時もあります。西行の「御裳濯河歌合」は藤原俊成、「宮河
歌合」は藤原定家が判者でした。西行が俊成と定家に判を依頼した
ものです。左右に番えられた2首の歌について優れていると思える方を
「勝」、優劣の決め難いものを「持」とします。

「判の詞」とは、判者が優劣を決定する時、その判定の理由などを
述べた言葉のことです。下は宮河歌合18番についてですが、「たち
もらさるる…」以下の言葉が「判の詞」です。 

「宮河歌合 18番 左」

 山里はあはれなりやと人とはばしかのなくねをきけとこたへよ
   (岩波文庫山家集238P聞書集94番・宮河歌合・御裳濯集)

「宮河歌合 18番 右勝」

 をぐら山ふもとをこむる夕霧に立ちもらさるるさをしかの声
 (岩波文庫山家集276P補遺・西行上人集・宮河歌合・新勅撰集)

「たちもらさるるさをしかのこゑ、まだきかぬたもとまで露おく
心ちし侍れば、猶まさると申すべし」

○書きて遣す

書いて届けたことです。
宮河歌合の判を書き終えない内に、河内の国弘川寺にいた西行の
もとに文章を届けた…ということになります。

○かきやらず

(書きやらず)で書いてはいないこと。ある目的のもとで書いては
いないこと。どんなにすばらしいものであっても、その素晴らしさ
には書いて触れてはいないということ。

一句だけみれば以上のようにも解釈できます。
宮河歌合の歌の持つ深奥に触れての深い批評は書けそうにも
ないということ。

○結び流す末

西行が自らの歌に込めている思想みたいなものを言うようです。
一首一首ではなくて、全ての歌にことよせている真理みたいなもの、
悟りみたいなもの、その総体としての「あるべきもの」が「末」
なのでしょう。

(04番歌の解釈) 

「山川の水が深くあってほしいというように知識のますようにと
深い判詞を書いてはおりません。ただあなたへの約束をはたして
いるだけですよ。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

「山水のように深い評をとおっしゃっても書けません。
ただあなたとの契りを結ぶばかりです。」
         (桑子敏雄氏氏著「西行の風景」から抜粋)

(05番歌の解釈) 

「あなたがむすび(すくうこと)流す山川の水を一ところに
あつめると深く見えるように、あなたが約束して流すものを
心のうちにあつめたたえると、とても深く見えますよ。
山川の水は。(契りを結ぶためとて書いて下さる御文は、
それをかみしめてみれば深いものがある。)」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       宮川歌合の奧に          

06 君はまづうき世の夢のさめずとも思ひあはせむ後の春秋
    (藤原定家歌)(岩波文庫山家集282P補遺・宮河歌合)

07 春秋を君おもひ出ば我はまた月と花とをながめおこさむ
      (西行歌)(岩波文庫山家集282P補遺・宮河歌合)

○宮川歌合の奥に

「宮河歌合」の判が終わって、定家が詠んだ歌とともに、その返歌
としての西行の歌があります。

○春秋

単純に季節の春秋とも取れますが、過ごして来た人生のこと。
ここでは西行死後のことを匂わせているはずです。

(06番歌の解釈) 

「君はまずこの浮世の夢がさめなくても(真の悟りを得なくても)
後の春秋、何年かたったならばいろいろと思い合わせて、わかって
いただくこともありましょうよ。(この解全体に不十分)」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

(07番歌の解釈) 

「春秋をあなたが思い出されるならば、私は春の花、秋の月を
ながめて思いおこしましょう。(この解も不十分)」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

「君が春秋につけて偲んでくれるのならば、自分もまた月と花とを、
彼の世から眺めよう。」
           (窪田章一郎「西行の研究」から抜粋)

【藤原定家】

藤原定家の名は山家集には出てきません。伊勢神宮外宮に奉納した
「宮川歌合」の加判者でもあり、西行との贈答歌もあるために
岩波文庫山家集に「補遺」として「定家」の名前と歌が撰入して
います。

藤原定家は寂超の妻であった「加賀の局」と藤原俊成を父母として
1162年に生まれました。没年は1241年。80歳。
藤原隆信は寂超と加賀の子なので定家の同腹の兄、寂蓮は従兄弟です。
定家の子に為家などがいます。
今に続く冷泉家の祖となった為相は、為家と阿仏尼の子です。
阿仏尼は「十六夜日記」の作者として知られています。
二条家の祖となった為氏(為家の嫡男)の母は宇都宮氏です。
定家は1232年に権中納言となり、「京極中納言」と呼ばれました。
1233年、72歳で出家して、法名は「明静」と言います。

家集に「拾遺愚草」、日記集に「明月記」、その他たくさんの著作が
あります。1186年には西行勧進の「二見浦百首」も詠み、1192年の
藤原良経主催の六百番歌合にも参加しています。後鳥羽院下命の
新古今和歌集や後堀川天皇下命の新勅撰和歌集の撰進、「小倉百人一首」
も定家の撰になります。歌論集も多くあります。
ともあれ旺盛な作歌活動を続け、日本和歌の史上類例をみない傑出
した功績のあった歌人であることに間違いないでしょう。
日記の「明月記」は定家の人となりを知ることができます。
明月記の中の言葉である「紅旗征戎吾が事に非ず」などには、初めて
接した時に私も衝撃を受けたものでした。

 見わたせば花も紅葉もなかりけり 浦のとまやの秋の夕ぐれ
              (藤原定家 新古今和歌集363番)

 来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ
               (藤原定家 百人一首第97番) 

西行は40歳以上も若い定家に「宮河歌合」の判を請いました。
定家はすぐには応じることができず、判詞ができ上がったのは二年の
歳月が過ぎた西行最晩年になってからでした。河内の国弘河寺で病床に
ついていて、加判のなった「宮河歌合」を受け取った西行の喜びようが
「贈定家卿文」に記されています。
この「贈定家卿文」によって互いの和歌観や、定家との年齢を越えた
友誼が分かります。

西行が他界した折に、定家は下の追悼の歌を詠んでいます。

 望月のころは違はぬ空なれど 消えけん雲の行方悲しな
                  (藤原定家 拾遺愚草)    

************************************************************

          ◆ 宮河歌合 ◆

【宮河歌合】

西行最晩年の陸奥行脚の前後に編まれて、伊勢神宮外宮に奉納された
自歌合です。左は玉津島海人、右は三輪山老翁という架空の人物の
詠歌として、36番合計72首を番えて、26歳という若い藤原定家に
判を依頼しました。
玉津島と三輪山はともに古来から和歌に関係の深い神を祀っています。

「歌合=うたあわせ」とは平安時代に起こったとされていて、歌人を
左右に分けて、左右それぞれの歌を一首ずつ組み合わせて、優劣を
競うものです。
普通は初めに題が提示されていて、その題に沿った歌が詠まれます。
これとは別に西行の御裳濯河歌合・宮河歌合の場合は西行一人の歌に
よる「自歌合」です。
宮河歌合では1番左に「万代を…」歌、右に「流れいでて…」歌が
番えられていて、定家の判は引き分けの「持」です。
 
 万代を山田のはらのあや杉に風しきたててこゑよばふなり
       (岩波文庫山家集279P補遺・宮河歌合・夫木抄)

 流れいでてみ跡たれますみづがきは宮河よりのわたらひのしめ
       (岩波文庫山家集279P補遺・宮河歌合・夫木抄)

宮河歌合の奥には定家の文章があります。それによると、

「神風宮河の歌合、勝負をしるし付くべきよし侍りし事は、玉くしげ
二とせあまりにもなりぬれど・・・」とあり、西行から判を依頼
されてより2年以上は手つかずのままだったことが分かります。
この間、判をするということにおいて、定家にはさまざまな葛藤が
あり、そのために判をすることが遅れたようです。
西行が河内の国、弘川寺にあって、病弱になっているのを定家は知り、
急いで判をして、西行に送ったことが知られています。

************************************************************

          ◆ 宮城野 ◆

【宮城野】

宮城野は仙台平野を指しています。この平野はとても広いもので
あり、一度、旅の途中に立ち寄って見ただけですが、京都の
平野部よりはかなり広いと感じました。
「名取を越せば宮城野よ」という言葉もあったらしくて、その通り
だと思いました。

みちのくを代表する歌枕として、平安時代の歌人達には、あこがれ
めいた思いが強くあったでしょう。京都からは余りにも遠い場所
ですが、「みやぎの」と口ずさむだけで、何かしらの憧憬があった
ものだろうと想像します。白河の関でも都からは遠いのに宮城野は
それよりもかなりの奥になります。

「宮城野の原」は、詳しくは仙台市宮城野区の榴ヶ岡という丘陵部
から見ての東部の平野部を指しています。榴ヶ岡は古来は躑躅の
名所でしたが昨今は桜で有名とのことです。ここは源頼朝との奥州
合戦の時に藤原泰衡が陣地を築いた場所でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 あはれいかに草葉の露のこぼるらむ秋風立ちぬ宮城野の原
 (岩波文庫山家集58P秋歌・新潮欠番・西行上人集・御裳濯河歌合・
      新古今集・玄玉集・御裳濯集・自賛歌・西行物語)

○草葉の露

大気の状況によって大気中の水分が草の葉などに付着した状態、
また付着した水滴そのものを言います。

露に似たものの例えとしても用いられます。はかないもの、消え
やすいものとして「露の命」などという用例もあります。

下に打消しの言葉をともなって、少しも……、全然……という意味
も持ちます。

余談ですが「草葉の陰」という言葉もあります。「土の下」や
「御墓」「死後の世界」を意味する言葉です。

(01番歌の解釈)

「秋風が吹き立った。ああ、宮城野の原ではどんなに草葉の
露がこぼれているのだろうか。」
               (和歌文学大系21から抜粋) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 萩が枝の露ためず吹く秋風にをじか鳴くなり宮城野の原
          (岩波文庫山家集68P秋歌・新潮430番)

○萩

秋を代表する植物の一つで、万葉集では萩が最も多く詠まれていて、
141首を数えます。
草本と見られますが、実際には落葉低木。いくつかの種類があり、
マメ科萩属の総称です。
秋の七草の一つでもあり、秋に蝶々に似たピンク色や白色の小さな
花をつけます。西行の萩の歌は20首あります。

萩は「露」や「鹿」の言葉と共に詠み込まれ、また「上葉」「下葉」
という形で詠まれた歌も多くあります。
西行歌では萩歌20首中に「露」は13首、「鹿」は3首、「上葉」
「下葉」はなく、「下枝」が1首あります。

○をじか

牡の鹿です。

○宮城野の原

宮城野と呼ばれる平野部に群生していた小萩は本荒「もとあら」の
小萩と言われていて、たくさんの歌に詠まれています。この本荒の
小萩が「宮城野萩」です。宮城野の原が宅地化されてしまった現在
では宮城野萩も自生種は殆ど姿を消したとの事です。

都名所絵図では「高台寺萩の花」として以下の記述があります。

「西行法師、宮城野の萩を慈鎮和尚に奉りし、その萩いまに残り
侍りしを、草庵にうつし侍りし。花の頃、その国の人きたり侍り
しに、

 露けさややどもみやぎ野萩の花(宗祇)
 小萩ちれますほの小貝こさかづき(はせを)

この萩が高台寺に近い青蓮院に残っていて、花の季節には咲いて
いるそうですが、それが西行が持ち帰った萩の子孫であるとは、
にわかには信じられません。

(02番歌の解釈)

「宮城野の原では、萩の枝に露がたまる間もないほど
絶えず秋風が吹いているが、その風に乗って牡鹿の鳴き
声が聞えてくる。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

さて、桜の季節です。昨日の22日、京都では開花宣言も出ました。
昨日、拙宅近くでも開花しているのを確認しています。
今年は昨年よりも6日、平年よりも9日早いという新聞報道もありま
した。この分では今月のうちに満開になるでしょう。
桜の追っかけを漠然と考えていたのですが、5日から1週間ほど予定を
早めなくてはならない状況です。気持ちが急きます。
ともあれ、私にも待ちに待った季節の到来と言えそうです。

○ 年を経て待つと惜しむと山櫻心を春はつくすなりけり
 (岩波文庫山家集36P春歌・新潮109番・西行上人集追而加書・
              宮河歌合・続拾遺集・御裳濯集)

○ 年をへてまつもをしむも山ざくら花に心をつくすなりけり
                    (宮河歌合)

「高齢になっても桜を待ち焦がれ、落花を惜しむ気持ちが変わらない。
春には桜が心を一杯に占め尽くしている。」

という解釈ができる歌です。宮河歌合の分は若干推敲がなされて
いて、読みやすく、かつ、分かりやすくなっています。
山桜と染井吉野との違いがあるとはいえ、この歌に込められた
西行の心境は、おそらくは普遍的なものでしょう。
皆さんもこの春の桜を十分にお楽しみ願います。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第367号 2018年03月23日発行 

   「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング