西行辞典

西行辞典 第364号(180210)


カテゴリー: 2018年02月10日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・364(不定期発行)
                   2018年02月10日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 御法 02 
         2 御墓 
                  3  みほかさき

御骨→第350号「まつり・まつる・奉る(02)」参照

************************************************************ 

          ◆ 御法 02 ◆

【御法】 

(みのり)と読みます。仏法のこと。仏教の経典のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 をしみおきしかかる御法はきかざりき鷲の高嶺の月はみしかど
            (岩波文庫山家集244P聞書集140番)

○をしみおきし

密教の秘説で、決して文字や言葉にして公に説かれることのない
経典を言います。

○かかるみ法

優れていると思った仏典のこと。「通達菩提心」という仏典です。

○鷲の高嶺 

インドにあって、釈迦が無量寿経、法華経などを説いた山とされて
います。鷲の形をした山で原名「グリゾラ・クーター(鷲の峰)」と
呼ばれていたそうです。そこから、霊鷲山(りょうじゅせん)とも
言われます。余談ですが比叡山は「鷲の山」の別称があります。

○みしかど

品詞で言えば(み)(しか)(ど)と3つに分解できます。問題は
(しか)です。(しか)は普通は副詞や終助詞になるようですが、
ここでは過去の助動詞「き」の已然形(しか)です。
「しか」も、いろいろあって迷います。
(みしかど)で「見たことがあるけれど」という意味になります。

単純に鷲の山の月を見たということではなくて、鷲の山や月に
込められている真如性を言っていると解釈できます。

(02番歌の解釈)

「惜しみ秘しておいたこのような仏法は聞いたことがなかった。
霊鷲山の月を見て久遠実成の釈迦についての教えを知っては
いたけれど。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

          ◆ 御墓 ◆

【御墓】

貴顕のお墓の尊称です。ことに皇室のお墓を言います。
西行全歌集では、「中将の御墓」のみ「み」のルビがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     白峰と申す所に、御墓の侍りけるにまゐりて

01 よしや君昔の玉の床とてもかからむ後は何にかはせむ
         (岩波文庫山家集111P羈旅歌・新潮1355番・
            西行上人集・山家心中集・西行物語)

○白峯

「しろみね」が正しい読みのはずですが辞書類では「しらみね」と
表記しています。あるいはどちらでも良いのかもしれません。
讃岐の国綾歌郡松山村白峯、行政区は現、坂出市青海町です。
白峯は高松市と坂出市にまたがる五色台の一部であり、四国霊場
第81番札所の「白峯寺」があります。
私が2012年7月に行った時は、厳かな感じのした墓所でした。

○よしや君

すでに崩御している院に対して「君」としていますが、この歌の
場合の「君」は、生前の院との関係を偲び儀礼を越えての、より
直情的な響きを伝えてきます。
「よしや」は「たとえ…」「仮に…」という意味を持ちます。

○玉の床

美しく飾られた天皇の寝所を言います。
天皇の地位や権威、生活の全般をさしていると解釈できます。

○かからむ後

現世での生が終わった後には……どうにもならないという悲嘆の言葉。

(01番歌の解釈)

「都の昔お住みになりました金殿玉楼とても、上皇様、あなた
様がお亡くなりになられました後は何になりましょうか。
何にもなりませぬ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     近衛院の御墓に、人に具して参りたりけるに、
     露のふかかりければ

02 みがかれし玉の栖を露ふかき野邊にうつして見るぞ悲しき
          (岩波文庫山家集202P哀傷歌・新潮781番・
                  西行上人集・玉葉集) 

○近衛院の御墓

第76代近衛天皇の陵墓のことです。現在は安楽寿院にあります。

○人に具して参り

行く人がいたので一緒に連れ立って行ったということ。

○玉の栖
  
(栖)の読みは(すみか)。(玉の栖)は御所、御殿のこと。
きらびやかな生活をしていた立場を言います。

詞書は1155年7月に崩御した近衛天皇のお墓に人と一緒に、お参り
したということです。詞書の文言からは崩御後、いつ頃にお参り
したのかはわかりません。
詞書と歌の感じから、崩御後ほどなくして墓参したものだろうと
思わせますが、天皇のお墓に一介の僧侶がお参りできることが、
当時であればできたということなのでしょう。

○野邊にうつして

宮廷にいたけど死亡したので亡骸を葬地に移したということ。

(02番歌の解釈)

「磨きぬかれて美しい御所の住家から、露の深い野に住まいを
移されることになりました。その事を目の当たりにして、悲しみ
ばかりがつのります」
            (新潮日本古典集成山家集より抜粋) 

露は涙、うつすは移すとともに写すを掛けています。含蓄のある
歌だと思います。 

(近衛院とお墓)

近衛天皇は第76代天皇。1139年生、1155年没。17歳で夭折しました。
在位15年。鳥羽天皇の第八皇子とも第九皇子とも資料にはあります。
母は美福門院藤原得子。崇徳天皇の養子として皇位について践祚
(せんそ)しました。この近衛院崩御後は後白河天皇が第77代
天皇となっています。
このことにより、崇徳上皇の不満は高まり、1156年に鳥羽上皇が
崩御すると、保元の乱が起こりました。
   
近衛院のお墓は、現在は安楽寿院南陵と言われています。二層の
塔があります。
ここは、もともとは美福門院が自分の死後の墓所として建立した
ものです。ところが1160年に没した美福門院は遺言により高野山に
葬られました。
そこで、1155年に没して洛北の知足院に葬られていた近衛天皇の
遺骨が1163年に、ここに移し納められました。したがって、船岡山
の西野で火葬にされたと記録にある近衛院のお墓は、8年間は知足院
にあったということです。

この歌が詠まれた年代が確定できませんので、西行が墓参した場所は
知足院か安楽寿院なのか確定はできません。歌から受ける印象では
崩御後年数のたっていない知足院での墓参ではないかと思います。
尚、知足院は紫野雲林院近くにありましたが、中世に廃絶しており、
資料に名をとどめているばかりで現在はありません。
現在の近衛院陵は豊臣秀頼の寄進によるものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     五十日の果つかたに、二條院の御墓に御佛供養しける
     人に具して参りたりけるに、月あかくて哀なりければ

03 今宵君しでの山路の月をみて雲の上をや思ひいづらむ
         (岩波文庫山家集204P哀傷歌・新潮792番)

○五十日の果つかた

没後50日の法要を言いますが、現在の49日の法要なのでしょう。
49日までは喪に服していて、50日目が忌明けということです。

○二條院

第78代天皇。後白河天皇の嫡男。後述します。

○ニ條院のお墓

現在の西大路通りの西側、等持院の少し東にある香隆寺陵です。

○雲の上

字義通り雲の上の事。転じて宮中や位階としての天皇の立場など
を指しています。

(03番歌の解釈)

この歌は1165年に詠まれた歌のはずです。ニ條院の墓所で五十日の
法要が営まれ、その席に読経などする人と一緒に行きましたが、
ニ條院を哀れに思って歌を詠んだということが詞書の意味です。

「今宵、君(ニ條院)はあの世で死出の山路の月をご覧になって、
雲の上のこと、生前の宮中のことを思い出しておいでになるだろう。」
         (渡部保著「西行山家集全注解」より抜粋) 

西行はニ條院とは個人的に親しい関係にはありません。その親しさの
度合い、西行の心情的な距離ということもあって、この歌は哀傷歌
とはいえ西行自身の悲しい感情が伝わってくるものでもなく、単なる
儀礼的な歌ともいえます。
03番歌の後に二条院に仕えていた三河内侍との贈答歌があります。
三河内侍は寂念の娘です。

    御跡に三河内侍さぶらひけるに、九月十三夜
    人にかはりて

◎ かくれにし君がみかげの恋しさに月に向ひてねをやなくらむ
     (西行歌)(岩波文庫山家集205P哀傷歌・新潮793番)

◎ 我が君の光かくれし夕べよりやみにぞ迷ふ月はすめども
   (三河内侍歌)(岩波文庫山家集205P哀傷歌・新潮794番)

(ニ條院と陵墓について)

ニ條院は後白川天皇の第一皇子として1143年に生まれました。
後白河天皇の後を継いで1158年に第78代天皇として即位しましたが、
1165年に病没。23歳でした。子に第79代の六條天皇がいます。
この六條天皇も13歳で夭折しています。弟に以仁王、高倉天皇、
妹に式子内親王などがいます。
平家物語巻一で少し記述がありますので抜粋します。

「七月廿七日、上皇ついに崩御なりぬ。御歳廿三。(中略)香隆寺
のうしとら、蓮台野の奥、船岡山にをさめ奉る。御葬送の時、
延暦寺・興福寺の大衆、額打論と云事し出して、互いに狼藉に
及ぶ。(後略)」(平家物語から抜粋)
  
葬送の儀式なのに僧達は刀、槍をたずさえて臨んでいることが
分かります。
この後に興福寺側の狼藉が記述され、その果てに東山の清水寺が、
興福寺の関係する寺というだけで延暦寺の攻撃を受けて炎上して
います。
鴨の流れとすごろくの目と山法師はどうにもならないと白河院が
嘆くのも当然です。この頃の僧達は武装化して争いを繰り返して
いました。 

新潮日本古典集成では、「太秦香隆寺で荼毘に付し、山城香隆寺
に葬る」と記載があります。太秦香隆寺は太秦広隆寺のことかと
思います。山城香隆寺の寺名の記載は見当たりませんから陵墓名
なのでしょう。広隆寺と関係ありそうですが太秦からは離れています。
太秦の広隆寺は1150年に全焼、1165年に再建供養があったばかりです。
この再建供養は1165年7月以前のことだろうと思います。

「太秦香隆寺で荼毘に付し・・・」を信じるならニ條院の遺骸は
広隆寺で荼毘に付して、現在の等持院近くの香隆寺陵に葬られた
ものでしょう。尚、この香隆寺の陵墓も中世には歴史の流れとともに
荒れ果ててしまって、どこにあるか特定不可だったものを資料を
もとに比定されたものであり、必ずしも現在地が本来の香隆寺陵で
あるかは疑問です。
平家物語の記述では土葬と解釈するしかなく、葬送地も山城香隆寺
ではなくて船岡山となっています。

左京区神楽岡にある菩提樹院陵の被葬者にニ條院とする資料もあり
ますが、これはニ條院という建物に住んでニ條院とも呼ばれた
後一條天皇の第一皇女、章子内親王のことです。ニ條天皇の陵墓
ではありません。
菩提樹院陵は在原業平の墓と言われていたものですが、それを
明治22年になって後一條天皇と章子内親王の陵墓として比定され
たものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      みちのくににまかりたりけるに、野中に、常よりもと
      おぼしき塚の見えけるを、人に問ひければ、中将の
      御墓と申すはこれが事なりと申しければ、中将とは
      誰がことぞと又問ひければ、實方の御ことなりと申し
      ける、いと悲しかりけり。さらぬだにものあはれに
      おぼえけるに、霜がれの薄ほのぼの見え渡りて、後に
      かたらむも、詞なきやうにおぼえて

04 朽ちもせぬ其名ばかりをとどめ置きて枯野の薄かたみにぞ見る
           (岩波文庫山家集129P羈旅歌・新潮800番・
         西行上人集・山家心中集・新古今集・西行物語)

○みちのくに

「道の奥の国」という意味で陸奥の国のことです。陸奥(むつ)は
当初は(道奥=みちのく)と読まれていました。
927年完成の延喜式では陸奥路が岩手県紫波郡矢巾町まで、出羽路
が秋田県秋田市まで伸びていますが、初期東山道の終点は白河の関
でした。白河の関までが道(東山道の)で、「道奥」は白河の関
よりも奥という意味です。

大化の改新の翌年(646年)に陸奥の国ができました。
陸奥は現在の福島県から北を指しますが、その後、出羽の国と分割。
一時は「岩城の国」「岩背の国」にも分割されていましたが、
西行の時代は福島県以北は陸奥の国と出羽の国でした。
陸奥の国は現在で言う福島県、宮城県、岩手県、青森県を指して
います。
出羽の国は山形県と秋田県を指します。

○まかりたる

出向いて行くこと。

○常よりもとおぼしき

普通より、ということ。野中にはありえない立派な塚・・・と
いう意味になります。
没後150年ほどを経ても実方の墓として誰かに管理されていたと
解釈していいものと思います。

○中将の御墓
    
藤原実方の墓のこと。現在も宮城県名取市愛島の野中にあります。
「朽ちもせぬ」歌の石碑も立っていますが文面は風化していて
判読できません。
現在の歌碑は藤原実方800年遠忌のために1798年に建立されました。

○さらぬだに

そうでなくとも・・・という意味。墓は他の場所よりも哀感を
覚えさせるということを言っています。

○朽ちもせぬ

藤原実方の歌の名声は不朽のものであり、歌人としての名前は
いつまでも忘れられないものであるということ。

○枯野の薄

現在も藤原実方のお墓に行く前に薄が植えられています。いかにも
とって付けたようで笑ってしまいました。
あろうことか、外国産の薄のようです。

○あだに命の露

(あだ)は誠意がない、空しい、意味がない…などを表す言葉。
(命の露)は短く、はかないことを言う「露の命」と同義です。

○知られず知らぬ人

自分が死亡した後の事だから当然に事後のことは自分では知る
ことができないし、かつ、ずっと後の世の人も自分が生きてきた
ことなどは知ることもないということ。

(04番歌の解釈)

「不朽の名声だけをこの世に残して、実方中将はこの枯野に骨を
埋めたというが、その形見には霜枯れの薄があるばかりだ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

【藤原実方】

生年不詳、没年は998年11月とも12月とも言われます。陸奥守として
陸奥に赴任中に客死しました。40歳に満たない年齢と思われます。
藤原北家流師尹(もろただ)の孫。父の定時が早世したので叔父の
済時の援助を受けて育ったといわれます。
左近将監、侍従、左近少将、右馬頭などを歴任して、994年に左近
中将。翌年に陸奥守として陸奥に赴任。

「古事談」によると、藤原行成との軋轢があり「歌枕見て参れ」
と一条天皇から命を受けて陸奥守に左遷されたとあります。
実方が陸奥に赴任したのは、その説以外にも自発説ほかいくつか
の説があります。どれが本当か分かりません。
「源平盛衰記」によると陸奥国笠島の道祖神社の前を下馬せずに
通り過ぎたために、道祖神の怒りに触れて、落馬して命を落としたと
書かれています。
お墓は現在の宮城県名取市愛島にあります。1798年建立の西行の
「朽ちもせぬ」歌の歌碑も建っています。ただし碑文は殆ど読み
取れません。
家集に「実方朝臣集」があります。中古三十六歌仙の一人です。

この歌は確実に初度の旅の時の歌ですが、同じ旅の時の一連の
歌から離れて一首のみ、ぽつんと採録されています。そのことが
気にはなります。

なお、芭蕉の「おくのほそ道」では、芭蕉は行き過ぎて実方の墓
には行かなかったのですが、人から聞いたこととして、「形見の
薄今にあり」と書いています。
「おくのほそ道」は脚色が多くて、そのままでは信用できません。
ですが、同行した曽良随行日記と照らし合わせると旅の実際の
様子が分かります。曽良は「行過テ不見」とのみしたためて
います。従って芭蕉が行った当時は「形見の薄」があったのか
どうかは不明です。

白州正子氏は「西行」の中で以下のように記述しています。
「竹林の入り口に、勅使河原流の外国産の枯尾花が植えてあり、
大げさに(かたみの薄)と記してある。いうまでもなく「奥の
細道」の「かた見の薄今にあり」の薄で、歌枕もここまでリアリ
ズムに徹すれば何をかいわんや。」

実方は死後に雀に姿を変えて都に戻ってきたという伝説があり
ます。もとは中京区にありましたが移転して現在は左京区にある
「更雀寺」が、その伝説を留めています。

************************************************************

          ◆ みほかさき ◆

【みほかさき】

「八雲御抄」「五代集歌枕」では駿河の「美保浦」が相当するものと
しています。静岡県静岡市美保のことです。景勝地の「三保の松原」
で有名です。富士山ももちろん見えます。
西行は美保には実際に行ったことがあるはずだと思います。
出雲にも「美保」があります。美保の歌はこの一首しかありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 おなし月のきよする浪にゆられきてみほかさきにもやとるなりけり
                    (松屋本山家集)

○ おなし月

空に浮かんでいるのと同じ月、の意味。

○きよする浪にゆられきて

浪の運動が月を運んでくるという感覚で詠まれています。           

(01番歌の解釈)

「何処にも同じく照る月が打ち寄せる波にゆられて来て、ここ
美保が先にも宿ることである。」
           (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************

  (後記)

2月3日節分、2月4日立春。2月15日旧暦大晦日、2月16日旧暦元旦。

    年のうちに春たちて雨の降りければ

 春としもなほおもはれぬ心かな雨ふる年のここちのみして
          (岩波文庫山家集13P春歌・新潮1060番)

今年もまた年内立春です。旧暦では年内立春が多く、確か二年に
一度程度の頻度だったと思います。旧暦で新年になるのは2月16日。

ちなみに旧暦元旦の2月16日は西行忌。とはいえさすがに西行忌と
言っても季節的に情趣がないので、旧暦が良いとは思います。
今年の旧暦2月16日は新暦4月1日。桜も結構咲いているでしょう。
1190年の2月16日は現在の暦に直すと3月30日だったと記憶しています。
やはり桜の咲く頃が西行忌にふさわしく、西行法師に対しての
供養にもなりそうです。

さて桜、現在はいろんな種類の桜があって、山桜が主たる桜の品種
であった西行時代とは大きく異なります。
その分、私たちはいろいろな桜を楽しめはするのですが、しかし
一方では人工的に作り出された品種が多すぎて、いささか興醒めの
思いもします。
でも基本的に開花は春四月、一年に一度巡ってくる季節、大いに
楽しみたいものです。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第364号 2018年02月10日発行 

   「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/11/17
部数 130部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/11/17
部数 130部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング