西行辞典

西行辞典 第363号(180128)


カテゴリー: 2018年01月28日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・363(不定期発行)
                   2018年01月28日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 御名 02
         2 みなそこ・水底
         3 みなと川
         4 南おもて
         5 美濃
         6 御法 01

みの→第311号「ふり・ふる (1)」参照
みの津→第337号「まかり・まかる 03」参照
身延の郷→第169号「しば・柴 (2)」参照

************************************************************ 

          ◆ 御名 02 ◆

【御名】

「みな」「ぎょめい」などと読みますが、ここでは「みな」。
対象が天皇や神などの、おそれ敬う必要がある時には、直接の名前を
呼ばないで、(御名)と呼ぶこともあります。
西行歌では地蔵菩薩と仏に対しての二首があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     暁念佛といふことを

02 夢さむるかねのひびきにうち添へて十度の御名をとなへつるかな
         (岩波文庫山家集217P釈教歌・新潮871番・
                 西行上人集・山家心中集) 

○暁念仏

払暁の念仏修行を言います。

○うちそへて
 
添えること。本体の側に一緒にいさせること。別々にしないこと。
鐘の音ともに、仏の名を唱えること。鐘の縁語の(打ち)に、仏の
名に(あはれみ)を込めて、添えていること。

○十度の御名

「南無阿弥陀仏」と十度唱えること。早暁の修行の一つです。

(02番歌の解釈)

「眠りから覚めると共にこの世の迷いの夢も覚める暁の鐘の響きに
添えて、十度御名念仏したことであるよ。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

         ◆ みなそこ・水底 ◆

【みなそこ・水底】

川や池などの水の底のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 みな底にしかれにけりなさみだれて水の眞菰をかりにきたれば
           (岩波文庫山家集50P夏歌・新潮221番) 

○さみだれて

ここでは五月雨に「然乱れて」ということを掛けています。
真菰が水底で乱雑に折り敷いている状態をも言います。

○かりにきたれば

刈り取りに来ること。
本格的な夏の前の、現在の6月中頃には刈り取る習慣だったようです。

(01番歌の解釈)

「五月雨が降り続くこの頃、御津の真菰を刈りに来ると、すっかり
水かさが増し、真菰は水底に入り乱れて敷いたようになっているよ。」
             (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 水底にふかきみどりの色見えて風に浪よる河やなぎかな
           (岩波文庫山家集23P春歌・新潮55番)

○ふかきみどり

(ふかき)は水の底が深いということです。同時に柳の葉の色味を
掛けています。春歌なので、柳の葉もまだ色を深めてはいないの
ですが、空気中の色と水の中での色には違があります。
なお、平安時代には緑色も青色もほぼ同じものと解釈されていた
ようです。
とはいえ、山家集には「青柳」「青葉」「青みどり」のことばが
使われています。

○河やなぎ

川べりに生えている柳のこと。
「猫柳」という植物は「河原柳」とも言いますが、この「河やなぎ」
は普通の柳です。

(02番歌の解釈)

「水底に映ると川柳の緑色が深く見える。風が吹くと川波が押し
寄せるように、一斉によじれて美しい。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

          ◆ みなと川 ◆

【みなと川】

固有名詞というよりも普通名詞の感じを受けます。港に近い
河口付近の川という意味で用いられている言葉なのでしょう。

固有名詞としては摂津の国の歌枕です。現在の兵庫県神戸市を流れて
いる小流です。
ただし西行の時代と比べたら、洪水などで流路も変わっていますし、
また治水のために大幅な改変がなされています。
現在の川名は「新湊川」です。
楠正成と足利尊氏の「湊川の戦い」で有名です。楠正成はこの戦いで
敗死しました。1336年、後醍醐天皇の治世下の出来事でした。
1872年(明治5年)に楠正成を祀る「湊川神社」が創建されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 みなと川苫に雪ふく友舟はむやひつつこそ夜をあかしけれ
          (岩波文庫山家集100P冬歌・新潮1486番)

○苫

菅や茅などを荒く束ねて、雨露を防ぐ目的で小屋の屋根の覆い
などに利用するための莚のようなもの。
(苫ふきたる庵)(苫やかた)(苫のや)は苫葺きの粗末な住処のこと。
とてもよく似たものに真菰を荒く編んで作った「菰」があります。  

○友舟

一緒に行動する舟のこと。

○むやひつつ

(もやう)こと。(もやう)とは舟を岸壁や他の舟につなぎとめること。
互いにつなぎとめている舟を(もやい舟)、もやうための綱を(もやい綱)
と言います。
(むやひつつ)で、もやったままの状態で…ということ。

(01番歌の解釈)

「湊川では、舟の苫屋根に雪が積もって、あたかも雪で屋根を葺いた
ように見えるが、友舟どうし舟をつなぎ合わせ、身を寄せ合って
寒さをしのぐようにして雪の夜を明かしたことだ。」
            (新潮日本古典集成山家集より抜粋) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 河になかす涙たたはむみなと川あしわけなして舟をとほさむ
                (松屋本山家集)

○涙たたはむ

涙を湛えていること。恋歌ですから、恋の涙です。

○あしわけなして

繁茂してといる蘆を分けて・・・。
蘆は恋の成就のために目前にある障害の比喩です。

(02番歌の解釈)

「川に流したおびただしい恋の涙を湛えるであろう湊川、その
増した水嵩で生い茂っている蘆を分けて舟を通そう。困難を
排除して舟を通そう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

        ◆ 南おもて ◆

【南おもて】

01番歌の「南おもて」は、三条高倉第の寝殿の南側にある庭のこと。
待賢門院は三条高倉第において1145年に崩御しました。
02番歌の「南おもて」の場合はどこなのか不明のままです。藤原
成範邸か紀の二位の菩提寺の「南おもて」と思わせます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    待賢門院かくれさせおはしましにける御跡に、人々、
    又の年の御はてまでさぶらはれけるに、南おもての花ちり
    ける頃、堀河の女房のもとへ申し送りける

01 尋ぬとも風のつてにもきかじかし花と散りにし君が行方を
 (西行歌)(岩波文庫山家集201P哀傷歌・新潮779番・西行上人集)

返しとして堀川の局の下の歌があります。

  吹く風の行方しらするものならば花とちるにもおくれざらまし
   (堀河の女房歌)(岩波文庫山家集201P哀傷歌・新潮780番・
                      西行上人集)

○待賢門院

藤原公実の娘の璋子のこと。1101年から1145年まで在世。藤原実能
の妹。白河天皇の猶子。鳥羽天皇中宮。崇徳天皇・後白河天皇・
上西門院などの母です。ほかには三親王、一内親王がありますので、
七人の母ということになります。
幼少から白河天皇の寵愛を受けていた彼女は1117年に入内し翌年、
鳥羽天皇の中宮となります。そして1119年に崇徳天皇を産んでいます。
末っ子の本仁親王(仁和寺の覚性法親王)が1129年の生まれですから、
ほぼ10年で七人の出産ということになります。10年で七人とはちょっと
異常のようにも感じます。
このうち、崇徳天皇は白河院の子供という風説が当時からあって、
それが1156年の保元の乱の遠因となります。
白河院は1129年に崩御しました。それからは、鳥羽院が院政を始め
ました。1134年頃に藤原得子(美福門院)が入内すると、鳥羽院は得子を
溺愛します。得子は1139年に近衛天皇を産みます。鳥羽院は1141年に
崇徳天皇を退位させ、まだ幼い三歳の近衛天皇を皇位につけました。
この歴史の流れの中で鳥羽院の中宮、崇徳天皇の母であった待賢門院
の権威も失墜してしまって、1142年に法金剛院で落飾、出家しました。
同時に、女房の中納言の局と堀川の局も落飾しています。
1145年8月22日三条高倉第で崩御。法金剛院の三昧堂の下に葬られ、
現在は花園西陵と呼ばれています。

○又の年の御はて

待賢門院崩御は1145年8月22日ですから、「又の年の御はてまで」
とは、1146年8月に忌明けということです。この歌はまだ喪中である
1146年の桜の頃に堀川の局に送ったことになります。

○きかじかし

聞くことはないでしょう…という意味。

(01番歌の解釈)

「尋ねても風の便りにも聞くことはないでしょう。花のように
はかなく散ってしまった女院の行方については。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

(堀川の局歌の解釈)
 
「もしも吹く風が女院の行方を知らせてくれるものなら、花の散る
ように亡くなられた女院にお供いたしましたものを。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      跡のことども果てて、ちりぢりに成にけるに、
      しげのり、ながのりなど涙ながして、今日にさへ
      又と申しける程に、南面の櫻に鶯の鳴きけるを
      聞きてよみける

02 櫻花ちりぢりになるこのもとに名残を惜しむ鶯のこゑ
      (西行歌)(岩波文庫山家集209P哀傷歌・新潮827番)

  ちる花は又こん春も咲きぬべし別はいつかめぐりあふべき
  (少将ながのり歌)(岩波文庫山家集209P哀傷歌・新潮828番)

○跡のことども果てて

49日の忌が明けたということ。中有とか中陰とも言います。
死亡してから忌明けまでにしなくてはならない法要などが全て
終わったということ。

○藤原成範=「しげのり・北小路壬生卿」
○藤原脩範=「少将ながのり」

「しげのり」「ながのり」は父を藤原通憲(信西)、母を院の二位の局
とする兄弟です。院の二位の局は「紀伊の二位」とも呼ばれています。
「しげのり」は1135年出生。「ながのり」は1143年出生。「しげのり」
が8歳年長です。
なお、「しげのり」は「なりのり」とも呼び、「脩範」は「修範」
とも表記します。

母の朝子(院の二位)が後白河院の乳母になり、乳母の夫であり
当時は藤原頼長と碩学の名を欲しいままにしていた通憲は絶大な
権力を握ります。
通憲は政治の中枢で主に後白河天皇の権力基盤の確立に取り組みます。
この過程で清盛とも密着し、摂関家の勢力も削ぐことになり、それが
保元の乱から平治の乱にとつながって行きます。清盛は保元の乱後に
わずか8歳の長女を成憲の室に入れています。平家物語巻一の「我身
栄華」によれば、平治の乱で破談となったそうですから、異説はあり
ますが通憲は平治の乱で没していますから、夫婦としての実体は
当然になかったはずです。

通憲の子息はたくさんいます。学識優れている子息が多かったよう
です。成範、脩範も父の通憲の意向で官位を上げて行きます。
平治の乱で通憲は宇治田原で死亡。通憲の子息たちも乱に連座して
ことごとく配流されます。1159年12月のこと。しかしながら翌年の
2月にはもう許されて都に呼び戻されて復位しています。これには
母の朝子の影響力も強かったものと思います。
結局、成範は正二位中納言、脩範は正三位参議で終えていますが、
政治的には目立った事跡はありません。
成範は桜をことに愛したらしく、姉小路室町にった自邸に桜の樹を
植栽していたそうです。号を「桜町中納言」と言います。
以下に関連年表を記します。

1106年 藤原通憲出生。
1124年 通憲、待賢門院蔵人となる。藤原朝子は待賢門院の女房に
    なっていて知り合ったか?。二人は同年齢と推定できる。
    のちに朝子は通憲の後妻となる。
1127年 藤原朝子、雅仁親王(後白河院)の乳母となる。
1133年 通憲、鳥羽天皇の上北面となる。
1135年 成憲出生。
1141年 崇徳天皇譲位。近衛天皇即位。
1143年 脩憲出生。
1144年 通憲、正五位下、少納言となる。通憲出家。法名は信西。
1155年 近衛天皇崩御。後白河天皇即位。
1156年 鳥羽上皇崩御。保元の乱勃発。崇徳院、讃岐に配流。藤原
    信西と対立していた藤原頼長敗死。
    鳥羽院の葬儀、乱後の処理を信西が主導する。
1157年 後白河天皇の信任を得て、出家の身でありながら信西が
    専制的な政治を執り行い、辣腕を振るう。子の俊憲・成憲・
    脩範などの官位を上げ要職に就かせる。成範の娘の小督生れる。
1158年 後白河天皇譲位。二条天皇即位。
1159年 12月平治の乱勃発。藤原通憲(信西)宇治で自刃。藤原信頼斬殺。
    成憲は下野の国、脩範は隠岐の国に配流。
1160年 2月成憲、脩憲、許されて政界に復帰。成範、脩範と改名。
1166年 院の二位の局没する。この年、西行49歳。成範32歳。脩範24歳。
1167年 清盛、2月に太政大臣となり、5月に辞する。
1168年 高倉天皇八歳で即位。後年に西行は高倉院に奏上している。
1177年 成範の娘の小督、高倉天皇の寵愛を受けて範子内親王を産む。
1178年 範子内親王は賀茂斎院となる。
1179年 清盛、後白河院を鳥羽南殿に幽閉する。成範、脩範は接触を
    許される。
1181年 清盛没する。    
1187年 成範没する。脩範は1191年存命も没年不詳。

二人は勅撰集歌人で、千載集にはともに三首撰入しています。

   母の二位身まかりてのちよみ侍りける

 鳥辺山思ひやるこそかなしけれひとりや苔の下に朽ちなん
               (民部卿成範 千載集591番)

 野べ見ればむかしの跡やたれならんその世も知らぬ苔の下かな
              (左京太夫脩範 千載集595番)

○南面の櫻

二位の局邸にある桜を言うのでしょう。二位の局の死亡が1月です
から、忌明けは3月頃になります。旧暦では桜の盛りだと思われます。

○このもとに

木の下のこと。

○げになかりける

(げ)は、本当に・全然・実に、などの意味を持つ言葉です。
(げになかりける)で、本当にありません、という意味になります。

(02番歌の解釈)

「花が散るように人も散り散りになる今日、桜の木の下には
鴬までが名残を惜しんで鳴いていますよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

(ながのり歌の解釈)

「花は散ってもまた春が来れば咲くであろう。亡き人との別れは
いつまた巡りあえるのか。もう逢えないのですね。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

          ◆ 美濃 ◆

【美濃】

現在の岐阜県のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    美濃の國にて
   
01 郭公都へゆかばことづてむ越えくらしたる山のあはれを
            (岩波文庫山家集47P夏歌・新潮欠番・
              西行上人集追而加書・西行物語)

この歌は西行上人集追而加書と西行物語にある歌です。西行歌とは
認められていませんので詳述は避けます。

(01番歌の解釈)

「ほととぎすよ。わたしより先に都へ行くのなら伝言を頼みたい。
お前より山を越えるのがおそくなったわたしの旅の悲しみを
伝えて・・・。」
                 (「西行物語」から抜粋)

************************************************************

          ◆ 御法 01 ◆

【御法】

(みのり)と読みます。仏法のこと。仏教の経典のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 御法をば言葉なけれど説くと聞けば深き哀はいはでこそ思へ
         (岩波文庫山家集211P哀傷歌・新潮842番)
              西行上人集追而加書・西行物語)

○言葉なけれど

仏法の深い教えは言葉に出して表せられるものではないということ。
言葉では言い尽くすことができないということ。

○いはでこそ

言葉に出しては言えないけれども、その深い心情は察して欲しいと
いう、寂然に対しての西行の願望。

(01番歌の解釈)

「仏は言葉を使わないで教えを説くと言いますから、私もこの
深い悲しみを言葉にせずにひとりで思うことにいたしました。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

01番歌は寂然の兄の想空上人の葬儀の時のものです。寂然から西行に
贈った歌の返し歌としての意味を持ちます。各5首ずつあります。
以下に記述します。

      兄の入道想空はかなくなりけるを、とはざり
      ければいひつかはしける
                     寂然
○ とへかしな別の袖に露しげき蓬がもとの心ぼそさを
 
○ 待ちわびぬおくれさきだつ哀をも君ならでさは誰かとふべき
 
○ 別れにし人のふたたび跡をみば恨みやせましとはぬ心を
 
○ いかがせむ跡の哀はとはずとも別れし人の行方たづねよ

○ 中々にとはぬは深きかたもあらむ心淺くも恨みつるかな
 
以下は西行の「かへし」歌です。

○ 分けいりて蓬が露をこぼさじと思ふも人をとふにあらずや
 
○ よそに思ふ別ならねば誰をかは身より外にはとふべかりける
 
○ へだてなき法のことばにたよりえて蓮の露にあはれかくらむ
 
○ なき人を忍ぶ思ひのなぐさまば跡をも千たびとひこそはせめ
 
○ 御法をば言葉なけれど説くと聞けば深き哀はいはでこそ思へ

************************************************************

  (後記)

さすがに「大寒」。京都でも毎日のようにちらほらと雪が舞って
います。枯れ枝ともおぼしき裸の桜樹に雪の花も見かけました。
水道管の凍り付くほどの寒い日もあります。

この季節には毎年思いますが、平安時代にあって、粗末な衣食住
環境下での厳寒期の生活は大変という言葉を超えた世界だった
だろうと思います。
住居は外気温と大差はないでしょうし、寝具や防寒着も寒さを凌ぐ
には十分であろうはずはありません。ことに一般の庶民の生活は
厳寒期は常に死と隣り合わせだったはずです。

人里離れての山の中での草庵生活は遁世・修行には必然だったのかも
しれませんが、冬は耐えられる限界を超えていただろうと思います。

ことに老境に入った私は、寒さが体に堪えます。すぐに肺炎を起こ
してしまいます。こういう私の状況下で思うと、冬の草庵生活などは
想像を超えた世界でしかありません。

季節は移り行きます。もうすでに早咲きの梅は開花していますが、
桜の盛りが今から待たれます。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第363号 2018年01月28日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/22
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/22
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング