西行辞典

西行辞典 第361号(180105)


カテゴリー: 2018年01月05日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・361(不定期発行)
                   2018年01月05日号

************************************************************

          今号のことば    

       1 みちのくに・陸奥国 03
       2 出羽の国
       3 みつ
 
************************************************************ 

       ◆ みちのくに・陸奥国 03 ◆

【みちのくに・陸奥国】

「道の奥の国」という意味で、陸奥の国のことです。陸奥(むつ)は
当初は(道奥=みちのく)と読まれていました。
927年完成の延喜式では陸奥路が岩手県紫波郡矢巾町まで、出羽路が
秋田県秋田市まで伸びていますが、初期東山道の終点は白河の関
でした。白河の関までが道(東山道の)で、「道奥」は白河の関
よりも奥という意味です。

大化の改新の翌年(646年)に陸奥の国ができました。
陸奥は現在の福島県から北を指しますが、その後、出羽の国と分割。
一時は「岩城の国」「岩背の国」にも分割されていましたが、
西行の時代は福島県以北は陸奥の国と出羽の国でした。
陸奥の国は現在で言う福島県、宮城県、岩手県、青森県を指して
います。
出羽の国は山形県と秋田県を指します。

ここでは「陸奥」という名詞の入っている詞書と歌も同時に取り
上げます。加えて、最後に陸奥の国で詠んだ歌、陸奥の国を詠んだ
歌も紹介します。これまでに紹介したことのある歌は参照として
マガジンの発行号番号だけにとどめ、初めての歌は通常のように記述
することにします。

************************************************************

「名取川」(第236号・245号参照)

     名取川をわたりけるに、岸の紅葉の影を見て

04 なとり川きしの紅葉のうつる影は同じ錦を底にさへ敷く
     (岩波文庫山家集130P羇旅歌・新潮1130番・夫木抄)
           
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「信夫」(第245号・316号参照)(第335号・342号参照)
         
      ふりたるたな橋を、紅葉のうづみたりける、渡りに
     くくてやすらはれて、人に尋ねければ、おもはくの橋と  
     申すはこれなりと申しけるを聞きて

05 ふままうき紅葉の錦散りしきて人も通はぬおもはくの橋

        しのぶの里より奧に、二日ばかり入りてある橋なり
     (岩波文庫山家集130P羇旅歌・新潮1129番・夫木抄)
              
        あづまへまかりけるに、しのぶの奧にはべりける
         社の紅葉を

06 ときはなる松の緑も神さびて紅葉ぞ秋はあけの玉垣
         (岩波文庫山家集130P羇旅歌・新潮482番)
               
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

「信夫・なこその関」(第197号参照)
         
07 東路やしのぶの里にやすらひてなこその関をこえぞわづらふ
           (岩波文庫山家集280P補遺・新勅撰集)
              
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「武隈」(第236号・245号参照)

     たけくまの松は昔になりたりけれども、跡をだにとて
     見にまかりてよめる

08 枯れにける松なき宿のたけくまはみきと云ひてもかひなからまし
         (岩波文庫山家集130P羇旅歌・新潮1128番)
            
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         
「宮城野」(第223号参照)(第159号・257号参照)

09 あはれいかに草葉の露のこぼるらむ秋風立ちぬ宮城野の原
   (岩波文庫山家集58P秋歌・西行上人集・御裳濯河歌合・
               玄玉集・新古今集・西行物語)
             
10 萩が枝の露ためず吹く秋風にをじか鳴くなり宮城野の原
           (岩波文庫山家集68P秋歌・新潮430番)
            
(参考歌)

 宮城野や雪も色あるふる枝草ことしの秋も花さきにけり
                     (蔵玉和歌集)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「末の松山」(第190号参照)             

11 たのめおきし其いひごとやあだになりし波こえぬべき末の松山
          (岩波文庫山家集159P恋歌・新潮1289番)
            
12 春になればところどころはみどりにて雪の波こす末の松山
               (岩波文庫山家集233P聞書集)
         
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「松島・雄島」(第113号・226号参照)
           
13 松島や雄島の磯も何ならずただきさがたの秋の夜の月
      (岩波文庫山家集73P秋歌・西行上人集追而加書)
          
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          
「平泉・衣川」(第292号・343号参照)(第284号・348号参照)

   十月十二日、平泉にまかりつきたりけるに、雪ふり嵐はげしく、
   ことの外に荒れたりけり。いつしか衣川見まほしくてまかり
   むかひて見けり。河の岸につきて、衣川の城しまはしたる、
   ことがらやうかはりて、ものを見るここちしけり。汀氷りて
   とりわけさびしければ

14 とりわきて心もしみてさえぞ渡る衣川見にきたる今日しも
           (岩波文庫山家集131P羇旅歌・新潮1131番)
           
   双輪寺にて、松河に近しといふことを人々のよみけるに

15 衣川みぎはによりてたつ波はきしの松が根あらふなりけり
          (岩波文庫山家集260P聞書集・夫木抄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「むつのく・外の浜」(第20号・第360号参照)

16 むつのくのおくゆかしくぞ思ほゆるつぼのいしぶみそとの濱風
         (岩波文庫山家集173P雑歌・新潮1011番・
              西行上人集追而加書・夫木抄)  

************************************************************

          ◆ 出羽の國 ◆

【出羽の國】

奥羽地方の羽の国で、現在の秋田県と山形県をあわせて出羽の国
と言っていました。
出羽の国は明治になって羽後(秋田県)と羽前(山形県)に分割
されました。
現在では(では)と発音するのが普通ですが、それは(いでは)
から転じた呼び方です。(出(い)でて)が(出(で)て)と変化
したのと同様です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 あはれいかにゆたかに月をながむらむ八十島めぐるあまの釣舟
              (岩波文庫山家集243P聞書集)

○八十島

本意は多くの島々の意味。小野篁の下の歌などがそうです。

◎わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟
              (小野篁 「古今集・百人一首」)

上の歌とは別に、大阪湾・瀬戸内海・陸奥などの歌もあります。

◎住吉や八十島遠く眺むれば松の梢にかかる白浪
                (後鳥羽院集)

◎塩窯の浦吹く風に霧晴れて八十島かけてすめる月影
               (藤原清輔 千載集285番)   

ですから特に出羽の歌とすることもないのですが、「能因歌枕」
「和歌初学抄」には出羽の国の歌枕とありますので、ここでも
それを踏襲します。

○あまの釣舟

「あま」は水産の仕事で生計を立てている人のこと。漁師のこと。
「釣舟」は海人が魚を釣って獲るために使用する舟。
最後の「海人の釣舟」という体言止めが歌を引き締めています。

(01番歌の解釈)

「ああどんなにゆったりと月を眺めているだろう。多くの島を
めぐる海人の釣舟では。」
                 (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下の02番歌については出羽の国での歌という確証はありません。
しかしその可能性がわずかにあります。「出でば」が「出羽」と
掛けている場合のみです。

  たぐひなき思ひいではの櫻かな薄紅の花のにほひは

上の歌の場合は詞書によって出羽の歌と確認できますが、02番歌の
場合は出羽の歌とするには無理がありそうです。

    遥かなる所にこもりて、都なりける人のもとへ、
    月のころ遣しける

02 月のみやうはの空なるかたみにて思ひも出でば心通はむ
    (岩波文庫山家集76P秋歌・新潮727番・西行上人集)
             山家心中集・新古今集・西行物語)

○都なりける人

個人名までは不明です。新古今集では恋の歌として選入しています。
そのために「都なりける人」は西行の妻ではなかろうかという説も
あります。

○月のみや

(月の宮)ではなくて(月・のみ・や)のことです。
(月だけが)という意味となります。

○うはの空なる

上空のこと。上空にある月のみが形見であるとも取れますが、
浮ついた頃の気持というふうにも解釈できます。
それゆえに山家集では出家関連歌郡の中にあるのでしょう。
出家直後の多感な年代の歌と解釈すれば、しっくりきます。

○出でば

(出れば)ということ。
この歌の詞書に「遥かなる所に籠もりて・・・」とあり、遥か
なる所とは(出でば)から、出羽の国とする解釈もあります。

(02番歌の解釈)

「空にかかる月だけが、うかれ出てしまった自分の形見であり、
あなたがその月を見て自分のことを思い出してくれるならば、月を
仲立ちとして二人の心は通うことだろう。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「出羽の国・たきの山」(第210号参照)(第168号参照)

     又の年の三月に、出羽の國に越えて、たきの山と申す
     山寺に侍りける、櫻の常よりも薄紅の色こき花にて、
     なみたてりけるを、寺の人々も見興じければ

01 たぐひなき思ひいではの櫻かな薄紅の花のにほひは
             (岩波文庫山家集132P羇旅歌・新潮1132番)

     おなじ旅にて

02 風あらき柴のいほりは常よりも寢覚めぞものはかなしかりける
         (岩波文庫山家集132P羈旅歌・新潮1134番・
               西行上人集追而加書・玉葉集)
                
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         
「最上川」(第186号・349号参照)

03 最上川つなでひくともいな舟のしばしがほどはいかりおろさむ
                 (崇徳院詠歌)
        (岩波文庫山家集132P羇旅歌・新潮1163番・
             西行上人集・山家心中集・夫木抄)
  
      御返奉りける
                         
04 つよくひく綱手と見せよもがみ川その稲舟のいかりをさめて

   かく申したりければ、ゆるし給ひてけり
        (岩波文庫山家集183P雑歌・新潮1164番・
            西行上人集・山家心中集・夫木抄)
           
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「象潟」(第113号・226号参照)

      遠く修行し侍りけるに、象潟と申所にて

05 松島や雄島の磯も何ならずただきさがたの秋の夜の月
      (岩波文庫山家集73P秋歌・西行上人集追而加書)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(参考歌)

01 象潟や桜の波にうづもれてはなの上こぐ漁士のつり舟
             (伝承歌(継尾集)・奥の細道) 

************************************************************ 

       ◆ みつ ◆

【みつ】

地名で「御津」のことです。
「津」とは舟が停泊する港・入り江など意味しています。
01番歌の「みつ」は伊勢の国、02番歌は近江の「みつ」と解釈
できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     伊勢にまかりたりけるに、みつと申す所にて、海邊の
     春の暮といふことを、神主どもよみけるに

01 過ぐる春潮のみつより船出して波の花をやさきにたつらむ
           (岩波文庫山家集41P春歌・新潮170番) 

○みつと申す所

地名です。三重県伊勢市二見町内の西側にある「三津」のことです。
五十鈴川の分流である五十鈴川派川に面しています。

○過ぐる春

春が過ぎて行くその過程のこと。現在進行形の春です。
この歌は「春」が主語。

○潮のみつ

「潮が満ちる」ということと、地名の「三津」とを掛け合わせて
います。三津の港は三重県伊勢市二見町にありますが、海ではなくて
五十鈴川派川に面しています。五十鈴川派川は五十鈴川(御裳濯川)
と朝熊町で分かれて、二見町の西側を流れて伊勢湾に注いでいます。
ですから五十鈴川派川を舟で少し下って伊勢湾に出たということ
です。海に近いために、満潮の時には三津の港の水位も上昇する
ものと思います。

○波の花

波の満ち引きの運動によって生じる白い泡や波しぶきを指す名詞。
白い花、特に桜の花に見立てての言葉。

(01番歌の解釈)

「春は花に先導されて過ぎ去って行くものですが、伊勢の春は、
潮が満ちてくる三津の港から船出して、花が咲いたように白く
立つ波の飛沫に先導されて旅立ってゆくのですね。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 思ひ出でよみつの濱松よそだつるしかの浦波たたむ袂を
         (岩波文庫山家集165P恋歌・新潮1498番)

○みつの濱松

琵琶湖の湖西の比叡山東麓にあたる大津市下坂本の湖岸を「御津」と
言います。松で有名な「唐崎」からは2キロほど北に位置します。
御津の浜に生えている松のことです。

近江の他には摂津国の歌枕としても「御津」があり、「大伴の御津」
「難波の御津」の形で多くの歌が詠まれています。

○よそだつる

「よそよそしく見える」ということと、他所(よそ)という意味の
「遠く離れて立っている」ということを掛けています。

○しかの浦波

滋賀県の琵琶湖の汀に寄せては返す波をいいます。 

○たたむ袂

袂を畳むこと。嘆きが次々と押し寄せてきて涙に濡れている袂を
言います。
「波」や「袂」を畳むという言葉によって、その情景や作者の心理
状態を表現しています。

(02番歌の解釈)

「思い出して欲しい。志賀の浦波が打ち寄せてもよそよそしい
御津の浜松のようなあなたのために、私の袖は波が立つほどに
涙で濡れていることを。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(参考歌)

新潮版山家集には「御津」の漢字表記の歌が二首あります。
以下です。01番歌は「山家集全注解」でも「御津」とあります。

01 水底に 敷かれにけりな さみだれて 御津の真菰を 刈りに来たれば
               (新潮古典集成山家集221番)

02 思ひ出でよ 御津の浜松 よそだつと 志賀の浦波 たたん袂を
             (新潮新潮古典集成山家集1498番)

01番歌は岩波文庫山家集や和歌文学大系21では以下のようになって
います。「山家集類題」でも当該個所は「水」です。

 水底に敷かれにけりなさみだれて水の真菰を刈りに来たれば
          (岩波文庫山家集50P夏歌・新潮221番)

「水」=岩波文庫山家集・和歌文学大系21・山家集類題。
「御津」=新潮古典集成山家集・山家集全注解。
伊藤嘉夫氏の「山家集」では二首ともに「みつ」です。

なぜこんな表記違いがあるかというと、底本によっての違いがその
まま出たということです。底本に忠実であろうとするなら、こんな
違いが発生します。

岩波文庫山家集や和歌文学大系21は松本柳斎校訂の「山家集類題」を
底本とし、新潮古典集成山家集は陽明文庫版山家集を底本として
います。山家集全注解は西行全集他の多くの著作を参考としています。

平安時代は濁点を使っていない時代ですし、漢字使用率も少ない
ものでした。美豆及び御津の地名もひらがな表記ではともに
「みつ」です。ゆえに地名であればどこの「みつ」なのか確定しない
ままです。「水」の場合はそのまま「水」とすれば良いのですが、
しかしひらがな表記をすれば「みつ」です。
要するに「みつ」が「水」「美豆」「御津」のどれであるのかは、
これまでの校訂者の才覚に委ねられているとも言えそうです。校訂者
は元の歌をよく読み込み自身の才覚で「美豆」なり「御津」なり
「水」を選択しなくてはなりません。実に大変な作業だったはずです。
そういう作業をした先達の方々がいたことによって、私たちは西行歌
をより身近に感じることができるようになったと思います。

○御津

難波江の歌枕。真菰で有名だったそうです。

(01番歌の解釈)

「五月雨が降り続くこの頃、御津の真菰を刈りに来ると、すっかり
水かさが増し、真菰は水底に入り乱れて敷いたようになっているよ。」
             (新潮新潮古典集成山家集から抜粋)

「増水のために真菰は川底に乱れたまま敷かれてしまったよ。
美豆野まで刈りに来たのだけれど。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

私の感覚では「御津」でも「水」でもなく、「美豆」を選びそう
です。初めに「水底」に「水」の文字がありますので、同じ「水」
の重複を避けたく、かつ海水や汽水域を連想させる「御津」と
「真菰」の取り合わせが少しく引っ掛かります。
和歌文学大系21でも「美豆」と解釈しています。

************************************************************

  (後記)

新年あけましておめでとうございます。
読者の皆様のご健勝とご活躍を願いあげます。
「西行辞典」は本年も頑張ります。お付き合いの程、よろしく
お願いいたします。

この正月は天気が極端に悪いというわけでもなかったので、急遽、
思いついて京都一周をしてきました。むろん歩いてです。
私の住む所は西京区。自宅から→嵐山→広沢の池→金閣寺→北大路
から鴨川を南下して三条大橋→知恩院→八坂神社→博物館→水族館
→自宅というコースでした。むろん寺社などは横目で見るだけで
歩き過ぎました。
歩数は48000歩ほど。距離で31キロ。時間は約8時間。休憩も入れて
では時間当たり4キロ程度。年齢的にはこれで十分かもしれません。
何とか歩けたことに少しばかり自信めいたものを感じました。

「西行辞典」は発行以来13年目に突入します。初めの「西行の京師」
創刊は2002年4月。長く続いているものです。
重病などの大きな出来事がないままに、順調に今年の年末を迎え
たいものです。「西行辞典」は不備も多いのですが、それでも時間は
かかろうとも、なんとか完成させたく思っています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第361号 2018年01月05日発行 

  「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング