西行辞典

西行辞典 第379号(180908)


カテゴリー: 2018年09月08日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・379(不定期発行)
                   2018年09月08日号

************************************************************

             今号のことば    

         1 もしほ・藻汐木 02
         2 もたりにくく
         3 もち・もち月 
         4 もてやつす
         5 物思ふ袖・もの思ふ袖 01

最上川→第349号「まつり・まつる・奉る(01)」参照
もち網→第62号「鵜縄」参照
もちやこさまし→第326号「ほつの山越」参照
基家の三位→第284号「人々よみける(3)参照

************************************************************ 

       ◆ もしほ・藻汐木 ◆

【もしほ・藻汐木】

「藻塩」とは海藻に海水をかけて、塩分を付着させ、それを焼いて
から水に溶かし、その上ずみ液を煮詰める方法で作った塩です。
「藻塩焼く」は塩を作る過程で焼く作業の事。
「藻塩草」は塩を作るための材料となる海藻の事。
「藻塩木」は海藻を焼くための木材。

尚、「藻塩草」とは名筆をも言い、筆跡の美称としての言葉です。
藻塩草はかき集める作業があり、そのことにかけて手紙や歌などを
集める意味もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     海辺の霞といふことを

02 もしほやく浦のあたりは立ちのかで烟あらそふ春霞かな
           (岩波文庫山家集18P春歌・新潮12番)

○もしほやく

当時の製塩法です。海中から藻を採集してきて、それを焼いて塩を
作っていました。

○立ちのかで

どこかに行くことや拡散して消えてしまうことなく、そのままその
場所にあり続けている情景。ありつづけているのは塩を焼く煙と
春霞の両方を指しています。

○烟あらそふ

製塩の煙と霞がともに立ちこめて拮抗している情景。

(02番歌の解釈)

「藻塩を焼いている浦のあたりでは、煙が立ち退くことなく霞に
たちそい、霞は一層濃くなってひとしお春を思わせることである。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      副へて送れる二首

03 ちぎりおきし契りの上にそへおかむ和歌の浦わのあまの藻汐木
        (藤原俊成歌)(岩波文庫山家集281P補遺・
                 御裳濯河歌合・長秋詠藻)

添えて送った二首のうち、他の一首は以下です。

 この道のさとり難きを思ふにもはちすひらけばまづたづねみよ
        (藤原俊成歌)(岩波文庫山家集281P補遺・
                御裳濯河歌合・長秋詠藻)

○ちぎりおきし契り

西行と俊成の若い頃からの交友関係を前提とした約束事のことなの
でしょう。二人の関係は具体的には俊成判の御裳濯河歌合の序文に
よって知られます。
「…上人円位、壮年の昔より互に己を知れるによりて、二世の契り
を結びをはりにき…」(序文より部分抜粋)

○和歌の浦わ

紀伊の国の歌枕。和歌山市の紀の川河口の和歌の浦のこと。
片男波の砂嘴に囲まれた一帯を指します。
和歌の神と言われる「玉津島明神」が和歌の浦にあります。
和歌に関しての歌で、よく詠まれる歌枕です。
(浦わ)は(浦曲)で、和歌の浦の湾の湾曲していることや湾の入り
組んでいる部分を指します。

尚、御裳裳河歌合では「浦わ」は「うら路」となっています。

○あまの藻汐木

「あま」は海人のこと。
「藻汐木」は海水から塩を製造する時に製塩の釜をたく薪を表します。
この歌は上句と下句の連続性が判然としませんが、歌の道にかける
互いの思いを固い約束事としての共通認識の上での歌なのでしょう。

(03番歌の解釈)

「約束をしておいた約束の上にも更にそえておきましょう。
和歌の浦のほとりに住む海人の塩やく藻汐木を。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

【藤原俊成】=「顕廣・五條三位入道・左京大夫俊成・釈阿」

藤原道長六男長家流、従三位藤原俊忠の三男。1114年生、1204年に
91歳で没。1123年に父の俊忠が死亡してから葉室顕頼の養子となり、
「顕廣」と名乗ります。
1127年に従五位下となり美作守、次いで加賀守・遠江守・三河守・
丹後守・左京太夫などを歴任後1167年に正三位。
この年に本流の藤原氏に復して「俊成」と改名しました。
1172年に皇太后宮太夫。1176年9月、病気のため出家。法名は「阿覚」
「釈阿」など。五条京極に邸宅があったため、通称は「五條三位」。
歌道の御子左家の人です。藤原定家の父。俊成女の祖父。

1183年2月、後白河院の命により千載集の撰進作業を進め、一応の
完成を見たのが1187年9月。最終的には翌年の完成になります。
千載集に西行歌は十八首入集しています。
90歳の賀では後鳥羽院からもらった袈裟に、建礼門院右京太夫の局
が紫の糸で歌を縫いつけて贈っています。そのことは「建礼門院
右京太夫集」に記述されています。
西行とは出家前の佐藤義清の時代に、藤原為忠の常盤グループの
歌会を通じて知り合ったと考えてよく、以後、生涯を通じての
親交があったといえるでしょう。

家集に「長秋詠藻」、歌学書に「古来風躰抄」「古今問答」「万葉集
時代考」などの作品があります。

 世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
                (藤原俊成 百人一首83番)

************************************************************ 

       ◆ もたりにくく ◆

【もたりにくく】

(もたり)は「持ちあり・持てあり」の変化した他動詞ラ行変格活用
の言葉。これは物品などの形あるものではなくて、人が心の中に
持っている感情を主に「もたり」の言葉で表したのでしょう。
「もたり」+「にくくも」で、持ちにくくなる・持っているのが
つらくなる、と反語的な意味になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
01 月見ればいでやと世のみおもほえてもたりにくくもなる心かな
           (岩波文庫山家集148P恋歌・新潮619番)

○いでやと世のみ

「いでや」は、和歌文学大系21では「出でや」と解釈しています。
この歌は恋歌なので、あるいは少し違うのではないかとも思います。
でも月の縁語としての「出」のある解釈で良いのかもしれません。

「世のみ」は現在的な解釈では恋とは関係ないようにも思いますが、
平安時代は「世を知らない」と言えば男女の情愛を知らないという
意味でも使われた言葉のようです。
それにしても当時の言葉のニュアンスが良く理解できなければ、
解釈に戸惑う歌です。私も十分に理解できているとは言えません。

○おもほえて

自動詞ヤ行下二段活用「思ほゆ」の未然形「おもほえ」に接続助詞
「つ」の連用形の「て」が接続した言葉です。
意味は「自然にそのように思われる・ひとりでに思われる」という
ことを表します。

(01番歌の解釈)

「月を見ると、さあ逢いに行こうとあなたへの思いばかりが募って
きて、心を抑えきるのがとてもつらくなる。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

「月を見ると、恋人の面影が目に浮んで、何とかして恋しい
人と契りを結びたいとばかり思われて、平静な心を保ちにくく
なることだなあ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ もち・もち月 ◆

【もち・もち月】

「望=もち」とは、陰暦15日の事です。
同時に15日の満月を言います。ただし、陰暦でも15日に必ず満月に
なるわけではなくて、ほんの少しずれることもあります。
今年で言えば1/1(陰暦11月)、1/31(陰暦12月)8/25(陰暦7月)の
3回は次の日にずれ込んでいます。その他は15日が満月です。

尚、ありえないことの例えとして「晦日月」という言葉もありますが、
新暦に変わっているので晦日月もあり得ないことではなくなりました。

02番歌については西行の辞世の歌のように感じさせもしますが、
西行壮年の頃に詠まれた歌であり、決して辞世の歌ではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      同品文に 第十六我釋迦牟尼佛於娑婆國中
      成阿耨多羅三藐三菩提

01 思ひあれやもちにひと夜のかげをそへて鷲のみ山に月の入りける
                  菩提心論之文心なるべし
             (岩波文庫山家集227P聞書集08番)

○同品文

前歌の聞書集第7番の詞書に「化城喩品=けじょうゆほん」とある
ので、「化城喩品」を指しています。
「化城喩品」は法華経第7品にあたり、法華経七喩の一つだそうです。

悪路を行く隊商のリーダーが途中で幻の城を現出させて、部下達に
希望を持たせて目的地への旅を続ける……という例えから小乗仏教の
悟りは大乗仏教への悟りにと導くための方便、だと言われます。

○第十六

釈迦の前世が第16皇子という書物上の架空のことです。
釈迦の個人名は「ゴータマ・シッダッタ」と言い、インド北部の
釈迦族の浄飯王の王子だったことは確かなようですが、兄弟につい
ては明白な資料がないようです。

○釈迦牟尼佛

(釈迦)の尊称です。他に釈迦牟尼如来・釈迦牟尼世尊などの尊称が
あります。

○娑婆国中

この世の世界すべてに渡って…の意。

○阿耨多羅三藐三菩提

これ以上にない無上の完全な悟りを表すようです。

○思ひあれ

人々を済度し悟りの世界に導こうとする強固な意志を「思ひ」という
言葉に込めています。

○もちに一夜

釈迦入滅の2月15日を指しています。15日は望月の日です。
「もち」は「望月」で、満月のことです。

○鷲のみ山

インド北部の霊鷲山のこと。釈迦が修行した山だと言われています。

(01番歌の解釈)

「深い思いがあるのだろうよ、望月の十五夜に一夜の光を添えて、
霊鷲山に月が入ったことは。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 ねがはくは花の下にて春死なんそのきさらぎのもち月の頃
     (岩波文庫山家集31P春歌・新潮77番・西行上人集・
     山家心中集・御裳濯河歌合・新古今集・続古今集・
              長秋詠藻・拾玉集・西行物語)

○花の下にて

「花」は桜のこと。「下」はここでは正しくは「した」ですが、
御裳濯歌合などは「もと」となっています。
どちらで読んでも良いものと思います。

○そのきさらぎ

「きさらぎ=如月」は二月の別称です。
「その」については歌では明示されていませんが、仏教の創始者で
ある釈迦の入寂日を指していると解釈されています。
釈迦の入寂日については諸説あったように思いますが、一般的には
2月15日として涅槃会が行われます。
ちなみに4月8日は釈迦誕生日として灌仏会が行われます。

(02番歌の解釈)

「望むところは花の下で春死にたいということ。釈迦の命日と同じ
二月十五日なら、花は満開、月も満月。往生満願。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

「どうか、春の、桜の花咲く下で死にたいものだ。あの釈迦が
入滅なさった二月十五日頃に。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ もてやつす ◆

【もてやつす】

「もて」と「やつす」の接続した言葉。
「もて」は接頭語。対象を大事に扱う気持を付け加えたり、言葉の
リズムを整えたり意味を強めたりする言葉。

「やつす」は自動詞サ行四段活用の「やつる」の他動詞形。
容姿や服装を以前と変えて、見すぼらしく目立たないようにするの意。
「やつす」は現在使われている「やつれる」に相当する言葉。
総体的には以下のような意味で使われる言葉です。

○みすぼらしくする。目立たないように姿を変える。
○剃髪して僧形になる。
○真似て形を変える。もじる。
○やせる思いがするほど物事に打ち込む。
               (大修館書店「古語林」参考)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 秋の夜の月や涙をかこつらむ雲なき影をもてやつすとて
           (岩波文庫山家集148P恋歌・新潮622番)

○月や涙を

月を擬人化して月の立場で詠んでいる歌です。
秋の夜の月は精いっぱい輝いているというのに、その月を見て
涙を流している人に対して不満な思いを持っているだろうという
程の意味。

○かこつ

(かこつ)は口実をもうけること。不満などの愚痴をこぼすこと。
物事の原因や理由や責任を他人や他の物事に押し付けること。
言い訳。かこつけること。(囲う)の変化した言葉ではありません。
「かこつ」の言葉のある歌は他に一首あります。
「かこつ」の変化した「かこち」の言葉のある歌も紹介します。

011 こひしさを催す月の影なればこぼれかかりてかこつ涙か
        (岩波文庫山家集149P恋歌・新潮633番)

012 なげけとて月やはものを思はするかこち顏なる我が涙かな
   (岩波文庫山家集149P恋歌・新潮628番・西行上人集・
     山家心中集・御裳濯河内歌合・千載集・百人一首)

    筑紫に、はらかと申すいをの釣をば、十月一日におろす
    なり。しはすにひきあげて、京へはのぼせ侍る。その釣の
    繩はるかに遠く曳きわたして、通る船のその繩にあたり
    ぬるをばかこちかかりて、がうけがましく申してむつ
    かしく侍るなり。その心をよめる

013 はらか釣るおほわたさきのうけ繩に心かけつつ過ぎむとぞ思ふ
          (岩波文庫山家集118P羇旅歌・新潮1450番)

013番歌の「かこちかかりて」は下のような意味です。

言いがかりをつけること。高飛車に文句をいうこと。

(01番歌の解釈)

「秋の夜の月は私の涙を恨むであろう。雲一つない澄んだ光を
曇らせていると言って。」

                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 物思ふ袖・もの思ふ袖 01 ◆

【物思ふ袖・もの思ふ袖 01】

「物思ふ」は自動詞ハ行四段活用の言葉です。「物」とは、物品
などの形のあるものを指す名詞ではなくて、接頭語としての言葉
です。
「物思ふ」で、思いにふける事・思い悩むことを言います。
「物思ふ袖」は涙を袖で拭くという事から、物思いにふけって、
流れ出た涙が袖を濡らしているということを意味します。
袖は涙の縁語です。

「物思ふ袖」は「袖」以外に「人・身・心」などの言葉の接続した
歌があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     女郎花水に近しといふことを

01 をみなへし池のさ波に枝ひぢて物思ふ袖のぬるるがほなる 
    (岩波文庫山家集59P秋歌・新潮284番・万代集・夫木抄)

○をみなへし

植物名。オミナエシ科の多年草。高さは1メートル程度。
夏から秋に淡黄色の小花を傘状にたくさんつけます。秋の七草の
一つです。オミナメシの別称もあります。
同じくオミナエシ科で白い花の咲く「オトコエシ」もあります。

○池のさ波

小さい波のこと。細い波のこと。さざ波のことです。

○枝ひぢて

枝が水面に浸かること。「ひぢ」は、水に浸かること、濡れること
を表す「漬つ=ひつ」の活用形です。

◎ 袖ひちてむすびし水のこほれるを 春立つけふの風やとくらん
              (紀貫之 「古今和歌集02番」)

○物思ふ袖

(おとこえし)ではなくて(女郎花)ですから、女性が恋の思いに耽って
いて、そのあまりに袖が涙で濡れることを、植物の女郎花の枝葉が
池の水面にまで垂れて濡れていることから連想しています。

(01番歌の解釈)

「女郎花は池のさざ波に枝をひたして、あたかももの思う人の袖が
涙に濡れているごとき風情である。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

【(がほ)歌について】

(がほ)のフレーズの入った歌は西行が好んで詠んだとも言えます。
                  
いひがほ・恨みがほ・嬉しがほ・かけもちがほ・きかずがほ・
たより得がほ・つけがほ・告げが・所えがほ・ぬるるがほ・
見がほ・見せがほ・もりがほ・わがものがほ・かこち顔。

以上15種類、16首あります。源氏物語にも「○○がほ」という記述は
たくさんありますから、西行の「がほ」歌はあるいは源氏物語の影響
なのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 よるの床をなきうかされむ時鳥物思ふ袖をとひにきたらば
          (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1471番)

○時鳥

ホトトギスと読みます。西行にホトトギス歌は87首あります。
漢字表記は時鳥・郭公・杜鵙・子規などがあります。

○とひにきたらば

ホトトギスが不審に思って、泣いている人の様子を見に来るという
こと。何かをホトトギスに託した暗喩的な歌のような気もします。

(02番歌の解釈)

「寝所が涙で浮いてしまうくらい泣き続けたいものだ。
ひとりで物思いにふけっている私を気遣って、時鳥が尋ねて
来たりしょうものなら。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

日本の国にとって今週は過酷な一週間でした。台風21号襲来と北海道
での地震。いずれも最強最大規模のもので、台風は主に関西、地震は
北海道でしたが被災規模はともに甚大なものです。本当に自然災害は
怖いという思いを新たにしました。被災された方々には心よりお見舞い
申し上げます。

過日、和歌山県伊都郡かつらき町上天野に鎮座する丹生都比売神社に
参詣してきました。岩波文庫山家集135ページの詞書にある「天野の里」
です。現在も「天野」という地名のままです。
実際には山家集に丹生都比売神社の固有名詞は記述されてはいないの
ですが、高野山とは密接な結びつきのある神社ですから、西行も何度
も立ち寄ったことでしょう。この里には待賢門院中納言の局や西行の
妻と娘も住んだという伝承もあり、古びた塚もありました。
この秋にもう一度参詣するつもりでいます。

今年は1118年に出生した西行の生誕900年の節目の年に当たります。
それで900年遠忌ということで、「西行学会」でも来月に和歌山県で
記念大会をするそうです。
和歌山県立博物館でも「西行と明恵展」を明日から10月5日までの
期間に開催するようです。
天野の里の丹生都比売神社でも重陽の節句の明日に京都東山西行庵の
関係者による献茶会が行われるとのことです。
私は和歌山の博物館まて行こうかと考えています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第379号 2018年09月08日発行 

   「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/08
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/08
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング