女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学

【ココヘル152】なぜ満たされない恋愛をしてしまうのか2?

カテゴリー: 2006年12月13日
まぐまぐ大賞12/21まで投票受付中です。それまでしばらく
投票のお願いでうるさいでしょうけど、よろしくお付き合い下さい
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学 152号 2006.12.13
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

 こんにちは。あづまです。
 キャベツのメニューありがとうございましたm(_'_)m
 おかげさまで、順調に減って、腐らせずにすみそうです。


 ココヘルも、創刊から1年半ぐらい。150号を超えました。
 以前は「ためになります」という感想を頂くことが多かったので
 すが、最近は「毎回真剣に何度も読んでます」とか「泣きました」
 とか「救われました」みたいな感想を頂きます。

 書いていて、嬉しいですね。そういうのは。

 まぐまぐ大賞にもノミネートされました。推薦してくださって本
 当に嬉しいです(*^_^*)現在決選投票が始まっています。
 一人一回の投票を、ぜひお願いいたします。


 さて。

 前回の内容は、私自身も書くのが難しいと思いながら書きました
 ので、やっぱり分かりにくかったみたいです。ごめんなさい!
 感謝のメールも来たので、分かって下さった方もいらっしゃった
 ようですが・・・


 まず、分かりにくかったのは、ここですね。


>親がだらしなければ、人一倍努力家になったり。
>親が浪費家だったら、人一倍ケチになったり。
>親が事業で忙しかったら、人一倍仕事嫌い・家庭優先になったり。

>もちろん、それで幸せならいいんですよ。でもね・・・

 努力家がいけないとか、家庭優先がいけないとかじゃないんです。

 心の底から「やりたい」と思って努力するのは○
 努力しなければ「いけない」と思って努力するのは×

 そう言いたかったのです。


 前者は、魂の導きに従っています。
 努力すればするほど成功し、幸せになっていくパターンです。


 後者は、努力しない自分は「ダメ」という、
 心理学的にいうと「禁止」のパターンです。

 魂の導きに従っていませんので、
 どんなに努力しても幸せな気持ちになれないんです。
 でも、努力しないと「罪悪感」が出てきてしまう。

 努力すればするほど疲れて、幸せになれないパターンです。


◆親と同じ道を歩むパターン

 実は、親と同じ道を歩むパターンもあります。

 親が事業で忙しくて、子供も同じように忙しい人生を歩む。
 親がケチで、子供もケチ。
 親が厳しくて、子供も厳しい性格になる。


 これも、実は心理学的には「禁止」のパターンです。
 親と違うことをする自分を禁止しているのです。


◆さあ、分からなくなってきました???

 親と反対のことをするのも「禁止」
 親と同じ道を歩むのも「禁止」

 じゃあ、どっちへ行っても禁止じゃないの!!


 そうです(笑)



 ヒントをあげましょうか?

 禁止の反対はなんでしょう?

 「許可」

 そうです。


◆色々な道を歩むことに「許可」を出してください。

 お父さんが、「仕事をして家族を養うのが義務だ」と口癖のよう
 に言いながら、毎日遅くまで仕事をしていたとします。

 親と同じ道を歩むとすると、
 仕事から早く帰ってくる自分を「禁止」することになります。
 結果、自分も残業、残業というパターンにはまりがちです。

 親のように仕事をしたくないと思えば、
 仕事に時間をとられる自分を「禁止」することになります。
 結果、コツコツ働くことをバカにするようになるかもしれません。


 これでは、どっちも「禁止」ですので、

 まず「許可」を出すのです。
 一生懸命仕事をする自分もOKだし、
 仕事より大事なことを見つけて楽しむ自分もOKだよ。

 「今日のアファメーション」を声に出して読むのもいいですよ。

 その上で、自分の心と対話してゆくのです。
 私はどうなったら幸せか?


 鈍い人はすぐには答えにたどり着けないでしょう。
 そういう私も数年かかりました。
 (対話の仕方は、いつか書きます)


◆もうひとつ、前回分かりにくかったのはここでしょう?

 「怖れがあると、幸せを優先できない」


 ちょっと具体的に書くと、こんなことです。

 子供の頃の辛い経験。
 たとえば、両親がいつ別れるか、ハラハラしていた。
 たとえば、実際に親との辛い別れを経験した。

 そのことで、心が引き裂かれるような思いをして、あまりにそれ
 が辛かったので、無意識のうちに「どんな別れも避ける」ように
 行動しているかもしれません。

 本当は、もうその恋愛は終わっているのかもしれないのに。
 修復不可能なほど、こじれてしまっているかもしれないのに。

 別れを怖れる気持ちがあるために、
 現在の関係を終わらせて、将来の幸せに向かうことができなかっ
 たりします。泥沼だけど別れられないってやつです。


 で、分からなかったというメールを何通も頂いたのですが、
 分からなかった方に共通するポイントがあります。


 「自分はもう変われない」と思っている。

 ということです。


 ×こう言いたかったのではありません。
 小さい頃に心の傷を受けた。
 だから、怖れを持ってしまい、一生幸せを優先できない。

 ○私はこう考えています!!
 小さい頃に心の傷を受けたことがきっかけで、
 現在は、怖れを持ってしまい、幸せを優先できないでいる。
 【自分を変えようと決めさえすれば、変化することができて】
 始めから傷のない人よりむしろ幸せになれる。

 救いのある話じゃないですか。
 信じてみる価値はありますよ!


◆現在と未来に目を向ける

 ようやく、今回の記事ですが、

 過去の出来事から来る怖れに囚われたままでは、
 現在の幸せや、将来の希望に目を向けられないでしょう?


 そのままの自分で一生生きていたいですか?

 それとも、

 もっと力を抜いて、幸せに生きられる自分に変わりたいですか?


 このメルマガは、変わりたい人に向けて書いています。



 しかし、変わろうと思って「意志の力」でぐ〜っと頑張っても、
 そう簡単に変われるものではありません。

 その怖れは「潜在意識」から出てくるものです。
 潜在意識には独特の操縦方法が必要なんです。


 知りたい?


◆過去と訣別する

 一つ目は、過去と訣別するための「感情の解放」です。
 小さい頃に経験した辛いこと。きっと心が傷ついたことでしょう。

 でも。平気なケースもあるんです。
 一方、トラウマになってしまうケースもあります。

 全てがそうだとは言えませんが、トラウマになりやすいケースは、
 「その時感じた辛い感情を出すことを禁じられた場合」
 なのです。


 感情を表に出して、解放してしまうと、心が軽くなります。
 分かりやすく言えば、当時の辛い気持ちを涙で流すのです。
 う〜ん。感情ってスゴイスペシャルな能力なんですね。

 セラピーでは催眠などを使って行うことができますし、
 私の場合、フォーカシングという手法をよく使います。
 自分でやる場合は、当時の出来事を日記風に書きながら、感情を
 感じ、怒ったり、涙を流していくことが効果的です。

 ※参考 「セラピーの手法」
 http://www.556health.com/archives/2006/12/post_47.html


◆現在の幸せに目を向ける

 「あなたの好きなことを教えてください。」

 好きなこと、好きなもの、好きな場所。色。音楽。
 日々の生活の中に、それを取り入れていますか?
 できるだけ取り入れましょう。

 そして、そんな生活ができることに「ありがとう」と言います。
 潜在意識は、その言葉をちゃんと聞いています。

 そして、ますます幸せなことが増えていきます。


◆未来の希望に目を向ける

 セラピーでは「ミラクルクエスチョン」というのをします。
 「もし奇跡が起きて、現在の問題が全て解決して理想の一日が
  実現したとしたら、どうなっていると思いますか?」

 せっかくなので、あなたもちょっと考えてみて下さい。
 どんな一日がイメージできましたか?


 そう、奇跡ですから。何でもアリです。
 本当の望みが出てくる質問です。

 しかし、怖れが強すぎる場合、それでも出ないかもしれません。


 そういう場合は、ちょっと強烈な質問ですが、

 「もし来年死ぬと分かったら、今から何をしたいですか?」

 こう自問してみるといいかもしれません。


 人は現在の幸せを犠牲にして「幸せへの準備」をしがちです。


 死を意識する質問はつまり幸せには締め切りがあるよってこと。
 いつまでも準備だけしていると、幸せになれないよってことです。

 この質問をすることで本当の「優先順位」が分かります。


 ちなみに私は、来年死ぬとしても、今とあまり変わらない生活を
 するような気がします。仕事は少し減らすかな。


◆まぐまぐ大賞への投票をお願いします。

 ココヘルが、まぐまぐ大賞にノミネートされています。
 すごいことです。これだけでも。
 でもでも、せっかくなら行けるところまで行かせて下さい!

 ココヘルの新たな仲間が増えるように、受賞に向けて応援して
 下さると嬉しいです。

 同じメールアドレスからは1回しか投票できませんので、
 何度も投票しなくて結構ですよ。


 投票は、こちらからです。お手数おかけしますm(_'_)m
 http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/

 で、ちゃっかりお願いですが、
 私がお世話になっている人たちのメルマガもノミネートされてい
 ました。他に投票予定があれば構いませんが、もしなければ、
 こちらのメルマガも応援してくださると嬉しいです!!

 ※特に投票したいメルマガがない部門は空欄でいいんですよ。

 ■ニュース・情報源部門
 役に立つ!医学と健康の豆知識
 ↑tossyさんっていうイカしたお医者さんが書いてます。

 ■ビジネス・キャリア部門
 ビジネス心理学 精神科医が教える1億稼げる心理戦術
 ↑この人は精神科医ですから。アメリカ仕込みの心理学が深い。

 ■語学・資格部門
 涙なしの英単語−1分で覚えて100年忘れない!
 ↑英語系のメルマガでは、一番面白いですマジで!

 ■インターネット・パソコン部門
 ウェブアクセシビリティ入門
 ↑視覚障害が「長所」とすら思えてきます。望月さんスゴイ!

 ■生活情報部門■
 ★女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学★
 ↑ココヘルは「恋愛部門」じゃなくてココですからね〜

 ■エンターテイメント部門
 シカゴ発 映画の精神医学
 ↑上のビジネス心理学と同じ人です。二つもノミネートなんて。

 ■恋愛・結婚部門
 ネクラでブサイク彼氏が5人
 ↑恋愛部門では、これが絶対最高!私も目を皿にして読んでます。


 もちろん、大賞の推薦は
 『女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学』
 まぐまぐIDは 0000164141 です。
 (色よいよいと覚えてください)

 推薦理由のところは、ココヘルの感想を書いて下さいね。
 ちょっと持ち上げて、
 「毎回救われています」とか、
 「毎回目からウロコが落ちまくりです」とか、
 書いて下さると嬉しくて飛び上がってしまいます。

 投票はこちらからです。
 http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/
 ありがとうございました。


◆今回のまとめ

 前回分かりにくくてごめんなさいm(_'_)m

 親に縛られない自分らしい生き方に許可を出しましょう。

 たとえ心に傷を負っていても「変われる、幸せになれる」と信じ
 て一歩ずつ前に進むと決めましょう。

 変わってゆくためには、
 過去の感情の解放。現在の幸せを感じる。未来の希望を持つ。

 まぐまぐ大賞の投票も協力してくださいm(_'_)m


 以上です。


◆次回予告

 次回は、少し前に質問をいただいた
 「どうしたら以前の彼を忘れることができるのか」
 を書こうと思っています。

 いろいろご要望を頂きましてありがとうございました。
 しばらくネタは続きそうですが・・・
 要望のある方、歓迎です!

 こちらまで、よろしく!
 azma@556health.com
 @とドットは半角に替えてください。


◆編集後記

 最近、寄せられる質問、というか相談がだんだん難しくなってき
 て、答えるのも大変です。それだけ信頼してくださっているのだ
 と思って、知恵を絞っています。

 最近は、どうもトラウマがあるようなケースの方が相談を寄せて
 来られているような気がします。メールにははっきりと書いてい
 ないので推測するのみですが。

 ここにこれを書く意味があるかどうか分かりませんが、今の私に
 は深いトラウマはまだ実力の範囲外だと思います。ただ、心理療
 法も進歩していて、私も勉強していますので、今後ココヘルで書
 けるようになるかもしれません。

 ※深いトラウマ:レイプ、肉親の死、虐待などによる深い心の傷

 無理はしませんが、実力をつける努力は続けていきたいと思って
 います。最近はトラウマの治療の英語のサイトをあちこち訪問し
 ています。日本のサイトより充実していますから。

 今日は重い内容ですいません。
 次回は料理ネタとかにしようかな。

┏━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┓
 ありがとう! ライフスタイル版新着1位! 祝!15000部
 ●女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学
 ●ご意見、ご感想お待ちしています。このまま返信して下さい。
  これまで、頂いたメールをメルマガで紹介させていただく際の
  ルールを明確にしていませんでしたが、このようにします。

 ・頂いた文面はなるべくそのまま掲載する。
 ・お名前はこちらでイニシャルにします。
 ・掲載許可の事前確認は原則しません。
 ・紹介不可の場合、明記してくだされば、紹介しません。

  azma@556health.com ←メールはこちらまでお願いします。
  スパム防止で@は全角になっています。半角に直してください。

 ※たくさんのメールを頂いています。ありがとうございます!
  個別の返信はできないことがありますのでご了解下さい。

 こんな方にお役立ち情報をお届けします。
 ○出会いがない(出会う自信がない)
 ○なぜか不倫ばかり(一対一の恋愛に自信がない)
 ○不倫されて悩んでいます!
 ○交際が長続きしない
 ○今の相手と喧嘩が絶えない
 ○パートナーとマンネリ(冷戦)
 →でも、現状を変えたい!解決したい!

 ●制作:あづま やすし(女と男の心のヘルスカウンセラー)
 ●自己紹介はこちらです↓(声の自己紹介があります!)
  http://www.556health.com/archives/2005/07/post_5.html
 ●登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000164141.html
  (解除依頼は受けていません。ご自分でお願いします)
 ●ブログ http://www.556health.com/

 このメルマガは、メルマガの登録、無料レポートの請求および
 協賛によってのみ登録になります。違法なアドレスの収集は
 一切行っていません。

 このメルマガの著作権は発行者であるあづまやすしに属します。
 無断転載を禁じます。ブログへの転載は事前にお申し出下さい。
 1〜2号であれば基本的に出所明記(リンクを貼る)を前提に
 転載依頼に応じています。
 ご友人への転送は歓迎です。メルマガ全文をお願いします。
┗━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━◆━━┛

(今日のアファメーション)

 「私は日々、よりよい人生に向かっています」

 今の自分がダメだと思っていても、
 今の環境が最悪だと思っていても、

 そこより一歩だけ前に進むことはできるでしょう?
 良い方向に、ちょっとだけ進んでみましょう。

 問題が解決して幸せになった時を100点。
 最悪の状態を0点として、

 今が10点ぐらいだとしても。
 明日の人生を11点にしましょうよ。
 どうすれば1点上がるか考えてみましょう。

 毎日少しずつ良くしていけば、
 気付くと随分変わっていますよ。


 そのための、今日のアファメーションは、

 「私は日々、より良い人生に向かっています」

 人生最後の日まで、こう思い続けて生きたいですね。


女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/07/24 部数:  13,115部

ついでに読みたい

女と男の「心のヘルス」-癒しの心理学

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/07/24 部数:  13,115部

他のメルマガを読む