毎日5分!英文法で英会話トレーニング

seem toとit seems thatの使い方と英会話の場合

カテゴリー: 2018年12月07日
おはようございます!井上です。

本日は、不定詞の用法seem toと
it seems thatの使い方について
解説したいと思います。


まず、seem toですが以下のように
toの後ろには動詞の原形がきます。

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」

そして、seem to+動詞の原形で
「~のようだ」という意味になります。


次に、it seems thatですが、
thatは接続詞なのでthatの後ろには
以下のように文章がきます。

It seems that he is rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」

it seems that+文も
「~ようだ」という意味になりますが、
seem toのtoの後ろは動詞の原形になり
thatの後ろは文章がきます。


ここからはit seems thatとseem to
の文の書き換えについて解説します。

例えば、以下の例文を

It seemed that he was rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」


seem toに書き換えると
以下のようになります。

He seemed to be rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」

この場合はseemedとthatの後ろの文
he was richの時制が同じ過去なので、

toの後ろのは原形のbeが置かれ、
He seemed to be richとなります。


しかし、以下の例文のように

It seemed that he had been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」


seemedが過去形に対し、
thatの後ろの時制が大過去の
had beenと1つ古い時制の場合、

He seemed to be richのように
toの後ろに原形のbeを置くと
seemedと同じ過去(was)を表すので
to beという形は使えません。


そこで、toの後ろにhave beenと
現在完了形の形を用いることで、
seemedより1つ古い時制を表します。

He seemed to have been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」


to have+過去分詞は、
以下のような現在形(この場合seems)と
過去形(この場合went)という組み合わせ
の時にも用います。

It seems that he visited there yesterday.
「彼は、昨日そこを訪れたようです。」

→He seems to have visited there yesterday.


言いやすいためか、
日常英会話ではit seems that ~ より
seem toのほうをよく用いる気がします。

その時に以下の4つのパターンがあるので、
これは文型を考えるのではなく熟語のように
覚えて使えるようにしましょう。


・現在のことを現在に推測する場合

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」


・過去のことを過去に推測する場合

He seemed to be rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」


・過去のことを現在に推測する場合

He seems to have visited there yesterday.
「彼は、昨日そこを訪れたようです。」


・大過去のことを過去に推測する場合

He seemed to have been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」

4つ目は過去より前の時(大過去)のことを
過去のある時点で推測しています。

ただ、4つ目のseemed to have+過去分詞
の形はあまり用いることはありません。



☆期間限定で個別指導を募集します。

自分で英語の勉強や
練習をしても上達せず、
自信を失っているけど

オリンピックまでに
日常英会話を絶対に習得したい
という方は以下をご覧下さい。

12月14日までの期間限定で、
特別価格で3名様の募集となります。

https://e-grammar.info/english/master.html


以下は個別指導の内容を凝縮したものを
10日間で学べる無料講座になります。

明日まで無料で受講できます。

https://e-grammar.info/english/


本日も最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:井上 知

HP:https://e-grammar.info/

お問合わせ ⇒ mail★e-grammar.info(★は@です)
※お名前を書いて下さい。

※現在相互紹介・広告掲載は受け付けておりません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    本メールマガジンの内容の複製、転載を禁じます。
   Copyright since 2005 Tomo Inoue All Rights Reserved.

毎日5分!英文法で英会話トレーニング

発行周期: 毎週金曜日の午前7時 最新号:  2018/12/07 部数:  11,129部

ついでに読みたい

毎日5分!英文法で英会話トレーニング

発行周期:  毎週金曜日の午前7時 最新号:  2018/12/07 部数:  11,129部

他のメルマガを読む