幸せになるセラピー~あなたが微笑むとき世界が微笑む

☆幸せになるセラピー☆第98号「なぜ『体罰』はいけないのか?」


カテゴリー: 2017年10月18日
■□∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞■□
         幸せになるセラピー
  ☆*:o. あなたが微笑むとき、世界が微笑む .o:*☆   
        2017/10/18(水) 第98号
       『体罰はなぜいけないのか?』
□■∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞□■

◆ ご 挨 拶 !

皆様、こんにちは!
西連寺(サイレンジ)です。

突然ですが、お元気ですか?

実に2年半ぶりのメルマガです。

ちょっと思うところがあったので、
久々に「幸せのオーラ」と一緒にお届けします!.:*:・'゜'(幸)


◆  指導範囲を超える叱責 !

先日、痛ましいニュースがありました。

「<福井・中2自殺>「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000058-mai-soci

21世紀にもなって、
こうした事件が未だになくならないことに、
なんとも言えない無力感を感じます。

(お決まりの旧態依然とした学校の対応にもゲンナリです。)


◆ 「愛のムチ」ならOKなのか ?

ちょっと前の話になりますが、
世界的なトランペット奏者である日野皓正さんの
ステージ上の体罰が話題になったことがありました。

様々な意見が出ましたが、
当事者である少年やその家族は
日野さんに感謝しており、
素直に反省しているような後日談も聞かれます。

これによって
「体罰」もケースバイケースで
信頼関係に基づいた「愛のムチ」ならOKみたいな

  『体罰容認』

という意見が今の日本には
未だ根強く存在しており、
私は危険だと感じております。


◆ なぜ体罰はいけないのか ?

私自身、幼い頃、
一度だけ母親を怒らせて叩かれたことがあります。

現在、母は他界しているため、
今となっては温かい想い出のひとつとして
懐かしく思い出すこともあります。

そして、私自身、
「絶対に子供には手を上げない!」
という理念を持っていましたが、
幼い息子の頭を叩いて怒鳴ってしまったことがあります。

(気に入らないことがあったようで、
 私にハサミを投げてきたんですよ…。)

なのでキレイごとを言うつもりはありません。

確かに様々なケースにおいて、
結果的に「体罰」が効果的に見えることはあります。

現実問題、効果的だった体罰は存在するでしょう。
それを私は否定しません。

でも「体罰」を容認してはダメです。

なぜか?

人の攻撃的な感情は

 『エスカレート』する

からです。


◆ エスカレートする攻撃性 !

特に気を付けなければならないのは、

 『教育』 『指導』

の名のもとに体罰が容認されるケースです。

今回の少年の自殺や児童虐待など、

加害者からは

 「指導の一環だった」

 「親の言うことを聞かないので『しつけ』のつもりだった」

という言葉がよく使われているのではないでしょうか?

(今回のケースは体罰ではなく、執拗な叱責(恫喝)ですが。)


初めは本当に正しい気持ちだったのかもしれません。

ですが、それでも自分の望む結果が得られないとき、
その行為は

 『教育』 『指導』

というカモフラージュをまとい
攻撃性が生まれ、
どんどんエスカレートしていきます。

『教育』『指導』という美しい名目で
自己正当化されると
加害者本人もその暴力性を自覚するのが難しくなります。

これは「いじめ」でも同じです。

初めは本当にちょっとした「遊び」だったのかもしれない。
ただ単にふざけて、からかっただけかもしれない。

「遊び」というカモフラージュの中、
暴力的な感情はだんだんエスカレートしていく。

こうなると加害者自身にも止められない。


そして、…悲劇は起こるのです。


  ◆◇ これが「ライフ・デザイン・セラピー」流!◇◆
■□━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

    自分の中に暴力的な本能があってもいい !

■□━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


とあるお話を…。

ダライラマ14世が腕を蚊に刺されました。
反射的に法王はその蚊を叩こうとしたのです。

もちろん、チベット仏教では殺生は禁じられてます。

法王は
「これは一種の本能だね。こうやって叩きたくなるのは人間の本能だよ。」

と言って、その蚊を叩くことなく手で追い払ったそうです。
http://logmi.jp/238197

慈悲と利他の象徴であるダライラマ法王ですら、
こうした攻撃的な反応は起こるのです。


「指導」「教育」の一環だろうと、

『体罰はNG』『恫喝はNG』

という大前提が、
社会に共通認識としてあったなら、
悲劇は避けられ、
加害者は加害者にならずに済んだのではないでしょうか?

入り口として
「教育」「指導」の名のもと、
体罰は「ケースバイケース」という逃げ道が
我々の中に、ないほうがいいのではないでしょうか?


◆ 人には優しい心がある !

大切なのは
自分の中にある暴力性、攻撃性の存在を
受け入れること。

そして、その危険性を十分に認識することです。

だからこそ、
それにきちんと「ブレーキをかけようとする心がけ」が生まれます。


確かに、人には攻撃的で暴力的な気持ちがあります。
時には手が出ることもあるかもしれません。
しょうがない面もあるかもしれない。

しかし、それ以上に


  人間には、他者を思いやる

  優しい気持ちだって

  たくさんあるのです。


ゆっくり、あせらず、そして、何より楽しく行きましょう!


「幸せのオーラ」、皆様に届きますように! .: *:・'゜'(幸)


(↓◆おまけ(「しつけ」なのか?「暴力」なのか?」)へ )


  ◎ あなたが微笑むとき、世界はあなたに微笑みます! ◎

*コーチング・セラピーはこちらまで!→ http://terra-life.com/

*ご意見、ご感想、お待ちしております!→ silen_h@yahoo.co.jp



◆おまけ(「しつけ」なのか?「暴力」なのか?」)

私自身、息子をぶってしまったとき、
激しい自己嫌悪に陥りました。

状況としては
息子がハサミを持って投げようとしたときに、
「投げちゃダメだよ!」
と注意したのに、投げてきたのです。

でも、今考えると投げる予感があったのですから、
言葉で注意する前に
パッとハサミを取り上げれば良かったのかも?
と思っています。

あくまで「もし」なので、正解はないのですが…。


ゆとりのない子育ての中、
言うことを聞かない子どもに
ついつい手を上げてしまい、
自己否定に苦しんでいる
お母さんもいらっしゃるかもしれません。

必要なのは自分を責めて
自分を変えようとすることではなく、
ゆとりの持てる環境を作り出すことです。

自己否定はかえって
心のゆとりを奪います。
(そうなるとイライラの悪循環です。)

今いる状況を見直すこと。

誰か(社会)に頼るということ。

心にゆとりが生まれれば、
お母さんは無理をしなくても、
自然と優しくなれるでしょう。


子育てはキレイごとだけではない世界です。

そして、その家庭ごとに様々な事情があるものです。

児童虐待などの悲劇は起こります。
ですが、親を責めても問題は解決しません。

被害者を生み出さないために大切なのは、
加害者予備軍を叩くのではなく、
温かい思いやりをかけることで、
加害者にさせないことなのです。

他者に対する厳しい視点は、
結果として自分自身を苦しめます。

他者に温かい気持ちを持つことは、
何より、あなた自身の心を温かくするものなのです。


今回も最後までお付き合い、
ありがとうございました。
                          
最後まで読んでくださった皆様には、      .・:'*。;(幸)
もういっちょ幸せのオーラをお届けします! 。.: *:・'゜'

では、また!


━★☆━━━━━━━━━━━━ http://www.terra-life.com/

   ◇◆ ライフ・デザイン・セラピーとは? ◆◇
        http://www.terra-life.com/
     人生を幸せに楽しく過ごしていくための
      ビジョンの達成までを視野に入れた
  「癒し」に焦点を当てたコミュニケーション方法です。

  「癒し」は、世界を変革していくパワーを持っています!

━★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★━


◇メールマガジン : 幸せになるセラピー
(ID:0000158046) 「あなたが微笑むとき、世界が微笑む」
          http://www.mag2.com/m/0000158046.html

◇発行者 : 西連寺 弘(サイレンジ ヒロシ)

◇お問合せ・ご感想は こちらまで : silen_h@yahoo.co.jp

◇ホームページ : http://www.terra-life.com/
          テラ・ライフ・デザイン

◇メールマガジンの解除はこちらから
         http://www.terra-life.com/

Copyright 2005-2017(c)Terra Life Design All rights reserved

幸せになるセラピー~あなたが微笑むとき世界が微笑む

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/24
部数 480部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

幸せになるセラピー~あなたが微笑むとき世界が微笑む

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/24
部数 480部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング