国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

ネット言論の自由を抑圧し官邸犯罪を指摘されたくないための秘密諜報機関合作自作自演ザイフ流出問題

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

SF小説

ネット言論の自由を抑圧し官邸犯罪を指摘されたくないための秘密諜報機関合作自作自演ザイフ流出問題

<官邸犯罪をいんぺい目的のネット言論規制>秘密諜報機関の引き起こしたコインチェック・ザイフ流出問題

 現在問題なのは、官邸が犯罪を隠蔽する目的で コインチェック、ザイフ事件を口実にして

ネット言論規制をしようとしていることである。

○日本国憲法は権力者の暴政に歯止めをかけるために
存在する。

○現在の官邸には、犯罪者がひそんでいる。

○日本国憲法には、言論の自由がある。

○モリカケ問題で、犯罪を国会であばかれそうになった
官邸は、言論の自由をなくすために(言論の自由があると、
官邸は犯罪を指摘してしまうから)
お仲間(国際的な秘密諜報機関モ○ド等)と連携して
コインチェック流出事件、そしてザイフ流出事件を引き起こしているらしい。

そして
真犯人を捕まえることに 影でブレーキを踏んでいて、ぜったいにつかまえない。

○真犯人の捜査は、ストップをして、お仲間だから逃がしておいて

コインチェック、ザイフ流出問題を口実にしてネットの言論統制を やろうとしている。

○目的は、もりかけ問題にみられるように

官邸自らの犯罪を指摘されないようにするためである。

(官邸は、これから南海トラフ地震、ちきゅう号を震源地に派遣、

と911事件と似たようなことを企画している)

○証拠いんめつのために

すべての紙データをやめて
後から改ざんが簡単にできるようにデジタルファースト法案を
つくろうとしている。

○空港では
顔写真認定として顔の写真をとることをやろうとしているが
これは、写真データをもとにして
国民が今どこの場所を歩いているのかとか
すべての情報を取得するために顔写真をとることをやろうとしている。
「東京入国管理局によると、審査場に設置されたゲートは、出国する人が旅券をかざすと顔写真の情報を読み取る。内蔵カメラで本人の写真も撮影し、一致するかどうか顔認証を行う。1人当たりの審査にかかる時間は平均15秒程度という。」
これは、国民を奴隷として管理するために考え出されたものである。
今、町をあるくと、監視カメラで、顔を分析して
どこに誰が歩いているのかをすべて情報収集して監視する装置をNECが
開発をしている。

○現在、政府が「犯罪者をつかまえるために」という口実を使って

国民に対して 規制を加えていることは、なぜ、起こるのかというと

「犯罪者は、政府のお仲間の国際諜報機関がやっており、それは逃がしている。

その犯罪予防のためだという口実をつけて

国民の言論の自由を規制したり監視したりしようとしている。

それは何を導くかというと、911事件に見られるように

南海トラフ地震など官邸が大規模な犯罪をやるときに、犯罪を暴かれたくないからであると推定される。

したがってわれわれは、権力者が犯罪者となった場合に歯止めをかける

現憲法を適用すべきである。

官民一体となる組織をつくって「官邸の犯罪」をネットに指摘されないように

徹底して言論の自由を抑圧しようとしている「亡国のイージ○」を追放せよ

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  10,626部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  10,626部

他のメルマガを読む