国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

ネット言論の自由を抑圧し官邸犯罪を指摘されたくないための秘密諜報機関合作自作自演ザイフ流出問題


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

SF小説

ネット言論の自由を抑圧し官邸犯罪を指摘されたくないための秘密諜報機関合作自作自演ザイフ流出問題

<官邸犯罪をいんぺい目的のネット言論規制>秘密諜報機関の引き起こしたコインチェック・ザイフ流出問題

 現在問題なのは、官邸が犯罪を隠蔽する目的で コインチェック、ザイフ事件を口実にして

ネット言論規制をしようとしていることである。

○日本国憲法は権力者の暴政に歯止めをかけるために
存在する。

○現在の官邸には、犯罪者がひそんでいる。

○日本国憲法には、言論の自由がある。

○モリカケ問題で、犯罪を国会であばかれそうになった
官邸は、言論の自由をなくすために(言論の自由があると、
官邸は犯罪を指摘してしまうから)
お仲間(国際的な秘密諜報機関モ○ド等)と連携して
コインチェック流出事件、そしてザイフ流出事件を引き起こしているらしい。

そして
真犯人を捕まえることに 影でブレーキを踏んでいて、ぜったいにつかまえない。

○真犯人の捜査は、ストップをして、お仲間だから逃がしておいて

コインチェック、ザイフ流出問題を口実にしてネットの言論統制を やろうとしている。

○目的は、もりかけ問題にみられるように

官邸自らの犯罪を指摘されないようにするためである。

(官邸は、これから南海トラフ地震、ちきゅう号を震源地に派遣、

と911事件と似たようなことを企画している)

○証拠いんめつのために

すべての紙データをやめて
後から改ざんが簡単にできるようにデジタルファースト法案を
つくろうとしている。

○空港では
顔写真認定として顔の写真をとることをやろうとしているが
これは、写真データをもとにして
国民が今どこの場所を歩いているのかとか
すべての情報を取得するために顔写真をとることをやろうとしている。
「東京入国管理局によると、審査場に設置されたゲートは、出国する人が旅券をかざすと顔写真の情報を読み取る。内蔵カメラで本人の写真も撮影し、一致するかどうか顔認証を行う。1人当たりの審査にかかる時間は平均15秒程度という。」
これは、国民を奴隷として管理するために考え出されたものである。
今、町をあるくと、監視カメラで、顔を分析して
どこに誰が歩いているのかをすべて情報収集して監視する装置をNECが
開発をしている。

○現在、政府が「犯罪者をつかまえるために」という口実を使って

国民に対して 規制を加えていることは、なぜ、起こるのかというと

「犯罪者は、政府のお仲間の国際諜報機関がやっており、それは逃がしている。

その犯罪予防のためだという口実をつけて

国民の言論の自由を規制したり監視したりしようとしている。

それは何を導くかというと、911事件に見られるように

南海トラフ地震など官邸が大規模な犯罪をやるときに、犯罪を暴かれたくないからであると推定される。

したがってわれわれは、権力者が犯罪者となった場合に歯止めをかける

現憲法を適用すべきである。

官民一体となる組織をつくって「官邸の犯罪」をネットに指摘されないように

徹底して言論の自由を抑圧しようとしている「亡国のイージ○」を追放せよ

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/12
部数 10,732部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/12
部数 10,732部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング