国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

新潟市長選・福島知事選に見られる不○と2週間以内の異議申し出必須

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

新潟市長選・福島知事選に見られる不○と2週間以内の異議申し出必須
また、やられてしまった。

いうまでもなく 不正な選挙のことである。

新潟市長選では、新潟市選管の下に8つの下部選挙管理委員会があるが、

まともで公明正大に行っていたのは、北区選管、そして東区選管ぐらいであった。

あとは、公明正大に行われていない。

そして福島県知事選も、おかしなところが多大にある。

ショッピングセンターや駅前に 投票所を作れば、投票率があがって 民意を反映されるはずという

与党からの虚偽提案どおりに、福島県ではイオンに備えている。これは、実質的に電子選挙の過程が入り込むため

公明正大ではないのだ。電子選挙過程で不正な操作が行われるやり方が、米国で社会問題になっている

一大不正選挙である。米国大統領選でも行われていた。

異議申し出は、投開票日から2週間以内である。

10月28日から2週間以内である。

異議申し出をして、公明正大ではない過程を 明らかにすべきである。

異議申し出というのは、ちなみにお金がかからない。選挙というのは、不正で成り立っていることを目の当たりに

するはずである。やったほうがよい。




国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  10,626部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  10,626部

他のメルマガを読む