国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

<HAARP大地震ケイゾク中>「異常な暑さ」が継続しているのは、大地震で水道網をずたずたにするためか

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

<HAARP大地震ケイゾク中>「異常な暑さ」が継続しているのは、「水道網を外資に売り飛ばす法案」の口実つくりのために大地震を起こして、水道網をずたずたにするためか
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/583.html

ケイゾク 主題歌
https://www.youtube.com/watch?v=eiwqfHo8h-g
WONDER TRIP LOVER
https://www.youtube.com/watch?v=yFPbRG5uF8Q&index=4&list=PLAsov-WirVrkOcMbAB4VnK_xTrnz5vPgS


結論を先に言うと
現在 官邸の怪人がやろうとしていることは

「(HAARPによる暑さで地震など災害を作り出すこと)で、水道網がだめになるということを作り出す。

〇「水道の老朽化」をなんとかしないといけないというでっちあげの口実で

 外資からお金を出させて、水道を作る。それに対して「金利」を日本国民が

支払うというとんでもない詐欺のような仕組みを導入しようとしている。

〇この国民をだます仕組みを導入するためには

この「異常な暑さ」を継続させて、災害や大地震を引き起こして

水道網をずたずたにしてしまい、「復興のために」お金がかかる

だから、水道を外資に売り渡して外資からお金をだしてもらってそれに対して

日本人が、金利を支払う仕組みを導入すべきだということを官邸の怪人はたくらんでいる。」

ではないか?

以下は詳細である。

〇HAARPの作り出す「暑さ」は変わらない。

〇日本中が異常な「暑さ」である。死者は膨大に出ている。

〇結局、国会で、「違法な賭博場開設(違法カジノ)」は通ってしまった。

しかし違法であり刑法違反の犯罪であることに変わりはない。

不正な選挙で選ばれている偽の国民の代表が、日本を売り渡すために

日本人をだまして「可決」する。これは違憲違法である。

そして今、この「暑さ」は継続されている。

〇この場合は、何を目的としているのか?

〇今国会では、日本の水資源を売り飛ばす法案(水道外資売り飛ばし法案)については、

反対が多いということで、秋の臨時国会にやることに「先延ばし」になった。


〇ということは、HAARPの異常な暑さを継続させている理由は

この「水道」を外資に売り飛ばす法案のためではないか?と

推定される。

〇つまり、異常な暑さを日本で継続させて 各地で被害を出したり、

大地震を引き起こすために継続されている。

〇このこと(HAARPによる暑さで地震など災害を作り出すこと)で、水道網がだめになるということを作り出す。

〇「水道の老朽化」をなんとかしないといけないというでっちあげの口実で

 外資からお金を出させて、水道を作る。それに対して「金利」を日本国民が

支払うというとんでもない詐欺のような仕組みを導入しようとしている。

〇この国民をだます仕組みを導入するためには

この「異常な暑さ」を継続させて、災害や大地震を引き起こして

水道網をずたずたにしてしまい、「復興のために」お金がかかる

だから、水道を外資に売り渡して外資からお金をだしてもらってそれに対して

日本人が、金利を支払う仕組みを導入すべきだということを官邸の怪人はたくらんでいるのではないか


以上に付随して

亡国のイージ〇が日本の官邸に巣くっている限り 日本人は幸せにはなれないだろう。

エイズウイルスそっくりである。エイズウイルスというのは、身体に入り込み

自らが、白血球などの「異物を排除する働き」の細胞に指令を出すようになる。

この「異物を排除する働きの細胞」というのは 国家でいえば警察や検察である。

この警察や検察というのは、亡国のイージ〇という存在に 人事権を握られているため

逮捕できないのである。そして東京地検特捜部長というのは、この亡国のイージ〇の

命令を受けて、正常な細胞をえん罪で攻撃する。それが「司法取引」という違憲違法な

手法であり、以前は、原発に慎重な姿勢を崩さなかった福島県知事を

引きずり降ろし、そして今は、文科省の事務次官候補者だった人物をえん罪で攻撃している。

〇現在 携帯がネットにつながらない人ばかり出ている。これはHAARPが稼働しているため 

電離層(電波がやりとりされる帯域)が異常になっているためである。

〇スマホでネットにつなげようとすると、多くの人は、ずっとつながらないはずである。

もしくは異常に時間がかかる。

〇なぜか体調不良や偏頭痛がするはずである。

これもHAARPのためである。

これを避けるためには、「HAARPによるもの」だと大騒ぎする以外にない。

〇最近私に対しても警戒心を強めたのか、阿修羅掲示板のコメント欄に2人で組になって

一生懸命「デタラメだ」と官邸のアルバイトが書き込んでいるが、こういった官邸の怪人のアルバイトは誹謗中傷を書き込みすることで、

一行150円ぐらいをもらっているのである

。彼らは毎日、「今日は何行書き込みしました」という「作業表」を提出してそれで

ご飯を食べているのである。もともとは小泉構造改革やアベノミクスという

でたらめ政治によって「リストラされたおじさんたち」なのである。




国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  10,691部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  10,691部

他のメルマガを読む