国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

異常な暑さは、大地震が準備されているから<外資カジノマネーロンダリング法案を通すためのHAARP大地震>

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

異常な暑さは、大地震が準備されているから<外資カジノマネーロンダリング法案を通すためのHAARP大地震>
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/571.html

 〇また「異常に暑い」現象が起きている。

→現在の政府は、「悪質な存在か?」→YES

→「暑い」という現象は、今までの経験からして、異常か?→YES

→「暑い」という現象は、何か 人が倒れてしまうような暑さか?→YES

→もし、HAARPという軍事産業がもつ気象変更技術が使われて、

「地面を熱して」→地中で、「水素核融合」を引き起こして「核爆発」のような

大地震がひきおこされた場合、悪質な政府は利益を得るか?→YES

→大地震のどさくさに紛れて、カジノマネーロンダリング法案を強行採決する。

つまり、このいまの非常に暑い現象は、カジノマネーロンダリング法案を

強行採決するための「どさくさ」を作り出すために

「大地震」を西日本に引き起こすためのものであることが推定される。

→官邸には、亡国のイージ〇がいる。この亡国のイージ〇が

国家資産の転売を行い、外資からの賄賂をうけとる犯〇者である。

そのため 

(外資からの賄賂が欲しいから)水道を外資に転売法案

(外資からの賄賂が欲しいから)農業を外資に支配させる法案(種子法廃止)


(外資からの賄賂が欲しいから)選挙を外資に支配させる法案(国民投票法案)

など次から次へと「売国」を行っている。

彼はカジノマネーロンダリング法案を通すために
天変地異のどさくさを必要としている。
そのため
大地震を引き起こす密約がモ〇ドとの間であるのであろう。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  10,694部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  10,694部

他のメルマガを読む