国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

<日本の天馬博士をえん罪で逮捕してスパコン技術を外資のものにしようと画策している地検と官邸>


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol


<日本の天馬博士をえん罪で逮捕して 技術を外資のものにしようと画策している
地検と官邸>

ペジーコンピューテイングという会社の斉藤元章氏が
逮捕されたと報じられている。

これは日本のロボット工学やスーパーコンピューターの第一人者である。
特徴は
1本物の実力者であり天才技術者である。
2日本のスーパーコンピューターの新しい技術の第一人者であり
世界一の省エネ技術を使ったスーパーコンピュータを作っている。
3日本人が世界を超える存在として、スーパーコンピューターで
この人物以上の才能をもつ日本人はいない。

ロボット技術や人工知能という分野では
この斉藤氏が鍵を握るだろうといわれている。

<日本の天馬博士のような人物>

要するに、鉄腕アトムを発明した
天馬博士のような存在なのである。

本物の天才だ。
本当に将来、鉄腕アトムのような存在をつくるとしたら

この男以外にはありえないのではないか?

<外資はどうやってこの天才の技術を横取りするかを
考えて、官邸の亡国のイージ○を通して失脚を図る>

それでは、こういった本物の天才が出現した場合、

国際的多国籍企業と その代理店を勤める官邸の亡国のイージ○は
どう考えるかというと

その人物をえん罪でおとしめて
その特許や技術を自分たちのものにしようとする。

それが行われている。

ちなみに政治家の分野では東京地検特捜部が
目をつけて外資のためにつぶしたのは
田中角栄
小沢一郎である。

<スーパーコンピューターの鍵を握る人物を攻撃して技術を横取りしたい外資と
官邸>

小保方さんのときと同じである。
小保方さんの発見したSTAP細胞という技術は本物だった。

<理系の専門用語を理解できない人が多いため、本物と偽者の見分けがつかない>

理系の分野については、日本人の一般大衆は
「理解できない」という特徴をもつ。

要するに自分自身で理系の事柄に対して本を読んだり
して実はテレビの言っていることはうそだと見抜けないのである。


それがSTAP細胞のときに起こったことだった。
小保方さんは一生懸命STAP細胞について説明していたが
その言っている説明は、一般大衆の理解をはるかに超えていた。

専門用語ばかり定義の説明もなしにしゃべるので
理解されないのである。
キメラマウスというだけで 一般大衆は理解できない。

<おとしめたい相手をアベ友であるとでっちあげる
手法を官邸がやりはじめている>

そして最近、顕著になってきたのが

この官邸がえん罪で「おとしめるべき対象」を、「アベ友である」と詐称して
報道させることである。

アベ官邸が目をつけたのは、実は、この有能な人物を「アベ友である」として
でっちあげることなのである。

<補助金詐欺容疑はえん罪>
この補助金詐欺容疑というものは、
補助金申請をして開発中だった新型のメモリが
新しいスーパーコンピューターに搭載が間に合わなくて
搭載できなかった。しかし開発中である」
というものである。
<詐欺ではなく開発中だった>
これは、新発明というものは、間に合わないことがあるが
開発中なのであれば、誰もそれを詐欺だとは言わない。

<えん罪で逮捕する東京地検特捜部>
しかし東京地検特捜部は「メモリ分だと申請したのに、今回発表のスパコンに使っていなかった」といい始めて、詐欺容疑だとして「逮捕」に至っている。

要するに
日本の生んだ天才である
天馬博士が、
鉄腕アトムのような人工知能をもつとんでもないロボットを
生み出す直前に、スーパーコンピューターでベンチャー企業を立ち上げて
世界一の技術を持っているため、
なんとかして外資がこの天馬博士の技術を横取りしたいという状況なのである。

<発明は遅れることがある>
こういった天才技術者という人は、「発明」をする。
それでは「発明」というものは、どこかの決まりきった仕事のように
決められた時間までに発明できる」というものではなく
予定より遅延することはありうるのだ。

東京地検はその遅延したのを「詐欺だ」といってでっちあげて捕まえているのである。

<天馬博士をアベ友だとでっちあげて逮捕を正当化する官邸>
実は本物のアベ友だったら絶対に逮捕されず、新聞にも実名報道されない


そして、この天馬博士を逮捕する際に、なんらかの正当な理由が

必要であるため


「天馬博士はアベ友だ」という

ブラックPRをマスコミを通して流しているのである。

<本物のアベ友は逮捕されない>
昨今の鈴木詩織さんのレイプ問題で元TBS職員の
男が、本来逮捕されるべきなのに、その逮捕を
官邸が中村格氏を使って阻止をした
として問題になっている。

ということは、本物のアベ友であれば
このレイプ犯にしても、もりかけ問題で
有名なかけ氏にしても
逮捕されないのである。

<本物のアベ友は絶対に逮捕しないのが東京地検>

なぜなら、アベ友だったら東京地検特捜部は
「逮捕しない」からだ。

<東京地検が突然逮捕したということは
この天馬博士は本物のアベ友ではない>

ところが、この天才の天馬博士については
東京地検特捜部は、「突然逮捕」しているのである。
ということは、この天才の天馬博士は
「本物のアベ友」ではないのだ。

なぜなら「本物のアベ友」であれば「逮捕されない」からだ。

<アベ友だとぬれ衣を着せられている天馬博士>
この天馬博士は、
「アベ友だ」とぬれ衣を着せられて
その天才的な技術を外資のものにされようとしている。

<山尾しおりも、横浜市長選の応援演説で知らずに
カジノ応援をしたことになり攻撃されていた>

実はこれは、
山尾しおりに起こったことと似ている。
山尾しおりは、
本来、アベ政治に対する、批判としては
非常に鋭く 警戒されていた。

しかし、官邸がうまいことに、

横浜市長選挙で、

横浜市長がカジノ推進だということを
隠していたため知らなかったので

「山尾しおりがカジノ推進に反対の立場だったのに
この横浜市長の応援演説をした。」

それをとらえて
「山尾はカジノに賛成なのか」として
たたかれたのである。

そのため、本来は、れんほうが辞任したあとに
山尾しおりが党首になるかもしれない流れだったのに

山尾しおりは、立候補できなかった。

そしてそのあとの文春を使っての デマ報道である。

<希望の党も 反アベを利用して官邸が結党させている>

「希望の党」もある意味、「アベを排除する」
という偽のキャンペーンを使って結成された政党であった。

<アベ友が嫌われているということを利用して
政敵を攻撃するのに使っている官邸>

何がいいたいかというと、
日本人が現在、アベとアベ友の「税金私物化政治」を嫌っている。

しかしこの深奥には官邸の亡国のイージ○とユダヤ外資がいるため
絶対に「本物のアベ友」には手を出させないのである。


しかしながら
「アベ友」が嫌われているため

攻撃すべき 有能な政治家や
有能な経営者を無理やりに「アベ友だ」と
デマを流すのである。

TBS元社員のマンションを貸していたとかは
たぶん 偶然の産物だろう。

<TBS元社員のマンション費は機密費からだという話が
以前あった>

もともとこのTBS元社員にお金を出していたのは
官邸の機密費からだという話がある。

推定すると
研究費用には、補助金が必要であるため
官邸から TBS元社員にマンションを貸してやってくれといわれれば
いやだとはいえないだろう。

結局、日本は
将来の鉄腕アトムのような
人工知能をもつ善意のロボットを
失おうとしている。

外資にとられることで

スーパーコンピューターの技術で
外資は、人間を殺すロボットやターミネーターのような人工知能の開発に励むだろう。



国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/28
部数 10,912部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/28
部数 10,912部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング