国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

2009年1月5日日本企業滅亡(株券300億株消滅)日本企業の外資占領を阻止せよ<ターゲットはトヨタか?>

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門3年連続第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
政治経済の謎が解ける独創的な情報分析
マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages
2008年 12月20 日配信

2009年1月5日日本企業滅亡(株券300億株消滅)
日本企業の外資占領を阻止せよ<ターゲットはトヨタか?> 

2009年1月5日に向けて外資が、為替変動、
マスコミを使って株価を低めに誘導している。

2009年は日本の優良企業をのっとられる
例が続出する。

「不況」というよりは
「完全奴隷社会」になる。

Great Fight in Enter the Dragon
燃えよドラゴン ブルースリー
http://jp.youtube.com/watch?v=8voT8m_BzfU&feature=related
死亡遊戯http://jp.youtube.com/watch?v=6JHNfsMphNw
再生回数: 8,130 

<小泉政権幹部は、日本の優良企業の株を外資に安価に差し上げるビジネスに動く>
小泉政権幹部の面々は、「自民党の存続」
などもとからどうでもよく、「個人的に金儲けをする」
ために、「日本の優良企業の株を外資に差し上げる」
べく動いているらしい。

「郵政民営化死守」は 何も国民のことなどひとつも
考えていないが、
「350兆円の郵貯・簡保を外資に差し上げれば
10%のコミッションが入る」から「死守」しているのである。

<明らかにされたスイス銀行のナンバーアカウント>
最近では、ライブドアファイナンスが、
クレデイスイスに口座を開設していたこと、
クレデイスイスから融資を受けたりして
さまざまな企業ののっとりをしかけていたことが
ばれて報道されているが、似たような構図が政治家や
秘書官にも存在しているのである。

<西武鉄道の事例>
西武鉄道が些細な問題で一方的に上場廃止になってしまった事例もそうだが、
彼ら亡国の人物は
「ほしいなあ」と思えば、証券取引所のトップを動かしてでも
「無理やりに上場廃止にしてしまう」のである。

日本の中で、西武がになってきた、「スキーに行こう」
「遊びに行こう」という「楽しさを提供する」
文化もなくなってしまった。

あの頃にみんなで「スキーに行こうよ」というのが
この冬の合言葉のようなものだった。

今はいつのまにかスキーにほとんど行かなくなってしまった。

私をスキーにつれていって
http://jp.youtube.com/watch?v=sfpAMtF0RFE

<ターゲットにされるトヨタ>
今はトヨタ自動車がどうもターゲットになっているようだ。


もし、悪質な人物が、日本の優良企業を手に入れたいと
考える。
日本を代表する企業として思い浮かぶのが
トヨタである。

トヨタ セリカ
http://jp.youtube.com/watch?v=PBVQti2V-so&NR=1

TOYOTA SUPRA Turbo
 http://jp.youtube.com/watch?v=n9wlIqct3Io

おそらく、外資は、トヨタを欲しいに違いない。 
日本を代表する企業。

トヨタ。一兆円企業である。 
どの外人も、トヨタはすばらしいという。 
「壊れない」「速い」「静粛性がすばらしい」。 
いわば日本のものづくりの最たるものだ。  

昔、セリカが一番輝いていた頃の映像
http://jp.youtube.com/watch?v=SP086UYkGXk
再生回数: 305 


トヨタは中国でも爆発的に売れている。 
セルシオは、 おそらくベンツよりグレードが上である。

そのトヨタを欲しい外資は、どうやるか?
まず、株式を集めなければいけないので
トヨタについての悪いニュースを流すだろう。
悪いニュースが流れれば、既存の投資家は
「トヨタ株を売りたくなる」はずだからである。

「007は二度死ぬ」で日本の車として唯一登場したトヨタ2000GT
http://jp.youtube.com/watch?v=nfv28aowHPw&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=21poI4ZmIRU&feature=related

<巧妙に誘導されている赤字報道>
今回、巧妙なのは、トヨタは営業利益が大幅黒字であるにもかかわらず、
意図的に円高ドル安に誘導して、トヨタの輸出企業としての利益を
減らして赤字に誘導しているという点である。

本来、黒字であったにもかかわらず、無理やりに為替変動に
よって「強引に赤字」にするように動いている。
<仕組まれた報道>
そして小泉政権幹部とべったりの記事ばかり配信する「時事通信」が
何らかの形で「悪いニュースを流す」
日本のニュースの構造上、時事通信社が配信するニュースは、そのまま
下請けのような通信社が引用して配信する「無責任体質」がある。

小泉政権幹部の意向の記事をよく流す媒体としては
「時事通信社」「読売新聞」「日本経済新聞社」「夕刊フジ」
「週刊文春」「文芸春秋」
があげられる。そしてそれにときどき「産経新聞」「毎日新聞」が加わる。

小泉容疑者が、事務次官連続殺人事件を引き起こしたときも、
なぜか時事通信社が、突出して配信していた。しかも後で
検証してみると、「かくらん」につながるような内容ばかりであった。

<問題のあるシカゴ大学>
日銀のトップは、シカゴ大学に留学して勉強してきている。
シカゴ大学は、ロックフェラーが設立した大学で、「間違った経済理論」を
世の中にすすめるために作ったとうわさされる大学である。
一方、核分裂の研究など核爆弾開発に関係するような研究は
最先端で有名なのである。

世界を混乱に陥れている経済学のミルトンフリードマンはシカゴ学派である。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約38ヶ月余りで読者数1万5160名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/08 部数:  10,538部

他のメルマガを読む